fbpx

大麻を治療目的で英国は米国より2倍使用されていた

Pocket

大麻を治療目的で英国は米国より2倍使用されていた

 

 

 

 

今回もアメリカのサイトから紹介します。
以外にもイギリスは大麻の利用がアメリカと比べて2倍もいることがびっくりします。
ドイツは麻の利用しても特別問題ない国らしいのです ドイツやオランダなら理解はしますが以外でした。

 

医療大麻を話題にした国が以外にも利用されていないことがびっくりです。
まだ、大麻の正しい情報が正確に伝わっていないことが大麻利用者数の比較を特集してくれたサイトで報告されたことでわかりました。

 

規制のゆるいCBDオイルは多く製品化されていて、品質もバラバラですが出揃った感はあります。
しかし、日本に輸入出来るCBDオイルは成熟した茎から抽出された成分と、成熟した種を絞って油を使った2箇所の限定です。
花穂はCBDが多くてもTHCが多く日本の法律にも認められていないため利用が不可能です。
アメリカは連邦の法律と州法律の2つがあるのでいまいち理解できませんが、大麻を禁止した国が開放に向かっているのですからそれは喜ばしいことではありますね

 

 

 

医学的理由から大麻に向かう人々の数は増え続けているが、大麻の合法化の問題に有意義に対処できない米国政府の立場は恥ずかしい。
↑紹介文最後の言葉です。
アメリカ編集者の一意見ですが日本はもっとひどい状況だと言いたいです。
大麻が体に有害でないことも知っていますし、化学合成薬の代用として素晴らしい効果が副作用の無い薬として使えることも確認されているにも関わらず、法律は変えられない 違法違法と言い続けるだけで

 

何も変えられない失礼、変えると損しますからね けど、大きく世界的に見ても今の薬は使えない、新しい違う次元の方向に向かわないと新しい時代に出遅れますよ?
凄く遅れた日本を未来の人達に引き継がせるつもりなのでしょうか?
恨まれますけどそれでいいのですかね~米国政府の立場は恥ずかしいと書かれていますが 日本政府は恥ずかしいレベルと違います鎖国ですか?

 

そろそろ政府広報でも大麻が何故禁止されているのか、理由と大麻の医学利用が有効であることくらい改めたらいいのに・・・

 

 


 

大麻は英国で2倍の使用をしています。現在、数千人が不安、てんかん、疼痛管理にこれを使用しています

 

 

 

医療マリファナの使用は世界中で増加しているようです。
大麻の薬用価値については論争の余地はないものの、この植物薬を救済する人の数は、特に英国で増加し続けています。
池の向こうには、約25万人の人々が大麻油を使って何が痛いのかを治療しています。
この数字が十分に印象的ではないとすれば、大麻規制機関のカナビス貿易協会(Cannabis Trades Association UK)は、大麻油ユーザーの数はわずか1年で倍増したと述べている。

 

英国では、英国とウェールズの両方が、昨年秋にCBD油の販売を合法化しました。
工場が「復元、修正または修正」効果を提供したことを認めた後。
CBDオイルを薬として販売しようとする小売業者にはライセンスが必要ですが、「食糧サプリメント」として提供する人々は、規則を巡って厳しいライセンスプロセスを回避することができます。
大麻植物の薬効についての議論は引き続き激しくなっていますが、CBD油はますます人気が高まっています。

 

CBDオイルの人気が高まる
貿易協会は、昨年、この時期に英国に約125,000人のカナビス油使用者がいることを示した。
現在、Cannabis Trades Association UK(CTA UK)のレポートによれば、毎月約1,000人の新規大麻油ユーザーが平均しています。

 

 

 

 

患者は様々な異なる条件のために大麻油に目を向けている。
それがあるかどうかDravet症候群のような発作性疾患 やてんかん、慢性疼痛、不安や抑うつ、人々は医学のより自然な形を探しています。
そして、明らかに、カナビス油は法案に適合しなければならない。

 

CTA UKの見積もりによると、CBDの石油ユーザーの約65%は、痛み、不安、うつを和らげようとする女性です。

 

CBDオイル、またはカンナビジオールはTHCを含有していません。
これは、大麻の中で有名な「高 (精神高揚)」を産生するカンナビノイド化合物です。
CBDとTHCは、植物で最も広く認められている化合物の2つですが、実際にカナビス。
現在、CBDは大麻の「薬用」化合物とみなされています。
その副作用がないことで知られていることに加えて、CBDはセロトニンおよびドーパミン放出および受容に対するその影響について尊敬されている。

 

海外で人気が高まったことは驚きではありません。政府 は昨年、この植物薬を法律で購入するようにしました。
悲しいことに、米国は遅れています。

 

 

 

明確な利益にもかかわらず、米国ではまだ植物薬が違法です
米国では、CBDオイル(または大麻のみ)のような植物医薬品は、少なくとも連邦レベルでは非常に違法です。
多くの異なる病気が大麻の援助を受けることができることが一貫して示されています – 国家の惨状、オピオイド中毒など。
確かに、大麻の薬用使用は、ビッグファーマ(製薬会社の薬)の最も致命的なカクテルに中毒を予防し、治療するのに役立つことが研究によって示されている。
当然のことながら、製薬業界は大麻を違法に保つのに主要な役割を果たしてきました。

 

連邦政府の反発にもかかわらず、多くの州では、大麻を薬用またはレクリエーション目的(またはその両方)で合法化することで、自らの手で問題を解決しています。
2014年には、わずか8ヶ月間に100家族以上がコロラド州に移住したことが報告されました。
そのため、彼らは病気の子供のために法的大麻治療を受けることができました。

 

医学的理由から大麻に向かう人々の数は増え続けているが、大麻の合法化の問題に有意義に対処できない米国政府の立場は恥ずかしい。

 

引用元 newstarget.com

 


 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 

今まで正しいと思っていた事が間違っていた件について

 


 

 

 

 

・私が思うに今現在、体調不良を多くの方が感じていると思います。
その要因として、多くの化学合成成分を取り込み過ぎ、体の視線では化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

常日頃から石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログにも紹介しています 日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません 動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中にたまり続けます。
体が不調を訴えてくる(症状として出てくる)事は当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
石油化学合成を一切摂取をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ヘンプオイルCBD 
 #健康 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #大麻 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

       

Pocket

Translate »