fbpx

大麻は脳の劣化と老化を遅らせ、認知症を逆転させる

Pocket

大麻は脳の劣化と老化を遅らせ、認知症を逆転させる

 

 

マリファナ、大麻(日本で言う麻)は実に健全、体にとって健康的な植物であることをアメリカのサイトは伝えています。
しつこいようですが私が麻が治療に使えるとは言っていません アメリカのサイトが言っています。
日本人国民の私が言うと医療に関して麻の成分が薬として認められていない、医者以外の人間が「効果がある」とか「治療できた」とか言うと違法になるのです。
この時代遅れの法律は医療をある意味守るためなのですが、悪い意味で医療の利権を守っています。
薬として指定されれば関係者以外は扱えません、販売も個人で利用も出来ないのです処方が必要です。

 

もちろん、部外薬はありますが効果的な薬は処方扱いです価格の競争はありません
生薬で指定されれば個人では使えませんし、譲渡も違法です。
日本は麻を薬として扱わず許可の必要な植物としました 持っているだけで違法、逮捕、処罰されます。
売ったり、使ったりすると処罰以上の刑罰を非常に安全な植物を厳しい法律で使わせないようにしているのです・・・不思議ですね~確かに使うと酔う成分はありますがアルコールより酔わなくて、カフェイン並の依存性なのに

 

そして海外で研究されて実証済みな安全性と治療で多種類の病気に使える実用性、今の石油化学合成薬と比べると比較が出来ないほど副作用のない素晴らしい効果、どれをとっても今の薬を捨てて大麻成分や他の生薬をえらんで使えるはずなのに使っていない事実、原因と言うか現況は今の治療薬を売り続けている製薬会社の圧力で認められないと言うしかないでしょう

 

下記の内容はアメリカの話です。
アルツハイマーについて大麻が効果があることを確認はされていますが、治療用として利用できないことを伝えています。
法律で製薬会社の治療薬が優先されているのです。
アメリカでもまだ大麻についての情報が広がっていないことがサイトでも伝えられています。
アメリカでこの状況ですから日本はもっとひどいです。
現状を言うと深刻になって治療が合成薬で治らない、悪くなっている方が検索をして日本で使える大麻成分CBDオイルを見つけて試している方が多く感じられます。

 

 

健康志向の強い方でCBDオイルを利用している方もいらっしゃいます。
CBDオイルの情報は意図して調べないと出てきませんから麻に関して日本は非常に厳しい国なのです。
それを踏まえて下記の海外サイトの内容を御覧ください

 

 

 


 

マリファナは脳の劣化と老化を遅らせ、認知症を逆転させる

 

 

時々、大麻の健康上の利点は無限に見えるかもしれません。
CBD油、市場の多くの麻製品、さらには医療用マリファナを取り扱うかどうかにかかわらず 、大麻は製薬業界が絶え間なく努力しようとしている不健全な製品の自然の代替品を探している多くの人々のための選択肢です。
しかし、あなたが恐ろしい病気に直面しているときに、あなたの病気と戦うためにどのような製品を使用するかについて、正しい選択をすることが困難なことがあります。

 

認知症は、想像を絶する恐ろしい病気の一つです。
あなたが本当に誰であるかを知る能力を失うことは恐ろしい見通しです。
Natural Societyの Paul Fassaは次のように書いています。
「アルツハイマー病は、心臓病や癌の後で欧米で3番目に多い病気の殺人者であり、その診断率は急上昇しています。
明白な認知機能障害に加えて、アルツハイマー病の犠牲者は、日常的な問題や日常的なルーチンで機能不全であり、親密な親戚や友人の思い出がほとんどまたはまったくなく、非常にうっとりしている傾向があります。

 

ありがたいことに、新しい研究は、現在、マリファナが実際に認知症の影響を逆転できることを示しています。
世界で最も有益で重要な植物の1つが、現在、世界で最も壊滅的な病気の一つと戦っています。
マリファナを利用してその病気の負の効果と戦う痴呆患者の複数の症例が報告されている。
だからなぜ連邦政府は全国でそれを合法化することを躊躇しているのだろうか?理由はあなたを怒らせます。

 

 

 

製薬業界は、彼らが多額の資金を調達しているため、何千人もの政府職員が喉を守っています。
マリファナが合法化された場合、ビッグファーマは財政的に失うことが多いので、連邦捜査局(Fed)は、犯罪被害者であることを確実にするためにすべての努力を続けている。
それが嫌なので、アメリカ人の幸せは彼らの懸念ではありません。彼らは自分自身のためにもっとお金を稼ぐことだけに気をつけます。

 

広範な合法化の必然的なプロセスをスピードアップするために、大麻で安心しているアルツハイマーに関する話が必要です。
その力は永遠にそれを保留することはできないので、アメリカ人は大麻の実際の健康上の利点について知っているほど良いでしょう。
主流のメディアは原因を助けるために何も重要なことはしないので、マリファナについての真実を広めるのは私たちの責任です。私たちの生活は、結局それに依存する可能性があります。…

引用元  newstarget.com

 


 

抗酸化物質、アミノ酸サプリが精神病を治療可能を証明

 

重曹+レモン水は医療薬よりも効果があるって本当?

 

医療大麻は強い中毒性薬依存を減らせる本当なの?

 


 

 

 

 

 

・私が思うに今現在、体調不良を多くの方が感じていると思います。
その要因として、多くの化学合成成分を取り込み過ぎ、体の視線では化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

常日頃から石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログにも紹介しています 日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません 動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中にたまり続けます。
体が不調を訴えてくる(症状として出てくる)事は当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
石油化学合成を一切摂取をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #オイルCBD 
 #ガン 
 #精神疾患 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #大麻 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

       

Pocket

Translate »