fbpx

大麻を連邦では禁止ですトランプ大統領は開放の努力中

Pocket

 

大麻を連邦では禁止ですトランプ大統領は開放の努力中

 

 

 

大麻植物は安全で無害(使うと気持ち酔いますが)そして現代病治療に大きく貢献する植物なのです。
実際、研究でも使用した人間の結果がそうですから言い切ります!

 

でも、何故日本は持っているだけで逮捕されるのでしょうか?
研究結果も利用した人の答えもあるのに禁止です。
他の違法ドラックみたいに使い続けると害になるわけでも、幻想を見たり、発狂するなどしません
アルコールより問題のない成分なのにアルコールが認められている方がおかしいのです。
大麻がダメならすぐにアルコールは禁止です。

 

そして厚生労働省の麻薬対策課の対応です。
栽培して売る方がたまに捕まるニュースは見ます 禁止植物を売って最悪は暴力団の資金になるのですから捕まっても仕方ないとして、個人で使う方に対して非常に厳しい対応を取ります。
これは非常に不可解です。
体に問題のない成分を使うのですから国としては認めても大丈夫な植物です。
見て見ぬふりをしてもよいはずです。
ですが事実は違います 証拠を掴んだら鬼の首を取ったように逮捕をします 何故?
他に禁止する植物、毒を含む植物もあるのに何故か、麻は特別扱いです とても不思議です。

 

役人さんは取り締まるのが仕事ですから実行しますがこんな、意味のない法律を実施してどうするのですか?
誰か得するの?????・・・・・・まぁ得する方たちがいました製薬会社です。
精神科、内科が特に強い薬を高価に売っていますから儲かります。
副作用の強い、常習性が起きる薬、数週間癌細胞が減って治療できたと評価される薬 状態がひどくなり最悪肺炎や普段かかる病気で亡くなっていくのですからこれを取り締まらないでど~するのですか!!
と、言いたいです。

 

大麻を解禁に導く近道は我々が正しい情報を持って、政府や都合の良い大便をする知識人の話を聞き入れないことです。

 

 

今の世の中、数が正義ですそれを利用してる方たちに加担しないようにしてください
正しい情報が広がれば日本は変わります。
大衆操作を色々な形でしているのは確かです 害は感じられないし大丈夫だと思いがちですが事実は違います。
大衆操作は大きな流れを作ります 簡単に言うと今年の流行るファッションは・・って言うファッション業界の手法みたいなものです先導するのです。
フッションはまぁいいとして、政治や法律を遵守させたり捕まると違反したから仕方がないなと思わせたり洗脳に近い大衆操作は政治もします。

害のない大麻を持っただけで逮捕して重罪にするのですよ!! 
よーく考えてください非常におかしいのです法律が即刻変更するべきです民主主義だから資本主義で決められた1%未満の人達が儲かるために時間をかけて操作をして作ってきた法律ではないのです。
アメリカはそのような流れで石油合成薬を国から認知させる流れを作りました。

 

多くの方たちが石油化学合成薬を使って体を壊して治療する方法で被害にあっている可能性が非常に高い事は否めないです。

 

朗報としてアメリカ連邦の法律として大麻は禁止していますがそれを開放する動きがあります。
これは日本に関係のない事柄ではないのです。
間違いなく数年後には大麻は開放されます。
問題は医療としてだけの開放なのか全てにおいて開放するのかです。
まだ、今後の流れ次第と言ったことでしょうけど、家の庭で普通に育てられる植物に変わってほしいものですね ホント

 

 


 

 

マリファナの連邦禁止の終了を支持するトランプ

彼の最初の任期にちょうど500日を少し超えるところに、ドナルド・トランプ大統領が2020年に再選に巡航するという兆候がすでにあります。

 

経済はただのハミングだけではなく、轟音です。ウォールストリートは上昇している。住宅着工が始まり、価値観が高まる。退職所得は上昇している。失業率は歴史的な低水準にある。
米軍はその優勢を取り戻している。
大統領は数々の厄介な規制を打ち砕き、燃やした。

 

彼は私たちの未知の文化戦争で正しい戦いを選んだ。
彼は「アメリカを再び偉大にする」という約束を果たしている。

 

今、彼は彼の中核的な支持を裏切り、彼に何人かの改宗者を勝つことさえ疑うことのない政策に署名するつもりです。

 

マリファナ・モーメントが報告したように、トランプ – ホワイト・ハウスからカナダのG-7サミットに向かう途中 – Sens氏、D-Mass氏、Cory Gardner氏が共著した法律を「本当に」支持している、R-Colo。、それは彼ら自身のマリファナの使用法を決定する権限に関係するように州をより多くの憲法の自治に戻すでしょう。

 

 

 

“本当です。私はガードナー上院議員を支持している」と彼は記者に応じて、法案を支持するかどうか尋ねた。
「私は彼が何をしているのか正確に知っている。
我々はそれを見ている」とトランプ氏は語った。
“しかし、私はおそらくそれをサポートするだろう、はい。

 

この法案は「第10次改正委任国家制定法(STATES)」と呼ばれ、部分的には州法マリファナの活動をその規定から免除するための連邦規制物質法を改正する。

 

さらに、産業大麻を合法化しながら、合法大麻の事業に携わる銀行に新しい法的保護を提供します。

 

コロラド州とワシントン州は2012年に娯楽鍋の使用を合法化する法律を可決して以来、これらの州はそのような使用を禁止し続けている連邦法に違反しています。その後、オバマ大統領は両州に対する法的訴訟を追求するよりも「魚を揚げる」ことを決めた.POTUS Trumpの当局は当初、鍋の使用を合法化した国や他の国に対して動き始めたようだ。

 

トランプにとって肯定的なこと
この法案が成立すれば、連邦法と州法の法的不均衡がマリファナの使用に関して明らかに修正されるでしょう。

 

この法案は、GardnerとPOTUSが、コロラド州の共和党が、今年初めのJeff Sessions検事総長の就任後、法務省の候補者をブロックするのを止めることに合意した場合、ホワイトハウスが支持するという合意に至った後、先週末に導入された。
一般に保護された大麻の法律。

 

「それは、トランプ大統領が大統領令で最初の大麻のコメントをしたことは、州法の支持であったことを示す良い兆候です。
本当の問題は、ライアン大統領とマッコネル首相がどのように反応するかである」と述べた。ノリス政権理事のジャスティン・ストレカール氏は、マリファナ・モーメントに語った。

 

「法案を通過させるために議会のゲートキーパーに負担が掛かっているので、私たちは46州で進展したことを侵害し、国家議員を解雇して犯罪を終わらせるためのJeff Sessions検事総長の法的能力を最終的に終了することができる」追加されました。

 

 

 

これまでのところ、9つの州で、21歳以上の成人のレクリエーション用としてマリファナを合法化したと報告されている。いくつかの国では、痛み抑制のような薬の目的でポットを使用できる。

 

「2012年、Coloradansは投票箱でマリファナを合法化し、州は合法的なマリファナ産業を規制する装置を作りました。
しかし、このような州の決定は、コロラド州と他の州を連邦政府と闘わせた」とガードナー氏は上院ウェブサイトの声明で述べた。
“連邦政府は46の州が活動している間、目を閉じて耳を塞いでいる。”

 

私たちの創設者が想像していたように、これは正しい方向への復帰のための一歩です。

 

引用元 cannabiscures.news

 


 

日本に輸入可能CBDオイルと輸入不可CBDの違いは?

 

生理不順に使う合成薬の代わりに使えると報告

 

CBDオイルがリリーをてんかんから生き返らせる方法

 


 

 

 

 

 

・私が思うに今現在、体調不良を多くの方が感じていると思います。
その要因として、多くの化学合成成分を取り込み過ぎ、体の視線では化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

常日頃から石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログにも紹介しています 日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません 動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中にたまり続けます。
体が不調を訴えてくる(症状として出てくる)事は当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
石油化学合成を一切摂取をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

       

Pocket

Translate »