fbpx

ENDOCA  Raw Hemp 300mg ついて

Pocket

ENDOCA  Raw Hemp 300mg ついて

 

 

 

       

今回、改めて製品紹介をブログでしたいと思い、紹介させていただきました。
上記のヘンプオイルになります。
こちらの製品はRAW(生)の抽出物を使っています。
最近は他のメーカーも少しづつですが生抽出したものを販売するようになりました。
数年前までは私が知っている限り、2,3社くらいしか生の抽出物を製品化していなかったです。

 

理由はCBD濃度の均一化が難しいことです。
大麻を収穫後に日干しする作業から始まります。

 

 

本来、大麻成分CBDは茎の中ではCBDaという酸物質なのです(こちらの成分は研究中ですCBD効果を強める可能性があるそうです)
干すことで一部のCBDaが加熱されることで変化してCBDになります。
日干しした大麻茎を加熱しないCO2超高圧、臨界圧力で成分を抽出されます。
加熱すると全てCBD化されるところを低温の抽出方法で取り出し、その成分を利用します。

 

通常の産業大麻草はCBD(CBDa)は3%茎に存在するそうです。
実はRaw Hemp 300mgは茎の成分をそのまま絞った物を使っているのです。
但し、畑ごとのロットでCBD化のバラツキやCBDの量の変化があります。
ENDOCAは畑ごとに採取して、抽出後に一度成分検査を抽出ロットごとに実施します。

 

抽出されたロットの成分をブレンドして3%、300mgのCBD+CBDa成分を作るのです。
普通、検査工程が別の会社で調べるため(自社検査では公正ではないため)多く検査すると必要以上に費用がかさむため企業としては嫌がります。

 

しかし、ENDOCA社は検査工程を惜しまず検査しています。
・抽出ロット時の成分検査
・ブレンド後の製品化前の確認検査
・それをHPにて確認できるように公表しています。
製品の裏にロット番号がありますのでそちらのロット番号が製品の抽出物成分の確認ができるのです。
他のメーカーは濃度検査が義務付けされていないせいか濃度のバラツキが多い物が見受けられます。
その点、ENDOCA社は製品を手間を掛けて作られていますので成分量も守られて作っているのです。

 

CBDは海外の研究、医療機関の治療結果が今までの化学合成薬と比べ物にならないくらい副作用が微量、病気の治療効果が非常に大きいことで世界の医療関係者から注目を浴びている大麻成分です。
副作用、毒性がほとんどないことから、日常生活で利用可能なことも大きな特徴です。
薬、健康食品と幅の広い使いみちが期待できます。
日本に大麻を医療として取り入れるのは現状、麻を規制している法律とTHCを麻薬指定している法律(アルコール以下で麻薬扱いですから早くアルコールを麻薬指定してください)
それともう一つ、大麻を原料として薬は作れない、薬として認めない法律になっています。

 

法律を変えるための与党が自民党では無理です 理由は今までアメリカの言いなり政治をとうしたことでわかるはずです。
一部の人が儲ける流れを作ってきた政党には大麻完全自由化は無理だと思います。
今後の世界情勢から考えても無理です みなさんも日本が自民党のおかげで成長したと思っているでしょうが、かなり我々の我慢、無理を通して大きくなっただけですから自民党は諦めましょう。
儲けるためだけの時代は終焉しました 今後は主役は国家でも企業でもありません 私達個人が引っ張っていく時代に突入しています。
自分以外の人達に頼って行くというより、自分個人の判で行動する事が大きくなってくると思われます。

 

 

 

話は変わりますが現在、正しい物を使う選択する判断が大きくなっているのではないのでしょうか?
例えとして薬も石油化学合成薬と生薬の大麻を比較して我々の判断で治療方法を選ばなければいけない時代です。
治療全てを医者に託す時代では無いのかも知れません 医者も全て同じではないことも理解する必要があります。

 

大きい病院や大学病院は利益優先の治療になるはずです薬も多く出しますし色々と検査もするでしょう
今の病院は利益優先ですもちろん人命も優先しますが利益です。
だからガンの方が石油化学合成薬の副作用で亡くなってもこれが悪いとは言いません 国の指示通り動いて2週間ほど癌細胞が減ったことを確認して体力のない人たちは薬の副作用に蝕まれて抵抗力が非常に下がって亡くなります。
調べれば分かりますので調べてみてください そのような処方をしている人達から薬を受け取って飲むか否かです。

 

 

これはご自分の判断に任せるしかありません
もちろん、大きな病気の場合はそれなりに大麻成分も量は使うことになります。
少量で治癒するのではありません 高価な副作用の強い石油化学合成薬を選ぶか代替猟法を選ぶかは本人の選択になるのは間違いありません 私は、本人の良い選択肢を選んで欲しいので情報を提供させていただいています。

 


 

 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

大麻を治療目的で英国は米国より2倍使用されていた

 

大麻はあなたの病気のペットを助けることができますか?

 

 

 


 

 

 

 

・私が思うに今現在、体調不良を多くの方が感じていると思います。
その要因として、多くの化学合成成分を取り込み過ぎ、体の視線では化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

常日頃から石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログにも紹介しています 日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません 動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中にたまり続けます。
体が不調を訴えてくる(症状として出てくる)事は当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
石油化学合成を一切摂取をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

       

Pocket

Translate »