fbpx

喘息治癒に大麻成分が利用出来るかイスラエルで研究中

Pocket

喘息治癒に大麻成分が利用出来るかイスラエルで研究中

 

 

 

 

喘息に治療効果があることは個人で確認されて、報告もありますので今回、喘息治療として大麻成分が利用できるかをイスラエルの大学が研究を始めています。

 

イスラエルは大麻研究が世界で一番されている国です。
そして、栽培面積も多い国です。

 

 

 

喘息、アレルギーに関してCBDはアレルギーに関して効果があることを確認するそうです。
大麻成分は多種類の病気治療に貢献できる成分ですね 今まで利益という圧力に邪魔をされ続けていましたが、ようやく日の目を見る事ができます。

 

それにしても今まで利益のために作られた自民党では新しい世界の基準に追いついていくことが出来ないでしょうね
企業も同じです。
特に医療は利益を追求しすぎました 今後、社会の流れが変われば自然に病院の規模も小さくなっていくことでしょう それを医療関係の方達は阻止したいとは思うでしょうが無理です。
石油化学合成薬の時代は終わりました。
更に利益追従の医療も終わりです 企業を残していくならもっと医療に対してボランティア色を強くしなければ残りませんよ?

 

 


 

大麻の化合物は喘息を和らげる可能性がある
医学大麻の「父親」であるラファエル・メクラーム教授は、ヘブライ大学大麻研究総合センターの喘息に焦点を当てています。

 

 

 

 

医療大麻産業の「父親」として知られているヘブライ大学のラファエル・メクラーム教授は、喘息および他の呼吸器症状を治療するための非精神性大麻成分の利益を調べるチームを指導する。

 

1964年に、Mechoulamは大麻のTHC成分を成功裏に単離する最初の科学者でした。
その後、イスラエルのWeizmann Institute of Scienceの若手研究者でした。

 

大麻植物の140種のカンナビノイド分子のうち、2つの主要な成分は、抗炎症特性を有するTHC(精神活性成分)およびCBDである。
CBDは、糖尿病、心臓病、自閉症、骨折治癒および炎症性腸疾患に関するイスラエルの急速な医学大麻研究の多くの焦点である。

 

Mechoulamは、ヘブライ大学の最近設立されたカナビス研究の総合センターで、Francesca Levi-Schaffer教授と一緒にCBDと喘息の研究を行う予定です。
この研究は、iCANとイスラエルのカナビスを共同設立したClifton Flackが率いる英国のイスラエルのバイオテクノロジー企業であるCIITECHによって委託された。
後者は、不眠症のための大麻製剤の臨床試験を開始している。

 

 

 

 

喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎および食物アレルギーを含むアレルギー性疾患は、世界人口の約20%に影響する。

 

Mechoulamの喘息研究の目的は、「アレルギー性気道炎症に対するカンナビジオール誘導体(CBD)の阻害作用の可能性」を特定することです。

 

喘息およびアレルギーは、一般にステロイドまたは症候性薬物によって十分に制御されるが、一部の患者はステロイド耐性であり、したがって、世界保健機関(WHO)によって「満たされていない臨床的ニーズ」として分類されている。
「私たちは、CBDの抗炎症性がこの疾患の治療に有効かどうかを調査することを楽しみにしています」とMechoulam氏は述べています。

 

 

 

 

Flack氏は、「大麻は今世紀の不思議な薬になる可能性が高く、この前臨床研究プロジェクトでMechoulam教授とLevi-Schaffer教授を支援する機会があることを光栄に思う」と付け加えた。

 

 

大麻喘息の発表は、ロンドンで10月26日に行われた英国初の医療カナビスイベントであるカンナテックと一致した。

 

 

引用元  israel21c.org

 


 

 

 

・私が思うに今現在、体調不良を多くの方が感じていると思います。
その要因として、多くの化学合成成分を取り込み過ぎ、体の視線では化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

常日頃から石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログにも紹介しています 日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません 動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中にたまり続けます。
体が不調を訴えてくる(症状として出てくる)事は当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
石油化学合成を一切摂取をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

       

Pocket

Translate »