fbpx

アンチドーピング機関の禁止物質リストでのCBDの廃止

Pocket

アンチドーピング機関の禁止物質リストでのCBDの廃止

 

 

今回、世界アンチ・ドーピング機関が大麻成分CBDをドーピング扱いから除外されました。
これでドーピングの扱いからほぼ、外されたことになったみたいです。

 

CBDは細胞の炎症に効果がありスポーツ後のケア成分として使えることは確定しました。
大麻成分は人間の肉体に負担をかけない成分が特徴です。
THCは精神高揚効果がありますがソフトドラック程度の効果ですアルコールより弱く、カフェイン程度の依存成分なのです。
大麻は危険だから禁止、免許性になったわけではありません! ←ここが勘違い、間違った情報を刷り込まれているところです

 

CBDは肉体に早く効果が見えやすい成分みたいです。
抗精神効果は摂取するとすぐに効果が出るみたいです。
抗炎症効果も同じだと思います。
それにCBDは体に滞留時間が長く、1週間は(研究で2週間とも言われています)体に居続けますので効果が長時間持続できる事が考えられます。
消費できなかった成分は体から排出されないことが嬉しいですね

 

今回、ドーピングの成分から正式に除外されました。
今回のオリンピックはCBDをドーピング扱いから除外していましたがアンチ・ドーピング機関はCBD成分はドーピング成分扱いでしたが、今回正式に除外されました。
これでまた一歩、大麻を害として考える流れから離れていくことになります。

 

 

 

ENDOCA社 結晶99%を発売していますがスポーツ選手はこのような結晶タイプを今後は利用することになります。
正確にはCBD99.6%の結晶です。
CBDオイルといった麻種油とブレンドした製品がありますがこちらは使えません
CBD純粋結晶を利用することが条件のはずです CBDオイルは複数の成分が微量に入っているためドーピング検査で引っかかる可能性が高いです。
利用する場合はNG成分の入っていない油を使って湯煎でオイルと一緒に混ぜて溶かすことで使います。

 

他にも料理に入れることで腸内フローラの調整で体の調子を整えたりすることが可能です。

 

又、こちらの結晶は基礎化粧のベースオイルと混ぜて湯煎で溶かして使う方法もございます。

 

 


 

世界アンチ・ドーピング機関の禁止物質リストでのCBDの廃止

 

 

 

Anke Thielは、1週間のサイクリングの最後の日に50マイルの自転車に15マイルも乗っていました。彼女の背中が痛い。

 

「私は「ああ、私はこの気持ちを知っている」と思った。
私はこの乗りを通してそれを作るつもりはない」と登録栄養士のティエルと熱心なスポーツサイクリストは語った。
彼女はCBDバーのいくつかを残して食べていたことを思い出しました。

 

「私は残りの日の痛みや痛みについて考えなかったし、これは本当に良いことだと思った」とティエルは語った。

 

カンナビジオールの略で、CBDは大麻に含まれるカンナビノイドと呼ばれる100種類以上の化合物の1つで、現在はカリフォルニアで合法です。
ディスカバリーでのみ一般的になったCBDは、現在、主流のヘルス・ストアや総合的なウェルネス・ウェブサイトに登場し始めています。

 

間もなく別の驚くべき場所、あなたの近所のフィットネス栄養店でそれを見つけることができます。

 

「痛みや痛みに役立ちます。それはストレスに役立つ」とティエルは語った。
「これはスポーツ選手には間違いなく支持されているが、毎日の個人にも役立つ」

 

CBDは、世界アンチ・ドーピング機関の2018年の禁止物質リストにはなく、UFCのスター・ネイト・ディアス、超音速のエイヴリー・コリンズ、元NFLプレーヤーのリッキー・ウィリアムズのような多くのプロスポーツ選手に、抗炎症と運動回復援助。

 

体内で自然に生成するエンドカンナビノイドの構造と同様に、カンナビノイドはフィーリング・グッド・エフェクトで最もよく知られており、抗炎症、抗不安、睡眠援助のような運動選手に利益をもたらす可能性がある。

 

 

 

CBDは、THCとは異なります。
マリファナの有効成分であり、精神作用や「高」を生成します。

 

サンディエゴに本拠を置くPlusCBDオイルと提携して、CBDで食べ物のエネルギーバーを作りました。
「レモンクリームクリスプ」と「チョコレートチェリーアーモンド」のフレーバーは、すべての有機植物ベースの食品から作られています。
ティエルはスーパーフードの栄養素とCBDを吸収するのに役立ちます。

 

「私は自転車に乗って車にぶつかって、たくさんの理学療法を受けなければならず、CBDを使って不快感を緩和し、私は再び乗って帰ってきました。

 

各バーには15mgのCBDが含まれ、8ドルで販売されています。現在、彼らは彼女のウェブサイトで64ドルで8箱で販売されています。

 

CBDの抗炎症または運動回復の有効性に関する研究はまだ初期段階にある。
連邦政府は、マリファナとCBDがヘロインやLSDと同レベルのスケジュール1の薬を見つけ続けているため、研究者が研究にアクセスすることが困難になっている。

 

カリフォルニアでは、法的な製品は非常に人気が高まっています。
あなたはすぐにあなたのカイロプラクターのオフィスまたはスパでCBDの擦れやローションを見つけるかもしれません。

 

Frontier in Neurologyに掲載された2018年のレビューは、中枢神経系が多発性硬化症の患者の疼痛および運動性を改善する効果的な方法であると結論付けた。

 

 

 

一部の医師は、CBDの投与量や副作用に関する長期的な研究は行われていないと警告しています。
疼痛管理治療と同様に、CBDに関する複数の研究によれば、患者は新しい治療法を試す前に医師に相談すべきである。

 

「私のサイクリングのパフォーマンスは間違いなく助けになり、炎症に役立っています」とすぐにCBDのスポーツ栄養バー事業を拡大するThielは語ります。「しかし、全体的なバランス、心身のバランスを感じるのにも役立ちます。」

 


 

CBDとリモネンの相乗効果とは? 精神疾患、心配不全 

 

大麻を連邦では禁止ですトランプ大統領は開放の努力中

 

大麻は脳の劣化と老化を遅らせ、認知症を逆転させる

 


 

 

 

 

・私が思うに今現在、体調不良を多くの方が感じていると思います。
その要因として、多くの化学合成成分を取り込み過ぎ、体の視線では化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

常日頃から石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログにも紹介しています 日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません 動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中にたまり続けます。
体が不調を訴えてくる(症状として出てくる)事は当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
石油化学合成を一切摂取をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

       

 

Pocket

Translate »