fbpx

CBDオイルとは何ですか?本当に働いていますか?

Pocket

CBDオイルとは何ですか?本当に働いていますか?

 

 

 

今回もアメリカの記事を紹介しています。
話の一部ですがピックアップさせていただきます これは医療観点の話だと思いますが、大麻を喫煙することに対して他タバコと同じ害、つまりタールを体に取り入れることに関して健康に関する被害があるのではないのだろうか? 疑問を投げかけています。

 

2007年のレビューでは、喫煙マリファナが喫煙タバコと同様に呼吸器系の健康を低下させることが判明しました。 ←ここの話です。

 

確かに嗜好品として大麻はタバコ代わりに吸うイメージが強いことは確かです。
このタバコ代わりに・・という嗜好品の条件ですが現在は変わってきているようです。
アメリカより早く全面解禁する国があります。
隣国カナダです 法律で2018年10月に全面開放されます。
実はカナダは法律が施行する前から街中で大麻製品が広まっているそうです。

 

 

皆さんのイメージとしてはマリファナをタバコとして巻いて吸う方、水タバコで吸うイメージが強いと思います。
しかし、喫煙で楽しむ方は2割程度だということです。
残りの方達はチョコに混ぜた大麻を食べたり、食品に混ぜて利用されているそうです。
大麻の葉を使ったレシピを以前紹介しましたが緑の状態で加熱をしない状態ですと大麻成分はTHCaとTHC、CBDaとCBDが主に存在しています。(他にもありますが多い量の代表です)
CBDa THCa こちらは加熱するとCBD THCに変化する酸成分です。

 

成熟していない麻にCBDa THCaが多く含まれていますCBD THCも未成熟でもそんざいはしていますが、量が少ないのです。
THCaは酸の状態では脳を活性化させる成分ではありません成熟していない葉、花穂を未加熱のまま、成分を摂取することでCBD THC1日の摂取量以上に多く摂ることが出来るそうです。

 

今後、健康志向として脳に影響が出ない状態の未成熟の麻を利用した食品は広まっていくことになるはずです。
カナダでは10月に法施行前のフライングで大麻ショップがかなり出来ているそうで、日本で言う「雨後の筍」状態です ブログを書いているのは2018年9月12日・・まだ違法ですし、日本と同じ大麻の扱いなので罪的には厳しいのですが・・・いいなー普通に扱っているみたいです。

 

 

カナダでは食品にしても薬に使っても問題ないことが証明されたと思います。
もう一つ報告がありました 休暇を使ってカナダに渡航をしタカタの話です。
その方は、毎日ヘンプショップで大麻をチョコやスムージーなどで楽しんだそうです その間はアルコールを飲んでいなかったそうです。
言い換えれば、大麻はアルコールより精神状態を大きくリフレッシュできることがわかります。
大麻を開放すればアルコール中毒数が激減しそうです。

 

以上、カナダの大麻開放前の状況のお話を絡めて伝えました。
タバコの代用品ではなくなったのかも知れないですね
今回インタビューをした方は大麻を勧めていないかたの話のように聞こえます 大麻成分は研究の途中でもあるため大風呂敷は引けないのでしょうが大麻を使って治療結果が出ている方が多くいることは事実です。

 

2019年は大麻利用が更に加速していくことになるはずです。

 

 

 

 

 


 

 

 

CBDオイルとは何ですか?本当に働いていますか?

 

医療マリファナ の人気は高騰しており、消費者が求めている多数の製品の中で大麻の油が求められており、その中で最も需要が高いものは単にCBDオイルと呼ばれています。

 

豊富なマーケティング資料、ブログ、および逸話によると、大麻油はあなたを悩ませ、癌でさえも治すことができます。
しかし、限定された研究では、非常にまれな2種類のてんかんを除いて、大麻油は従来の投薬の代わりにすべきであるとは示唆されていません(そして、最後の手段としてのみ推奨されます)。
また、大麻油や他の大麻製品は、政府や第三者機関による規制がないため、消費者が入手したものを正確に把握することは困難です。

 

カナビス油とは何ですか?
簡単に言えば、カナビス油はマリファナ植物、カンナビスサティバの濃縮液体抽出物です。

 

他のハーブエキスと同様に、大麻オイルの化学物質は、エキスがどのように作られ、どのような化学物質が植物に含まれるかによって異なる。

 

カナビス植物は何千もの化合物を産生するが、最もよく認識されているものはカンナビノイドと呼ばれるクラスに属する。
いくつかのカンナビノイドが存在するが、消費者の間で最もよく知られている2つはTHC(テトラヒドロカンナビノール)およびCBD(カンナビジオール)である。

 

 

THCはマリファナの主要な精神活性化合物であり、人々に「高い」製品を提供したいときに探しているものです。
THCとは異なり、CBDは精神活性作用を引き起こさない事で知られているので、精神効用効果を避けたい人には魅力的ですが、CBDの他の利点があると信じて誰されていない、サラ区、フィラデルフィアのテンプル大学で薬理は語りました。

 

THCを含まないCBD製品は、米国薬品執行庁(DEA)の規制物質法の対象外です。
つまり、CBD製品は、 THCを持たない限り販売および消費することが合法です。
これは、CBDオイルを含むCBD製品が社会的に受け入れられ、ますます人気が高まっている理由の1つです。
フォーブスは 2016年にCBD製品が2020年までに22億ドルの産業になると予測しています。

 

大麻油はどのように消費されていますか?
カンナビノイド の生理学的効果は、人によって大きく異なり、どのように消費されるかにも依存する。Ward氏によれば、予測可能性の欠如は大麻油が医薬品に発展するための挑戦的な候補である理由の1つであるとWardはライブサイエンスに語った。

 

「2人は大麻油でできたブラウンを食べることがあり、1人は大量のカンナビノイドを吸収する可能性があり、もう1人はそうではないかもしれない」とワード氏は述べた。
「作業にどれくらいの時間がかかり、システムにどれくらいの期間滞在するかは大きく異なります」

 

ウォード氏は、製品が喫煙や油っぽさに吸収された場合、もう少し統一している、と語った。
しかし、「何かを喫煙することには明らかな懸念がある」JAMA Internal Medicine誌に掲載された2007年のレビューでは、喫煙マリファナが喫煙タバコと同様に呼吸器系の健康を低下させることが判明しました。
2014年にAmerican Journal of Cardiologyに発表された同様のレビューでは、マリファナの煙吸入が心臓発作や脳卒中の可能性を高める可能性があることが判明しました。
どちらの調査も大麻大豆油単独の効果を分析していないため、他の大麻製品の喫煙と同じ健康リスクがあるかどうかは不明です。

 

 

 

 

なぜ大麻油を使うのですか?
人々は大麻油が広範囲の状態を治療するために使用できると主張しているが、これらの主張を裏付ける証拠はしばしば欠けている。
例えば、Medical News Todayによると 、人々は、痛みからにきびまでの病気に対して大麻油を使用する。アルツハイマー病やガンのような病気を治すことができると主張する者もいます。
(しかし、これらの主張を支持する臨床的証拠はもうない。)

 

刊行物2017に掲載されている「Frontiers in Pharmacology」のレビューでは、CBDがストレス時に学習、記憶、ナビゲーションなどの重要な機能を担う脳の一部である海馬をどのように保護するのか、また、精神分裂病から生じる脳細胞破壊。
雑誌「Annals of Palliative Medicine」に掲載された2017年のレビューには、THCまたはCBDを含む大麻油、またはその両方が慢性疼痛管理に役立つことが示唆されているが、そのメカニズムは不明である。

 

ある種のてんかんの人での大麻治療はより有望であった。唯一のFDA承認の大麻ベースの薬物は、2つのまれな重症癲癇の治療のためのCBD経口溶液であるEpidiolex である。

 

心に留めておくべきこと
「比較的最近までCBDについて多くのことを理解していなかったため、この分野の研究はまだ初期段階にあることを知っておくことは重要です」とペンシルベニア大学Perelman Schoolの副補佐のMarcel Bonn-Millerは述べています。
医学。彼は、DEAによるスケジュール1の薬物としてのマリファナの分類は、物質を実験室での研究に使用することを困難にすると指摘した。スケジュール1の薬物は、DEAによると、乱用の可能性が高く、連邦法の下では違法です。

 

この分類のために、研究者が薬を手に入れることは容易ではありません。
ボン・ミラー氏は、「あなたはそれができないと言っているわけではないが、飛び越えなければならないフープがあり、それが痛みであり、研究者がこのスペースに入るのを妨げる可能性がある」と語った。
「相対的に言えば、米国ではヒトのカンナビノイドに関する研究を行っている少数の人々だ」

 

しかし、ボン・ミラー氏は、大麻研究は上向きであると彼は考えているとLive Scienceに語った。
「私たちが5年前にフラッシュすると、もっと多くの研究が見られるだろうと思う」と彼は語った。
これらの研究は、CBDが役立つかもしれない条件を明らかにすることができ、CBDオイルを使用する理由のいくつかは科学によって支持されず、代わりにプラセボ効果であることを明らかにするかもしれない。
「だからこそ私たちは研究をする必要がある」と彼は語った。

 

副作用とマリファナベースの製品を消費に関わるリスクはどちらか、明らかではないが、ボン・ミラー氏。
「リスクの低いカンナビノイドを理解して使用しながら治療的に有用なカンナビノイドを決定することは重要」と彼は述べた。
少なくともCBDでは、中毒の可能性はないと彼は言った。
これは中毒に関連しているTHCとは異なり、急性不安などの副作用があると同氏は述べた。(利用していなかった人がいきなり多くの量を摂取したりする場合に見られる可能性があります 1%位の可能性で起きると聞きました 多い副作用は下痢です 石油化学合成薬を引き合いに出していないので強く感じますが石油化学合成薬の副作用はこれ以上です)

 

買い手は注意してください
Bonn-MillerとWardはどちらも、消費者が購入している材料とその中の研究について十分に教育されていることを強調しています。「大麻油を生産している企業は、あらゆる研究によって必ずしも実証されているわけではない、その用途について多くの主張をしている」とボン・ミラー氏は述べた。だから私は、消費者の立場から、多くの警戒が必要だと思う」と付け加えた。

 

ウォード氏によると、棚の製品はすべて同じではないという。
「医療上の理由からこれをやろうと考えているなら、信頼できる情報源を探して研究をしたいと思っている」と彼女は語った。
「このオイルはどこから来ていますか?製品中のさまざまなカンナビノイドの正確なパーセンテージを知っていると自信を持てますか?」

 

Bonn-Millerはまた、これらの製品を探す前に利用可能な伝統的で確立された最前線の治療法を使い果たすことが不可欠であると説明しました。
「CBDは実際には何のための第一線の治療法ではない」と彼は語った。
「私はがんを持っているが、CBDやTHCを癌に役立てることを読んで化学療法をやめようとしている状況を望んではいない」ボン・ミラー氏は言いました。
「科学は存在しないだけでなく、悪化するかもしれない」

 

引用元 livescience.com

 


 

大麻はあなたの病気のペットを助けることができますか?

 

大麻が体にどのように影響を与えているのでしょうか?

 

医療大麻は強い中毒性薬依存を減らせる本当なの?

 


 

 

 

 

 

・私が思うに今現在、体調不良を多くの方が感じていると思います。
その要因として、多くの化学合成成分を取り込み過ぎ、体の視線では化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 思っています。

 

常日頃から石油化学合製を取り込まないようにしましょう。
ブログにも紹介しています 日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません 動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中にたまり続けます。
体が不調を訴えてくる(症状として出てくる)事は当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
石油化学合成を一切摂取をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

不要な化学合成成分を断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

Pocket

Translate »