fbpx

疼痛にTHC対CBD効果の違い、および相互作用

Pocket

疼痛にTHC対CBD効果の違い、および相互作用

 

 

THC、CBDの痛み、細胞の腫れの緩和について比較しているサイトの紹介です。
私の考えですが西洋医学は一時期、漢方と同じ植物、ハーブを使った治療が主流だった頃もあったそうです。
その考えを変えさせたのが石油化学合成薬です政界の援助から始まり教育、研究に至るまで大きな支援をして石油化学合成薬は今の位置に居ます。
この治療方法のみ勉強をしてきた医者には大麻の効果が理解出来ないのです。
何故なら、大麻成分は単独効果よりも総合的に摂取すると相乗効果があることがわかり始めています。
石油化学合成薬にはそれがないのです。

 

1つの薬に対して1つの効果が基本だそうで、理由はわかりませんが薬の登録として、1つの効果の登録するそうです。
大麻成分は多くの効果があることが判明しています 2つ、3つ、4つ、複数の効果がある場合、厚生労働省は今の法律では薬として登録ができません

 

その前に大麻を麻薬指定から外して、THCを麻薬指定成分から外して、大麻を薬に利用できない規制を薬として利用できるように法律を変えないとだめです。
今現在のアメリカが大麻を普通の植物に規制を外すための法律を変更している最中です。
そして、隣国カナダはアメリカより先に大麻を一般植物にしました。
今現在、カナダに行くと大麻がチョコレートやフレッシュジュースなどに混ぜられた商品や、タバコの代用品として売られています。
行った方の話では大麻製品を食べたり、飲んだりすることでリフレッシュ出来たらしく、カナダ渡航中はアルコールを飲まなかったそうです。

 

 

話を戻します。
合成薬は体が消化しにくいということです 更に、拒絶反応?副作用が酷いオマケまで付いてくるのですから・・さぁ大変
植物から抽出する成分のほうが体の相性が良いことは実験で判明しています。
みなさんが大麻を理解することで日本も変化が起きると思います。
今後、新しい常識をみんなで作れたら嬉しいです 正しい大麻の常識を多くの人が理解できることを祈っています。

 

 


 

疼痛(とうつう ズキズキ痛むこと)のためのTHC対CBD:相違および相互作用

 

 

医療マリファナが広く合法化されているため、多くの人々がより自然な鎮痛法のために薬に目を向ける。

 

天然の鎮痛薬として、一部の専門家は、利用可能な合成医薬品よりも、大麻があなたの体に適していると考えています。

 

この背後にある理由は、人体が人工物よりも天然の化学物質を代謝することができることです。

 

加工食品と同様に、合成薬物は副産物を生成する可能性があり、体内に有害な毒素として残り、肝臓や腎臓に負担を与えます。
大麻の一部(医療系)には、抗酸化剤、抗うつ剤、抗不安剤、鎮痛剤、抗炎症剤など、多くの健康上の利点もあります。

 

研究だけでなく、多くのユーザーは、医療用大麻の痛みを和らげる性質を事例報告で強く支持しています。
しかし、さまざまな種類の菌株が異なる疼痛状態に適しているため、医療用マリファナの使用に入る前に、その違いを理解することが重要です。

 

利用可能なマリファナの種類とその効果についての違いを見てみましょう。以下の情報を参考にして、痛みを和らげるために高THCまたは高CBDの筋力を使用する方が良いかどうかについて、情報に基づいた選択をすることをお勧めします。

 

 

 

 

THCとCBDの概要

カンナビノイドは、大麻植物に特有の活性成分であり、主に治癒効果の原因となる化合物である。
2つの最も有効で研究されたカンナビノイドは、テトラヒドロカンナビノール(THC)およびカンナビジオール(CBD)である。

 

 

ウィンストンペキ

現在までに70種類のカンナビノイドが同定されており、カンナビゲロール(CBG)やテトラヒドロカンナビバリン(THCV)など現在研究されているものがいくつかある。

 

しかし、これらは唯一の有効成分ではなく、一部の見積もりでは、プラント内の120以上の有効成分が予測されます。
この化合物の豊富さは、専門家がいくつかの病気の治療に有用であると考える理由の1つです。

 

THCとCBDは熱で効果的な鎮痛剤に変換するだけであるため、喫煙、気化、または焼くことが重要です。

 

直接消費のために設計されたほとんどの大麻油および抽出物は、熱処理を受けていない。
摂取前に熱がなければ、その効果は現れないかもしれません。

 

 

THCとCBDの違い

THCとCBDの両方がマリファナに関連するプラスの効果に寄与する。しかし、専門家は、THCと高い感情効果を結びつけるだけです。
これは、2つのコンポーネントの主な違いの1つです。

 

 

高THC株の優性効果

THCは、マリファナの主要な向精神薬成分であり、それは気分と知覚の変化した状態に関与する成分である。
この効果により、THCはレクリエーションユーザーにとって魅力的です。

 

しかし、THCには強力な抗炎症性と鎮痛性があり、関節炎や癌などの炎症に起因する痛みの治療にも成功しています。

 

THC は、多発性硬化症などの痙攣関連疼痛に役立つ神経系を弛緩させる。
THCによって引き起こされる変更された精神状態は、薬物が痛みを治療するためにアヘン剤を使用するのと同じように、重度の痛みを緩和することに寄与する場合もある。

 

 

 

 

高CBD株の優性効果

CBDは、その抗発癌性を認識しています。
「高い(ハイ、hiになる)」感情の欠如に加えて、CBDは陽性の抗炎症および鎮痛効果を示している。
臨床試験は、CBDによって引き起こされる化学反応のいくつかから痛み受容体を抑制することへの関連性が実証されている。

 

CBDには強力な抗酸化特性があり、免疫システムのサポートにも役立ちます。
精神活性とはみなされませんが、それはうつ病の助けとなり、不安は慢性痛の副作用となることがあります。

 

 

カンナビジオールオイルと医療補助食品

天然大麻オイルサプリメントはカプセルやスプレーの形でも使用でき、患者は口中で喫煙したり消費したりすることができます。
患者は、大麻の効果を模倣するが天然ではない合成医薬品品種と医療用サプリメントを混同してはならない。
医療用サプリメントは、純粋なTHC、純粋なCBD、またはCBDオイルのようないわゆる「フルスペクトル製品」とすることができ、これは大麻植物中に見出される有益な化合物をすべて含有する。

 

 

疼痛緩和におけるTHC対CBDの効果

より多くの臨床試験では、CBDとTHCよりも鎮痛効果の肯定的な結果が結びついています。

 

例えば:慢性疼痛。 
2017年の報告は、hih-CBD大麻ベースの製品が慢性疼痛の治療に有効であるという実質的な証拠があると結論付けた。実験医学ジャーナルに2012年に発表された別の別の研究は、CBDの使用が痛みと炎症の両方を軽減できることを示唆しています。

 

消化器の痛み。
CBDはまた、それが消化器の援助と消化器の痛みとしても大いに役立つことを証明しました。
研究者は、炎症性腸疾患の治療のためのカンナビノイドに示唆されているような証拠を発見しました:どこに、どこに行くのですか?エンドカンナビノイド系、消化およびCBDにはあらゆる種類の相互作用があることを示している。消化器系疾患を治療するためのCBDを含む研究はまだ初期段階にありますが、しばしば痛みを伴うあらゆる種類の消化器の問題に役立つ可能性があると専門家は考えています。

 

 

 

関節炎の痛み。
関節炎は、文字通り関節の炎症を意味し、CBD油が非常に有効である可能性のある別の状態である。
2016年にEuropean Journal of Painで発表された研究では 、動物に4日間CBDを含む局所ゲルを投与した後、関節炎のラットに有害な副作用がなく、炎症および痛みの徴候が劇的に減少した。

 

いくつかの研究は、THCが疼痛緩和、特にがん関連疼痛に好ましい効果を示したが、変化した精神状態のような副作用はCBDに対するあまり好ましくないカンナビノイドになる。THC は筋痙攣に関連する疼痛においてより効果的であるが。

 

 

THCとCBDとの相互作用

痛みを軽減するためには、THCとCBDのどちらかを選択する必要はありません。
実際には、2つを組み合わせることが賢明かもしれません。
研究者たちは大麻が実際に大麻植物のすべての化合物が互いに相互作用するという意味で相乗的な散弾銃であることを発見しました

 

これらの相互作用の正確なメカニズムは不明なままであるが、最も効果的な大麻ベースの疼痛治療は、THCとCBDの両方の組み合わせを含むことが判明している。
あなたの法律や規制が許せば、大量に両方の化合物を含む大麻ベースの製品に行きましょう。運転のような適切な手と目の協調を必要とすることをしている間に、THCが変化した精神状態を作り出すことができることを実感してください。

 

 

 

 

ひずみの選択

大麻の高THCおよび高CBD品種には、広い範囲の化学組成がある。
これらは異なる医療効果を生み出すことができる。

 

この問題を複雑にするためには、同じ製品が異なる人々に大きな結果をもたらす可能性があります。

 

天然ハーブ形の大麻を探す場合、サティバ(sativa)(CB)は一般にCBDの量が多いが、インディカ(大麻)はTHCが多い。
しかし、交雑のために、これは常に信頼できるとは限りません。事実上の証拠によると、サティバはより多くのエネルギーを与えているのに対して、インディカはより多くの弛緩剤である。この観察は、THCまたはCBDの内容に特定されないいくつかの違いを説明し、なぜ多くの人々が疼痛緩和のためのインディカを好むのかを説明することができる。
治療量のCBDが必要な場合は、常に高CBD株に行ってください。
これはSativaまたはIndicaのいずれかになります。

 

 

結論

鎮痛のための医療用途では、主に副作用がないため、医師は大麻抽出物のCBD品種をTHCよりも好む。
SativixのようなCBDとTHCを組み合わせたサプリメントは、成人において臨床試験において最良の結果を示しています。
専門家は副作用がないのでCBDを好むが、CBDとTHCの両方を組み合わせることは痛みを治療する最も効果的な方法かもしれない。

 

医療用マリファナは、コデインなどの他の鎮痛薬よりもリスクが低い。
同様の痛みを軽減する効果を提供しながら、より多くの利益をもたらす。
反応は非常に変動し、副作用のリスクは非常に低いので、痛み管理のオプションについて医療専門家と話し合い、小用量を試しに始めておくことが最善です。
あなたのニーズに最も適したオプションを選択し、結果がすぐに現れるようにします。

 

Winston Pekiはマリファナの熱狂者で気化器の専門家です。
アムステルダムで生まれ育ちました。彼は気化器のレビュー、CBDオイルのレビューなどを見つけることができる有益な気化器と大麻ベースの製品サイトであるHerbonautの創始者です。

 

 

引用元  nationalpainreport.com

 


 

精神病治療でCBD摂取するとすぐに効果が出る事を確認

 

大麻治療薬は、てんかん患者で発作のリスクを減らす確認

 

生理不順に使う合成薬の代わりに使えると報告

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 

 

Pocket

Translate »