fbpx

コカコーラは大麻成分CBD入飲料の販売を検討?

Pocket

コカコーラは大麻成分CBD入飲料の販売を検討?

 

 

 

 

コカコーラは年齢制限をしなくて良い大麻成分CBDを大麻規制の無くなったカナダをターゲットにCBD入清涼飲料水の販売を検討しているみたいです。
リラックスするための清涼飲料水を発売するのではないのでしょうか?

 

アメリカも今後、大麻を解禁準備中なので後々、販売を予定しているとは思います。
現状のアメリカでは州によって、CBDすら禁止している州もあるので先立って大麻解禁をしたカナダからCBD入飲料水を販売する予定みたいです。

 

私の予想ですが、CBD1%未満のドリンクを出す予定?
CBD価格が高価なのでCBD1%以上添加して販売すると高額になるため少し、抑え目にCBDを入れて販売するのではないのでしょうか?

 

CBD1mg入ってれば良いと思います。
5mgくらい添加した商品を安く売ってくれるならCBDの利用率も高くなって今後、更に定価の安いCBDを販売される可能性が高くなりますが・・・飲料水の添加なので期待はしていませんが、コカコーラがCBDを添加することは大麻成分が一般常識になるキッカケを作る可能性が高いので嬉しい限りです。

 

 


  ↑ヤフーショップ・ドリームスペルはこちら

 


 

コカ・コーラは潜在的な大麻飲料事業を見ていると語る

 

モルソン・クアーズを含む飲料メーカーがマリファナ市場に参入すると、コカ・コーラはポットパーティーへの参加を考えている。

 

しかし、コカ・コーラはモルソンや他のビールメーカーによる最近の動きとは異なり、飲み物にバズ(THC)を追加するつもりはないとしている。
むしろ、アメリカの飲料業界の巨人は、CBDと呼ばれ、サイコアクティブ成分のテトラヒドロカンナビノール(THC)とは無関係の、ポット工場で見つかった法律的化学物質を使用することで、炎症および関連する痛みを和らげることを求める消費者をターゲットにすることができます。

 

我々は密接に世界中で機能的な健康飲料の原料として非精神CBDの成長を見ている、」コカ・コーラは、月曜日と述べた声明。「このスペースは急速に進化しています。

 

 

 

ウェルカム飲料の話は、コカ・コーラの1880年代のルーツを思い起こさせるもので、コカの葉に由来するコカインの量を有名であるエリキシルとして捉えています。
(同社は、まだその秘密の処方にコカインブースターが含まれていることを長い間拒否してきた。)

 

コカ・コーラとその競合会社は、近年清涼飲料水の使用量が減少しており、コカ・コーラは近年ボトル入り飲料水やジュースを含む製品群を拡大しています。
同社は先月、コスタコーヒーチェーンを51億ドルで買収すると発表した。

 

コカ・コーラは、電子メールで、カナビス、またはマリファナ工場で見つかった非精神活性薬であるCBDを開発したカナダのマリファナプロデューサー、オーロラ・カナビスと話し合っているというブルームバーグ・ニュースの報道にコメントしなかった。

 

オーロアは「注入された飲料スペースに特定の関心を持っている」とし、その市場に参入しようとしている。カナダの会社はCBSマネーウォッチに電子メールで語った。

 

同社のスポークスパーソンは、「ビジネス開発イニシアチブについては最終決定するまで話し合っていないが、株主が提示するすべての関連する機会を適切に検討する責任がある」と説明した。

 

ブルームバーグの報道によると、米国の飲料企業とカナダのポットプロデューサーとの間では、マリファナのレクリエーション利用が来月に全国的に利用され、来年は消耗品が続くという。

 

 

 

先月、クアーズ氏は、カナビス大麻のプロデューサーであるHydropothecary と提携して、マリファナを含むノンアルコール飲料を開発することを発表しました.
Corona Beerのコンステレーション・ブランドは、カナダのマリファナ・プロデューサーへの投資を38億ドルキャノピーの成長。

 

コカ・コーラの 株式は、月曜日の報告で約0.25%上昇し、1株あたり約46ドルで取引された。

 

引用元  cbsnews.com

 


 

CBDは精神病患者の治療に極めて有効である事を確認

 

CBDとリモネンの相乗効果とは? 精神疾患、心配不全 

 

大麻は脳の劣化と老化を遅らせ、認知症を逆転させる

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »