fbpx

CBDオイルの使い方は?効果は?利用者を選ぶ?

Pocket

CBDオイルの使い方は?効果は?利用者を選ぶ?

 

 

ほんの少し前、まだ大麻成分CBDが知られていなかった頃の話です。
当時、THCの研究が始まったばかりの頃でした。
THCはがんに効果があることから日本でも必要にしている人の問い合わせが来ていました。

 

THCは日本の法律では麻薬扱いなのでもちろん、濃度の濃い製品を輸入は出来ないと伝えたことは数度ありました(THCは現在も違法成分です。)
以前、THC成分が注目されてように数年後の現在、CBDの幅の広い効果と精神活性化しないことと、副作用が下痢程度の弱い副作用がアメリカで注目されています。
今後も更に研究と実際に使われたCBD成分の効果が評価されていくことでしょう

 

THCの精神活性作用を抑え込む効果もありますので今後は、THCとCBDの精神活性を出ない調合比率を調べてTHC+CBDを薬としても処方されていく可能性があります。

 

 

 


 

CBDオイルのガイド、それは何、どのように機能するのか、誰が使用できるのか

 

これは大麻に関するSun-Timesのインフォメーションガイドの進行中のシリーズの一部です。
今日、私たちはCBDオイルを見ています:それは何ですか。
使い方; イリノイ州でのCBD使用を取り巻く法的問題に加えて、それが扱うもの。

 

カンナビジオール(cannabis sativa)植物由来の非毒性化合物である。
CBDは、カンナビノイドとして知られているこのような化合物100種類を超える植物の1つです。

 

THC – またはテトラヒドロカンナビノールとは異なり、別のカンナビノイド – CBDは、ユーザーを精神活性させません。
近年、CBDは、癲癇、クローン病、さらには犬の不安など、さまざまな健康状態を治療するために使用できるとの報告を受けている患者や専門家とともに、ますます人気が高まっています。

 

流行の薬物治療について知る必要があるものはすべて次のとおりです:

CBDの歴史は何ですか?
CBDは1940年代に、イリノイ大学のシャンペーン・アーバナ大学で化学部の元首であったロジャー・アダムスによって最初に発見されました。
彼の研究では、アダムスは大麻からCBDを隔離しましたが、正確に彼が見つけたものを特定できませんでした。
CBDに加えて、AdamsはTHCと他のカンナビノイドのアナログを合成し、CBDとの関係を示しました。

 

1960年代、イスラエルの化学者、ラファエル・メクラームと彼のチームは研究をさらに進め、最終的にCBD、THCなどのカンナビノイドを合成し、将来の研究のための化学構造を記述しました。
ヘブライ大学エルサレムのメクラーム教授は、今でも大麻を研究しています。

 

 

 

イリノイでCBDは合法ですか?
CBDに対する混乱の多くは、その厄介な法的地位に由来しています。

 

DEAは依然として麻薬とマリファナを危険なSchedule Iの薬と、ヘロインとエクスタシーと一緒に列挙しているため、CBDは連邦法の下では違法です。議会は今、全国の工業用大麻を合法化する2018年農業法案を検討している。

 

いくつかの混乱があったにもかかわらず、2014年の農業法は、全国的に麻ベースのCBD製品を合法化しなかったが、州と大学が大麻を栽培することのみを許可した。
それにもかかわらず、大麻ベースのCBDはすでに大部分の国で広く広く自由に利用可能である。

 

イリノイ州は、医療用途のためにマリファナに基づくCBDを合法化した37州のうち、9州は完全に合法化したポットとその派生品を持っています。
アイダホ州、カンザス州、ネブラスカ州、サウスダコタ州の4州では、ポットベースのCBDの医学的使用は依然として禁止されています。

 

先月、イリノイ州知事Bruce Raunerは、イリノイ州の工業用大麻の栽培を合法化し、作物のTHCレベルをテストするための規則を制定した法案に署名しました。
連邦議会議員が検討している法案と同様、イリノイ州の法律では、ヘンプベースのCBDは0.3%以上のTHCを含有していません。(これは大麻成熟茎を抽出することでTHC濃度を抑えています。)

 

CBDとは何ですか?
昨年発表された研究では、世界保健機関(WHO)の薬物依存専門家委員会は、CBDが以下のように診断された人々に利益をもたらすかもしれないと述べた

 

アルツハイマー病
パーキンソン病
多発性硬化症
ハンチントン病
痛み
精神病
不安
うつ病

吐き気
炎症性疾患
関節リウマチ
感染
炎症性腸およびクローン病
心血管疾患
糖尿病合併症

 

 

 

 

報告書では、CBDは、いかなる中毒や依存の可能性を示す効果も示さないと述べた。
他の医療従事者は、自閉症、睡眠障害およびその他の精神的健康状態などの他の医療問題を治療するためにCBDも使用している。

 

CBDは、メディア・アウトレットがコロラド州の11歳の少女であるドラッベ症候群を患うシャルロット・フィジ(Charlotte Figi)(難治性てんかん重症)のプロファイリングを開始したときに、国民の暴露を開始した。

 

Figiの両親であるMattとPaige Figiは、5歳で、彼らの幼い娘が毎日経験している数百の大発作をコントロールするために、従来の選択肢をすべて使い果たしました。
Tはちょっと最終的に、彼らが吹き替え画期的な麻ベースのCBD油開発Stanleys、コロラド州で鍋を成長兄弟のグループになって、「シャーロットのWebを。」

 

彼女はオイルを飲んだので、Figiは発作がはるかに少なく、より正常な幼児期を楽しむことができます。
しかし、Figi’sのような症例からの証拠は、研究者がCBDの正確な科学的効果を絶え間なくピン止めし続けるにつれて、大部分は事例が残る。

 

CBDの効果は何ですか?
THCとは異なり、CBDは、薬物化合物の人気を高めるのに役立つ重要な差別であるユーザーを高くしません。

 

伝統的な医薬品(石油化学合成薬)は、特定の症状の症状を標的にする傾向がありますが、CBD はその症状の原因を追い抜くと、フロリダの有名な神経学者であるRonald Aung-Din博士によると、

 

CBDや他の大麻ベースの治療はCBDやTHCなどの化学物質に自然に結合する体内カンナビノイド系と相互作用します
この生物学的効果は、CBDがこのような広範囲の病状を治療することを報告している。

 

 

 

昨年、国立バイオテクノロジー情報センターが発表したヨーロッパの研究では、CBDの副作用として疲労、下痢、体重と食欲の変化が示されました。研究のほとんどは、てんかんまたは精神病性障害を有する患者に対して行われた。

異なるタイプのCBDはありますか?
はい、いくつかの異なるタイプがあります:

マリファナに基づくCBD:

マリファナ工場のCBD製品は、THCの量が多い傾向があります。これは、いくつかの専門家がCBDの治癒効果を高めると主張している組み合わせです。 結果として、より多くのTHCを有するCBD系統は、不安、パラノイア、およびめまいのような幸福感およびストーニー副作用の両方を引き起こす可能性がある、とLeaflyは述べている。

イリノイの診療所からマリファナ由来のCBDを購入するには、対象となる患者は、イリノイ州の医療用マリファナのサン・タイムズ・ガイドに記載されている手順に従って、最初に医療用カナビスカードを取得する必要があります。

患者が州の医療プログラムの承認を受けると、CBDや他の大麻製品を購入するために申請プロセス中に選択した診療所に行くことができます。

ヘンプベースのCBD:

ヘンプベースのCBD製品は、イリノイ州を含むアメリカのほとんどのウェルネスセンターとボンショップで店頭で購入することができます。

大麻ベースのCBDユーザーのためのオプションがあります:CBDのみを含む製品、カンナビノール(CBN)、カンナビゴール(CBG)、テトラヒドロカンナビバリン(THCV)などの数多くのカンナビノイドを含む製品、ならびにCBD THCはごくわずかです。

大麻工場で見つかったさまざまな化学物質には、さまざまな治癒効果があると言われています。例えば、非中毒CDGは、明らかに睡眠および炎症を助け、細菌を殺す。

新しい研究では、麻由来CBDの市場が、法定ポット産業の残りの部分を2022年に220億ドルにまで広げる可能性があると予測している。

医薬品のCBD:

6月には、米国食品医薬品局(FDA)が最初の処方薬であるCBDを承認した。

Epidiolexと呼ばれるイチゴ風味のシロップは、2種類の稀な小児癲癇の治療に使用されています。彼らの研究の間、FDAの当局者は、Epidiolexが他のてんかん薬と併用されたとき発作を減少させることを発見した。

FDAのScott Gottlieb局長は、代理店が「何年も」の間、大麻​​由来製品の研究を支援してきたが、「証明されていない医学的主張」を持つCBD製品の使用に対して警告した。

「これらの承認されていない製品の宣伝と使用は、重篤な致命的な疾患を治療するために、一部の患者が適切で認知された治療法にアクセスするのを妨げる可能性がある」とGottlieb氏は述べた。

Epidiolexが市場投入される前に、薬物執行局はCBDを医学的承認を得た連邦医薬品部門に形式的に再分類する必要があります。FDAはこれまで、HIV患者の重度の体重減少を治療するための合成カンナビノイドを承認しています。

 

引用元 chicago.suntimes.com

 


 

 
                 ↑ブログ一覧表

 

精神病治療でCBD摂取するとすぐに効果が出る事を確認

 

少子化の原因は石油合成化学薬品汚染なのか?

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »