fbpx

カナダ発!?コカコーラCBDドリンク?

Pocket

カナダ発!?コカコーラCBDドリンク?

 

 

コカコーラがカナダ国内の大麻成分製造大手からCBDを購入して、健康飲料? 清涼飲料? 新しいブランドを作ろうとしています。(かなり話が進んでいるそうです)

 

これは、想像ですが2018年10月、カナダが大麻を法律から全て開放されました。
現在、雨後の筍のように大麻を使ったショップが沢山出来ているそうで・・・
多分、カナダで先行してCBD入ドリンクを発売して、現在大麻を完全開放させるための準備をしているアメリカ連邦での販売準備だと考えても良いと思います。

 

元々、大麻禁止を言い出したのはアメリカの議員が発端でアメリカ国内から国連を使って大麻を麻薬として使わせないように禁止する条約に当時の国連加盟国がサインをして大麻を世界的に規制させたきっかけを作った国です。
それ以前には医療に使うための規制するような動きもあったみたいですが、何故か大麻は異常に取り扱いが厳しい植物になりました。
麻薬と混同するような依存も毒性もないのです。
おそらく、その当時から石油化学合成品を独占市場にするための準備はしていたのかも知れません 繊維、医療薬、燃料、紙、建築材料、等 多くの資材として使える大麻は邪魔だったと思います。

 

石油利権を持つロックフェラーには邪魔な植物だったはずです。
アメリカでは生薬が医療薬としては無い? 少ない? そうで、処方のほとんどが石油化学合成薬みたいです。
多くの使える植物(漢方などの薬、その他の植物)を毒性だけを焦点に危険だとして禁止植物や、薬として効果がある薬は買収して石油合成薬で成分をコピーした薬を以前より価格を以上に釣り上げて販売するなどしています。

 

 

 

 

石油化学製品を売っていきた勢力の圧力で世界中の生活に根付いていた大麻を禁止する流れになったのでは? 私は思っています。(色々な経緯はあるとは思います・・多分私の妄想?)

 

話はそれましたが、アメリカ連邦が大麻を普通の植物として開放する準備は整いつつあります。
そして国連の麻薬として大麻を入れた声明文もすぐには変わらないでしょうが、アメリカが署名を脱退、もしくは訂正、破棄されるはずなので大麻植物はやっと普通の植物としての扱いに戻れますし、今まで以上に利用される植物になるはずです。
基本、農薬も肥料も不要なのですから(現在、日本で栽培されている麻は繊維目的のため茎を太くする?だったと思いますが、高価な肥料を使っているそうです)

 

アメリカでコカコーラはから無毒、依存性の少ない成分CBD入り飲料を発売されれば今後大麻は更に多くの人たちに多方面で利用されるようになっていくはずです。

 

今回、以前とは違う 別サイトの特集を紹介します。

 


 

コカ・コーラがCBDを探検し、大麻を抱く他のブランドの巨人のためのトレイルを燃やす

 

2週間前、コカ・コーラは、非精神性大麻成分であるカンナビジオール(CBD)で健康飲料を作ることについてカナダの大麻プロバイダーと「真剣な話し合い」を始めたと発表しました。
世界で最も象徴的なブランドのひとつである「Coca-Cola Cannabis」が市場に衝撃を与えたという考えは、コカ・コーラの潜在的なカナダのパートナーであるオーロラ・カナビスは、株価が過去1年間で300%以上上昇し、第4四半期の収益が220%以上増加したと見ています。

 

別のカナビス大企業でもあるチロレイ氏は、先月に書いた市場狂乱の中で株価が急騰したことを経験した。
毎日、業界リーダー、大麻販売会社、市場アナリストは、「フルスピード・アウェイ」から「インパクト・ブレース」まで、あらゆることを言ってきました。

 

誰もが煙の信号を見ており、誰もが何を意味するかについて異なるアイデアを持っています。
しかし、多くの人々が多くのことを言っているにもかかわらず、誰もが何かを言っている。
それは重要です。
消費者大麻製品が、ストリートの顧客から会議室の役員まで、非常に多くの人々の注目を集めているという事実は、たとえ発売されないとしても、この飲料製品から得られるものよりはるかに永遠のものを明らかにする。

 

それが明らかにしたのは、あなたと私と何百万人もの人々がこれを描くことができるということです。
これは、かつてアメリカでもっとも致命的とされていた薬物の戦争の旗印である物質はいつかすぐに「コークス社会的な潤滑剤としてだけではなく、より多くの視聴者に適用されるスポーツリカバリ製品としても使用できます。
現在の傾向が成立すれば、スーパーボウル、7月4日、またはスターウォーズの次のエピソードと変わらないでしょう。

 

 

 

大麻を実験する企業にとっては新しいことではありません。
例えば、大麻の非精神活性型である麻は、人々が食べる種子から人々が使用する美容製品に身に着ける服まで、何百年もの間、医薬品および健康関連商品に影響を与えてきた。
しかし、これは新しいことではありませんが、コカ・コーラの信用度は、大麻製品をより深刻な新しいレベルに引き上げます。

 

大麻やCBDのような非精神分析的な大麻製品が、どのようにしてこのような行動を起こす可能性がありますか?昨年発表された1つの研究では、心理活性型THCを除いて、CBDを「大麻植物の最も顕著な薬理学的関連成分」の1つとして記載しています。
著者らは「非毒性であるが、多くの有益な薬理作用を発揮する。
低用量では、抗酸化作用、抗炎症作用、神経保護作用など、健康を促進し維持する生理作用があります。

 

CBDの法的地位は依然として不透明ですが、先月末に米国薬事執行局(DEA)は大麻に由来するCBD薬を初めて変更し、高度に制限されたスケジュールⅠからはるかに緩やかに規制されているSchedule V.現在のところ、これは1つの薬剤にのみ適用されますが、それは他の人が従うための扉を開く重要な発展です。

 

しかし、これは薬理学的な影響だけです。
他の業界も、CBDゲームに参入し、大麻由来CBDの製品を生産し、健康やウェルネス指向の顧客に大きな影響を与える可能性があります。

 

ポートランドのCoalition Brewing Companyのようないくつかの小規模な醸造所は、CBDが吹き込まれたビールを試していましたが、このような早期の段階でも、コカコーラのような大手ブランドの影響を過小評価することはできません。
CBDが吹き込まれたビールは人気が高まっていますが、まだまだ目新しいものです。
Molson CoorsやConstellation Brandsのようなビール業界のビッグネームは積極的に市場に参入しようとしていますが、食品や飲料業界のこれらのブランドや他社が提供できない信頼性の層が追加されています。

 

 

 

他のブランドの巨人は、少なくともリスクを取る意思はまだありません。
たとえば、Facebookは(大量の上位10個のブランドのうち、#8の値リストで)、マリファナに関しては、「違法、処方薬、レクリエーション薬の販売や使用を促進する広告」を完全に禁止しています。
合法化大部分の州では、これには非常に明確に大麻が含まれており、「喫煙関連の付属品(bとローリングペーパーのようなもの)」や「レクリエーション用または医療用のマリファナのイメージ」などの例が示すように、

 

モンスター・エナジー・ドリンクのメーカー、モンスター・ビバレッジ・コーポレーションが大麻会社と提携して大麻を飲み込んだ飲料を開発しようとしていた場合、同じように市場が反応するとは想像もつきません。
コカ・コーラのような大手企業が大麻への信頼性をどのような形でも与えるたびに、それは辺縁からセンターへの認識をさらに引き出します。

 

コカコーラは巨大な企業です。
そのすべての動きは綿密に研究されており、年間売上高は約100カ国のGDPを上回り、世界でもトップ5の最も貴重なブランドに一貫してランクされています。

 

これは、コカ・コーラが無敵であるように見えるかもしれませんが、そうではありません。
最大の企業段階では、コカ・コーラは単独ではありません。
だから、コカ・コーラは大麻の空間で何かをやったが、それだけではないかもしれない。
それが何をしたかは画期的ですが、その象徴的な赤と白のラベルを持つ大麻製品を想像するのは難しいことではありません。
CBDの水域に飛び込んで、大麻由来の製品への信頼性を貸すことで、コカ・コーラは他の巨人が辿り着く道に別のレンガを敷いています。

引用元  forbes.com

 

 

 


 

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 

 


 

 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

 

Pocket

Translate »