fbpx

アメリカの大麻成分の研究状況は?

Pocket

アメリカの大麻成分の研究状況は?

 

 

紹介内容を簡単に言うと麻の成分は400種類ある中のCBDという1つの成分について研究されています。
病気の種類によっては、治療効果が確認されており痛みを抑えることが出来る場合があります。
CBD単体の治験は少なく、まだいろいろと調べなければならない成分だと言っています。
アメリカは今まで薬はほぼ、石油合成薬のみでした。
多分研究、臨床試験は石油合成薬中心だったはずです。
簡単に言うとデジタル的治療薬、決まった症状に効果がある薬の試験、実験がメインの医療からいきなり研究外だった大麻成分、多くの病気に効果がある成分CBDや他のアナログ的な情報の多い成分を研究することになったのですから使用量が変動することは考えられないと思います。

 

理由、理屈はともかくCBDを使うことで体の不調が治癒されたり完治した実証報告があることは事実です。
CBDの現状は伝えられたとおりです。
アメリカ国内の状況は薬としてではなく食品として流通されているものが多いことです。
価格も30ドルから始まっています。
問題はCBD製品に人気が出て多くの製品が出回っていることです。
価格競争が始まり低価格化になりました それでも30ドルからです。
価格を下げられない理由があります。
これは食品に関してですが抽出方法、CO2臨界抽出と言って高圧で抽出させる方法を使います。
この方法はそれなりの機器が必要です 手間もかかりますので販売価格が高くなる要因になります。
次に原料の大麻です。
大麻はアメリカでは州ごとの法律で解禁されていますが育てることに関しても規制があるらしいので使う大麻は輸入に頼ることとなります。
2018年10月からはカナダが解禁になったおかげで原料の大麻の価格は少し落ち着くことにはなるはずですがアメリカ本土は大麻開放のための準備中ではありますが多くの農家が育てることが出来ない植物です。

 

 

 

まとめると抽出工場を持たない会社がCBDオイルなどの製品を販売していること、そのような企業は正確なCBD検査はしませんし検査料金が高いこともあり利用していない事が原因です。
ただ単に大麻抽出液をオイルで希釈して売っている場合もあるそうです。
結果安いCBD製品は上記のCBDオイルの不正確な量の少ない、安い価格の商品の理由です。

 

本当のCBDメーカーのお勧めは自社工場を持ちパーケージまですべて行う企業が現在オススメのCBD製品を販売している所になります。
日本では特別安い商品を見つけることは無いとは思いますが、CBDは大麻の成分です。
海外でも規制の多い植物なので栽培数は少ないはずです 当然、価格に反映します。
安くない理由がありますのでご理解ください

 

 


マリファナは、より多くの州で合法化され、ウェルネス世界は非酔わ大麻誘導体と呼ばれるオーバー熱狂に自分自身をホイップしている。
CBD製品は、インターネットや健康食品店、ウェルネスカタログ、さらには書店でも見つけることができます。
(ダウンタウンボルダー、コロラド州の書店は、レジや新しいリリースのスタック間のCBD製品の場合に表示されます。)のような有名人グウィネス・パルトロウは、不祥事を起こしたサイクリスト1フロイド・ランディスと旧デンバー・ブロンコスのクォーターバックジェイク・プラマーすべて売り込んでいるCBD製品、ボン・アペティットによれば、CBDが注入されたラテは、「ウェルネス世界の新しいお気に入りのドリンク」となっています ”

 

 

 

しかし、CBDがやるべきことは何ですか?
私は、ボールドウィンの大麻専門店を訪問して、誇大宣伝の内容を知りました。
IDチェックを通過した後、私は、CBDの製品の印象的な配列に私を指摘し、「budtender」に紹介されました- チンキ剤、皮膚パッチ、ドリンク粉末、キャンディー、軟膏、マッサージオイル、ローション、「セクシータイム個人親密油」とでも、膣坐薬生理痛を治療します。

 

これらの製品のほとんどは、痛みを和らげ、そうでなければ幸福を増進すると約束しましたが、どれも安いものではありませんでした。(価格は約30ドルで始まった)
しかし、私は知りたかった。科学的研究に深く没頭した後、私はその答えがおそらく大きな脂肪であることを知りました。

 

CBD単独でも同じ効果をもたらすことができるかどうかは疑問の余地がありませんが、良いオレの大麻は慢性的な痛みを緩和し、おそらくいくつかの病状を治療できるという魅惑的な証拠があります。
この時点で、マーケティングが科学より先に進んでいることは明らかです

 

 

 

カンナビノイドは、体内の受容体と相互作用する化合物の一種です。
CBDは、大麻で発見された数十種類のカンナビノイドのうちの1つにすぎません。
これには、マリファナの有名な精神活性化を担うものであるテトラヒドロカンナビノール(THC)が含まれます。
法医学大麻に関する情報を提供するウェブサイトLeaflyの神経科学者ニック・ジコムズ(Nick Jikomes)は、医療用大麻は技術的に薬用目的で使用されるあらゆる大麻製品であり、THCまたはCBDまたはその両方を含むことができると述べている。THCは強力な抗炎症薬であり、痛みのために役立つことがあるため、CBDは「医療カンナビノイド」であり、THCは「レクリエーションカンナビノイド」であると考えることが一般的なミスです。

 

CBDを魅力的なものにするのは、それが非中毒であるため、あなたを精神活性化することはないが、それは「技術的に精神的である」ということだ。
CBDのまわりのマーケティング・ブリジットの多くは、石鹸を服用せずに取ることができるという事実を中心にしていますが、いくつかの例外を除いて、CBDが単独で使用された場合の影響を調べる研究はあまりありません。
一つは、発作を治療するために、CBDの使用である:CBDは、食品医薬品局(FDA)がいるだけで大麻製品の有効成分であるにサインオフ -さEpidiolexと呼ばれる薬、てんかんの2稀な形態を治療するために承認されました。
動物モデルといくつかのヒト研究は、CBDが不安を助けることができることを示唆しているしかし、それらは孤立したCBDに関する多くの研究を伴う唯一の条件である。

 

昨年、全米科学アカデミー・オブ・サイエンス・アンド・エンジニアリング・メディカルは、大麻とカンナビノイドの健康影響に関する500ページ近くの報告を発表しました。
さまざまな科学分野および医療分野の16人の専門家による委員会が、利用可能なエビデンス(10,000以上の科学的抄録)を分析しました。CBDの効果を調べる研究はほとんどないため、特にCBDに関する知見は出されなかったが、より一般的に大麻やカンナビノイドに関する結論に至った。
研究者らは、成人における慢性疼痛に対する大麻またはカンナビノイドの使用を支持する「決定的または実質的な証拠」、多発性硬化症に関連する痙攣(一種の硬直および筋けいれん)、および化学療法誘発吐き気および嘔吐が含まれる。委員会はまた、大麻やカンナビノイドが閉塞性睡眠時無呼吸、線維筋痛、慢性疼痛および多発性硬化症の人々の睡眠障害を軽減することができる「中程度の」証拠、ならびにこれらの物質がトゥレット症候群の症状を改善し、 HIV / AIDS患者の体重減少を抑え、PTSDと不安の症状を改善する。

 

 

 

 

ドナルド・エイブラムスは、報告書の作成に用いられた証拠を検討した委員であり、レビューした研究では、ドロナビノール、ナビュロンおよび全植物エキススプレーナビキシモールを含むTHCを含む薬学的に入手可能な製剤を圧倒的に使用していると述べた。
CBDとTHCの等しい部分が含まれています。CBDは植物に存在する400種の化学物質の1つに過ぎないため、CBD単独でも大麻の利点が得られるかどうかは分かりません。
これまでのところ、孤立したCBDは、無作為化されたプラセボ対照試験(医学研究における証拠のゴールドスタンダードとみなされる)のほんの一例でしか研究されておらず、証拠はまばらに残っている。

 

しかし、証拠がないことが必ずしも欠席しているという証拠ではなく、CBDに関する堅実な研究をまだしていない理由がある – 「それを研究するには、良い情報源が必要だ」とジワクーパー、コロンビア大学の准教授であり、国立アカデミー委員会に所属していた。
CBDはまだ技術的にはスケジュールIの薬であるため入手が難しい。

 

クーパー氏は、最近、ナショナルインスティテュートオブヘルス研究所から、CBDを含むカンナビノイドをオピオイドの代用品とし、CBDの他の多くの臨床試験が進行中であるとの調査のための資金を調達した。
結果が得られるまでに数年かかるでしょうが、これらの研究は、その物質がもたらす可能性のある利益とそれに伴う副作用の両方を明確にするのに役立ちます。
副作用のほとんどは、これまでのところ、このような短期記憶、協調と判断、中に障害として、大麻に関連した2クーパー氏によると、THCとCBDを含む製品から来ているが、CBDのリスクがより低いかどうかを確かめるために、より多くの研究を行う必要がある。
CBDを投与および投与する最良の方法を特定するための研究も必要である。
クーパー氏は、「CBDをどのくらい使うべきか尋ねる人々から電子メールを受け取り、実際にはわからない」と語った。

 

その間、いくつかの医師が前進し、現金化しています。ジョー・コーエンはボルダーの医療マリファナクリニックであるホロス・ヘルスの医師です。
痛み、炎症、吐き気、嘔吐、腸閉塞、不安、精神病、筋肉痙攣、過活動免疫系、神経系変性、血糖上昇など、長い病気のリストを私に読んだ。 。彼はまた、CBDは抗癌特性を有し、アルツハイマー病に関連するタンパク質の一種である脳細胞を再生し、脳のアミロイドβレベルを低下させることができると主張した。
私は、これらのほとんどがアカデミー誌の報告書に掲載されていないこと、または米国医学会誌。「Google検索で検索するだけだと思う​​。それは事実だ予備的研究は、カンナビノイドが人間の脳細胞にベータアミロイドタンパク質が低下する可能性がありますヒントを見つけましたが、研究がない人には、実験室で増殖した細胞で行いました。
がんに関しては、FDAは昨年、がんの予防、診断、治療または治癒を目的とした製品を販売していた4社に警告書を送った。

 

これらの警告書を別にすれば、今のところ主張されているものや販売されている製品について、連邦政府の監視はあまりありません。
コーエン氏は、CBD製品をオンラインで購入することに対して、「そこには多くの詐欺がある」と警告したが、彼のクリニックではCBDを販売していたが、「私は「オンラインで購入しない」と言う。やっていました。私たちはすべてを出荷します。

 

 

 

 

今、あなたはあなたがどんなソースから得ているのかを本当に分かっていない可能性が高いです。
テストとラベリングの規則は州ごとに異なりますが、合法的大麻を許可する多くの州では、ラベルに記載されているTHCおよびCBDレベルが正確であることを検証するために何らかのテストが必要です。
しかし、このテストは議論の余地があり、結果はラボ間で大きく異なる可能性がある、とジコメス氏は述べた。
3月に発表された研究では、テスト結果の測定可能な変動が見られ、一部のラボでは他よりもカンナビノイドの高値または低値が一貫して報告されていました。
ラベルに製品の内容が正確に反映されているという保証はありません。
JAMAで出版された2015年の研究サンフランシスコ、ロサンゼルス、シアトルで購入した75の製品を試験したところ、正確にラベルを付けられたのはわずか17%でした。
製品の半分以上が、約束されたラベルよりも有意に低いレベルのカンナビノイドを含有し、それらのうちのいくつかは無視できる量の化合物しか含有しなかった。
「大麻製品の構成を自信を持って検証し、この情報を消費者が利用できるようにする方法を考え出す必要がある」とジコメス氏は語った。

 

「これらの人々はすべて主張している」とAbramsは言ったが、今はほとんど検証されていない。
“それは野生の西です。”

 

引用元  fivethirtyeight.com

 


 

CBDオイルの使い方は?効果は?利用者を選ぶ?

 

野生のレタスは自然の最も強い鎮痛剤

 


   ↑ブログの一覧はこちら

 


 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »