fbpx

2018年10月17日午前0時正式大麻開放しました。

Pocket

2018年10月17日午前0時正式大麻開放しました。

 

カナダに8月渡航された方の報告です 大麻開放前でしたが大麻成分が入ったチョコレート、食品など簡単に手に入れられたそうです。
おかげでお酒の量が減って痩せたそうです(彼は大麻成分をタバコのように煙で吸うのではなく、食べて利用したそうです。)
大麻成分はCBD以外もストレスを緩和するのでしょう 彼はカナダ渡航中、アルコールの量が大幅に減ったそうです。

 

カナダ首相は大麻というソフトドラッグ(依存性はカフェイン以下)を合法にすることで犯罪組織の収入源にしないことを選んだそうです。
ここ最近、CBD成分が精神活性効果が無く、健康に治療に貢献できる事を海外の研究で発表が続いています。
それ以前の決定でしたので健康、医療に関する考慮の元 大麻を開放したわけではなかったみたいです。

 

現実、大麻は薬害が少なく、THCの精神活性化はありますが依存症は無い比較的安全な成分です。
比較するならアルコールが近いかも知れません
アルコールと比較すると、違いはアルコールを多量に飲むと暴力的になる方が居ます。
これに比べ大麻はTHCを多量に摂取しても暴力は起こしません逆に沈静化します。 これは以前から国連でも報告されている内容です。

 

実際、国連でも大麻を麻薬扱いにしていた事を間違っていることは確認しています。
麻薬扱いから外すことも検証されていた時期がありました。
しかし、何故か大麻は今も麻薬扱いなのです。
大麻を麻薬扱いにして張本人はアメリカですその原因とも言えるアメリカが近いうちに大麻を開放します。
インターネットの普及のおかげで正しい情報が拡散されてきています。
もちろん正しい情報が広がらないように意図して全く別の情報を拡散している物もあります。
石油化学製品を作る企業には大麻の自由化は脅威です。
大幅な収益減になることでしょう 趣味嗜好で大麻を使う、食べると健康になるのですから 今後の医療関連は冬の時代・・氷河期かな? 突入します。

 

 

日本は昔から大麻を繊維、薬、タバコ、祭事、多くの素材として愛用されていました。
戦前までそれは続いていたのです。
名前に、地名に「麻」が付けられているのはその証拠です。
ここでは紹介していませんが海外では大きく流れが変わろうとしています。
るいネット
シャンティ・フーラの時事ブログ
↑リンクです こちらから飛べます。

るいネット ジャンティフーラ時事ブログ 等で世界の流れをご自分で確認できます 日本の大手報道会社は都合の悪いニュースは流しません テレビのバラエティ番組は本当の知らない情報は放送しない決まり? らしいです。
おそらく、放送されると番組の提供スポンサーの問題が出るためだと思います。

 

私は、人間は頭がいいはずなのに進化が遅く感じていました。
車も家電も基本は変わらない方法でエネルギーを作り消費します。
今後は家に1台永久機関の自家発電機を持ち、水も空気の水分を集める装置を使った水を飲むことになるはずです。
ちなみにオーストラリアだったと思いますが空気から水分を集める装置は完成して売っているみたいです。
永久機関もあるそうですが国の圧力で使えないとか・・

 

色々とありますがそれらを開放する時期が来たようです。
まずは、医療問題や大麻の開放が始まったと思います。
日本も大麻開放しますが、自民党がジャマをするはずです。
自民党のスポンサーは現行勢力、つまり大手企業です。
私は自民党が方向転換するとは思っていません 自民党が続けばDNA操作した種を使った野菜を育てる農業も現在厳しい中小企業もさらに厳しく辛い期間が続くことになると思います。(詳しくは紹介したリンク先を読んでください)
どちらにしても時代遅れは消えます 遅いか早いかの違いです。
これは我々市民の意識レベルで決まります。
正しい情報は小さなところから発信されています 大手マスコミは伝えませんので皆さんも真実を知ってください

 

 

新しい流れはすでに来ています 気づいて早く行動するか、現状に流されて苦労の末に変わるかどちらかになります。
どちらにしても変化するのであるなら早いほうが良いです 現状の社会も変化しなければいけませんから今の仕事が安定していても大きな流れには抗えません 変化するか見捨てることになるはずです。
大変だと思いますが、これからの変化を楽しみましょう。 

 

最後に私が感動した言葉を引用します カナダの大麻栽培農家の方が発言された言葉です。

 

カナダの大麻農家が言っていたように『政府を覆い尽くせ』、我々は遥かにいいものを新しく大量に生み出せるのだと、他の既存の全てがハッピーで助け合えるんだと。米国も含めて皆がより良い暮らしが出来るんだと」

色んな意味が入っています 今後の新しい未来の道標となるカナダの大麻開放であることを願います。

 

カナダ大麻解放運動を長年続けた方のインタビューが日本のサイトに有りましたのでリンクさせてもらいます。
法律で規制された大麻の開放の詳細、今後の日本に関するアドバイスも読めますので御覧ください
大麻王子が語る大麻のいま
  ↑リンクはこちらから

 


 

 

カナダ、きょう大麻解禁 主要国で初 ウルグアイに次ぎ世界で2国目

10/17(水) 8:53配信

AFP=時事
カナダ、きょう大麻解禁 主要国で初 ウルグアイに次ぎ世界で2国目

嗜好(しこう)用大麻の販売と利用の解禁を前日に控え、カナダ・モントリオールの大麻ショップに並べられた大麻製品(2018年10月16日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News
 カナダ最東部のニューファンドランド(Newfoundland)島にあるセントジョンズ(St. John’s)は17日午前0時1分(日本時間同日午前11時31分)、カナダで最初に嗜好用大麻販売店の店内に大麻愛好家を迎えることになる。
 大麻販売店「THCディストリビューション」(THC Distribution)の所有者、トーマス・クラーク(Thomas Clarke)氏は、カナダ放送協会(CBC)のインタビューに応じ「闇市場のディーラーよりも多くの品種をそろえるので、当店では選択肢がもっと多くなる。価格はほぼ同等」だと語った。
 解禁の前夜、ジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)カナダ首相はこの歴史的だが論争を呼んだ決定を擁護した。大麻解禁はビジネス側からは歓迎されたものの、医療専門家からは強い疑問の声が上がっていた。
 議会に到着したトルドー氏は「われわれが大麻を合法化したのは、大麻が健康に良いと考えているからではなく、子どもにとって良いものではないと知っているからだ」と述べた。さらに「われわれは子どもを守るために、そして組織犯罪が得る利益を完全になくすか、あるいは大幅に削減するためにもっといい仕事をする必要があると分かっている」と語った。
 カナダの大麻法(Cannabis Act)により、トルドー氏の2015年の選挙公約が果たされると同時に、95年間に及んだ大麻使用禁止が解除となる。またカナダはウルグアイに次いで2番目に大麻を合法化した国となる。【翻訳編集】 AFPBB News
 


 

コカコーラは大麻成分CBD入飲料の販売を検討?

 

ENDOCA ヘンプオイル製品の紹介

 

自己免疫疾患は重曹を利用出来ることを知っていますか?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »