fbpx

大麻を原料とした癲癇用医薬品の臨床試験開始しました

Pocket

 

大麻を原料とした癲癇用医薬品の臨床試験開始しました

 

 

 

 

アメリカで「大麻」を原料とした治療薬の臨床試験が開始されたようです。
州によっては大麻を開放された州などもありますが、医療としての薬に関する試験はあまり進んでいないようです。
今回、正式に薬として大麻成分を使った治療薬の臨床試験が開始されました。

 

今回の試験は重度のてんかんに苦しむ子供に対して治療薬の臨床試験です。
石油合成薬に対して副作用等が強く出る方や効果が出ない人達が対象のようです。

 

今回、アメリカで初めてだと思います 大麻が原料の医療薬です 大麻由来の薬で治療をします。
今まで石油合成薬の副作用を抑えるために大麻を使った研究などは行っているようですが、大麻を原料として治療薬の臨床試験は初めてだと思います。

 

今回の臨床試験以前にかなり大昔に大麻は薬として試験はされていたみたいです。
人工のTHCも合成薬として作られていますが石油合成THCは体に合わない成分のようでした、利用経験者にはかなり評判の悪い薬だそうです。
そのこともあり、自然の大麻から作られている成分でなければTHC、CBD成分は認められない流れになっているようです。

 

 

 

今回臨床試験に使われている薬は大学の臨床試験用として栽培された大麻を使った抽出物だと思われます。
推測ですが医療用なのでTHC濃度は少なく抑えCBD濃度を多くした薬だと思います。
予想ですが純度の高い成分を使っているはずです 効果はあると思いますが大麻成分は多く存在している少量の成分が相乗効果で良い結果が出ているとの報告もあるので西洋医療の純度の高い薬を使う考えを捨てて、ハーブを利用する治療方法、漢方を処方する東洋の医療に近い方法で治療することが体にも良い結果が出るとは思うのですが・・・

 

それはさておき、今まで治療薬は石油合成薬が主流でした。
臨床試験でも同じです 計算された試薬を合成して治療に使えるか試験していましたから その方向性が大きく変わったことだけでも凄い進展になりました。
現在の難病は石油化合物を私生活で取り込みすぎた事が原因と私は思っています。
石油化合物が公害として認められるまで時間が掛かるでしょうが今の薬が使えない事が認知され、自然の成分を使った治療方法に移行していく流れが始まったことは嬉しい話です。

 

 

 


 

 

 

UMMCにおけるマリファナ由来医薬品の臨床試験

 

マリファナ由来の新薬の臨床試験は、発作が他の手段によって制御されていない小児に希望を与えるかもしれない。

 

米国の大学で実施された研究のうち第1回目として注目されている研究では、重度のてんかんの他の薬剤によって制御されていない小児の薬の安全性と忍容性を決定することに焦点が当てられていると主任研究者のBrad Ingram博士小児神経学および小児総合的てんかんプログラムのディレクター。

 

UMMCとUM School of Pharmacyは共同でこの研究に取り組んでいます。研究を可能にするための法制化の道具となった研究者と上院議員のJosh Harkinsは、記者会見で今日の研究について報道した。

 

イングラムは、6カ月間の試験を「病気の最も重症の人」の「思いやりのあるケア」と説明しました。

 

イングラムは、「これらは、てんかんによって人命が荒廃し、歩く、話す、またはセルフケアのシンプルな活動に参加する能力にまで及ぶ」と述べた。

 

イングラム氏は、26人のアメリカ人のうち約1人がてんかんを患っていると述べ、その症状が成人よりも多くの子供に影響を及ぼすと指摘した。

 

患者の約3分の1は治療後に発作があり、研究対象のコホートであると彼は述べている。

 

9人の患者がこの研究に登録されており、来週には10 番目の患者が登録される予定です。これまでのところ、この研究は有望な結果を示している、とイングラムは述べた。

 

 

癲癇 イメージ

 

必要な承認は、Drug Enforcement AgencyとFDAから入手しました。臨床試験を受けた治験薬は、UM School of Pharmacyのナチュラル・プロダクツ・リサーチ・センターで栽培されたマリファナ由来の経口カンナビジオールCBDです。

 

UMMCのリサーチ・サマーズ副学長は、「従来の治療法ではコントロールされていない発作患者のカンナビジオール・オイルの第1相臨床試験の承認は、UMMCの翻訳研究努力のマイルストーンである。この研究では、Oxfordキャンパスで栽培された植物の抽出物は、衰弱性疾患に罹患している患者のための潜在的な新しい治療法に実際に翻訳されている。

 

経口溶液は、NCNPRのCoy Waller Laboratoryで製造されたCBD抽出物で構成され、Drs博士が率いるマリファナプロジェクトの本拠地です。Mahmoud ElSohlyとIkhlas Khan。スケジュールIで規制されている物質である抽出物は、CBD濃度が高く、マリファナの向精神薬であるTHC濃度が低い特別なタイプのマリファナから調製されます。

 

抽出物を製造し、包装し、すべての品質管理基準を満たしていることを確認すると、ジャクソンのUMMCメインキャンパスの薬局に移されます。そこでは、抽出物を薬学的グレードのごま油で希釈して、患者への投与のための適切な投与濃度を達成する。

 

NCNPRの名誉ディレクター、ラリー・ウォーカー博士は、NCNPRがマリファナと大麻抽出物の唯一のサプライヤーである、薬物乱用防止研究所の薬物供給プログラムを通じて、研究を計画し、研究資料をUMMCに提供するよう手配した。

 

Walker氏は、NCNPRとUMMCの提携が進展の扉を開いたと語った。”博士 NCNPRのElSohlyのチームは、製品開発、製造、規制上のクリアランスおよびその他のハードルに精力的に取り組んできました。これは、FDAが承認した大麻由来の医薬品を開発するための国家研究のアジェンダを大きく刺激するマイルストーンとなることを約束しています。

 

 

 

この試験では、連邦政府が規制している製品の一貫性のために、プラントの薬用使用のより厳密な科学的、品質管理された研究が可能になると当局者は述べた。

 

この臨床試験を組織する可能性は、ミシシッピ州議会が子供のてんかん発作の治療のためにメディカルセンターがCBDオイルを投与できるようにする法律を可決した2014年頃であった。

 

「UMMCは多くの初代のサイトです」と法案を執筆したR-Flowoodのジョシュ・ハーキンス上院議員は語った。「ミシシッピ大学で開発され、ミシシッピ州メディカルセンターで試験された治験用新薬の試行で、これを最初に見たいと思っており、てんかん患児の治療法が改善されています。

 

イングラムは、「重度のてんかんを患っている子供の生活を少しでも改善することができれば、試してみる価値はないのですか?

 

 

引用先  umc.edu

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

FDA、アメリカ初の大麻医療薬を承認

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »