fbpx

研究者がCBDについて情報が少ないと警告?

Pocket

研究者がCBDについて情報が少ないと警告?

 

現時点でアメリカの麻成分CBDについて医療、科学的根拠について成分の効果の確認現状を詳しく紹介している記事がありましたので紹介します。

 

まだ研究中なので公式に実験結果、臨床試験を公開していない研究チームが多いせいか、論文が数少ないというのが現状みたいです。
民間治療で多くの結果が出ているのですが理屈を解明していない? データーが足りないらしく、薬として認可も治療も出来ない州もあります。
まだどの成分がどの病気に効果があるのか不明なので足並みが揃っていません 現場では使われている医療機関もあるのですが現状は解かっていないのが本当だと思います。

 

また、民間療法でCBDを少量利用することで効果があることをプラセボ効果(効果のないニセ薬を信じ込ませて飲ませる治療法)ではないのか? という疑問にも注目していますがこれについても研究結果がない状況なので分からないという答えが返ってきていますが、プラセボ効果が強いなら治療薬は小麦入りのカプセルを医療に使ったほうが確実に治療ができると思うのですがそこまで効果が無いことがわかります。
大麻成分が民間治療で効果があることは解かっていることは確かですただ、今現在医療薬と併用して問題がある薬は何か? 症状に効果のある成分は?利用量は? 不明だということです。
もう一つ解かっていることは大麻成分が人間の肉体と相性が良いということです 今の所、使って問題のある成分を答えてください 聞いても答えられないのが実情です。
大麻成分は、健康に影響のある毒の可能性の低い成分だと言えるはずです。
紹介の翻訳文は可能性があることから大きく言っているだけだと思います。

 

麻の成分の効果があることは明治時代以前の大麻を多く利用していた日本では体で体感しています。
今の西洋医療がデジタル化し過ぎて正確な数値を要求しすぎているように感じられます。
細胞単位の利用量すら計測ができない医療で利用量を算出することは無理があるような気がしますが・・(測定はできませんが目安程度の推測値はあります数値を出したがる西洋医療のくせに推測値ですが)

 

医療で使うCBD量は私達が使う民間治療量よりはるかに多いことがあげられます。
1日で300mg使うとか・・量が多いことと多分、成分単体の効果を調べているので成分の相乗効果を考慮していないため、多くCBDを利用している事が特徴です。
※CBD単体、純度の高い結晶を使うことと茎成分のCBD以外の成分が入っている物と比べるとCBDオイルの方が良い気がします。

 

これは余談ですが新しい話として最近、大麻成分CBGがあります こちらの成分はCBDやTHCになる前の成分です。
精神活性化はありません大麻の発育途中にできる成分のため研究が遅れています。
CBGも体に効果がることが研究で確認されています。
日本に輸入は出来ない成分ですが今後、期待が持てる成分です。

 

 

 

多くの国で研究されているのですが法律というしがらみに足を引っ張られている現状ではアメリカでも研究が進んでいない状況みたいです。
アメリカでCBDが安全という概念の下に、消費されていることに対して今回の特集記事は警告をしています。
CBDを何も知らない状況、薬物の相乗効果の危険性などこれから結果待ちの状況であることを念頭に置き、利用することを勧めています。

 

 


 

 

私のブルックリン地区のコーヒーショップには、外に黒板があります。
それは通常、 “今日のスープはコーヒーです”というようなものがありますが、最近では、緑チョークで描かれたマリファナの葉があります。

 

 

レクリエーションマリファナはニューヨーク州では合法ではありません。
コーヒーショップが売っているのは、CBDを入れたラテです。
カンナビジオールを意味するCBDは、大麻植物に見出される非精神活性化合物である。好奇心のために、私は1つ買った。
それは9ドルの費用がかかり、雑草のクッキーから得るマリファナの草本のヒントを持つラテのような味でした。
Googleの調査によると、私は精神活性化とは言えませんが、落ち着きがなく、不安が少なく、多少眠そうです。
私は何も感じなかったかどうか分かりません。
ほとんどの場合、コーヒーに9ドルをちょうど費やしたような気がした。

 

私の喫茶店は、CBD製品の販売で珍しいことではありません。
ニューヨークや全国では、CBDオイルはコンビニエンスストアで、CBDは喫煙店で、CBDチンキーや美容店では局所クリームを見つけることができます。
あなたは、シカゴの CBD犬の治療薬、フィラデルフィアの $ 700 CBDカップルマッサージ、マイアミの CBDチョコレートチップクッキーを購入することができます。
CBDはまた、アイスクリーム、おいしいスナック、カクテルと組み合わせています。
コカ・コーラでさえ、CBDを注入した飲料に取り組んでいると言われています。

 

CBDは、3つの巨大な消費者動向の合流点に存在します。
1 つ目は、2010年頃から急速に拡大してきた49億ドルの産業であるハーブサプリメントブームである.2番目は不安経済の台頭であり、フィディットスピナーから重量ブランケットまでのあらゆる種類の製品が軽度の日常生活のパニックの減速材として投げられた。
3番目は、マリファナの合法化の普及により、正式な大麻産業の一晩の創造です。

 

CBDの正確な合法性は厄介です。
Drug Enforcement Administrationは、CBDは連邦政府の違法行為であると主張していますが、CBDを所持したり使用したりすることは誰にも気にしません。
2014年の農業法案では、大部分が繊維産業を対象とした工業用麻のパイロットプログラムを可能にする条項が、実際には大麻以外の大麻の使用を合法化すると主張している。
2018年の農業法案の遅れは、 CBDと工業用麻の合法化を全国的に合法化するだろう。

 

 

 

それは本当に重要ではありません。
その結果、どの州の誰でも、逮捕の恐れなしにCBDをオンラインで、または地元のレンガ造りの店で一見購入することができます。
その利用可能性により、CBDは昨年、少なくとも3億5,000万ドルの産業となりました。いくつかの推定値は2020年までに、CBD製品の年間売上高は$ 10億トップことが示唆-といくつかは言う、それがすでに持っています。

 

それにもかかわらず、CBDは誰も知らないものであり、確かに誰もそれを適切に監視していません。
CBDは、食品医薬品局(Food and Drug Administration)が認定を受けていないにもかかわらず、承認されているか、調査中で承認されている医薬品の有効成分であるため、補足として広く市販されている。
CBDは当局によって大きく規制されていない。FDAのFAQページには、「執行措置を開始するかどうかを決めるには多くの要因がある」という漠然とした回答があります。
農業省は大麻の研究助成金やパイロットプログラムを扱いますが、その関与は終了します。

 

大麻の研究と規制は、長い間禁じられているため、他の作物や薬品に比べて数十年遅れている
われわれは、科学者がどのように機能するかを把握し、政府がそれが安全であることを確実にする方法を見つけ出すためには、物質が合法でなければならない、混乱期の初期段階にいる。
臨床試験は完了するまで何年もかかり、有能な理解を深めるためには相互に構築する必要があります。
真実、半分の真理、そして完全な嘘を広める現代技術の能力と相まって、私たちは意図的で詐欺に熟していることを意味します。

 

CBDで働く研究者と、実際に原料を栽培する専門家 – この化合物を最もよく理解している人、それが人体とどのように相互作用しているのか、それに関する知識と知識が最も豊かな人々 – は、消費者のCBD製品。

 

Esther Blessingは、外傷後ストレス、不安、物質中毒、および他の状態の治療におけるCBDの有効性に関する臨床試験を実施し、レビューするNYUの教授および研究者です。
彼女は広範に利用可能で調整されていないCBDオイルについて語っています。
「これは主な詐欺です。

 

 

CBDは、この普及している可能性がある製品ほど規制が厳しくなく理解されています。
CBDは全体的には間違っているとは言えません。
医学的観点からは有望です。
レクリエーション的には、面白いです。
しかし、それはあなたが購入しているものが動作することを意味しません。

 

 

CBDについては基本的に何もわかりません
あなたの体にCBDやTHCが何をするのかについて決定的なことをあなたに伝える人は、誰もが嘘をついています。
誰も知らない。
合法的な研究は極端に制限されており、医学的使用、個人的使用、連邦政府の違法であるが特定の州や都市で認められている合法化の遅れは研究者の仕事を信じられないほど困難にしている。

 

私たちが知っていることは次のとおりです。
大麻植物には広範な種類の化合物が含まれていますが、その多くは広範な種類のカンナビノイドに分類されます。
100を超える数があります。
正確には、どれだけわかりませんか。
最も有名で確かに最も有益なのは、テトラヒドロカンナビノール(THC)とカンナビジオール(CBD)です。
これらの化合物の両方は、CB1と呼ばれる脳内の同じ受容体を刺激するが、脳に対して異なる効果を有する。
研究者はなぜそれほど確かではない。

 

それは、THCがCB1受容体を多く刺激し、感覚知覚障害、運動能力障害および不安のようなマリファナの精神活性効果を引き起こすという事実と関係している可能性がある。
逆に、CBDはCB1を非常に軽く刺激し、不安、ストレス、および過興奮からの救済を含むTHCのものとは全く反対のようないくつかの効果を引き起こす。

 

 

 

あなたの身体にCBDやTHCが何をしているのかについてあなたに何かを伝える人
THCとは異なり、CBDの作用はその単一受容体に限定されない。
これらの影響は正確には分かっていないが、CBDはCB1の姉妹受容体(CB2)ならびに5-HT1Aと呼ばれる受容体にある程度影響を及ぼすことは確かである。
5-HT1A受容体がそれを作動させる物質と接触すると、その効果には、不安の軽減および静穏化の増加が含まれ得る。

 

そこでの限られた研究は、CBDが、脳および免疫系との様々な相互作用において、いくつかの抗炎症および抗不安作用を有することを示している。
THCが時々引き起こす不安を軽減することによってTHCの効果をバランスさせることができます。
多くのカンナビノイドを一度に使用する「広域スペクトル」または「フルスペクトル」構成では、業界の多くが大きな役割を果たしています。

 

あなたの体にCBDを取得するにはいくつかの方法があります。
臨床試験および消費者製品の両方で使用される最も一般的なものは、脂肪に天然に可溶性であるCBDが溶解された油を介している。
CBDオイルは、経口摂取、腹腔内吸入、局所適用(湿布などの皮膚吸収)が可能です。
局所的な適用は、Icy Hotが行うように、痛みや痛みを軽減するために局所的な筋肉領域に特に影響するが、他の方法では完全な脳と体の効果が生じる。

 

摂取 – CBDのラテ、食べ物、または舌の油滴が、吸入よりも効果が低い可能性が高いと、Blessing氏は述べています。
CBD含有油が摂取されると、体内の他の脂肪に加わることを望みます。
このようにしたCBDの大部分は、その脂肪、不活性、そして決して脳に到達することができません。
吸入すると、CBDは脂肪を蓄えたい消化器系をバイパスします。

 

摂取されたCBDについては、その脂溶性が問題である。「CBDは生物学的利用能が非常に低く、人によって異なる6〜15%のものがあります」とBlessing氏は述べています。
摂取されたCBDはCB1や他の受容体を刺激するために実際に脳に到達するのに非常に効率が悪いので、有効であると示された用量は非常に高くなければならない。
「300mg未満のCBDが精神医学的尺度に影響を及ぼすという証拠はない」とBlessing氏は述べる。
実際、線量測定の結果、心不全を軽減するための臨床的に最も効果的なCBDの投与量は300mgであることが示されています」と述べています。
定期的な用量を必要とするであろう臨床不安の治療におけるCBDの有効性の研究は発表されていない。

 

 

 

 

 

唯一の研究 吸入CBDの生物学的利用能をテストした2014からです。
Volcano気化器を使用して、100mgおよび200mg用量のCBDについて約25%の生物学的利用能を見出した。(局所的ローションはさらに研究されておらず、臨床試験は全く行われていません)。
これは、CBDを摂取するよりも、THCの気化がそれを食べるよりも効率的です。
効果を得るには、あなたが吸い込むよりも異なる量のCBDを摂取する必要がありますが、それはどれくらいですか?どれくらいですか?

 

数少ないCBDの研究は限られた情報しか提供しておらず、レクリエーションCBDの利用についてはほとんどありません。
1件の研究では、摂取されたCBD(100,300,900 mg)の量とプラセボとクロノピンとの比較量が異なっていました。
それらの人々は広範な民衆の中で高いレベルの不安と関連した演説をしなければならなかった。
100mgも900mgもプラセボも効果はなかった。
しかし、300mgの用量は、心拍数、血圧、および不安に対する測定可能な落ち着きの効果を有していた。(クロノピンも働いた。)

 

これは、CBDに効果の逆ベル曲線と呼ばれるものがあることを示します。
それはGoldilocksのお粥のような窓の中で働く。
別の研究では、400 mgの用量で社会不安を治療することに成功したが、研究はわずかであった – わずか10人の患者。

 

他の研究は、実験動物またはインビトロ(動物の脳組織を用いた試験管での意味)で行われている。
これらの研究では、不安軽減効果が認められたが、中間レベルの投薬量では、1kgあたり10〜20mgの範囲であった。
一例として、一つの研究は、 1kgあたり20mgの時- CBDは、ラットにおいて、効果的な抗炎症性鎮痛剤であることができることを見出しました。
それは直接の翻訳ではありませんが、その投与量は、成人の場合、数百ミリグラムの範囲のどこかにあるでしょう。

 

「THCとCBDが頭痛に及ぼす影響についてのいくつかの論文を書いているクリーブランドクリニック神経学研究所のエリック・バロン(Eric Baron)は、「最も効果的な様々な症状の投薬を確認するという点で、試行錯誤と自己滴定によって行われます」「はい、CBDに関する研究のほとんどは、ただの試みである消費者によって行われています。

 

 

 

消費者CBD製品の投与量は非常に低い
「標準的な投与量は、一服あたり約20mgです」と、ゴム、チンキ、局所的なローションを含む様々なCBD製品を販売するClover GroceryのゼネラルマネージャーであるJoshua Tavaresは言います。
(タバレスは、職人のポテトチップスを売っている店を「ブギーボーデガ」と呼んでいます)」「商品を販売する際に触れる主な利点は、CBDが不安と穏やかな感覚を助けてくれます。
私たちはそれを持って以来、私たちのトップセラーだと言います.CBDカテゴリーは、現在、私たちのためには本当に活気があります。

 

ニューヨーク市のカフェインアンダーグラウンド(Caffeine Underground)のようなカフェにCBDが注入されたコーヒーを販売するフラワーパワー(Flower Power)は、各コーヒーにCBD5mgを入れます。
CBDの販売に関わる多くの企業のように、同社はFDAの介入の恐れに対するCBDの影響について非常に注意している。
CBDパッケージングとウェブサイトのドキュメントの標準言語は、多くのサプリメント(シチメンチョウ、エキナセア、エルダーベリー、ターメリック)を似たもので、「これらの記述は食品医薬品局によって評価されていません。これらの製品は、病気や病気の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません。

 

フラワーパワーのグローバルセールス&マーケティング担当バイスプレジデント、リチャード・ロクロフト(Richard Roocroft)氏は、「CBDがもたらすメリットについて説教することについては、私が本当に慎重に考える必要があります。
「医者を遠ざけるために、一日に一回コーヒーを飲んでいるだけだ」と私は話す。
彼の投薬量と、それが効能があるという情報があるかどうかについて質問する。
“あなたの質問に答えるために、”私たちは研究をしていますか? ” いいえ、私はそれをサポートするものはありません」と彼は私に語ります。

 

 

「ストレス不安のような心理的な問題の効果的な用量は、一般的に6mgで始まり、20mgまでになる傾向があることがわかっています」とAlchemist’s Kitchenの園芸家で臨床医学者のZachary Clancyは言います。
マンハッタンの小売店で幅広いCBD商品を扱っており、レストランにも卸売りを行っています。
(臨床薬理学者は、そのタイトルを得るために様々な教育プログラムや見習いのいずれかを修了することができます。)

 

 

 

 

Clancyは、彼の線量見積もりはCBDと呼ばれる本に基づいていると述べている:薬の大麻への患者のガイド:精神活性化させないヒーリング。
その本の共著者は、Synergy Wellnessの創始者であるLeonard Leinowです。
彼は、手作りの職人のCBD大麻の集団と呼んでいます。
彼は医者でも科学者でもありませんが、エロティックな青銅器の彫刻家です。
2つの連動するペニスからなる陰陽のシンボル。

 

これらの投与量は、消費者のCBD産業においては非常に標準的であり、利用可能な研究によって、臨床試験において有効であると判明した用量はどこにもない。
NuLeaf Naturalsは、有名なオンラインCBD販売業者で、石油240mgを38.50ドルで販売しています。
用量を特定するのではなく、CBDの濃度を1滴で測定する。
1瓶あたり100滴、それぞれ2.4mgを含んでいます。
ブレスリングによれば、ボトル全体を服用して、不安を軽減する効果があることが示されている絶対最低用量に近づけなければなりません。
あなたのアイスクリームやコーヒーのCBDオイルの$ 3噴出?おそらく10mgくらいでしょう。
研究者がストレス解消の結果を見つけたレベルに達するには、その量の30倍が必要です。

 

Roocroft氏は、同社の低用量について説明した。
「誰もが違います。だから、マイクロドーズでは、1杯あたり6オンスのコーヒーをコントロールできます。」彼は私が話した唯一の人ではありません祝福は彼がこの用語を誤用していると言います。
マイクロドージングは​​、非常に少量の非常に強力な薬物を使用することを意味する。
時には、これは、フルドースとみなされるものとは非常に穏やかな、またはまったく異なる効果を有し得る。
しかし、マイクロドージングの鍵はまだ証明可能な効果があります。

 

「少量のサイロシビンを使用すると、それでも何かが起こります」とBlessing氏は言います。
「サイロシビンを用いたマイクロドーズは生物学的には依然として効果がありますが、低用量のCBD(5mgなど)はまったく何もしないという証拠はありません」と私が見出した唯一の研究では、低用量のCBDは、レノックス – ガストー症候群と呼ばれる稀な形態の小児てんかんは、10mgのCBDを用いて治療可能である。
大人の不安のために?何もない。

 

低レベルのCBDに関する研究は、あなたがそれを推測した、信じられないほど制限されています。
PubMed医学研究データベースの単一の論文では、クローン病の治療薬として、これらの低用量でCBDが特に注目されました。(その効果は見られませんでした)。
したがって、あなたのコーヒー中のCBDオイルの5〜20mgが何もしないことが証明されていると言うことは公平ではありません。
証明されていない あなたのコーヒー中のCBD油20mgが何かを実証したことは決して証明されておらず、関連する研究は、おそらく測定可能な効果を得るには用量が低すぎると言います。

 

“あなたの質問に答えるために、”私たちは研究をしていますか? ” いいえ、それをサポートするものはありません。
CBDの食べ物を売っている複数の売り手に、私が祝福から学んだものを飲み、彼らの考えを尋ねます。
「戻ってきて誓うと誓い、それを愛して、一度に2つ買って一週間で買い取ってください」とタバレスは言います。
Clancyは次のように反論しています。
「消費者からのフィードバックや賛辞に多くの頼りになります。
今や、それはプラセボ効果である可能性は非常に高いですが、どちらの方法でも、社会的不安を緩和するためには人々は戻ってきて大きな利益を報告しています」

 

 

 

 

それはすべてがちょうど… プラセボ効果である可能性はありますか?CBDのチンキやガムが大好きで、そこからの効果を主張する人々がたくさんいることを考えると、それは驚くべきことです。
それは、あなたがすべてうそつきにされていると言って、大変失礼なことです。
しかし、プラセボ効果はあなたが思っているよりはるかに強力です。

 

Baron博士は、「プラセボの反応は、研究されている治療法について常に考慮する必要があります。「例えば、プラセボの反応は、実際には多くの製薬試験でかなり高くなっています。
実際、プラセボへの恩恵の反応が実際に研究されている治療よりも高い様々な投薬やその他の治療について、多くの治療試験が行われています。

 

1件の研究では、対象者がプラセボであることがわかっていてもプラセボが機能することがあることが判明しました。
CBD研究で使用されたのと同じパブリックスピークの設定を使用した別のものは、不安治療が特にプラセボ効果の影響を受けやすく、プラセボ治療患者の40%が群衆に話すことを任されている間に不安症状の減少を示した。

 

このようなすべての事例にもかかわらず、低用量のCBDはプラセボである可能性はありますか?確かに、私と一緒に言うので:私たちはCBDについて何も知らない。
「残念なことに、無作為化されたプラセボ対照試験など、科学的に関連する試験でCBDの恩恵を受けると主張されているほとんどの症状に対して、有効性の確定試験を行うことに近いところはありません。

 

あなたの好きなCBD製品には何がありますか?
錬金術師のキッチンとクローバー食料品店は、同様の透明な調達を行っている株式ブランドからの商品をどこから入手するのかを明るく伝えるハイエンドの店です。
このCBDは、通常、コロラド州またはオレゴン州で栽培された大麻植物、または大麻取引に通常関連しない州からますます生じています。
EarthE CBD、CBD製品の著名なオンライン売り手、例えば、ニュージャージー州の地方農場からの情報源。
それはまた、そのウェブサイト上で検査結果を公開し、その製品が何のTHCと会社は、彼らが持つべきと言うCBDの量を持っていないためにテストされていることを示します。

 

これはCBDのための奇妙な野生の西洋の時間であり、これらの企業は最善を尽くしています。
彼らは標準ではありません。
用量よりも潜在的に大きな問題は、全国で販売されているほとんどのCBD製品に見られる成分に関する情報の不足と不足です。

 

ハドソン・ヘンプの最高経営責任者であるメラニー・ドブソン(Melany Dobson)は次のように述べています。
「市場のすべてのCBDが平等に作られているわけではなく、CBDはもちろん、大麻についても理解できていません。

 

ハドソン・ヘンプは、2017年後半に始まったニューヨーク州のパイロットプログラムを通じて工業用大麻の栽培を開始しました。
工業用麻は、THCが極めて少なく、または完全になく、繊維、麻種子油、およびますますCBDのために栽培されている。
Hudson Hempは、THC(ニューヨークでは違法である)を取り除き、CBD収量を最大化するために飼育された大麻植物のいくつかの品種、または系統の一つであるCherry Wineを栽培しています。
いくつかの株はCBDが自然に高く、THCは非常に低い。
他のものはTHCが高く、CBDは低い。それ以外のものにも同様のレベルがあります。

 

 

CBDは大麻を成長させ、乾燥させ、粉砕し、そしてしばしばエタノール溶媒で満たされたロータリーエバポレーターを用いてCBDを抽出することによって得られる。(他にもいくつかの方法がありますが、エタノールは一般的です)
かなり古くてかなり低い技術ですが効果的です。
結局のところ、CBD単離物と呼ばれる白色粉末の形態の約99%の純粋なCBDである。(一部のCBDは「フルスペクトラム」として請求されます。つまり、大麻植物の他のものを含みますが、他のカンナビノイドと同様ですが、フルスペクトラムの正式な定義はありません)。

 

ハドソンヘンプは、ニューヨークのすべての大麻栽培農場と同様に、州によって承認された数少ない評判の高い研究室の1つで CBD粉体を試験しなければなりません。
THCが0.3%を超えると、それは違法です。

 

Hudson HempはハイエンドのCBD企業を対象としており、その説明責任は珍しい。
膨大な量のCBD製品は、ドキュメンテーションや透明性なしで、オンラインで店頭で販売されています。
オンライン小売業者は、何でも欲しいと言います。
eBayからAlibabaまでの大きなマーケットプレイスは、奇妙なラベルの油の不思議なバイアルを販売し、人々はそれらを購入する。

 

これらの製品はXi’an Lyphar Biotech Co. Ltd.のような場所から来たもので、同社のウェブサイト上でAlibabaの最大のCBD売り手の1つであることは言及されていません。
大企業と中小企業、精巧なケミカルチャートを提供する企業、オンラインで存在しない企業があります。
ラボテストを通じて、原材料として、または消費者段階の最終製品として、自社製品を運営する企業が存在します。
ラボが何を発見したのか、どのラボがその製品をテストしたのかについての情報は提供していないと言っている人がいます。

 

みんなCBDを望んでおり、誰も見ていない。
注意:FDAや他の誰も規制はありません。
サプリメント業界の貿易出版物であるナチュラル・プロダクツ・インサイダーの調査によると、CBDの生産者は公式な監督なしに「良い製造実務」に従うと主張している。
パッケージングが主張しているものではないものを販売することは違法だが、それは連邦取引委員会の認可を受けているが、現場でのテストは行っていない。

 

捕らえられるためには、消費者やパートナーがFTCやFDAに製品を報告しなければならず、それらの組織は自分の仕事の中で仕事をしなければならず、実際に調査しなければなりません製品は棚に残っています。

 

どのようにしてCBDオイルにパッケージに含まれていることが実際に含まれているかを確認するにはどうすればよいですか?

 

祝福は、彼女が知っている製薬会社の2人の臨床管理者が好奇心のために売りに出した様々なCBDオイルについてテストを行ったことを教えてくれました。(彼らは記録上の発言を拒否した)。
これらの製品の中には、CBDがまったくなかったものもあった。
一部の者は、連邦制限を超えたTHCレベルを有していた。

 

FDAテストのまれなケースの1つと並んでいます。
2016年にFDAはいくつかの「CBD油」を試験し、最終的に8社に警告を発しました。
これらの油の中には、CBDがまったく含まれていないか、まれにしか含まれていないものがあり、THCの量には多くのものが含まれていました。
例えば、健康な麻のオイルの「ハーブリニューアル25%CBD麻オイルゴールドラベル」は8.4 mg / gのTHCを含んでいた。
Etsyに25mgの「CBDオイル」カプセルを販売していたSana Te Premium Oilsは、 THCが13〜19mg / g、CBDが0.1mg / g未満でした。

 

これは単に合法性の問題ではなく、安全性の問題です。
「8mgのTHCがあれば効果があります」とBlessing氏は言います。”それはあなたを高くするでしょう。
それは運転を損なう可能性があります。

 

 

CBDがCBD受容体を軽く刺激することは、CBDがCBDを非常に高用量で行うこととほぼ同じことをTHCは5mgまたはそれ以下のような低用量でも行うことを祝福する。
あなたが実際にCBDサプリメントから何かを感じているのなら、そのサプリメントにはいくつかのTHCが含まれているからです。
誰が他に何を知っていますか?

 

祝福の臨床マネージャーの連絡先は、CBDに関する正式な調査を実施しなかった。
彼らはCBD企業からの法的挑戦まで自分自身を開くことを望んでおらず、 “100%純粋な有機cbdオイルの麻の種油を安い価格で”と挑戦することはほとんどありませんでした。
Alibabaからバルクで出荷されます。
彼らは、このような項目で市場が散らばっているのを見て、顧客がそれが高品質であると合理的に仮定しないと仮定します。

 

もちろん、これらのものはギャングバスターのように売れるので、間違っている。

 

 

薬物相互作用に注意してください
祝福のような研究者は、CBDについて正当に興奮しています。
これは、統合失調症のような以前の難治性疾患の治療において、また既存の薬物の破壊的な副作用を伴わずに本物の約束を示す。
それでも、CBDは無害ではありません。
CBDとの薬物相互作用に関する研究はまだ始まったばかりですが、CBDは特定のクラスの薬物を服用している人々、すなわちSSRI(ゾロフトとプロザックを含む抗うつ薬群)とオピオイドに重大な問題を引き起こす可能性があるということです。

 

「CBDは、重要な精神医学的薬剤を分解するシトクロムP450酵素を阻害する」とBlessing氏は述べている。
CBDは、これらの薬剤を代謝する身体の能力を失う唯一の物質ではありません。
セントジョンズワートと控えめなグレープフルーツの両方は、非友好的ですが、CBDは比較的よく研究されていません。
CBDがこれらの酵素を阻害する方法は、SSRIまたはオピオイドのレベルを劇的に上昇させる可能性があり、過量投与につながる可能性があります。

 

Clancyは、潜在的な相互作用が危険にさらされる可能性があることを容易に認めており、顧客を教育することはAlchemist Kitchenのアプローチの主要な部分であると述べています。
「CBDの医薬用途の理解を深めたい私はあなたが気づいていると確信しているので、今、それはすべてに投げ込まれている。

 

錬金術師のキッチンは、顧客にCBDについて知っていることや知っていると思うことをすべて伝え、CBDが日常生活の一部になることを強調するために、医師と相談して、副作用はありません。
Dentyne Ice Gumのすぐ隣にCBDオイルを少し入れて売っているあなたのBodegaの男は、ほぼ同じことをしていません。

 

 

「Prozacやその他の薬を服用している場合は、自分がしていることを慎重に考える必要があります。
あなたに危害を加える可能性があるため、医師に相談しなければなりません。
祝福は、薬物相互作用が潜在的に非常に深刻であるが、消費者CBD製品の投与量は非常に低く、そのリスクは最小限である可能性があることに留意する。
それにもかかわらず、CBDに薬物相互作用があるという事実は、少なくとも時にはいくつかの用量で、実際に何かをしていることを示すべきである。

 

そして、それはCBDについて魅力的で魅力的なものです。
それはむちゃくちゃなことではありません。
水晶は駄目です。
ヒマラヤ塩イオナイザーはでたらめ。
SugarBearHairは明らかにそれが言っていることを含んでいませんが、たとえそれがあってもバランスの取れた食事よりもうまく機能しません。
CBDは、激しく控えめではあるものの、やっかいなことではありません。実際に、FDAは、その最初の大麻由来の薬物、Epidiolexと呼ばれるCBDベースのてんかん治療を承認したばかりである。
Epidiolexの投与量は約2.5mg / kgから開始し、5mg / kgに増加するため、150ポンドの成人は、対象とする疾患は小児期に始まるが、1日当たり340mgをわずかに上回る量に落ち着くであろう。

 

レクリエーションのCBD売り手が行った主張の一部でさえ、抽象的ではありません。
CBDは実際にいくつかの抗炎症性を示しています。
特定の状況では、実際には抗不安効果があります。
もちろん、あなたの手に持っている実際の製品が一度も指摘されていないのに、売り手が「CBDが不安を軽減するよう指示されました」(真の声明!)のようなものを言うことができるのは、ハーブサプリメントの厄介な性質です。そうする。
例えば、ナツメグは危険な精神活性薬として高レベルで作用するが、カボチャスパイスラッテで「ナツメグはあなたを地獄のように高くすることが科学的研究によって示されている」と言わざるを得ない。
それは正しいですが、それはまた信じられないほど誤解を招きます。

 

私たちはCBDがどのような深さの脳にどのように影響を与えるのか分かりません。
我々は、どのような用量および送達方法が異なる結果に最も適しているか分からない。
CBDが他のほとんどの薬物や食品とどのように相互作用するかはわかりません。
分離株の効果と全スペクトル調製の違いはわかりません。
私たちはカンナビノイドがいくつあるか知りません。カリフォルニアは、それが価値あるものであることを認識し、この全部を心配しているようです。

 

しかし、データの欠如は資本主義を妨げるものではない。
それはむしろ大きな助けになります。
誰も何も知らないときは、あなたは何かを言いたいことがあります。
もっと重要なことに、すべてを売ることができます。

 

 

引用先  vox.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBD オイルは癌細胞と戦う能力を実験で確認

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »