fbpx

動物がん痛み止めに医療麻薬の代わりにCBDを使う

Pocket

動物がん痛み止めに医療麻薬の代わりにCBDを使う

 

オピオイド、アヘンから作られる痛み止め 必要だから作られた薬ですがアヘンから作られていることでアメリカ、州で違う法律がリスクになって使えない州もあるようです。

 

痛み止めでアヘン同等、それ以上の効果があるのではないかと以前紹介した「ワイルドレタス」野生の品種改良されていない原種のワイルドレタスが痛み止め効果が強い成分を持っているそうです。
製薬会社は儲からない身の回りにある草の成分は利用しないみたいですね ちなみにワイルドレタスはアメリカに生えている雑草です。
庭に生える野生の植物です。
アメリカの法律で取り扱うことを禁止しているみたいです 日本では自生していないため法律の規制がありません種をネットで購入して栽培も可能です。
ワイルドレタスを薬として品種改良すれば良い鎮痛剤になったと思いますが・・・

 

モルヒネを原料として作られた鎮痛剤が法律の制限で個人的にCBDオイルを利用することを思いつき、良い結果が出た報告になります。
アメリカの州によってはCBDすら使うことを禁止している州もあるので全ての州が使えるようになるには少し時間がかかるのかも知れませんがCBDに関して、州の法律で認められているところが多いので個人で大麻をオイル漬けにして抽出して使うより法律の規制の少ないCBD抽出物が利用されているようです。

 

以前、私のお客さんの飼っている犬がCBDを利用することで細胞の炎症が落ち着いて用で一時期、散歩にも出かけられなかったのに散歩をしたと驚いていた話を聞きました。
当時の私も非常に驚きました。
炎症がかなり落ち着いたのだと思います 治癒はしていないと思いますが彼(犬)は楽しく散歩したと言っていました。
その後、購入は数回続きましたが末期だったのでしょう購入も連絡も途絶えました。

 

 

 


 

ペットの場合でも、オピオイドの鎮圧によって残されたCBD充填空隙

 

 

ラスベガス – 連邦と州の関係者がオピオイド虐待を断ち切っていく中で、別の意図しない結果が出てきている。

 

獣医師は、ペット患者を治療するために使用されるアヘン剤の鎮痛剤にアクセスするのに苦労しています。

 

8ニュースマリファナのビジネス会議で停止し、大麻業界がどのように空虚に満たされているかを見てみましょう。

 

「彼は私たちのマスコットであり、フィト・アニマル・ヘルスや私たちのすべてのためのインスピレーションです」とフィト・アニマル・ヘルスのCEO、イアン・クインは述べています。

 

6年前、イアン・クインは南カリフォルニアの避難所から親友のダンテを雇いました。ダンテは重度の関節炎および股関節形成異常に苦しんでいた。

 

「3歳までには、階段を上ったり下ったりすることができず、携帯しなければならず、移動性にも限界があったが、殺し屋から救助されていた。

 

 

 

ダンテは食べなかったし、彼に処方された獣医師の薬にうまく反応しなかった。クインはCBDを試してみることにしました。

 

それは精神分析ではない大麻の化学物質です。彼は、その結果は、彼の灰色のピットのための夜となったと言います。

 

「3日以内に運動がより良くなった、彼はより良い動きを始めた。彼は騒がずに食事を始めた」とクインは語った。

 

彼は彼の会社Phyto Animal Healthを設立し、他の動物や愛する人たちが発見した利益を分かち合いました。

 

しかし、キャッチがあります。

 

このすべては消費者市場で行われます。連邦規則のために、獣医師はカナビスまたはカンナビノイド製品を所有、管理、分配または処方することができません。

 

オピオイドの取り締まりにより、獣医師はペットの患者を治療する選択肢が少なくなります。
QuinnはCBD製品を動物に処方することができるように連邦規制が早期に緩和されることを願っており、他の人はDanteと同じような利点を体験することができます。

 

 

 

 

 

「それは、世界を意味しています。あなたが知っているのは、私たちの両方が持つ人生と幸福の延長です」

引用元  lasvegasnow.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

野生のレタスは自然の最も強い鎮痛剤

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »