fbpx

ADHD(注意欠如・多動症)CBDは効果があるのか?

Pocket

ADHD(注意欠如・多動症)CBDは効果があるのか?

 

 

ADHD(注意欠如・多動症)に対してCBDは効果があるのか?実際に研究が少なく効果があると研究者は言えないみたいです。
海外でも法律という壁が邪魔をしてまだ、研究が進んでいないのが現状のようです。
研究者たちは安全確認が取れるまで安全とは言いません 科学的に確認が取れていないのにもかかわらず、安全と発言することは詐欺のレッテルが貼られることになるからです。

 

しかし、今まで大昔、太古の時代から使われてきた麻を危険と言うには・・・言えない気がします。
ただ、研究者はメカニズムがわからないだけなのです。
わからなくても日本では第二次世界大戦敗戦前までは麻の葉は癲癇などの症状を緩和する薬として使われてきました。
我々は研究以前から大麻を使い続けて来ています。

 

 

 

問題なのは石油化学合成薬の調合、合成研究してきた正しいと教育されてきた研究者が多い中、個人で大麻を使って良い効果が出たことで、基本認めたくない流れから研究されていることです。
大麻の歴史を見た上で否定は出来ないはずです。
今まで植物の成分の体につていの効果は、あまりされてきていません 儲からないからです。
大麻以外でも他にも体に良い影響の出る植物の成分はあるのですが、儲からないから研究されてきていませんでした。
これからは植物の成分を研究する自体になってくるはずです。
大麻成分が始めの1つだと思います。
石油合成薬は体に合わないことは事実なのです。
大麻より危険な合成薬が沢山あるのですからそちらを警告してほしいです。
実際、効果が無い副作用が強い薬を使い続けて仕方なく大麻成分を使っている方が多いのが事実です。
その方たちが助けられていることも事実です。
ADHDの方たちで少数ですが利用されて効果があることを報告された人がいることも事実です。
副作用の強い効果のない薬を選ぶか? 大麻成分を使って少人数ですが体に問題の無いと言われるCBDを使うのか、個人の選択にはなるとは思いますが選ばせてあげられるようにはしたいものです。

 

追記

カナダ・トロント大学と他の大学の研究者たちによる新しい研究によると、妊娠中の女性の尿中のフッ化物(フッ素)濃度の上昇は、学齢期の子どもの ADHD 様症状の増加と強く関連していることがわかった。この研究は、1994年から2005年にかけて、メキシコシティに住む母親と子どものペア 213人のデータを、女性が妊娠して子どもが成長するまでを追跡し分析した。研究者のひとりであるトロント大学のモルテザ・バシャッシュ(Morteza Bashash)氏は、研究の結果について以下のように述べる。
「今回の調査結果は、母親の胎内で成長する胎児の神経系が、高いレベルのフッ化物の暴露によって悪影響を受ける可能性があるという証拠が最近増加していることと一致しています」

上記の通りフッ素は問題を起こす確率が非常に高い成分です。
利用しないと困らない成分です フッ素入り歯磨き粉、等フッ素入りの製品の利用は控えましょう
ついでにテフロン加工(コーティングされたフライパン)こちらも控えていただきたいです 高温で成分が溶け出す、摩擦で摩耗します。
フライパンに使っている金属はアルミ(人間にとって毒)です。
真綿で首を絞められていますから気が付きません 利用は控えましょう

 


 

ADHDのためのCBDオイル?この人気のある自然療法についての事実

 

初期の研究は、カンナビジオール(CBD)がてんかん患者に役立つ可能性があることを示唆している。
それはまた、痛み、不安、うつ病、さらには座瘡を緩和すると考えられています。
しかし、ADHDはどうですか?これまでのところ、CBDとADHD症状緩和とを結ぶ研究は存在しない。
それは、患者がそれを試みるのを止めることではない。

 

最近では、カンナビジオール(CBD)オイルの賛辞を歌わないオンラインコミュニティやソーシャルメディアグループを見つけるのは難しいです。
これは、アルツハイマー病やパーキンソン病からPTSD、そして注意欠陥障害(ADHDまたはADD)に至るまで、多くの人々が疾患や障害のためにその利益を探求している理由を説明するのに役立ちます。
CBDオイルはてんかんや他の疾患の患者に有益な可能性があるとのリサーチが示唆されていますが、ADHDに関するこのような主張はそれだけです。

 

 

CBDとは何ですか?それはADHDを助けるか?
CBDは、誘発性の高いTHC(テトラヒドロカンナビノール)化合物を除去したマリファナ(大麻)植物の産物であり、精神活性ではないことを意味する。
CBDは、ADHDと診断された人々の間で共通の症状である不安を軽減するために、油、チンキ、または食べ物の形をとっていることが多いです。
CBDはADHDの治療薬であると主張しているが、その薬剤師の最も熱心な主張者ではない。

 

SUNY-Albanyの心理学教授であり、マリファナ法改革に関する国立組織機構(NORML)の諮問委員会のMitch Earleywine教授によると、「公開されたデータはなく、無作為化臨床試験はもちろんのこと、 ADHDのためのCBDの使用。

 

たとえそうであっても、CBDの潜在的メリット(証明されているかどうか)は、しばしばADHD患者の一部を強制的に実験するのに十分です。
デューク大学ADHDプログラムのジョン・ミッチェル博士は、ADHDの成人女性である彼の患者の1人がCBDを試みたと語っています。
2倍。彼女自身で。彼の承認または監督なし。

 

「私は30本のゲルタブレットを含む50ドルで1本のバイアルを購入したが、数週間かけてそのすべてを服用した」とミッチェルの患者は匿名を希望した。
「以前はCBDや大麻を一度も試したことがなかったので、何の変化も感じませんでした。
しかし、私にも悪影響はなかった」

 

偶然、この結果は、量、質、使用されているタイプにかかわらず、CBDを試みている人の半分に共通するように見えます。
他の半分はCBDとADHDに関していくつかのポジティブな主張をしています。
「私はリラックスすることができました。Mitchell博士とADHDとCBDの研究者の広範なコミュニティが指摘しているように、この問題は、CBDに関する研究が不足していることを指摘しています。
単一の研究チームは、特にADHD症状のためのCBDオイルの可能な影響(良いか悪いか)をまだ研究していない。

 

 

 

「CBDがADHDに役立つかもしれないという逸話があります」とバンダービルト大学の神経・小児科の助教授であるロバート・カーソン博士は、CBDのてんかん発症の有効性に関する2018年の研究を共著していると述べています。
他の症状または疾患。したがって、CBDを追加した後にADHD症状が改善する患者がいるかもしれないが、その逸話をより広く一般化することはできない。
第二に、私たちが最もよく聞くケースは、誰かが大きな反応を示したケースであり、そうでなかったのは10人ではありませんでした。

 

「私は、CBDをADHDの治療に使用することの安全性または有効性を示す科学的または臨床的データは認識していません」とRyan Vandrey博士は述べています。
ジョンホプキンス大学医学部の行動薬理研究ユニットのメンバー。
「CBDをADHDの治療薬として使用することを推奨する科学的根拠はなく、どの製品や用量が適切であるかについて話すことができるデータはない」

 

CBDは法的ですか?それは安全ですか?
今日まで、33州とコロンビア特別区は、広範にマリファナを合法化する法律をいくつかの形で通過させてきた。
他の10の州とワシントンDCは、レクリエーション用としてマリファナを合法化する法律を採択している。
それでも、米国麻薬取締管理局は、すべてのカンナビノイドのように、CBDをスケジュール1薬とみなし、ヘロインやエクスタシーと違法としています。
それにもかかわらず、ある大麻業界の専門家は、CBD製品だけで2021年までに約30億ドルの市場を構成すると予測しています。

 

地平線上のすべての利益と、なぜそんなに少ない研究ですか?少なくとも部分的に責任を負うのはCBDの合法性です。
連邦政府が違法薬物を研究するための連邦政府の助成金を得ることは困難です。
精神分裂病、嗜眠、またはその両方につながるゲートウェイ薬としての大麻の一般的な認識が残っているように、政治も活発になります。

 

 

 

 

それにもかかわらず、ミッチェル博士は、「CBDがより有効になっているため、[CBD]が悪影響を及ぼす可能性があるという認識は低下している」と感じている。

 

これは、大麻研究のための資金調達に関する専門家の憤慨と嫌悪感を指摘するミッチェル博士の同僚のすべてが共有している認識ではありません。
「ビジネス界や科学界から多くの政治的反対が出ている」とニューメキシコ大学医学大麻研究基金のディレクター、ヤコブ・ビギル博士は主張する。
「それは依然として非常に非難されており、より多くの研究が必要」と語った。

 

今までのCBDとADHDで行われた研究は、実際には何もありません。
1件の2011年調査では、社会不安障害を持つ24人のグループの中で、CBDを服用した半分が多くの聴衆の前で話すことができたことが示されました。
2015年にドイツの研究者は大麻製品(CBDとTHC)とADDの関係を調査し、大麻製品を使用している間に、より良い睡眠、良好な集中、衝動性を経験したと回答した。
最後に、大人のCBDオイルとADHDを調べる2017年調査では、オイルが症状を改善したが、その発見を確認するためにはより多くの研究が必要であることが分かった。

 

ADHDのためのCBDの実験の危険性
Arno Hazekampは最近の論文で、オランダが自信を持って語った「大麻の神話バスター」と述べています。
「新しいCBD製品が市場に入らないままでいる間、これらの製品の効果的な規制管理ははるかに遅れています。
その結果、特に子供などの脆弱なグループでは、長期的な影響に関する未知のリスクは未だに解決されていない」

 

UCLAのエバンズ氏は、「[人の発達の間に、CBDとTHCの両方のカンナビノイドが心配です。
「脳の発達にとって重要なアデノシン受容体(およびCB2受容体)が小膠細胞上にあり、CBDはアデノシン摂取を阻害する。
これは、癲癇および自己免疫および炎症性疾患にとって有益な因子であり得るが、ADHDについては誰が知っているのか」。

 

 

CBDはADHD患者の一部に有益な可能性がありますが、「CBDをADHDに服用して自分自身で実験を行っています。
「CBDは抗炎症薬であり、ADHDにとって有用であるという証拠が機械的に存在するかどうかはわかりません」

 

CBDが他の薬物とどのように相互作用するかも不明です。
「どのような形のCBDも薬剤であり、副作用の可能性があり、肝臓を介して代謝される他の薬物(CBDは肝臓内の同じ酵素によって代謝され、他の多くの医薬品やサプリメントを代謝する)カーソンは言う。
「グアンファシンやクロニジンなどの鎮静作用を持つ他のADHD薬では、有益ではない相加効果があるかもしれません」

 

また、「純粋なCBDオイル」と表示されているCBD製品でさえ、ほとんどのCBD製品でCBDの非標準的かつ大きく変動する量が潜在的に有害である。
このような製品には、農薬、添加剤、ハーブ、さらにはTHCなどの他の成分も含まれる。
「CBD単独では脳内の細胞に複数の作用があり、どちらが明らかにその有益な効果をもたらすのかはわかりません」とCarson氏は言います。
「THCやCBDV [cannabidivarin]も含まれている精製​​品が少なくなると、それはより複雑になります」

 

危険性は、配送方法にも存在する可能性があります。
CBDは、オイル、チンキ、食べ物の中にパッケージ化され、消費されています。
それぞれは人の身体によって異なって吸収されます。
UNMのヴィギル(Vigil)は、「この業界のラベリングは恐ろしいものです。

 

「ナチュラル」は必然的に「安全」を意味しない
CBDが体に入ると、どのように動作するかはまだ誰も知らない。
その長期的な影響は謎です。CBDは脳内や何年にもわたってどのように機能していますか?カーソン博士は鈍い言い方をしています。「私たちは知らないし、わからない」

 

これは、CBDの自己投薬や子どもの試行を阻止するものではありません。
「明らかに、用量当たり約30mgのCBDを提供する製品がある」とEarleywineは述べている。
「300mg以下の効果を示す人間との公開作業はめったにありません。これはかなり高価になるでしょう…だから、おそらく時間とお金の無駄でしょう」

 

エバンスは、「スケジュール1の分類のために、すべてのカンナビノイド行動に関する研究が不十分であり、ADHDのCBD使用を推薦するかどうかを明確にする科学的証拠はない」とエバンスは述べている。

 

多分CBDとADHDの間に否定的な関係がないことを研究者が証明しているため、一部の「患者はCBDで試行錯誤する」とVigil氏は言います。
最初に彼らはインターネット上を移動し、そこでは孤立したCBDから始めます。
その後、彼らはバニラ製品を試しています。
THCを追加すると、より多くの利益を得ることができます。

 

 

 

“大麻は非常に変わり、患者は実験を余儀なくされます。
また、臨床試験では実際に患者が実際に行った決定については何も教えてくれないからです。
そして最終的に皆のために統一された解決策はないからです。

 

「家族は、潜在的なリスクとADHDを含む他の障害の治療の利点について非常に懸念を抱く必要がある」とカー​​ソンは助言する。
「あなたの子供の医師と一緒にやっていることを考えてください。
良好なデータがない場合、1mg / kg体重/日の用量でCBDを使用したときにほとんどの患者が癲癇にかかり始めるが、これは耐容性が高いようである。
しかし、どんな薬からの副作用が、問題が始まるより悪い場合、その患者はあまりにも多くの上にあるかもしれません。

 

カーソン氏は、「私は家族に思い出させるのが好きだ。
何かが自然であるということだけが、それが安全だということを意味するものではない」と付け加えている。

 

引用先  additudemag.com

 


 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDにも応用可能!!必見 大麻の利用方法まとめ

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »