fbpx

血圧を上昇する一般的な食料添加物を発見、添加物とは?

Pocket

血圧を上昇する一般的な食料添加物を発見、添加物とは?

 

 

 

 

保存料のリン酸塩はリン酸鉱物を材料とした化合物です。
下記に書いてあるとおり保存料を目的として食品添加物として使われています。
リン1日許容上限摂取は成人3000mg、摂取基準目安は1日、男性1000mg 女性800mgだそうです。
結構多い数値だと思いますが・・許容範囲としているそうです。

 

リン酸塩はここ数年、ハムなどの保存食に多く使われていて問題になっている成分です。
研究結果にもありますが、リン酸塩を意図的に多く摂取したグループと摂取していないグループの血圧の違いがはっきりと出ています。

 

リン酸塩は必須ミネラル成分なのだそうです。
天然のリン酸塩を多く取り続け、問題が起きているか調べていない為わかりませんが、意図的に人工合成されたリン酸塩は天然成分と違うもののように思えてしまいます。
大豆などに多く含まれているリンですが、今回保存料として使われているリン酸塩に焦点を当てて過剰摂取に注意勧告をしています。

 

足りないと欠乏症になりますし、多ければ血圧が上昇するなどの問題も・・
リン成分は適度に取り続けていくことが大切なようです。
現在、多くの食料に保存料として多用されてきたリン酸塩は、業界によっては使うことを控えて来てはいますが、保存を優先している食品もまだ多く存在しています。
無意識に加工食材を買ってしまいがちですが我々消費者が選んで購入することが大切になってきていますので意識して加工品の購入していただくことをお勧めします。

 

 

          ↑アメリカでリン酸塩岩が採掘、世界で利用されているそうです。

 

 

 


 

あなたの血圧を上げるために見つかった飲食物の一般的な添加物

 

人々があまりにも良いことをすることができれば、あまりにも悪いことから来る危険性を想像してください。
これはまさにバーゼル大学の研究者 が最近の研究で発見したもので、アメリカ腎臓学会のジャーナルに掲載されました。
彼らの研究では、食物や飲料に一般的な添加物であるリン酸塩を多すぎると、血圧や脈拍数が上昇する可能性があることがわかりました。

 

リン酸塩は自然界にあり、肉、魚、ナッツ、豆などに見られます。
しかし、その合成形態では、防腐剤として使用されている。
これは肉製品に加えて、腐敗を防ぎ、コーヒーの詰まりを防ぎ、チーズをより広げることができます。
この増加した消費量は、人の健康に有害である可能性がある、と著者らは述べています。
最近の傾向は、主に加工食品からのリン酸消費の大幅な増加を見た。
これにより、1日のリン酸塩が1日当たり700mgを超える摂取量となり、米国での推奨量を上回ります

 

過度のリン酸摂取はまた、心臓血管疾患のリスクを増加させる。
以前の研究は、あまりにも多くのリン酸塩がプラークを動脈に蓄積させ、狭窄させることを示しています。
これにより、脳や心臓への血流が制限され、脳卒中や心臓発作などの生命を脅かす可能性のある状態につながる可能性があります。
研究者らはまた、増加した食物リン酸塩の影響は、既に慢性疾患のリスクがある人々に限定されないことを指摘した。
健康な人々は同様に、食事中のリン酸塩の量の増加によって影響を受ける。

 

 

 

チームは20名の健常者を11週間勤務させた。
この間、一部の参加者は、そのリン含有量を増加させた錠剤またはその吸収を阻害する錠剤のいずれかを摂取するように割り当てられました。
すべての参加者は通常の食生活を維持するように言われました。
彼らの6週間目に、チームは参加者の心臓血管健康への両方の食事の影響を測定しました。
彼らは、リン酸塩錠剤を投与された患者は、収縮期血圧および拡張期血圧がそれぞれ4.1および3.2mmHg上昇していることを見出した。
彼らの脈拍数も1分間に平均4回の拍動によって増加しました。
これは、心臓が体の周りの血液を送り出すのをより困難にしていることを意味し、体内の他の臓器が受ける血液の量を減らすことができます。

 

幸いにも、これらの効果は可逆的です。
リン酸塩錠剤を服用した患者は、研究終了後2ヶ月で正常血圧値を示した。

 

「私たちの結果は、食生活のリン酸摂取と心血管疾患の罹患率および死亡率の増加との関連を明らかにしている」と主任研究者、レト・クラプフは説明する。
「これらの結論は公衆衛生上重要であり、様々な集団での大規模な研究でさらに検討されるべきである

 

高血圧に関する速い事実
高血圧は、高血圧としても知られており、血液が及ぼす圧力がそれよりも高い必要がある状態を指す。
この症状は、しばしば警告徴候や症状がないため、「サイレントキラー」と呼ばれています。
これは、状態を持つ多くの人々が、それがあることを知らないことを意味します。
それは遅すぎるまでです。高血圧と診断された人々は、心臓発作や脳卒中のリスクがあります。

 

 

 

 

血圧は2つの数字を使用して記録されます。
収縮期 血圧は、心臓が鼓動するときに血管に及ぼされる力を測定し、 拡張期血圧は鼓動の間に力を測定する。これらは両方とも水銀ミリメートル(mmHg)で測定されます。

 

それは多くのアメリカ人に存在する状態です。
疾病管理予防センターは、三人の成人の1 – -高血圧に苦しむ7500万人がいると推定しています。これらの人々のうち、54%のみがその状態を支配しています。

 

 

引用先   naturalnews.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

健康な海塩と健康ではないヨード化された照射塩の食塩

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »