fbpx

タバコの自販機を使いCBDを販売?

Pocket

タバコの自販機を使いCBDを販売?

 

 

 

これもドイツのサイトの紹介です。

 

EU内のスイスのCBD販売をしている企業が店舗に置くことを選ぶより24時間販売できる自動販売機を使い始めたことを伝えています。

 

その自動販売機は中古のタバコ自動販売機をCBD販売用として使っているそうです。
時間、場所を選ばない自動販売機、スイスでもCBDは身近な存在になってきている証拠です。

 

大麻成分CBDの効果を知っている人が多い証拠です。
本文中にも書かれていますがCBD成分に対して少し過剰評価されている内容もありますが、石油合成薬と比べるとある意味、過剰評価ではないような点もある気がします。
石油合成薬と比較すると大麻成分はまだ研究中段階ですが、大きな問題が見つかっていません石油合成薬との併用で問題が起きるか不明な部分もありますが、見方を変えると石油合成薬の相性が悪すぎるのです 副作用なんて本来、大きく効果が出るなんてありえないはずなのに効果以上にキツイ副作用が出るなんてありえないです。
それを認証することもありえない話なのですが認証している石油化学合成薬の不思議、奇妙な点です。

 

多くの方が利用して大きな問題は出ていない大麻成分なのですが、現状医療薬と相性が悪いものを探したり、あまり意味のない研究をしている部分もあるようです。

 

それより、植物成分を主流に治療をして行く研究はしていないみたいです。
しばらくは石油化学合成薬を使い続ける人間の体の相性の悪い療法を選択しなければならないみたいです。

 

 

 

話は戻りますがCBDが自販機で買えるようになる時代がスイスでは来ているのだと感銘を受けています。
アメリカではCBDオイル入のコーヒーをカフェで買えるショップが増えているそうですし・・・今度、近くのカフェにCBDオイルを入れたコーヒーを出すように勧めてみようかな? 最先端健康トレンドなので・・まだ日本では知られていませんけどね・・

 

 


 

グラーツの創業者は、古いシガレット自動販売機でCBDを販売しています

 

 

“ハニー、私はすぐにカナビス油を手に入れるだろう”この文は最近オーストリアでも適用される。
グラーツに拠点を置く企業は、CBDオイルやCBDの香ばしいハーブを購入できる自動販売機を開設し始めました。
ちょうどあなたが毎日タバコを吸うことができるのと同じです。
CBDは、THCの小さくて法的で酔わない兄弟であり、オーストリアで許可された大麻製品です。
特に、2018年だけでなく、専門店で購入することができ、新たなライフスタイル製品に進んでいるに気づくとCBD(カンナビジオールの略)する本当の傾向ですが、また、スーパーマーケット、ガソリンスタンドで、あるいはピザに加えて(としてトレンドトピックが報告されました)。

 

「我々は、CBD-古いたばこ自動販売機を通じて当社の製品を販売し、」言う ウルリッヒZwirchmaierは、ブランドとのこと孔雀CBDは最近、このような3台のCBDマシンを操作し、その基礎となる新しく設立された会社のグラーツでUMZG社。
そこではCBDオイルまたは上記のハーブを2グラムの量で20ユーロ購入することができます。
「CBDは高くありませんが、心地よいものになります」とZwirchmaier氏は言います。
癌患者(「今は大丈夫です!」)として、彼は大麻製品を幅広く扱っており、それは彼を助けてくれました。
「化学療法中の睡眠障害を助け、睡眠薬を節約しました。」と創業者は言います。

 

 

 

スイスの大麻
Zwirchmaierは、自宅の自動販売機を医療センターに慎重に近づけて、患者に簡単に24時間体制のCBDを手軽に提供したいと考えています。
「私たちはCDB店に行きたくない慢性的な患者に勝つことを望んでいます」とツィルヒマイヤー氏は述べています。
誰もがCBD製品を販売する店を訪れたいとは思っていませんし、ビジネス施設の運営も高価です。
「自動販売機では、操作するほうがはるかに安い」

 

大麻製品は、スイスのPeacockから供給されています。
“私はオーストリアで買いたいと思っていますが、ここでは非常に高価です。
そういうわけで、私たちはスイスの有機栽培農家を指しています」と、創業者は言います。
製品を販売する前に、THCが法定最大値の0.3%を超えていないかどうかをテストします。
Zwirchmaier氏は次のように述べています。
「CBDは現在誇張されています。
「これまでのところ、毎週販売台数が増加しています」ところで、自動販売機はザルツブルク出身です。
ザルツブルグでは、小売業者が古いピーコックの自動販売機を改造しています。

 

競争と不確実な未来
彼のCBDマシンでは、Zwirchmaierは会社のDr. Greenthumb(サイプレスヒルからのトラックへの暗唱)。
これはまた、あなたがCBDの製品を購入することができマリアヒルファーマシン、上のグラーツで、ウィーンで、今年彼らのオンラインストアに加えて、コンパイルされています。

 

オーストリア政府が今後どのようにこの問題に対処するかは不明である。
政府の計画では、大麻の種子や大麻の販売禁止が求められると述べた。
これがCBD油または前述の嗅覚薬草にも影響を及ぼすか否かは、現在疑問視されている。
これらは通常、アロマセラピーの製品として販売されているので、顧客は最終的にそう(例えば、ハーブを吸う)何をするか、暗闇の中です。

 

したがって、カンナビス貿易協会は、オーストリアにおける規制と一般的な禁止(Trending Topics)に反対してキャンペーンを進めている。
現在、オーストリアには約200の麻の店があり、約1,000人を雇用し、年間売上高は1億5,000万ユーロを超える経済的要因を生み出しています。
一部の米国の州やカナダなどの他の国では、大麻(THCを含む)は部分的に合法化されているでしょう。

引用先  trendingtopics.at

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

昔の女性が愛飲していた漢方薬とは?

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

 

Pocket

Translate »