fbpx

よく知られていませんCBDaとは?

Pocket

よく知られていませんCBDaとは?

 

 

 

 

珍しく、CBDa(カンナビジオール酸)の特集されていましたので紹介します。
その前に大麻成分は1つの成分から変化をしています。

 

CBGa→CBG→CBDa→CBD
CBGa→CBG→THCa→THC→CBN

このような形で変化を起こします。
左から未成熟に多く右に行くと成熟された茎に存在します。
CBD THCは大麻収穫後に日干し(紫外線が変化する要因になります)、加熱することで変化する成分です。
※この中で精神的高揚作用があるのはTHCだけです。

 

CBGa、CBGは精神的高揚効果がありません未成熟の大麻に多く、法律の規制から研究が遅れている成分です。
最近では成熟した茎にも残っている大麻もあるそうなので一部のメーカーが取扱を始めています。
CBD成分と同じく期待される成分になる可能性が高いです。

 

大麻茎に多く見られる成分達が少しずつ研究されていますが他にも400種以上の成分があり、成分同士の相乗効果も入れるとしばらくは研究が続くことになりそうです。
今の所、副作用として眼圧が高くなることや下痢他にもありますが石油化学合成薬に比べると軽い副作用であることは確かです。

 

そして、CBDは誰でも簡単に利用できることが魅力です。
決まった病気で治療に使う石油化学合成薬よりはるかに使い勝手が良いです。
薬として海外では使われ始めていますが日用の健康食感覚で使うことも可能ですから石油化学合成薬を作る製薬会社にとって都合の悪い植物成分です。

 

 

 

解禁されれば自宅で栽培して生の葉を低速ミキサーでスムージーにすると加熱されないことで精神的高揚しない体に魅力のスムージーの完成です。
製薬会社は大麻開放を阻止したいですよね・・きっと
しかし、大手製薬会社の本拠地アメリカで大麻の開放が決まりました。
その後、コカコーラがCBD入のドリンクを販売する用意をしています。

 

日本の大麻(麻)規制法律は近いうちに法改正されます。
昔の日本に戻ることになります。
世界で一番麻を愛していた日本人にやっと麻が戻ってきます。
2019年は無理にしても2020年には大きく流れが変わってきて欲しいと思っています。
健康にも、経済的にも大きな役割を持つことが出来る植物です。
是非、早期開放と正しい情報を伝えて欲しいと願うばかりです。

 

 

 


 

 

 

 

CBDに関連していますが、よく知られているわけではありませんが、CBDA

 

 

 

大麻植物は、426以上の化学物質を有し、そのうち60-プラスは、カンナビジオール(CBD)およびテトラヒドロカンナビノール(THC)を含むカンナビノイド化合物である。
CBDの使用に関連する健康上の利点は十分に研究され公表されているが、それが由来する成分についてはあまり知られていない。
非精神活性化合物であるCBDA(カンナビジオール酸)。

 

トロントに本拠を置く大麻のデータ会社であるCB2 InsightsのプロダクトオーナーであるRohini Patel博士は、「CBDAはCBDの親です。
CBDは植物には存在しませんが、非心理的なカンナビノイドを毒性のある化合物に変換するプロセスである脱カルボキシル化によってCBDAが加熱されるときに生成されます。

 

CBDAの「A」は酸を表し、「経口消費(食べること)による吸収を阻害する水素と炭素分子」で構成されています」と教育機関の大麻教育者であるMichael Kushburyは説明します。

 

CBDAを摂取する最も一般的な方法の1つは、喫煙よりも健康であると考えられる消費練習である。
「大麻の生の芽を消費すると、植物のTHCA(テトラヒドロカンナビノール酸)やCBDAの影響はほとんどありません」とパテル博士は言う。
しかし、消費者は大麻の芽を脱炭酸し、喫煙することなくそのまま乾燥した花を摂取することができます。
店頭で購入された脱炭酸剤は、大麻を温かく暖め、THCAとCBDAをTHCとCBDに変えますが、消費者と患者は低消費トースターオーブンで自宅で大麻を脱カルボキシル化することができます。

 

自宅で脱カルボキシル化する最も簡単な方法の1つは「錫箔で包んだり240度で約40分間焼くことです。
箔を再び開く前に冷めておいてください。

 

 

 

 

医学研究はCBDAについて何を言いますか?
代替医療としてのCBDに関する研究は相当なものであるが、CBDAについても同様である。
それは、予備的な研究は希望に見えると述べた。

 

「CBDAは、カルボン酸が依然としてそれに付着している単純な形態である。
THCはTHCAと同じ生の形態で存在します。
すべてのカンナビノイドは、実際には、酸化プロセスを開始するまでカルボン酸を放出し、より入手しやすい形に変換します」と、DS&FITZの共同設立者兼COOであるScott FitzGeraldは説明します。 。
例えば、THCAは、食べることなく経口的に消費され、THCとは異なる効果を有する場合、陶酔効果を持たない。
CBDAはまた、加熱せずに経口的に消費された場合に同様の効果を有し得る。
研究によれば、カンナビジオール酸(CBDA)は治療上の利点を有することが示されている」と付け加えている。

 

大麻専門家、医師、科学者、研究者、起業家、投資家の世界的な共同体である2017年にGreen Flowerが発表した報告書では、CBDAは炎症や悪心の治療や抗がん性の可能性に関連していました。

 

炎症:医薬品化学者と生化学者のためのリソースである薬物代謝と処分に掲載された2008年の研究論文では、CBDAが選択的なCOX-2阻害剤であることが判明しました。
COX-2は、炎症の原因となる酵素であり、グリーンフラワーによって報告されているように、「アスピリンおよびイブプロフェンのような非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDS)によって標的とされる」。
この研究は、CBDAがCOX-2酵素を遮断する可能性があることを見出した。

 

悪心: British Journal of Pharmacologyに掲載された2012年の研究では、カンナビジオール酸がラットで行われた実験で吐き気と嘔吐の軽減につながった。
さらに、この研究は、カンナビジオールと比較して、「CBDAは、ラットの吐き気および吐き気の嘔吐を抑制するのに有意に大きな効力を示す; 吐き気や嘔吐の治療法として有望視されています。

 

癌: National Center for Biotechnology Informationの2012年報告書に示されたデータは、CBDAが「積極的な乳癌を含むがん細胞の移動を阻止する可能性のある治療法」を提供し、CBDAが生物学的に活性な成分であるという見解を支持した効果的な抗マイグレーション剤としての潜在的有用性を提供する。

 

 

 

 

バイオ医薬品会社のGW Pharma Limitedは、「炎症性皮膚疾患の治療にカンナビノイドを使用する」と「ガンの治療に使用するカンナビノイドを含む活性医薬成分」という 2つの特許を有しており、化合物。

 

実質的かつ決定的な研究がなければ、注意は大雑把には残っています。
「医学大麻の研究のより大きなイメージを考慮すると、植物自体は未だ研究されていないと考えられており、CBDAの研究はさらに乏しい」とDr. Patelは語る。
“大麻と植物に存在する多くのカンナビノイドについて、まだまだ臨床研究がたくさんあります。
今日、医師は、大麻治療の有効性を裏付ける臨床的証拠の欠如を引用することが多い」と彼女は付け加えた。

 

 

 

 


 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

大麻成分CBGを知っていますか?

 

CBDにも応用可能!!必見 大麻の利用方法まとめ

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »