fbpx

CBDは個人治療で効果を確認された成分

Pocket

CBDは個人治療で効果を認識された成分

 

 

 

元婦人科医のコーエン氏は、「不安に、疼痛に、炎症に、自己免疫障害に、そしてその他にもたくさんの恩恵を受けることができるようにしています」と述べています。
↑本文の内容を切り取りました。
個人治療で治癒できた病気を後追いで病気の治癒を研究で確認されています。
大麻は個人治療が率先して研究は遅れていることは確かです。
体に効果があることは今まで大麻を使った歴史で証明されています。
実際に使われ続けてきた歴史があるのです 何もわからずにいきなり使うわけではないことを念頭に入れていただきたいものです。

 

 

研究が遅れていることは確かです。
そして答えが出ないまま使われていることも確かです。
そのような状況で てんかんの症状が抑えられ、不安が解消されてストレスを抑え、安眠が出来るようになったり、細胞の炎症を抑えて体調が良くなったり、精神的な病気にも効果を出しています。

 

これらは海外のブログや治療として医療大麻、THC、CBDを使った方の利用情報が拡散されているのです。
効果があると信じ込ませて偽の薬を利用するプラセボ的な心理効果もあるかもしれませんね
これから西洋医療は植物成分を使っていく変換点になっていくでしょう
簡単なデジタル的な石油合成薬から複雑なアナログ的植物成分を取り入れていくことになりそうです。

 

 

 

 


 

証明がなくても、CBDは治療法としてニッチを見つけています

 

 

サポーターは、麻植物由来のカニビジオールは、痛み、不安、炎症、さらには癌を治療することができると言います。しかし、それはただの蛇油かもしれません。

 

不安、疼痛、炎症、さらには癌さえも含む、広範囲の症状の治療薬として注目されているCBDは、最新版のヘビ油かもしれません。
あるいは、おそらく多くの病気のための本当の救済。

 

CBDの人体への影響に関する確かな研究はほとんど行われていないので、どちらが正しいのか実際には誰も知りません、と専門家は言います。

 

 

 

CBD、またはカンナビジオールは、大麻の家族、マリファナの他のメンバーに近い麻植物から来ます。
どちらの植物にも豊富な種類のカンナビノイドが含まれていますが、マリファナは精神活性物質のTHCが高く、麻はCBDが豊富で、話題にはなりませんが、さまざまな薬効があります。

 

それをバックアップするための研究がなくても、トレンディなCBDは、CBDを注入したラテ、マッサージローション、焼き菓子など、幅広い製品に登場しています。
そしてそれはそれが大企業になっていることを意味し、売上高は今後数年間で200億ドルに達すると予想されています。

 

これまでのところ、食品医薬品局によって承認されたCBDの使用は1つだけであり、それは2つのまれな型のてんかんの治療法としてのものです。
しかしそれは、コロラド州ボールダーにある大麻クリニックを運営するジョセフ・コーエン博士のような真の信者が熱心な主張をするのを止めるものではありません。

 

元婦人科医のコーエン氏は、「不安に、疼痛に、炎症に、自己免疫障害に、そしてその他にもたくさんの恩恵を受けることができるようにしています」と述べています。

 

 

 

CBDがこれらのことのいずれにも有効であるという明確な証拠はない、と専門家はNBCニュースに語った。
コロンビア大学メディカルセンターの神経生物学教授でコロンビアのマリファナ研究所の所長であるマーガレット・ヘイニー博士は、次のように述べています。

 

「非常に大きなプラセボ効果があります」と彼女は言いました。「あなたがこの期待を持って入るならば、社会のすべてがこれがあなたを悩ませるものは何でも直すと言って、それはしばしばそうするでしょう。」

 

ジェフリー・チェン博士はその意見を捨て去った。ロサンゼルスのカリフォルニア大学カンナビスリサーチイニシアチブのエグゼクティブディレクター、チェン氏は、次のように述べています。
「それであなたがそれを取るつもりなら、あなたはデータがほとんどないことを理解しなければなりません、そしてあなたは源について非常に注意を払わなければなりません。

 

カンナビノイドを規制している人が誰もいないと、実際にどの程度の量を摂取しているのかわからないことがよくあります、とChenは言いました。
彼は、地方自治体によって規制されている医療用マリファナ薬局から購入することを勧めます。

 

てんかんで使用するためのCBDのFDA試験は、この化学物質は比較的安全で副作用がないことを示しましたが、SSRIとして知られている抗うつ薬や血液希釈剤などの他の薬と相互作用して、人のシステムでのレベルを高めます。
それらを分解する酵素だ、とChenは言った。

 

動物実験では、CBDは不安、痛み、炎症に役立つ可能性があることが示唆されていますが、Chenは次のように指摘しています。
「動物に有望な薬は人間では効かないか恐ろしい、恐ろしい側面がある」

 

専門家が知っていることの一つは、THCとは異なり、CBDは脳や体のカンナビノイド受容体に引っ掛からないということです、とピッツバーグ大学の薬学の教授Michael Zemaitisは述べました。

 

代わりに、それは内因性カンナビノイド – 私たち自身の体によって作られたもの – を分解する酵素に影響を与えるようです。

 

「非常に幅広い抑制効果があるようです」とゼマティス氏は言います。
それらが使われているのは、「それがあなたがそれほど多くの徴候を見る理由の一部です」。

 

 

 

その意味で、CBDの効果は、プラグインする特定の受容体を持つオピオイドの効果とは非常に異なり、自動車の点火の鍵がエンジンをオンにするのと同じようにセルの機械をオンにします。

 

THCとCBDの両方の薬効については、主にマリファナに対する連邦法のためにほとんど情報がない、と専門家らは述べた。
マリファナとその抽出物は長い間、スケジュール1の薬物とみなされてきました。これは、医学的用途が認められず、乱用の可能性が高いと定義されています。

 

それはヘロインとLSDと同じカテゴリーのあらゆる種類の大麻を入れる、それは研究者がどんな研究のカンナビノイドさえも得るためにたくさんのフープを飛び越えなければならないことを意味する、とChenが言った。

 

専門家にとってのもう1つの大きな懸念は、患者がCBDを支持していることが証明された薬を避けることです。

 

「我々は人々が何かを手に入れていると納得させるためにヘビ油を使用した人々の長い歴史を持っています」とHaneyは言いました。
「それから人々が効果的な薬を断るより危険な状況がありました」CBDのような証明されていない製品を使うこと。

 

CBDに関しては、状況はすぐに変わる可能性がある、とChenは述べた。2018年農業法案は、「我々はそれがために働くものにデータの生成を開始することができるでしょうし、どのようなことがないように。」産業用大麻を合法化します言語が含まれている、と彼は言いました、

 

修正(2018年12月12日、12:12 pm ET):この記事の以前のバージョンは、現在新しい農法で予想されていた、スケジュール1薬として分類されている麻の状態の変化を誤って述べていました。それは合法化されるでしょう、Schedule 3薬として再分類されないでしょう。

 

 

引用元   nbcnews.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »