fbpx

CBDは役に立ちましたか?

Pocket

CBDは役に立ちましたか?

 

 

 

今回の紹介サイトもアメリカです。
大麻開放前という条件もあって多くのサイトが紹介をしています。
CBDに関してはある程度、受け入れられているようですTHCについては一番最後に書かれていますが機能障害、中毒って・・・そんな毒ですか?
機能障害や中毒になる程度の量を利用するなら一度にTHC1000mg以上大量に利用する場可能性がありますが健康食品としてCBDオイルを販売している商品にCBD濃度が正確ではない商品、THCがアメリカでは0.02%目安としています。
それ以上のTHC濃度が確認されている製品があるそうです。
一時、機能障害(多分精神的高揚効果だと思います)を起こしたとしても少量のTHCで精神的高揚効果が出るとは思えません
おそらく植物成分を否定している方かもしれませんね

 

今回、CBD単体の効果について注目、特集されています。
麻の成分としてCBDが占める量は一番多いです。
抗不安、抗炎症、抗鬱剤として海外で多く利用されていることも確かです。
CBDは大麻の成分の中の1つに過ぎません 単体で利用するよりくきの全てを抽出したオイル製品に注目が集まっています。

 

実際に使った方が良いと判断されたオイルは大麻茎をそのまま抽出した品が結果が出たそうです。
成分同士の相乗効果があることが言われています。

 

それとアメリカは大麻開放前もあって、精神的高揚効果のない 現状で利用可能なCBDがブームであることは確かです。
そのせいもあり、CBDオイルが沢山の種類が販売されています。
多く販売されているため価格競争に陥っていることもあり、CBDを薄めてラベル記載と違うCBD量の少ない商品が多く販売されていることも確かです。

 

 

 

安い原料を使うためCBD量が元々少なかったり、CBD濃度を薄くして販売している業者が多く存在しているみたいです。
抽出方法もアルコールを使えば低圧で抽出出来るため質の落ちる物も出回っているみたいです。
CBD抽出物を利用するなら安全なCO2臨界抽出法を使い、大麻茎そのものを抽出した成分を利用した製品がオススメできる商品だと思います。

 

 

 

 


 

 

CBDは役に立ちましたか?

 

それを私たちのお茶の中に注ぎ込み、私たちの体全体にこすり合わせる前に、研究が何を言っているのか見てみましょう。

 

突然、CBDがあふれています。大麻と大麻の非向精神成分であるカンナビジオールの略語であるCBDは、最新の奇跡的治療法として推進されています。
愛好家は、その想定される抗不安、抗炎症、抗鬱剤、そしてまあ、あなたが好きではないすべてのもののような効果について絶賛します。

 

あなたはCBDをカクテル(「Stoney Negroni」がQueensバーで提供されている)、スキンクリーム、そしてコーヒーに入れることができます。それがアボカドトーストに現れるのは時間の問題です。

 

 

 

丸薬から食用まで、CBDは非常に人気があります、そしてそれはオンラインでそして店で容易に利用可能です。
実際、大麻市場調査会社のBrightfield Groupによると、売上高は2022年までに220億ドルに達すると予測されています。

 

数年前のサバティカルである間に、私は最初にCBDに遭遇しました。
私がオレゴンコーストハイウェイを運転したとき、太平洋に沿ってすべての大麻店を見逃すことは困難でした。
私は1つに立ち寄り、メニューを熟読し、そして2つのマリファナスペシャル – ナインポンドハンマーとトレインレック – といくつかのCBDグミベアを選びました。
大麻は宣伝されていた通りで、CBDキャンディーは私が言うことができる限り果物風味のプラセボでした。

 

私の患者の多くはそれを試したか、それについてもっと知りたいと思っています。
そのうちの1人、彼の40代の、教育を受けた、成功した、そして心配している人は、最近彼が彼の茶にCBDオイルを 混ぜることを試みたと私に言った が、それは彼を落ち着かせませんでした。
それから彼は彼の負傷した膝の上に油をこすり、そしてそれを魔法の治療法であると発音した。

 

どれが批判的な質問を招きます:CBDはどれほど効果的であり、そしてどんな種類の病気のために?

 

カンナビジオールは、脳内のカンナビノイド受容体には直接的な影響をほとんど与えないため、マリファナの主な中毒薬であるTHCの陶酔効果はほとんどありません。
しかし、もしCBDが本当に向精神作用を全く持っていなければ、その人気を理解するのは難しいでしょう。
脳内で自然に生成されるcannabidoid -実際には、それが脳のセロトニン受容体が変化し、アナンダミドの内訳を妨げる可能性があるため-それはうまく気持ちや思考に影響を与える可能性があります。

 

 

 

 

2017年には、国立科学技術アカデミーが大麻とカンナビノイドの健康への影響をレビューするために専門家パネルを招集しました。
彼らは10,000以上の研究を調べ、そのほとんどはCBDではなくマリファナを調べた。
彼らは、CBDを含まないいくつかのカンナビノイドが、疼痛、化学療法による悪心、および多発性硬化症の筋肉のけいれんに有効であるという証拠を見つけました。

 

それはCBDに来る、パネルはいくつかの小さなランダム化臨床試験を見つけ、CBDが有効であったという十分な証拠があると結論付けた ような条件の治療に不眠、タバコやパーキンソン病への依存症、不安を治療する能力において、限られた証拠が。

 

今年、食品医薬品局は、いくつかの臨床試験に基づいて、2つのまれで深刻な型のてんかんに対して、CBD濃縮物であるEpidiolexを承認しました。

 

公平に言えば、CBDの有効性と安全性に関するデータの不足は、大麻研究に対する連邦政府の非合理的な制限を一部反映している。
大麻はSchedule 1医薬品として分類されているため、それを調査するにはDrug Enforcement Administrationからのライセンスが必要です。
2年前までは、ミシシッピ大学で栽培された大麻だけを使用できました。

 

幸いなことに、2017年に国立衛生研究所は、CBDの1,500万ドルを含む1億4000万ドルの楽曲にカンナビノイド研究の資金を提供しました。
FDAはまた、2015年にCBD研究に対する制限を緩和し、食品および飲料におけるCBDの州間での販売を可能にするための「経路」を検討していることを発表しました。

 

それでも、CBDの爆発的な人気はその有効性を裏付けるどんな証拠よりもはるかに先んじています – あるいはそれが深刻な悪影響を及ぼさないという信頼性のある保証。
私たちが必要としているとき、健全な懐疑論はどこにありますか?

 

当然のことながら、一般の人々は、合成医薬品に関しては安全性と有効性の証明をすぐに要求しています。
なぜCBDのような天然物が合格するのでしょうか。

 

多分それは多くの人々が自然についてのロマンチックで間違った見方をしているからです。
脳内のカンナビノイド受容体と密接に関係しており、それらには目的がなければならないと指摘する人もいます。
これは必ずしも説得力のある議論ではありません。
自然は私たち自身のカンナビノイドを私たちに授けました、それであなたがそれらの欠乏症か遅い受容体を持っていない限り、あなたは本当に補足を必要としません。

 

 

 

 

CBDのアイデアにまだ熱心な消費者は、CBD製品の製造が完全に規制されていないことを考慮すると、自分たちがお金で得るものを正確に知りたいと思うかもしれません。

 

ここでは、証拠はそれらを幸せにするつもりはありません。
JAMAでの2017年の調査では、オンラインで購入したCBDオイル、チンキ、液体の84サンプルのうち26サンプルだけが、ラベルに記載されているCBDの量を含んでいたと報告されています。
そのうちの18人にTHCが含まれていたため、一部の人には中毒または機能障害が生じる可能性があります。
そして、4分の1は公示よりCBDが少なかった。
FDAは同様に彼らが主張していたCBDの量を含まない多くの製品を見つけました。

 

 

将来の研究は別の方法で示すかもしれませんが、現在CBDは万能薬よりも高価なプラセボのように見えます。

引用先  nytimes.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

 

よく知られていませんCBDaとは?

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »