fbpx

THCとCBDが慢性疼痛の関係を研究中

Pocket

THCとCBDが慢性疼痛の関係を研究中

 

アメリカのサイトの紹介です。
THC CBD成分の人間の肉体に対して痛みを和らげる効果について研究されている内容を紹介しています。

 

 

 

線維筋痛症から起きる継続的に起きる痛みを緩和目的とした投与にTHC CBDの効果を調べたみたいです。

 

気化して吸入することで効果がすぐに出ます。
THC CBD濃度を変え、比率を変えて痛みの和らぎを調べたそうです。
結果を言いますとCBDは痛みに対して効果がなかったことです。
細胞の炎症は抑えられるので痛みに対して抑えられると思いましたが、実際はTHC成分が効果があることがわかりました。
線維筋痛症患者を対象に試験結果だとは思います 他の症状に対して応用、効果があるかは別だとは思います 他の症状でも同じ量配合を使った治療方法が出来る病気の痛み緩和する可能性はありますが今後の研究になると思います。

 

 


科学と健康研究はマリファナ成分THCとCBDが慢性疼痛にどのように影響するかを明らかにする

 

 

線維筋痛症を患っている慢性疼痛患者は、マリファナの恩恵を受けていると最近の研究で判明した。
しかし、大麻の痛みを和らげる効果は、THCとCBDの濃度によって異なりました。

 

オランダの研究者らは、3種類のマリファナ(THCが高くCBDが少ない、THCとCBDがほぼ等しい部分、CBDが高くTHCが低い部分)が気化したときに慢性疼痛にどのように影響するかを調べた。

 

 

 

製品の1つを気化させた後、20人の参加者が人差し指と親指の間に徐々に圧力を加えることを含む一連の痛みテストと脚の電気刺激を含む別のテストを含む一連の痛みテストを受けました。
参加者はまた、手順に従って自分の経験についてのアンケートに記入しました。

 

国際疼痛学会誌に発表された結果は、THCの高い2つの品種を気化させた患者の間で疼痛耐性の有意な増加を示した。
研究者らは、高CBD株は「自発的または誘発疼痛モデルのいずれにおいても鎮痛作用を欠いている」ことを見出した。

 

さらに、CBDは血漿中のTHC濃度を増加させましたが、それはまたTHCの疼痛緩和効果に対抗するようであり、それは化合物がTHCと相乗的であるが拮抗的な関係を有することを示しています。

 

「最も重要な所見は、同時に吸入されると、THCとCBDは相乗的な薬物動態学的であるが拮抗的な薬力学的相互作用と複雑な関係で相互作用するということです」と研究者らは書いている。
「積極的治療の鎮痛効果は、THCを含む品種に限られており、誘発圧痛モデルでのみ観察されました。」

 

研究チームは、「治療期間を延長した臨床試験における有効性と安全性(習慣性行動を含む)を評価し、鎮痛の発症における向精神作用の役割を探るために」さらなる研究が必要であると述べた。

 

 

引用先  marijuanamoment.net

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDにも応用可能!!必見 大麻の利用方法まとめ

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »