fbpx

カナダはCBDを健康補助食品として分類したい

Pocket

カナダはCBDを健康補助食品として分類したい

 

 

 

カナダでは、大麻を注入した食用はまだ違法です ←あの~大麻開放前から大麻専門店で大麻入りチョコレート、グミを発売しているそうですが・・コカ・コーラから今後、CBD(化学処理で水溶性化)入ドリンクの発売を予定していますが私は大麻開放されたのでカナダから発売されるのだと思っていました 違っていたようです。
でも、CBD入り食品は出回っています ある程度、ゆるい法律で羨ましいですね
今回の話は健康補助食品ビタミン+CBDみたいなことを言っているのでしょうか? 

 

 

日本では、厚生労働省が製薬会社にとって邪魔になるであろう大麻の規制を未だに保持しています(GoogleではCBDオイルで検索しても日本語サイトの件数が異常に規制されて表示しません 予想では製薬会社系の圧力?)・・石油化学合成薬の利権持ってるから厳しくしていますが大麻を禁止する理由はないし、見方次第で大麻の取締はもっと緩くなるはず・・次世代の産業になることは決まっているのですからいい加減に開放して欲しいですね

 

時代の流れが変わりました 今では国の利益、国民の幸せにもならない法律です。
法律が変わるまで厚生労働省の見解をもっと緩くしてつぎの法律に備えてください 役人さん、よろしくおねがいします。

 

医療も疑問点が出てきています。
イタリアではウィルスワクチン接種の効果を調べ、ワクチン抗原が検出されなかったそうで・・
他にも多くの問題が出てくることでしょう そろそろ方針転換の時期ではないのでしょうか?

 

 

 

世界の流れが変わっても今までと同じ政策を取っているハリボテの政権と一緒に沈没しなくてもいいと思います。
政権と関係なく変更できる所を変えて欲しいですね
日本は元々大麻(麻)生産大国ですよ? 名前、地名に「麻」が付くのが証拠、神社の家紋にも使われています。
天皇が行う儀式にも大麻は使われます。(いまもこの儀式はやっています 禁止してるならやらなきゃいいのに・・)
戦後、大麻(麻)を禁止する法律が出回り当時の人達は問題ない麻を禁止されることにとても不快な思いと生計が出来なくなるという恐怖を感じたと思います。

 

話を戻します「カナダはCBDを健康補助食品として分類したい」←アメリカがどのような対応を取るかもありますが、カナダがCBDを健康食品の分類として正式に法律で設定されると流れが健康食品として扱われる可能性が非常に高いかも?(個人的見解)

 

まぁ、世界的に今も健康食品の扱いになってしまってますから、後は研究者が特別な副作用、致命傷になる利用方法等を見つけた場合、多少変わってくる可能性はありますが、今の所健康食品の枠にハマりそうですね医療薬も利用する流れもあります。
CBD濃度で制限するのか、茎の抽出物なら健康食品の枠にするか、まだ決まっていないのでわかりません
CBDは1日の量の制限はあります 大量に摂っても今の所、大きな副作用が確認されていません(眼圧が上がる事を確認はしたそうです CBD濃度、眼圧値は書かれていません報告のみ)

 

 


 

 

 

カナダはCBDを健康補助食品として分類したい
カナダでは、大麻を注入した食用はまだ違法です

 

医療用大麻はカナダで10年以上にわたり合法です。昨年の10月、それは連邦で合法化されていたので、娯楽的に合法的になりました。
しかし、大麻を注入した食用はカナダでは現在違法ですが、米国の多くの州では合法です。

 

カナダでは大麻を注入した食用食品は違法であるにもかかわらず、他のビタミンと並んでカンナビジオール(CBD)を天然健康食品として分類する方向に向かっています。
カナダがこの特定の分野で行っている進歩は、特に米国FDAが最近CBDベースの製品の取り扱いについて彼らの立場を非常に明確にした後では、米国とは大きく異なっています。
カナダでCBDを合法的に注入した健康食品の可能性、CBDを健康食品として扱うことに対するアメリカの姿勢、そして将来起こりうる変化についてもっと学びましょう。

 

カナダにおけるCBDを注入した健康食品の現在の合法性
全体的に見て、CBDはカナダの多数の消費者、医師、さらには議員さえもが、天然の薬用および治療用物質と見なして扱います。
この支援に関係なく、ずっと前に、CBDがカナダの食品または自然健康食品に含まれるのは違法でした。
カナダ保健省によると、大麻が昨年10月に連邦で合法化されるまでは、 CBDを含む製品 は医薬品として承認されない限り違法と見なされていました。
レクリエーション大麻は合法である今、CBDを含む製品は伝統的な大麻製品のように規制されています。

 

現在、 カナダでは 大麻を注入した食用は違法のままです。
大麻食用食品についての多くの進行中の議論がありました、それらの大部分は薬用のものよりむしろ娯楽用の食用に焦点を合わせています。
大麻を注入した食用品の利点とカナダの活動家の仕事のために、カナダは将来大麻を注入した食用品を合法にするだろう。
国はまた、最終的には異なる薬局が大麻食用食品を販売することを許可する予定です。

 

しかし、一般に、カナダ健康食品協会は大麻食用の薬効と治療上の利益に主に焦点を合わせています。
彼らの焦点は、CBDを注入した健康食品についても同じです。これはカナダの健康食品協会が最近 CBD制限を減らすことについて政府 に手を差し伸べることをもたらしました。
そして、それは米国の現在の状況と非常に異なっています

 

米国におけるCBD注入健康食品の合法性とスタンス

 

アメリカでは、さまざまな内科医、研究者、そして議員が、医療目的および治療目的でのCBDの使用法を理解し、支持しています。
それは大麻を注入食用食品になるとしかし、彼らは彼らの指定された大麻プログラムに基づいて、特定の米国の州で合法です。
これは、カナダと米国の大きな違いの1つです。
ただし、さらに大きな違いは、各北米の国でCBDがどのように表示され処理されるかです。
例えば、カナダはCBD製品を健康補助食品として扱い、最終的にはCBD健康食品の販売を許可する方向に向かっています。
一方、米国はこの方向への動きにはほど遠いです。

 

 

 

 

さらに、大麻は依然として 米国では Schedule Iの違法物質です。
植物は非常に複雑です。
CBDを含むさまざまなカンナビノイドが含まれているためです。
これは完全に非精神活性、 非毒性、そして 中毒性はありません。
CBDは人々の健康と幸福にとって有益であるので、多くの人々はそれが栄養補助食品またはビタミンとして扱われるべきであると信じます。
今日まで、米国中で、多数の本店、健康食品店、および独立した健康&ウェルネスクリニックが、栄養補助食品として様々なCBD製品を販売しています。
売り手にとって残念なことに、これは技術的に違法です。

 

CBDは 世界保健機関によって 非常に安全な物質と見なされていますが、米国のFDAはさまざまなCBD製品を販売および宣伝している企業を取り締まっています。
FDAはまた、すべてのCBD製品が合法的な米国の栄養補助食品のカテゴリーに含まれていないことを明らかにしました。
その後、 FDAから栄養補助食品としてCBDを販売している企業に送られた さまざまな警告レターが、FDAのCBDに対する姿勢について多くの話をしました。
米国でCBDが栄養補助食品として扱われていることを明確にするために、FDAはCBDが様々な公的臨床試験の主なトピックであるため、CBD製品は栄養補助食品のカテゴリーまたは定義に含まれないと述べました。

 

カナダでCBDを注入した健康食品を合法化するために必要なステップ

 

それでは、カナダと、この分野でますます成長している取り組みに戻りましょう。
幸いなことに、さまざまな州、州、そして国全体がCBDを注入した製品、特にカナダの薬用価値を受け入れ始めており、それがCBDの受け入れと一致する規制につながっています。

 

何年にもわたって、カナダ保健省は、天然健康製品と健康食品にCBDを含めることを許可することについて話し合いました。
しかしこれが現実になるためには、カナダで販売されている天然健康製品はこれらの 要件を満たさなければなりません:

 

市販製品として安全に消費できます。
そして
購入する前に個人に処方箋をもらうように要求しないでください。
CBDが自然健康食品として規制されることになった場合、カンナビノイドは 厳密なガイドラインとテストを受けなければならないでしょう。
さらに、天然健康製品が承認される前に、それはこれらの 基準を満たさなければなりません:その有効性、安全性、品質、そして使用の理由についての正確な情報と証拠。
Adam Gibson氏によると、他に 必要な手順 は次のとおりです。

 

「それから、それが承認された後、あなたはまた、有害な薬物反応を監視しています、それを報告するための要件が​​あります、そしてそれは共通のシステムに入れられます。
だから、あなたは薬と薬の相互作用を監視し、健康製品を中心とした本当に堅牢なシステムを開発することができます。」

 

カナダ保健省はまた 、薬が処方として分類されるかどうかの評決は、その潜在的なリスクによって評価されると 説明した。組織は続けて 、彼らはカンナビノイドの安全性と有効性に関する追加情報を必要とし ていることに言及しました。
これは、どの製品が処方箋であり、どの製品が処方されていないのかを区別することを目的としています。

 

 

 

カナダのCBD市場の頻繁な成長

 

また、明視野グループは、最近行われ たレポート、 述べ CBD市場は大麻市場を上回ると予想されていることを。
具体的には、CBD市場は 2022年までに220億ドルに達する可能性があります。
CBDベースの製品に対する需要は非常に大きく、これからは増加するでしょう。
全体的に見て、カナダの自然健康産業はCBDにもっと参加する準備ができています。彼らは、このカンナビノイドを含む製品に対する需要の高まりと、CBDの薬効、治療、そして栄養上の利点の多さを認識しています。

 

これまでのところ、 CBDを注入した健康食品やその他の自然健康食品は、さまざまな食料品店や薬局の棚を含むカナダの多くの施設で入手できるようになると 予測されています。
したがって、厳密に規制された薬局以外の他の企業は、最終的にはカンナビジオール成功のパイの一部を得るでしょう。

 

CBDを注入した健康食品の合法的販売の可能性
CBDの一連の利点の結果として、カナダ保健省はその分類を変更するよう圧力を受けています。
この圧力の多くは、特にカナダ健康食品協会から来ました。
カナダ保健省がCBDを注入した健康食品を承認した場合、カンナビジオールは ビタミンD、エキナセア、その他の健康補助食品と同じ カテゴリーに分類されます。

 

さらに、カナダのオタワを拠点とする弁護士のTrina Fraser は 、CBDを注入した健康食品は今後数年間でカナダのドラッグストアや薬局で販売されると考えています。
CBDを注入した健康食品が承認されると、カナダのCBD市場は大幅に成長するでしょう。
薬局は、CBDを注入した天然健康製品を販売するという緑色の光を受けるだけでなく、ドラッグストア、診療所、そしておそらくコンビニエンスストアも販売します。

 

全体として、CBDを注入した健康食品は、 まずカナダ保健省から 市販前承認を得る必要があります。
もし彼らが承認を得れば、多くのカナダの食料雑貨品店、薬局、診療所、ドラッグストアがこれらの種類のCBDベースの食品を合法的に販売できるようになるでしょう。
それから、カンナビジオールはビタミン、エキナセア、および他の健康補助食品と同じように扱われるでしょう。

 

ここから、アメリカのような他の国々がそれに続き、CBDを他の自然健康食品として規制することが可能です。
しかし、最初に、米国のFDAは大麻とCBDをそのSchedule I分類から除外し、カンナビノイドに対する制限を減らす必要があります。
Health Canadaが、CBDを注入した健康食品の合法的な販売と、将来アメリカが進歩する可能性を承認する時期を知るようにしてください。

 

米国のライフスタイルサイトTheFreshToast.comは、ライフスタイルコンテンツを提供し、Skiptaを介して60万人の医師と提携し、The GrowthOpに医療用マリファナ情報を提供しています。

 

 

引用先  thegrowthop.com

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDにも応用可能!!必見 大麻の利用方法まとめ

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »