fbpx

農場法案は国中で法的CBDの舞台を設定します

Pocket

農場法案は国中で法的CBDの舞台を設定します

 

 

 

 

先月の全国消費者レポートによると、成人アメリカ人の15%がCBDを試したことがあり、過半数(83%)がある程度治療に役立っていると述べています。

↑本文の中にありました
全国消費者レポートで15%って・・かなりと言うか急速に利用者があるとはかなり普及しています。
興味が大きいのだろうと思います 今まで薬は石油化学合成医療薬ばかりでした。

 

アメリカも大麻は禁止です。
でも大麻は医療大麻を利用できる州が出てきて利用されるようになり、がん患者に効果があったことで話題になったのだと思います。
当時はTHC成分が注目が大きく、CBDはおまけ程度でしたが精神的高揚を持たないCBDも効果が大きいこと、話題になったのはてんかんに効果があることが知られたことも大きいことだと思います。

 

気軽に利用できる価格と安全な成分両方の長所が今、アメリカでカフェに行くとCBDが入ったコーヒーが飲めたり、近い将来CBDが入ったドリンクをコカ・コーラが出すと聞くと試したくなるのかもしれませんね

 

 

 

 

今回、農業法案は今までの農業に対する法律を大きく変更があったようです。
その中の一部に工業用大麻を育てることを認める内容も入っているそうです。
詳しく知りませんが遺伝子組み換え作物や除草剤ラウンドアップで有名なモンサント社等の残留農薬が多い野菜を減らしていく方向にあるはずです。
除草剤に耐性のある遺伝子組み換え植物と除草剤ラウンドアップのセットで栽培する植物を収穫して食べたいと思いますか? 聞かれたら「いいえ」ですね
※日本は最近、今までのアメリカと同じようにするために自民党は遺伝子組み換え植物を使った種を農家に押し付けました。どー見ても政治家個人の利益だけの法律にしか見えません

 

 

少し時間はかかると思いますが世界中でCBDが薬ではない食品として利用できる流れがアメリカでも作られているのではないのでしょうか?

 

 

 

 


 

 

 

 

農場法案は国中で法的CBDの舞台を設定します
農家は今や麻​​を栽培することができますが、大麻化合物に関する規制上の問題は残っています

 

 

トランプ大統領によって最近調印された広範囲にわたる農業法案は、麻の副産物の1つであるCBD(カンナビジオール)を連邦レベルで合法にするために必要な立法のうなずきを与えてい ます。

 

これは、非精神病薬であるCBDを注入したさまざまな製品を使用したり、試したい消費者にとっては朗報です。
そしてそれはすぐに小売店の棚で消費者のためのより多くの製品を意味する可能性があります。
この法案はまた、農民が合法的に工業用大麻を栽培することを認めています。

 

消費者はCBDの販売が許可されている47の州でCBD製品を購入することができましたが、連邦の合法性の問題が迫っています。

 

LSDやヘロインなどの薬と同様に、以前にCBDを「スケジュールⅠ」規制物質として分類していたため、連邦政府は医学的価値は知られておらず、中毒性が高いと危険にさらしていました。

 

 

 

しかし時代は変わり、医療界や公衆の多くはCBDが特定の健康状態に役立つ可能性があると言っています。
最も注目に値するのは、2つの壊滅的な形態のてんかんに苦しむ人々の発作の数を減らすのに役立つことが明らかに証明されています。
FDAは、 今年初めにCBDベースの薬剤Epidiolexを承認しました 。
何千ものCBD製品がオンラインおよび小売店で見つかります。
それらは油とチンキ、食物とキャンディー、さらにはコーヒーと他の飲み物を含みます。

 

ますます多くの予備研究が、CBDが健康を改善する特性を持っていることを示唆しています。
例えば、それは抗炎症剤として作用するように見え、それは理論的には関節炎およびいくつかの形態の疼痛に役立ち得る。
そしてそれは脳の化学に多くの影響を及ぼします。それでも、消費者の中には、製品が合法であるかどうか、そして購入時に法を破っているのかどうかと疑問を抱いていた人がいます。

 

完全な2018年農場法案は 10年間で8,760億ドルの費用がかかると推定されるプログラムのパッケージです。
それはアメリカの農業、食料、食料生産のほぼあらゆる面に影響を与えます。

 

「農法に含まれる私の大麻栽培法は、国内の大麻を合法化するだけでなく、州の農業省がその監督に責任を持つことを可能にするでしょう」とミッチ・マコーネル氏は 声明で述べた。

 

この法案により、各州は国境内で麻からCBD製品の販売を許可するかどうかを決定できます。
そして、麻薬を 含まないように管理物質法でマリファナが定義されている方法を変更することによって、この法案は麻から派生したCBDをDEAの管理物質リストから効果的に削除します。
マリファナと大麻は大麻sativa L.植物の変種です。

 

麻産業協会会長のコリーン・ケアヘイ氏は、米国で麻を合法化することは「来年内に国内栽培を2倍にするか3倍にする」ことを意味する可能性があると述べた。

 

そしてCBD麻を規制物質リストから除外することで、60人のCBD生産者のグループであるUS Hemp Roundtableの弁護士であるJonathan Miller は、企業が合法的にそれを国境を越えて輸送できるようになると語っています。
しかし、米国食品医薬品局のコミッショナーであるScott Gottlieb氏は声明の中 で、当局はいまだに「物質が大麻由来かどうかにかかわらず」、CBDを含む食品および栄養補助食品の州間取引を違法とみなしていると述べた。
これは、CBDが現在処方薬の有効成分として承認されているため(Epidiolex)、そして当局はそのような薬物成分を食品やサプリメントに加えることを禁じているからです。
Gottliebは、当局がCBDを将来規制する方法を検討するために近いうちに公聴会を開く予定であると述べた。

 

 

 

その間、Millerや他の多くの人々は、さらに多くのCBD製品が市場に参入することを期待しています。
そして、その多様性は、インディアナ州ペンドルトンの64歳のKC Ferrillのように、人生を変えることで、不安や憂鬱を和らげるために25年間かけてきた抗うつ薬をやめることができると言う人々にとっては良いことです。

 

Ferrillは、インディアナ州が小売業者にCBDの販売を許可したときに「自慢されている」と言い、連邦政府もそれを合法化しているように思われるので、購入についてより安心していると語った。

 

先月の全国消費者レポートによると、成人アメリカ人の15%がCBDを試したことがあり、過半数(83%)がある程度治療に役立っていると述べています。

 

麻とは何ですか?
工業用大麻は、大麻に含まれる精神活性化合物であるTHC(テトラヒドロカンナビノール)が0.3%以下であると連邦政府によって定義されている大麻の一種です。実際には、少量のTHCを使用することで、「Entourage効果」として知られていることにより、CBDが体内でより効果的に機能するのに役立つと主張する研究者や医師がいます(Entourage効果・アントラージュ効果 相乗効果)

 

 

比較のために、いくつかのマリファナ製品は最大100倍強力なTHCを含んでいます。

 

人間によって栽培される最も古い知られている作物の1つである麻は、アメリカで長くねじれた歴史を持ち、しばしば1937年にマリファナと混同され、作物として禁止されています。
織物、ロープ、さらにはバイオ燃料。

 

タバコから麻へ
今日の法案では、農家にとって麻が「コモディティ」作物となっており、農家は農作物の保険、融資、融資、その他の連邦や州の給付を受けて成長し、販売することができます。

 

それは、ケンタッキー州ロンドンのBrent Cornettのような農民を助けます。

 

7世代にわたり、彼と彼の家族はアパラチア山脈のふもとで農業を営み、トマトやトウモロコシなどの農産物を栽培してきました。
しかし、家族は常に主要な換金作物としてタバコに頼っていました。

 

タバコの喫煙はアメリカ国内外で急激に落ち込んでおり、タバコの需要と価値は急激に低下しています、とCornettは言います。
同時に、米国の農民は最近、米国の農産物を輸入する中国との米国の貿易戦争で苦しんでいます。

 

4年前、州の農業部門のパイロットプログラムの一環として、Cornettは産業用大麻を新しい作物として試すことにしました。
これまでのところ成功しています。彼は、平均収量でも優れたタバコ作物と同じように利益を得ることができると言います。

 

 

 

しかし、農業法案が可決されるまで、「最大のリスクの1つは作物保険の欠如でした」とCornettは言います。
それは貧弱で予測不可能な気象条件から保護します。
トウモロコシ、大豆、そしてたばこなど、他のすべての農産物には連邦の農作物保険があります。

 

法案の成立により、コルネット氏は安堵のため息をついた。
「私たちが今日いるのはたばこからの収入のためです」と彼は言います、「たばこの見通しで、それに代わる大麻の見通しがなかったら私は心配するでしょう」。

 

CBDはまだFDAの精査に直面している
麻の生産は最終的には米国の農家にとって恩恵になるかもしれませんが、今のところ、CBDは農場法案の可決があっても依然として法的な問題に直面する可能性があります、と米国ヘンプ円卓会議の法務顧問は言います。

 

確かに、FDAのGottliebコミッショナーは、麻の栽培は現在合法的であるが、食品医薬品化粧品法の下の機関は、CBDを含む植物由来の化合物の使用を規制する権限を依然として有すると強調した。

 

GottliebはそれがCBD製品を処方薬として規制することを意味する可能性があると言いました、それは彼らが最初に安全性と有効性のために厳密な研究を受けることを要求するでしょう。

 

あるいは、Gottliebによると、この機関はこの化合物を食品や栄養補助食品に使用することを許可する規制を発令することができるという。
「私たちはそのようなプロセスを追求するべきかどうかを評価するために新しいステップを踏んでいます」と彼は言った。
同機関は、この質問に関する審理を「近い将来に」開催するつもりだと彼は述べた。

 

その間、代理店はそれが彼らのプロダクトの承認されていない健康主張をする会社の後に行き続けるであろうと指摘しました。

 

2015年以来、FDAはサポートされていない健康強調表示を行うためにCBD製品をオンラインで販売している数十社の企業を取り締まりました。
それは調査の新薬として臨床試験に導入されたのでCBDはサプリメントとして販売することができないことを会社への手紙で指摘しました。
そしてFDAは最近、主成分がCBDであるEpidiolexと呼ばれる処方薬を承認しました。

 

規制当局が次の動きを計画する一方で、小売業者と製造業者は準備を進めています。

 

CVSのスポークスマンであるMichael DeAngelis は、ドラッグストアは、チェーンがCBD製品を在庫する前に、連邦および州レベルで法律がどのように進化するかを監視し続けていると述べています。

 

PlusCBD Oilの製造元であるCV SciencesのCEOであるJoseph Dowling は、この法案の成立により、米国全域で小売売上高を伸ばすことができるだろうと述べています。 PlusCBD Oilのような製品を店の棚に置くための法的枠組みを提供する」と彼は言います。

 

編集者注:この記事は、農法法案へのトランプの調印および将来のCBDの規制方法についてのFDAからの説明を含む、「連邦議会で連邦法でCBDを合法化する法案を承認する議会の承認」を更新したものです。

 

 

引用先   consumerreports.org

 

 


 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

除草剤ラウンドアップ入り予防注射とは?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »