fbpx

マリファナ、麻、CBDオイル 何が合法でどこで?

Pocket

マリファナ、麻、CBDオイル 何が合法でどこで?

 

 

            ※画像はドリームスペルオリジナル460mgの成分表

 

 

 

アメリカのサイトからの紹介になります。

 

アメリカ国内、各州が対応を取っている現在の最新情報を最後にまとめています。
未だに一切認めていない州が3つ、CBDは認めている州が15州(医療大麻は認めていない)
これを見ると州法律ですら、大麻を完全に認めている州が少ないとです。

 

CBDに関してはそれなりに許されている州が多く、THC0.3%以下の濃度を守っていれば販売を認めている州が多いみたいです。
THC0.3%基準を守るためにCBD結晶化したものをわざわざオイルに溶かしてCBDオイルとして販売されているものもありますが、個人的には大麻茎成分を抽出したCBD以外の成分が入っているCBDオイルを勧めます。
こちらは相乗効果を期待できるため単体の成分より多くの成分同士の効果が期待できると思います。

 

アメリカではCBDを認めている州が多く、認可をもらって販売している販売店、メーカーがいきなり増えてきました。
購入するためにどれを選べは良いのかわからないみたいです。
消費が急増して悪質な業者が増えたこともあります。
私が選ぶなら製造メーカーが物価の安い国じゃあないと原価が高いため販売価格が高くなってしまいます。

 

あと、抽出方法を臨界圧力二酸化炭素抽出方法を利用しているメーカーです。
アルコール+圧力抽出もありますが、日本で食品として輸入が無理な可能性があることです。
中国でよく使われていますCBD結晶もかなり低額で作られていますが中国は葉の部位を使うため日本には輸入できないのです。
あと、製造メーカーが信頼出来ないのも別の製品の取引で知っています 中国は信頼が低いため現地取引、検査をしなければまともな品は手に入りません
これは、一般の買い物の話です ちょっと前まで家電を買って道端で開封、動作確認を行う人達が多かったそうです。
今でもそうなのかな?・・・・大手メーカー以外の企業が極端に差のある国ですね 中小企業は売ることを優先します。
売れるために本当のことを言わなかったりしますので、知らなくて取引すると後で大変になります。

 

で、話を戻します。
アメリカは、物価が高いため基本、CBDオイルの定価が高いです。
一時期に比べ価格は落ち着きましたがまだ、多少高く感じ私はアメリカの企業は利用していません
アメリカの農業は大麻栽培が増えていっているます。
法律が変わるため今後、更に大麻栽培は増えていくはずです 利用に対して生産が不足している事もあって作付面積もこれから更に増えていくことになると思います。

 

 

 

 

 

ネットでアメリカの小売業者がかなり安く販売をしている場合、製品購入は控えてください
ラベル表記より少ないCBD濃度偽装 
賞味期限切れの偽装
中国産の質の悪い抽出物の利用
他にもあると思いますが質が悪いことは確かです。

 

大麻栽培は場所を選びませんが、聞いた話では北海道に自生の麻はTHCが少ないそうで・・・自生する麻はTHC CBD共に濃度が低いそうですそれと気温も関係するそうです。
北海道に自生する麻と西日本の温かい地域で自生する麻は違いがあるとか? 野生の麻ですから工業用大麻程度のTHC濃度だとは思いますが・・多少の差があるそうです。
予想ではアメリカも暖かい地域で栽培が増えることになりそうです。

 

 

 

 

 


マリファナ、麻、CBDオイル 何が合法でどこで?

2019年1月8日 – 合衆国の合法的な大麻産業がほぼすべての選挙で成長するにつれて、これらの製品に興味がある消費者はますます多くの選択肢を持っています。
しかし、製品の出所が異なること、連邦法と州法の違い、そしてあなたを高くするものとそうでないものとの違いを考えると、彼らはより多くの質問をするかもしれません。

 

そして、11月の中間選挙は、2018年後半に行われた農法法案で麻を合法化するための議会の行動とともに、景観にさらに大きな変化をもたらしました。麻は、マリファナで見られるごくわずかな量の高生産性THCを有する様々な大麻植物である。

 

これは合法的なものとそうでないもののスコアカードです。

 

 

 

マリファナとアメリカ
たとえ、農場法案のおかげで、麻はスケジュールI薬としての地位を失いました – 医学的目的と濫用の可能性が証明されていないもの – マリファナはそうしませんでした。
これは、多くの州でその使用が合法化されているにもかかわらず、連邦政府は、マリファナおよびマリファナから派生したCBD製品を、ほとんどすべての形で違法と見なしていることを意味します。
しかし、これまでのところ、連邦法執行当局はそれを合法化した州でマリファナの操業を急いで停止させるために彼らの力を使用していない。

 

マリファナとCBDの医学的または娯楽的使用が合法である州のリストは増え続けています。
33個の州とワシントンD.C.は、合格した医療マリファナ(レクリエーションおよび医療利用が合法である10州と首都を含む)の法律を、ポール・アーメンターノ、マリファナ法の改革のための国民組織(NORML)の副局長は述べています。
また、14州がCBDに明示された医療法を制定しました。

 

そして、Armentanoによれば、マリファナや医療用CBDを含むすべての大麻製品は、アイダホ、サウスダコタ、ネブラスカで違法です。

 

CBD製品はどうですか?
オンラインで販売されているCBD製品は、チンキ剤やクリーム剤から、ゴムやピル、コーヒーやお茶まで、さまざまな分野に使用されています。
ほとんどの専門家は、彼らが低またはゼロTHCの麻から作られているなら、どこの消費者が合法的にこれらの製品を買うことができることを農場法案がそれを明らかにしていると信じます。
しかし、あなたの州の議員がそれらを禁止するように明示的に行動するならば、それは変わるかもしれません。

 

CBD製品は、不眠症や不安症にも役立つことができる抗炎症剤および鎮痛剤としてしばしば販売されている。
CBDのいくつかの株は重症てんかんの子供の両親に人気があります。

 

農場法案が法律化されてから数日以内に、FDAはそれを見直し承認しない限り、治療上の利益があるとして、または栄養補助食品として販売されている麻ベースのCBD製品は販売することが違法であると述べました。
市場を開放することは、製品を規制監督に開放することにもなります。

 

そして、FDAは依然として、食品として使用される麻製品に対する権限を持っていると、ワシントンDCにあるVenable LLP法律事務所のFDAグループの弁護士兼会長であるTodd Harrisonは述べています。

 

CBDが合法ではない、または制限されている状態にある場合は特に、CBD製品をオンラインで購入することはどうでしょうか。
知られているよりも多くの未知数があります。

 

「消費者にとってのリスクはほとんどないと思います。
特に、麻から作られたCBD製品であれば、ハリソン氏は言います。
あなたがマリファナからCBDを購入するのであれば、リスクがあるかもしれません」と彼は言います。
州が消費者に対して行動を起こすとは思わないでください。」

 

業界団体であるUS Hemp Roundtableの顧問弁護士、Jonathan Miller氏は、次のように述べています。
彼はCBD製品を販売している店主が引用されていると聞いたことがあります。

 

 

 

 

 

麻にとっての新法の意味
工業用大麻は、食品、薬品、さらには自動車部品の可能性もあります。
そしてそれは彼らのたばこ作物に代わるものを探しているケンタッキーの農民にとって潜在的な恩恵と呼ばれてきました。

 

工業用大麻は、州のパイロットプログラムのように、特定の条件下でしか育てられません。

 

新法の下では、連邦政府ではなく州政府が、主に麻製品を規制することになります。

 

「大麻は小麦やオレンジのように「今では農産物になるだろう」とミラー氏は言う。
「それはマリファナ由来のCBDには影響しません。」

 

彼は、新しいFarm Billの規定は、「大麻由来のCBDの合法性」を明確にしていると彼は言います。

 

農場法案でさえ、州または地方自治体はより厳しい制限を課すことができます、とミラーは言います。
今、約15州が「かなり強力な親麻CBD像」を持っています。
残りはすべて曖昧か黙っている」

 

 

NORMLのArmentano氏は、次のように述べています。

 

それはTHCの最大0.3%を持つと定義されている伝統的な大麻植物のための免除を切り出すだろう、と彼は言います。「それらはもはや規制物質として定義されていません。」

 

その言葉はそれらの植物から得られ製品に入れられる化合物もまた免除されるであろうと暗示しているが、それは明白ではない、とArmentanoは言うので、灰色の領域が残る。

 

 

 

引用先   webmd.com

 

 

 


アメリカ2019年現時点での大麻に対する対応状況

 

 

マリファナは完全に合法的です

 

アラスカ カリフォルニア コロラド州 メイン州 マサチューセッツ ミシガン州

 

ネバダ オレゴン バーモント州 ワシントン ワシントンDC

 

 

 

 

医療用マリファナのみが合法である場合

 

アラバマ州(CBDのみ) アリゾナ コネチカット デラウェア フロリダ ジョージア州(CBDのみ)

 

ハワイ イリノイ州 インディアナ州(CBDのみ) アイオワ州(CBDのみ) カンザス州(CBDのみ)

 

ケンタッキー(CBDのみ) ルイジアナ メリーランド ミネソタ ミシシッピ州(CBDのみ) ミズーリ州

 

モンタナ ニューハンプシャー ニュージャージー ニューメキシコ州 ニューヨーク ノースカロライナ州(CBDのみ)

 

ノースダコタ州 オハイオ オクラホマ州(CBDのみ) Pennyslvania ロードアイランド サウスカロライナ(CBDのみ)

 

テネシー州(CBDのみ) テキサス州(CBDのみ) ユタ州 バージニア州(CBDのみ) ウェストバージニア州

 

ウィスコンシン(CBDのみ) ワイオミング(CBDのみ)

 

 

 

すべてのマリファナが違法である場所

 

アイダホ ネブラスカ サウス・ダコタ

 

 

 

 

 

 


 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

カンナビジオールとは何ですか?CBDのABC

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »