fbpx

大麻 - 製薬業界のための魅力的な物質

Pocket

大麻 – 製薬業界のための魅力的な物質

 

 

 

 

スイスのサイトからの紹介です。

スイスでもCBD成分の解禁は進んでいるようです。
精神的高揚効果のあるTHCには未だ厳しい対応が続いています。
個人的には3%以下のTHC濃度なら、心配しなくても良いとは思いますが・・今の法律に合わせてTHCを規制しているためしばらくはこの規制については続いて規制されそうです。

 

日本はCBD THC言う以前の問題ですね 医療関係が儲からないと思っているのでしばらくはこのままなのかも知れません
石油合成薬は問題があっても、儲かる工程は出来ているためアメリカ本土の石油合成薬会社の方針を変えないことには変わっていかない気がします。
日本は意図して情報を入らないようにしているため周回遅れの感じは否めません

 

しかし、これだけ大麻の開放が続いているのに日本では情報を入れないようにしていますね
大麻以外でも本当に大切な情報も流していない今の報道は意味ないですね困ったものです。
日本の方針が変われば情報も入っていくのでしょうが、今の世の中の流れからは変えようがなさそうです。

 

 


 

大麻 – 製薬業界のための魅力的な物質

 

スイスでも、薬の需要はTHCとともに高まっています。
今薬用大麻製品の販売は法律の改正によって促進されることになっています。
そして誰が適応を必要としているのか:Novartisは、麻ベースの医薬品を商品化するために、カナダの会社と提携しました。

 

 

 

数年間で、向精神薬の大麻製剤を含むアンプルは、Sandoz / Novartisブランドでスイスの薬局で販売される可能性があります。
そのような効果は、1%を超えるTHC含有量と呼ばれる。

 

バーゼルの製薬会社の大手は、この禁止植物の経済的可能性を発見しました。
大麻は現在多くの場所でリハビリを受けています。

 

Novartisの子会社Sandozは、12月末にTilrayとの提携を発表した。
カナダの会社は医療用大麻の製造を専門としています。

 

ノバルティスのスポークスマン、杉本聡氏は、「ティレイとの合意は、すべての国で最終的に協力できるグローバルな枠組み合意である」と述べた。

 

Sandozの親会社は、5年前に設立された繁栄企業であるTilrayがその薬用大麻抽出物を商品化し、新製品を開発するのを支援する計画です。
「両社はまた、大麻製品の医薬品について薬剤師と医師を訓練するためにチームを組むことができます(…)。」

 

ヒッピー麻生産者からは程遠い
Tilrayは、大麻農家からの遠い道のりです。
昨年7月以来、ブリティッシュコロンビア州を本拠地とする会社は証券取引所に上場しています。
7月から9月の間に、価格は1000%以上急上昇しました。

 

その後コースはまた沈んだ。
どうやら、投資家は徐々に市場が開放されていくことに賭けています。
Tilrayは12カ国に存在し、たとえば、2018年以来ドイツ市場で大麻の花と油を販売してきました。

 

 

 

そしてもちろん、同社はスイスもターゲットにしています。
Tilrayの代表者は数ヶ月前にLangnau(ベルン州)にいて、そこで彼はTHCベースの製品を販売するためのライセンスを持っている2つの薬局のうちの1つを訪問しました。

 

Tilrayは、法律の見直しの前段階で、スイス市場の特殊性について知りたいと考えました

 

政府が緑色の信号を出す
医療分野での大麻の禁止はもはや適切ではない、と連邦評議会(政府)は言った: “法律はもはや知識の現在の状態や関係者のニーズではない、”彼はレポートで2018年7月に述べた、

 

今日、多くのCBDベースの薬は無料で入手可能ですが、THCベースの製品は禁止されています。
政府報告書によると、多くの患者が闇市場で大麻製品を仕入れている可能性が高い。

 

大麻スプレーは2014年以来承認
2014年以来、スイスでは1%以上のTHCのシェアを持つたった1つの大麻薬があります。
それは公式に承認されています:それは経口スプレーSativex英国の会社GW Pharmaです。
医師はスプレーを処方することがありますが、これは多発性硬化症(MS)の人々に重度の痙縮がある場合のみです。

 

1%を超えるTHCを含む他のすべての患者または治療薬については、免除の要求を本日、連邦公衆衛生局(FOPH)に提出する必要があります。

 

これらの申請は急成長しています。
BAGによって呼ばれているように、過去5年間に1万件以上の申請が提出されています。
2012年には500件のライセンスが付与され、2017年にはそのうち3000件が許可されました。

 

これらの免責の期間が6ヶ月から12ヶ月に延長されたので、政府はこの期限を – 議会の要請により – 許可するかどうかを検討しています。

 

 

 

現在、医療大麻で市場を自由化するためのさまざまな解決策が検討されています。
連邦評議会は、今年の夏に必要な法改正の具体的なモデルを発表する予定です。

 

心の変更
これまでのところ、Manfred Fankhauserはスイスで独占的なものを持っていました博士課程の医師は、大麻ベースの薬の製造(THCを含む)の認可をほぼ11年間受けている2人の薬剤師のうちの1人です。

 

彼は自分自身の植物を栽培し、アルコールチンキ剤の形でまたは油中のTHCを用いて魔術処方を準備します。
そして、それは主に食欲刺激物として痛みまたは吐き気を和らげるために使われます。

 

Langnau駅での彼の店だけで昨年約2500の免除を受けました。
「私はいつもこの植物の影響について患者に知らせるために多くの時間を費やしています、しかし私は4年前のSativexの発売以来認識の本当の変化があったことに注意します。」大麻は現在普通の薬と考えられています病院に設立されたとしても、私たちは病院や有名な大学病院からますます多くの処方箋を受けています。」

 

一つの問題:価格
1つ問題が残っています:価格。
Langnauの薬局で薬を買うには、患者は月に約300フランを費やす必要があります。

 

Sativexは少し安いです、しかし、それは例えば障害年金を受けている人々のためのかなりの費用のままです。

 

今日、健康保険会社はそのような治療の費用を賄うことを要求されていません。
約半分、Manfred Fankhauserは見積もっているが、特別な場合には買収に同意した。

 

科学的基礎はまだ欠けている
連邦当局は、これまで保険会社に費用の支払いを義務付けることは不可能であったと考えています。
その理由:大麻薬の有効性に関する科学的研究はまだ少なすぎます。
政府の報告によれば、これは「予見可能な将来、強制健康保険による入院と強制報酬の両方」であろう。

 

しかし、ノバルティスなどの大手企業が市場に参入することで、こうしたギャップを埋めることができますTilrayはすでにオーストラリアとカナダの大学と共同で臨床研究の開発に取り組んでいます。

 

 

引用先   swissinfo.ch

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »