fbpx

大麻抽出物大麻抽出物CBDがベルリンの店舗を征服

Pocket

大麻抽出物大麻抽出物CBDがベルリンの店舗を征服

 

 

 

 

 

ドイツ語サイトからの紹介になります。
大麻は普及している感は感じられますが法律が追いついていない事が現状みたいです。
実際の話、CBDは健康な方で薬を利用していない方は間違いなく体に支障が出る成分ではないのです。

 

精神的高揚効果のあるTHCも同様でアルコールと比べてもアルコールに問題が大きくあるのに対して、THCは問題が大きく無い成分です。
もちろん、過剰摂取すれば幻覚などの症状が出る可能性がありますが、アルコールと比較しても問題が残らない成分みたいです。
アルコールが合法であるなら、更に問題の少ない成分であるTHCは合法にしても問題ないはずですが・・現実は違います。

 

レクレーション扱いでTHCを利用して、体調が良くなる成分は困る人達がいるということです。
困りそうな人達が多いと思う業界は医療関係だとしか言えません 遊びで健康になられては薬の処方は減ってしまいますから・・・儲からない成分は使えないようにするのが一番ですから
憶測ですが妄想してしまいますよね 大麻栽培は場所を選ばずに育ちますから 法律の規制のおかげで需要と供給バランスが悪く大麻製品の価格は高いです。
しかし、今後は栽培が増え続けることは間違いなく、普通の植物に戻ることは確定しています。

 

 

 

 

 

自宅の庭でも栽培して毎朝、緑の葉を非加熱ミキサーを使えば精神的高揚の無い体に良いスムージーが利用できる時代が来ると思います。
大麻開放が早くに来るか、遅くなるかは分かりませんがアルコールに比べても問題のない成分なら今後の開放は早いと思います。

 

 

世界的に政府の矛盾している箇所に従わなくなってきていることも確かです。
有名なパリのデモ隊に対して警官が抑制しない(暴力を振るわない)人達も出てきています。
この流れは日本にも伝わるはずです。

 

話は変わりますがHSBC(イギリス・ロンドンに本拠地のメガバンク)トップが製薬会社のために動いていたそうです(多分非公式な不当な対応?)その方が辞任したそうです。
多分、この情報以外にも海外では人事が大きく動いているみたいです。
実際、トランプ政権は今までやっていた議員が大量に引退しています。
もんな題の多い製薬会社に対して規制をかけています。
これは見える範囲での対応です 見えない部分で大きく動いていそうな気がします。
今年は色んな意味で大きく変化が起きそうな年になりそうです。

 

日本の役人さんも矛盾している立場の中にいる人もいると思いますがそろそろ間違ったことに対して否定して正しい方向に行動を取れる人が出てくることを祈っています。
言われたことを実行する事が正しい行動ではなくなってきています自分の行動を理解している方はぜひ、対応できるのでしたら少しでも行動、お願いします。

 

 


 

 

 

 

大麻抽出物大麻抽出物CBDがベルリンの店舗を征服

 

 

スイスではそれはLidlの棚にあり、ベルリンではそれはSpätisからの警察を没収します:ほとんどTHCなしで、しかしカンナビジオールでいっぱいの麻。
CBD抽出物と呼ばれる短いものは、首都だけでなく、オイルやグミベアの形でも急成長しています。

 

ディーラーが違法に大麻を販売しているベルリン – クロイツベルクのゲルリッツァー公園からわずか数百メートルのところに、他の有効成分を含む大麻製品を専門とする店があります。
Wrangelstrasseでは、さまざまな濃度のカンナビジオール(CBD)を含む、購入する油、カプセル、および抽出物があります。

 

精神活性THCとは異なり、女性の麻から抽出された物質は中毒を誘発しません。
世界保健機関(WHO)は、CBD中毒のいかなる事例も知らない[WHO報告へのリンク]。
代わりに、化学式C 21 H 30 O 2の物質は、心を落ち着かせ、抗炎症作用を持つと言われています。
CBDはよりよく眠るのに役立ち、吐き気や恐れに対して効果的です、と彼らは言います。米国では、この夏にCBDに基づくてんかん薬が承認されました。
ベルリンのシャリテでは、この物質が統合失調症の人々を助けることができるかどうかを現在調査中です

 

許容THCが0.2%以下
CBDは低THC含有量の大麻由来です。
それを含む製品は、そのTHC含有量が0.2パーセントを超えない場合、ドイツの栄養補助食品および化粧品として許可されています。
これらのサプリメントは、有効成分として大量のTHCを含む厳密に処方された大麻製品と混同されるべきではありません。

 

 

 

アメリカ、イタリア、オーストリアでは、CBDは長い間、新しいスーパーフードのように宣伝されてきました。数ヶ月前には、抹茶とウコンがすべてのスムージーとビスケットに含まれていました。
マッキャートとそれを添えてのカップケーキは、すでにCBDと一緒に生地で焼かれています。
American Vogueは、「奇跡の分子」CBDとヒップニューヨークのヨガスタジオで強化されたリップクリームについて、Web上でCBDチンキを宣伝しています。
麻製品は薄汚いpothのイメージから解放され、健康世界に到着したようです。
クロイツベルクストアに加えて、いくつかのオンラインショップがすでにCBD製品を販売するベルリンに拠点を置いています。

 

 

オーストリアはCBD製品を禁止しています
しかし、この傾向には反対もあります。
最近までCBDを含むピザを注文することができたウィーンでは、伝統的なパン屋Aidaが9月にCBDブラウニーで事業に参入することに成功しました。
しかし数日前、オーストリアの保健省は栄養補助食品としてCBDを禁止することを決めました。
ペストリーショップは販売を中止しなければならず、宣伝キャンペーンで水曜日の夜に彼女の残りのCBDビスケットを配った。

 

オーストリアの薬局と小売業界もCBD製剤を無料販売から除外しなければなりませんでした。
処方箋によってのみ、それらは現在オーストリアで利用可能です。
しかしながら、THC含有量が0.3%以下の乾燥大麻の花の販売は許可された。
スイスでは、これらのいわゆる「CBDは4月以来、タバコの代替品としてディスカウントストアLidlでも購入しています。
南軍にとっては、大麻は合法で、THCの含有量は1パーセント未満です。

 

ベルリンでは、CBDの花が没収されました
ドイツでは、法的状況は異なります。
ここでは特にCBDの花を合法的な灰色の領域に移動します。
10月末以来、ベルリンのスタートアップ “BunteBlüte”はオンラインショップで干し麻を販売している。
さらに、同社は自社製品を100以上のBerlinerSpätisに配布しました – 1パックあたり0.9グラム、10ユーロ。
花は、製造業者によると、0.2%未満のTHC含有量は、小さな店の口論の段落のメディアの報道によると、発見されています。

 

しかし、ベルリンの警察はそれに早急に終止符を打った。
11月上旬以来、彼女は12の遅い到着で商品を没収しました – 麻薬の違法取引の疑いで。
光学的には、非常に低いTHC含有量の乾燥麻は、高いTHC含有量の違法な大麻と変わらない。
さらに、警察は2016年の高等地方裁判所Hammの判決で没収を正当化した。

 

ベルリン検察庁は調査しますか?
同裁判所のプレスリリースによると、「0.2%未満のTHCを含む大麻製品の取引は、中毒の乱用を排除する純粋に商業目的または科学目的ではない場合、違法である」。
しかし、貿易の免責は「個人消費のためにTHCの弱い大麻製品を人々に提供する」ことに役立たず、大麻の一般禁止を緩和するべきではありません。
許容される商業目的は、「麻がさらに紙、絹、または織物などの無害な製品に加工される場合」にのみ与えられます。
単なる消費は、許容される商業目的ではありません。

 

ベルリン検察庁がこの議論に従えば、 “Bunte Blossom”だけでなく、Wrangelstraßeの店も調査することができます。
CBD含有グミベアや蜂蜜のような風変わりな外観の製品だけでなく、乾燥Nutzhanfblütenも提供しています。

 

 

引用元  rbb24.de

 

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

疼痛にTHC対CBD効果の違い、および相互作用

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »