fbpx

CBDオイルは不安や犬や猫の痛みを和らげます

Pocket

CBDオイルは不安や犬や猫の痛みを和らげます

 

 

 

 

以前から人間と同じようにCBDヘンプオイルを使った治療を犬、猫に利用しています。
私のお客様で数名、利用されていた方がいました。
人間と比べて、効果がとてもはっきりと出ていたことを私に利用者が伝えてきたことを覚えています。

 

特に印象に残っているのが飼い犬が末期がんで骨まで侵食して溶けてしまった状態の犬に利用したそうです。
がんの痛みと骨が溶けていたこともあり散歩が出来なかった・・・寝たきりの犬に利用したそうです。
利用後、一時期的に痛みが取れたらしく散歩に行くことが出来たそうです。

 

CBDを販売はじめの頃で私も理屈がわからずとても効果が出て凄いと思っていました。
今思うと、細胞の炎症を抑えて一時期的に動けたみたいです。
その後、CBDの購入をされなくなり状況は不明のままです。
多分、末期がんだったので亡くなった可能性が高いと思っています。
がん細胞を死に至るまで通常細胞が癌化していない状況なら良い結果が出た可能性もあったのかも知れません(その後の犬の状態を報告されていないため勝手に結末を想像しています。)

 

 

 

末期がんで骨まで溶けた状態で元気になって散歩をした時は行きつけの獣医が今まで見た事が無いと言われたそうです。
CBDの炎症を沈静化する効果もありますが、癌になった犬の生命力がとても強かったのかも知れませんね
人でも動物でも症状が悪化した状態を健康に戻すことはどんな方法を使っても難しいと思います。
大麻茎成分CBDは世界で奇跡的な効果が報告されています。
しかし、一部の報告です やはり、悪化する前に対策の必要はありますので是非、体調が悪くなる前に利用して実感をしていただきたいと思います。

 

 

 


 

 

 

 

CBDオイルは不安や犬や猫の痛みを和らげます、とオーナーは言います

 

 

 

モーが彼の13歳の誕生日に近づくと、125ポンドの雑種犬は「彼の目に輝きを失った」とDuquesneのSusan Ketteringは言った。
彼はよく食べていなかったし、動き回るのに苦労していました。
萌えの関節炎の痛みは昨秋に明らかに悪化した、とケタリングさんは感謝祭の前に安楽死させる必要があるだろうと考えた。

 

萌えの獣医師は痛みと炎症のために複数の処方を処方し、もう一人の獣医師は定期的に鍼治療をしました。それらの治療は数年間安堵をもたらしました、そして、彼らはそうしませんでした。

 

「もう1つ試してみることにしました – CBDオイル」とケタリング氏は言いました。
2日後には、輝きが彼の目に戻り、彼の目と彼の食欲は戻った、と彼女は言った。

 

「彼は雪の中で転がって外に出るのが好きでした。
彼は靴をまた食べようとしたが、それは長い間行っていなかった」とケタリング氏は述べた。

 

Moeは、グリーンフィールドのMurray Avenue Apothecaryで購入したカンナビドールを摂取し、明らかに恩恵を受けている約150匹のうちの1匹です。

 

薬剤師Susan Merenstein(www.labnaturalspcr.com )によると、CBDはマリファナと麻の植物の天然副産物で、ペットと人を治療するためにCBDを3年間販売しています。

 

グリーンフィールド薬局で販売されているCBDは、「工業的に栽培された、有機栽培の大麻」から作られています。
麻はまた、紙、ロープおよび建築材料を製造するためにも栽培されています。
彼女は、麻ベースのCBDにはTHCがないと言いました。これは、マリファナの中でユーザーを「高」にする物質です。

 

 

 

Murray Avenue Apothecaryでは、CBDは油、カプセル、香油、ガム、ベーパーで処理され流通しています。
油はペットの食べ物やウォーターボウルに振りかけることができます。
適量はペットのサイズによって決まります。
Murray Avenue Apothecaryでは、費用は通常月30ドルから60ドルです。

 

処方を必要とする医療用マリファナとは異なり、麻ベースのCBDはペンシルベニア州の店頭で販売することができ、規制物質とは見なされません。
これはサプリメントであり、薬ではない、とMerenstein氏は述べた。

 

ペットに投与されたCBDは、雷恐怖症や分離不安などの不安を和らげることになっています。
一部の人々はそれが癌にさえ役立ったと言っています。
CBDは抗炎症薬でもあるため、犬が関節炎に効くのはこのためです。

 

5歳のビーグル犬であるPeteyは、West MifflinのPaula Flatleyが避難所から彼を養子にした直後、昨年5月に大規模なけいれん発作を起こしました。
救急獣医はPeteyにフェノバルビタールを投与することを勧めました。
代わりに、Flatleyさんはインターネット調査をいくつか行い、CBDを試すことにしました。

 

「彼は月に1つか2つの大きな発作を起こしていました」と彼女は言った。
しかし、10月にCBDオイルを生産して以来、Peteyは小さな発作を1度しか起こしていません。

 

Murray Avenue Apothecaryに勤務する薬剤師、Karen Lindauerは、1人のクライアントに8匹の猫がいて、「うまくいかなかった」ためにトイレの外で排尿し、排便していたと述べています。
リンダウアー氏は、CBDが猫をすすいで、ゴミ箱を使用していると述べた。

 

 

 

 

私のうちの何人かのFacebookの友達も良い結果を報告しています。

 

BellevueのConnie Rankinは、緑内障のために彼女の偉大なDane、DeaconにCBDを与えています。
「それを証明することはできませんが、CBDが彼の目の圧力を軽減したと思います」と彼女は言いました。

 

シニアハーツレスキューアンドリニューアルの2匹の犬が現在それを取っている、と創設者で社長のデニスパビットは言った。
CBDは、認知症のマルタ人、16歳のGorenに「非常に大きな違いをもたらした」と述べ、非常に年配の盲目のPekingeseはもはや発作を起こさない。
彼女の攻撃的な行動もまたCBDでかなり改善されています。

 

Murray Avenue Apothecaryはペットと人々の両方のための「調剤薬局のブティック」です。
Merenstein氏によると、調合は個別投与の技術であり、ペットがそれらを飲み込む可能性が高いように調味料が含まれています。

 

猫は薬で服用するのが難しいことで有名です、とMerensteinさんは彼女が彼らの耳に外的に適用することができる局所軟膏に多くの猫の薬を配合することができると言いました。

 

もちろん、Merensteinさんは、彼女のCBDはインターネットで購入できるものより優れていると考えています。
彼女は、彼女のサプリメントは、CBDの量を正確に測定し、それらに重金属、農薬、および溶剤が含まれていないことを確認する独立した実験室によってテストおよび分析されると言います。

 

 

 

引用先   post-gazette.com

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

大麻はあなたの病気のペットを助けることができますか?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »