fbpx

上院議員はCBD製品関連規則の更新をFDAに要請

Pocket

上院議員はCBD製品関連規則の更新をFDAに要請

アメリカサイトの紹介です。

 

 

 

 

FDA(米国食品医薬品局) 日本で例えるなら厚生労働省みたいな機関
アメリカで現在、CBD製品が雨後の筍のように増えてきています。
今回は医薬品? 食品とも言えるアメリカのCBD成分立ち位置を紹介します。

 

大麻成分CBD、みんな全て同じではなくその中には、中国などで安く作られた食品、医療に使えないアルコール抽出した格下の抽出方法を使ったCBDも入っているのが事実です。
他にも、CBD低濃度の大麻抽出物を安く購入して正しくないCBD量上乗せ表示をして販売したり等、食品も医薬品もまだ正確な区別がされていないCBD製品には正しく表示されていない製品が多く見られます。

 

CBD含有量を偽るなど信頼できないメーカーの製品も多く存在しているのが実情のようです。
また、日本と同じで食品として販売しているなら問題がないのですが、医薬品効果を謳って販売しているメーカーもあるらしいです。

 

アメリカで農業法案が成立して、工業用大麻が普通の作物として認められたアメリカですがまだ多くのハードルは存在している様です。
理由としてCBD成分が薬の効果(現在はてんかん治療薬として認められています)、薬の効果はあると認められましたが、利用して大きな問題が起きないCBDは、食品としての扱いもできることが原因です。

 

 

州によっては、大麻をレクレーション用(タバコにして利用等)として認めている州では自宅で大麻を育てて利用している方も居ます。
家庭治療目的として大麻をオイルに漬けて成分を抽出させ、癌や難病治療に成功している事実があるためCBD成分が含有しているだけで、いろいろな病気に効果があると謳って販売している企業が多いのも事実です。

 

アメリカではTHC成分が0.2%以下が基準になっています。
そのため純度の高いCBD結晶を油で溶かして販売している商品が多いみたいです。
私の意見ですが、大麻茎そのものを抽出した成分をそのまま利用している製品と純粋なCBDと比べると大麻茎そのものを抽出したものを利用する製品が良いと感じられます。

 

海外の医療研究で純粋なCBDを利用され、効果を確認しているみたいですがCBD単体では利用量を多くすればそれなりの効果が出ているみたいです。
普段の私生活で利用するとしたら実験のように大量のCBDを利用する生活は金額的に負担がかかることとなります。
それと、CBDの結晶の質にも問題がある可能性があると言えます。
CO2臨界圧力抽出法が理想です 安くて安価なアルコール抽出方もありますが日本で食品利用が認められていない抽出方法です。

 

安いCBD結晶やCBDをオイルに溶かして販売している健康食品で他の方と販売価格が極端に安く販売している品は注意が必要かもしれません
CBD抽出方法の記載があるか確認する必要があります 食品として利用される方はご注意ください

 

FDAは今後、CBD化合物の立ち位置を明確にしなければならなくなってきています。
現時点では薬として認めていますが、実際は食品として大量に出回っていることが事実です。
更に今後、多くの商品が増え続けることでしょう この状態で食品としての利用を禁止は出来ないと思います。
FDAは国民の利用頻度が多い事実に押されて食品として認めなければならなくなることでしょう
食品として認める流れはアメリカの隣の国、カナダでも起きています。

 

 

 

 

薬としての面を考えるとCBDは食品扱いは認めたくないのです。
しかし、アメリカ、カナダでは国が予想した以上に食品需要が多く、消費も極端に多い現在、禁止するには難しい面があります。
正式に食品扱いになれば多くの需要が見込まれる成分のため食品として認める流れになっているはずです。
いろいろな利害、利権が絡みそうなCBDですが、今回は国民に押されて国の機関の都合の良いCBD利用法案が作られないと思います。
CBDを食品として認められれば世界的に先例として見本になることは間違いない事実です。
是非、良い流れを作って欲しいと願っています。
石油化学合成薬に対して利権が多く問題視されているFDAですが、CBDに対しては認めない立場は更に厳しくなりそうです。

 

 

 

 


 

 

上院議員は、CBD製品に関する規則の更新をFDAに要請しています
FDAの承認プロセスに従わない場合、化合物は依然として違法と見なされます

 

 

産業用麻の生産は全国的に合法的であるため、大麻由来のカンナビジオール(CBD)を含む食品やサプリメントが米国食品医薬品局(FDA)の承認なしに市場で販売できるかどうかについて疑問があります。 )

 

 

 

FDAコミッショナーのScott Gottlieb氏は最近、この化合物は政府機関の承認プロセスに従わずに製品に追加された場合、依然として違法と見なされていると述べた。
これは、過去数年間合法性の影で配布されてきたすべてのCBDオイルおよびその他の品目が、麻を最初のアメリカの商取引の合法的な部分にしようとする政府の意欲の結果として時代遅れにされるリスクがあることを意味します。
1930年代後半からの時間。

 

しかし、数人の連邦議員が問題を解決するために働いています。
オレゴン州の上院議員Ron WydenとJeff Merkleyが今週初めにGottliebに手紙を送り、FDAは麻由来のCBDに関する方針を変更し、FDAの承認なしに製造と販売を続けることを許可した。
その手紙は、最新の政策が農業界に利益をもたらすのではなく経済的困難をもたらすことを示唆しており、それは穀物に対して農場法案の意図である。

 

「これらの規制が更新されれば、全国の農民は自分たちの地域社会に真の経済的利益をもたらす態勢を整えている」と議員たち は書いている。

 

代理店によると、CBDはここ数年で新たな人気を呼んでいますが、カンナビノイドを含む製品はFDAの承認を受けていない限り法律違反となります。
声明 2018年の終わり近くにFDAによって放出され、我々は、他のFDA規制製品がそうであるように私たちは大麻や大麻由来化合物を含有する製品を扱う」、言った-彼らはFDA規制製品と同じ当局や要件の対象としている意味します他の物質を含む。
これは、その物質が大麻に分類される植物由来のものであるかどうかなど、その物質の出所に関係なく当てはまります。

 

 

 

FDAの最大の関心事は、これらの製品がそれらの主張をするのに必要な連邦試験基準に通されていないにもかかわらず、CBDの薬効を宣伝している企業です。
CBDが不安から慢性疼痛までの範囲にわたる症状の治療に有用であるといういくつかの逸話的証拠があるが、科学はこれらの主張の全てをまだ立証していない。

 

したがって、FDAはこれらの会社が販売を継続する前に自社製品の有効性を証明することが不可欠であると考えています。

 

「大麻や大麻由来の製品が、マーケティング、宣伝用の資料で、疾病(がん、アルツハイマー病、精神障害、糖尿病など)の診断、治療、軽減、治療、予防に使用することを意図していると主張している
Gottliebは声明の中で、「新しい薬や新しい動物薬であり、それらが米国で販売される前に、ヒトまたは動物用のFDA薬承認プロセスを経なければならない」と述べた。

 

FDAは最近、てんかん患者用にCBDを含む薬(Epidiolex)を承認したことを指摘すべきです。
医師は今それを処方することができ、それは他の薬と同じようにほとんどの薬局で充填することができます。
しかしながら、製薬会社のGW Pharmaceuticalsがこの承認を一晩で授与されなかったことを示すことも同様に重要です。
それが合衆国で合法的に分配するためにFDAの緑色の光を与えられる前にそれは何年も、おそらく数十億ドルと多くの臨床試験をとりました。CBD製品を販売する多くの企業は、このレベルで製品を開発するためのリソースを持っていません。

 

しかし、これが合衆国で合法化がどのように見えるかです。
あなたが望むものに注意してください。

 

 

 

引用先   thegrowthop.com

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

マリファナ、麻、CBDオイル 何が合法でどこで?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »