fbpx

ペットにCBDを与える前に知っておくべきこと

Pocket

ペットにCBDを与える前に知っておくべきこと

 

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。
私も正直、ペットについて詳しくなかったのですが以外にも多くの種類のペットがCBDの恩恵を得られるのですね

 

アメリカのブログで大麻が認められている州の話です。
自宅に大麻を栽培してオイル漬けにして利用されている方の話です。
彼は自分の犬に対して大麻オイルを利用していたそうです 当然THC成分も入っています。
オイルを与えると暫くの間、犬が腰を抜かしているそうですが一定時間経つと、普通になるそうです。
その犬は何の症状を持っているか不明ですが、現在も健康で暮らしているとか・・(記憶違いがあったらごめんなさい)

 

私のお客さんでノラ猫にCBDを餌と混ぜて食べさせていた方がいました。
確か、毛並みが悪かった猫がCBDを与えてから良くなってきたと言っていたことを思い出します。
購入者すべての方から感想、情報を頂いていないので詳しくないのですが、犬・猫に対して良い状況になることはあるみたいです。
紹介文にも書かれていますが、CBD単体成分を利用するより、茎の抽出物そのものを利用することで相乗効果が期待できると書かれています。
これは人間にも言えることでCBD単体成分を多く使うのか、茎抽出成分を単体成分利用量より少なくして使う方法があると思います。
私としては、茎の抽出成分を使うことを勧めますが・・少し癖のある味を我慢していただければこちらの成分の方を勧めます。

 

 


 

 

ペットにCBDを与える前に知っておくべきこと

 

ペットは家族です、そして、彼らの人間は彼らが彼らを助けるために彼らがそうすることができるすべてをしたいです。
したがって、より多くの人々がカンナビジオール(CBD)を介してさまざまな身体的および精神的な病気からの救済を見つけるにつれて、彼らは彼らのペットに同じ癒しを許可したいと思うのは当然のことです。

 

Elixinol、Extract Labs、Nature’s Scriptなどの多くのCBDブランドが、ペット用CBDオイルと食用食品を提供しています。
ペットの救済やメディペットのようないくつかの会社は動物のためのCBDに捧げられています。

 

後者のブランドの1つはVetCBD、獣医師ティムシュによって設立されたカリフォルニアに拠点を置く会社です。
テキサスA&M大学の獣医学部を卒業したシュウは、2015年に会社を設立する前に、緊急治療、救急医療、一般獣医学の練習をしました。

 

Q:猫や犬は内在性カンナビノイド系を持っていますか?もしそうなら、彼らは人間とどう違うのですか?
A:はい。実際、哺乳動物、鳥類、魚類、爬虫類など、すべての動物は内在性カンナビノイド系を持っています。
種の違いがあります – 例えば、犬は他の種と比較して彼らの脳の小脳部分に高濃度のCB1受容体を持っています。
これはそれらがTHCのようにCB1受容体を活性化するカンナビノイドに対してより敏感であることを意味します。
犬は依然としてTHCの治療特性から利益を得ることができます、しかし、安全に利用されるために、それは彼らの高められた感受性に関して投薬されて、処方される必要があります。

 

 

 

Q:ペットにCBDを与えることに関連する安全上のリスク、またはそれに与えてはいけない動物はありますか?
A:CBDは多くの種で非常に安全であることが証明されています。
私たちの経験では、イヌ、ネコ、ウマ、ブタ、ウサギ、フェレット、モルモット、鳥、ネズミなど、安全に恩恵を受ける種が数多くあります。
CBDは特定の薬の代謝に関与するいくつかの肝臓酵素を阻害する可能性があるため、CBDと狭い治療域を持つ薬との組み合わせには理論的な懸念があります。
これはいくつかの薬のレベルが安全なレベルを超えて上昇する原因となるかもしれません、それが始める前にあなたの獣医と大麻またはCBDの使用について議論することが重要である理由です。

 

Q:ペットにCBDを与える最も良い方法は何ですか?どんな種類のCBDが最も適していますか?たとえば、麻はマリファナよりも優れていますか?服用の良い経験則は何ですか?そして瓶の中であなたが探すべき何かはありますか?
A:経口投与は一貫した投与を可能にするため、現在最も信頼できる方法です。
他のカンナビノイドと組み合わせて使用​​されるCBDは、単離物としてのCBDの使用よりも常に好ましい
「全スペクトル」、「広スペクトル」、または「全植物」製品は、CBDに加えて複数のカンナビノイドを提供する抽出物を使用します(THC、CBC、CBG、THCA、CBDA、またはCBDVなど)。
前臨床および臨床研究により、他のカンナビノイドと組み合わせて使用​​されるCBDは、単離形態で単独で使用されるCBDよりも有効であることが示されています。
併用すると、カンナビノイドの治療効果は相乗的です。これは「伴奏効果」として知られています。

 

それが投薬になると、各患者のニーズは異なるかもしれません。
他の人が同じ病気のためにより高い線量を必要とする間、我々は何人かの患者がより低い線量を使用できることを発見しました。
一般的な経験則では、低用量から始め、徐々に患者に最も効果的なものを決定するために徐々に用量を徐々に上げていきます。
所有者が彼らが与えている量を知っているように、製品はカンナビノイドの濃度を提供するべきです。

 

 

 

 

Q:経口投与と局所投与のように塗布方法が異なると、結果が異なりますか?
A:オーナアプリケーションは、毎回与えている量を所有者が正確に知っているので、より高い一貫性を提供します。
局所適用は治療上の可能性があるが、どれだけ吸収されているか、そして吸収された量が局所的に作用しているだけであるかまたは広範囲にわたる全身的効果を有するかどうかを決定することははるかに難しい。
経口適用の薬物動態は、局所適用と比較してよりよく研究されており、そして現在よりよく理解されている。

 

Q:あなたのペットがCBDに適しているかどうか、どうやってわかりますか?良い候補にならないペットはいますか?
A:大麻の恩恵を受ける可能性が最も高いペットは、痛み、不安、炎症、悪心、発作、神経変性疾患、および癌の症状に苦しんでいるものです。
適切に服用し処方すると、大麻は非常に安全になりますが、あなたの獣医師はあなたのペットの病歴を最もよく知っており、最善の行動方針についてあなたに知らせるのを助けることができるので常にあなたの獣医との相談は最初のステップであるべきです。

 

Q:現在、大麻やペットに関する研究はありますか?最も重要な発見は何ですか?
A:大麻の恩恵を示す前臨床試験のほとんどはラットなどの動物モデルで行われましたが、前臨床試験にはいくつかの制限があり、実際の状況には必ずしも当てはまりません。
臨床試験は法的な問題により制限されていますが、合法化が進むにつれて、ペットを含むより多くの臨床試験が実施されています。
コーネル大学による最近の研究は、CBDの豊富な製品を使用して関節炎の犬の痛みと運動性の改善を示しました。
コロラド州立大学による別の研究は、CBDの豊富な製品を使用して治療グループの89パーセントで発作の改善を示しました。

 

Q:他の動物について行われた研究は、それが人々のペットにどのような影響を及ぼすのかを理解するのに役立ちますか?
A:はい、そしていいえ。
研究によって明らかにされた内在性カンナビノイドシステムと大麻の治療的応用のより良い理解は現実世界の応用に翻訳することができて、しばしばそうすることができます、しかし同時に、我々は種間の内在性カンナビノイドシステムの違いがあることに留意しなければなりません、そして時には、研究環境は現実の環境とは非常に異なるため、再現が困難な場合があります。
私達はこれを研究環境(時に超生理学的、通常使用されるものよりもはるかに高いことを意味する)、または投与経路(所有者には不可能な注射など)で与えられる用量でよく見ます。

 

Q:地平線上のさらなる研究はありますか?
A:合法化が世界的に広まるにつれて、毎月より多くの研究が発表されています。
そして、内在性カンナビノイドシステムと大麻について、これまでにないほど多く学んでいます。
それでも私たちはまだ表面を傷つけているだけで、発見されるべき多くのものが残っています。

 

 

 

Q:ペットにCBDを与える前に他に知っておくべきことはありますか?
A:大麻とCBDは多くの病気のプロセスに大きな治療効果をもたらす可能性がありますが、万能薬として考えるべきではありません。
患者が安全な方法で最大の利益を受けることができるように、健全な科学的推論および医学的ガイドラインに従うことが重要です。
なによりも、あなたのペットの医療計画に新しい何かを取り入れる前に、まずあなたの獣医師に話してください。

 

 

 

引用先  news.weedmaps.com

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

大麻成分CBGを知っていますか?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »