fbpx

CBDについての誇大宣伝は本当ですか?

Pocket

CBDについての誇大宣伝は本当ですか?

 

 

 

アメリカサイトの紹介になります。
似たような内容ですが、アメリカのCBDの急激な人気と消費を伝えています 誇大広告なのでは? タイトルに書かれましたが実際に大麻成分CBDの実力は誇大広告なのか?内容紹介と真実を伝えていますので紹介します。

 

家庭治療として大麻成分を使って治療することが出来たと利用者達が宣言しているのにもかかわらず FDAが治療薬として認めたのは現在、特殊なてんかん治療薬だけなのです。
他にも申請はしているのでしょうがFDAは製薬会社との繋がりが大きいので薬として認められ、製造をしたとしても利益の少ない薬になることは確かです。

 

製薬会社が使わせないように価格を釣り上げて販売する可能性もありますが、今までの大統領なら対応できたのですが、トランプ大統領になってから少しずつ、製薬会社の勝手な販売金額設定や副作用も異常に強い薬など規制が少しずつ強めてきています。
今後も医療石油化学合成製薬には今までには無かった対応をしていかなければならない時代になってきています。

 

 

 

大麻成分CBDは科学的に見ると、健康に貢献できる物質と判断できるまで情報が足りていないのが実情です。
しかし、家庭治療として大麻が使われ、治療できた実証はされているのです。
研究もその発言が正しい物なのか? 現在、実証している最中だということです。
石油合成薬がメインの治療薬なのでその、治療薬と合わせて利用しても問題ないのか?
副作用?治療効果?等の確認と今までになかったカンナビノイド受容体に影響がありほぼ、安全で問題を確認することが難しい成分CBD(緑内障のCBD利用は眼圧が上がることを確認しています)
今までの薬と違って、多くの効果があり多様性な成分CBDを石油合成薬と比較して認定することは難しい作業かもしれません

 

自然界で大麻のような効果がわかりやすい成分が今後、多く見つかるかもしれません(今まで隠していた可能性もありますが・・)

 

逆に言うと石油化学合成医療薬の効果がなく、あったとしても副作用・・しかも体に強く出で治療していると言うより副作用で命を削られている人が多いという事実
このような問題の多い医療薬にアメリカの多くの方が拒否をしていることが本当なのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

CBD、またはカンナビジオールについての誇大宣伝は本当ですか?

 

 

それほど前のことではありませんでしたが、頭字語「CBD」が何のために使われていたのかは言うまでもありません。
CBD、またはカンナビジオールは、大部分が大麻から抽出されますが、それはマリファナの植物からも得ることができます、それはそれが時々そのトリッピーケミカルいとこTHCと混同されている理由です。
CBDとは異なり、THCは燻製(タバコ)または食べると最高値を出します。

 

今日、私たちは、チンキ剤、軟膏剤、蒸気を吸うオイルがいたるところに現れるCBDの世界に住んでいます。
グウィネスパルトロウからウィリーネルソン までの有名人はCBDの信者であり、あなたが正しいコーヒーショップに頻繁に行くならば、あなたはあなたのラテでカンナビジオールのショットさえ得ることができます。

 

ノースカロライナ州の小さな町では、地元のコンビニエンスストアでチラシがCBD製品の「現象を体験する」ことを勧め、糖尿病、アルコール依存症、統合失調症、背中や膝の痛みなどの症状を軽減できると約束しています。

 

「私の母親を含めて、その製品を購入した人は誰でも戻ってきてそれについて絶賛しています」と熱狂的なチェックアウト係は言います。

 

 

 

 

そして、私も含めて追加しなければなりません。

 

私は今毎日CBDチンキ剤を服用しています。
大げさな話の後、私はそれが私の生涯にわたるうつ病との闘いに良い影響を与えるかどうかを見たかったのです。(明らかに、私が使用するチンキ剤は、テトラヒドロカンナビノールの略で、0.3%未満のTHCしか含まない、麻由来のCBDに基づいています。ボトル全体を飲んでも高くなるには十分ではありません。)

 

CBDの人気が高まっているにもかかわらず、主張を裏付ける科学は現時点ではかなりスリムなままです。
それでは、なぜ物質研究者にあまり多くの関心がまだ知られていないのでしょうか。
私は誇大宣伝、希望、そして大金を言うでしょう。
今日までに、食品医薬品局は、これまで制御できなかった小児発作に対して、CBDを含有する1つの薬剤Epidiolexのみを承認しました。(FDAの承認を得るために、新薬は臨床試験で厳密に研究されなければなりません。)

 

麻のビジネスジャーナルは、麻CBD市場は5年前には存在しなかったカテゴリーで昨年総額1億9000万ドルと推定しています。

 

2022年までに、大麻およびCBD市場調査会社のBrightfield Groupは、売上高は220億ドルに達すると予測していると語った。
2018年の農業法案の12月の通過は確かに助けになるでしょう。
この措置は、0.3%以下のTHCしか含まない限り、「大麻」という用語を規制物質として麻を免除するように修正した。
ケンタッキー州CBD製品を製造しているHomestead Alternativesの最高経営責任者であるLaura Freeman氏は、次のように述べています。
私たちはついに可能性のある作物を手に入れました。」

 

 

 

 

そのような熱意を持って、あるCBDユーザーが私に尋ねたように、「何が害なのか」

 

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の腫瘍学者で臨床医学の教授であるDonald Abramsは、それは素晴らしい質問です。
実際、彼はCBDについて「私たちは本当に何も知らない」と言います。

 

エイブラムズは、大麻とカンナビノイドの健康上の利点に関連する証拠についてこれまでで最も包括的な報告を発行した科学、工学および医学の全国アカデミー委員会のメンバーです。

 

その報告は麻ベースのCBDを含んでいませんでした。
それは医療用マリファナとしても知られているマリファナから派生したTHCを含むCBD製品だけをカバーしました。
Abrams氏によると、in vitroおよび動物実験では、麻ベースのCBDに対する潜在的な治療への応用の可能性が示唆されています。

 

いくつかの研究はCBDが無害であると判断しています、それは安全であると言うことですが、それはその有効性を証明することとは全く異なります。
Abramsは、Epidiolexの研究まで、CBDを検討したランダム化臨床試験は5件しかないと私に言った。これらの研究の最大のものは24人の試験でした。うん、それは小さいです。

 

CBDが驚異的に機能するという証拠がもっとあったとしても、CBDベースの製品に実際に何が含まれているのかという疑問があります。

 

すべての州がCBD製造業者に製品の正確なラベル表示を要求するわけではありません。わずかな規制では、消費者は懐疑的であるべきです。重金属やその他の汚染物質が中国や東ヨーロッパで栽培されている麻の中に見つかっているので、発生源も重要です。

「カンナビス薬局:医療用マリファナの実用ガイド」の著者、マイケル・バッケスは、次のように述べています。

2017年の調査で、ペンシルバニア大学のPerelman School of Medicineの精神科の助教授Marcel Bonn-Miller氏は、分析したCBD製品の70%近くが誤ったラベルであることを彼のチームが発見したと述べた。

 

 

 

 

84項目のうち約40%が「表示不足」であり、表示よりもCBDが有意に多かったことを意味しています。
さらに、約4分の1が「過剰表示」となっています。
つまり、消費者は、自分が手に入れていない成分に対して十分なお金を払っているだけでなく、潜在的な治療上の利益を達成するのに十分な量を手に入れていないかもしれません。
もっと懸念している、Bonn-Miller氏は、CBD製品の中にはTHCを含有していると、中毒になったり損なわれたりする可能性があると述べている

 

 

Yikes – ユーザーは不注意でその影響を受けたり、職場の薬物検査で陽性反応を示したり、中毒から認知機能障害、不安神経症、特に高用量での不安に至るまでの数々の否定的な結果、精神病の危険性を経験します。 」

 

線量と言えば、ちょうど正しい量は何ですか?

 

私のCBDチンキ剤の「推奨される一人分のサイズ」は1日1ミリリットルです。
私は、サービングサイズが薬品ではなくチョコレートを測定する方法であると言うとき、私はほとんどの消費者のために話すと思います。
しかし、FDAはCBD生産者がいかなるマーケティング要求もすることを許可しません – これは推奨される量を含みます。
他のブランドは、用量が標準化されていないため、およびCBD製品にはさまざまな強みがあるため、より多いまたは少ない1日量を推奨することがあります。
エイブラムスが私に言ったように、それは本当に「野生の西」です。

 

 

これらの懸念にもかかわらず、CBDで研究を行っているコロンビア大学のアーヴィングメディカルセンターの臨床神経生物学の准教授であるZiva Cooperは、「動物実験に基づいて、多くの病状に対して多くの期待があるように思われる」と述べている。
炎症に対する潜在的な影響を含み、それが多発性硬化症、自己免疫疾患および中毒に対して効果的になる可能性があります。
さらに重要なことに、彼女は私に言った、CBDは「必ずしもすばらしい薬があるわけではない病気」の治療に役立つかもしれません。

 

 

 

約3ヵ月前、私はうつ病のために服用している選択的セロトニン再取り込み阻害薬にCBDチンキ剤を追加しました。
私の精神薬理学者は、両者を服用することに対する具体的な禁忌や理由はないと私に言ったが、両者がどのようにふるまうかについてのデータはないと強調した。
ワルファリン、コデイン、オキシコドンなどの他の薬との禁忌が知られていますが、SSRIは含まれていません。
「禁忌がないわけではない」とクーパー氏は言う。”私たちは知りません。”

 

 

Bonn-Millerの助言を受けて、私は私のチンキ剤の瓶の中にバッチ番号を見つけ、それが何であるかを確かめるためにケンタッキーの製造業者に電話しました。
幸いなことに、ラベルはCBDの内容の点で正確にマークされていました。
テストラボはまた私の製品に重金属がないことを確認しました。
評判の良いメーカーが、自社のCBD製品に何が含まれているかについてのラボ分析に誠実であることを願いますが、そうでなければ、どうすればわかりますか。
答え:そうではありません。

 

私はCBDを使用して以来、私の経験は何も証明していないことを理解していますが、私の気分は著しく高まり安定しています。
プラセボ効果は、特に脳によって調整された健康症状に対しては強くなります。
「これらの強力な物語は、前臨床試験や動物試験からの証拠と同様に、厳密な試験の基礎を推進するのに役立ちます。」とCooperは私に医師と話すことを勧めました。

 

 

 

そのような厳しさは、CBDに関する逸話的な情報を証明する(または証明する)ために必要なものです。このような巨大な健康への影響を伴う市場は、誇大宣伝と希望以上のものに基づくべきです。

 

引用元   washingtonpost.com

 

 

 


 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDは役に立ちましたか?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »