fbpx

なぜ?鎮痛剤からCBDオイルに切り替えた?

Pocket

なぜ?鎮痛剤からCBDオイルに切り替えた?

 

 

 

 

イギリスサイト内容の紹介です。
イギリス男性が石油化学合成医療薬を捨てて、CBDオイルを代替え薬として利用しました。
目的は鎮痛剤の代替品としてです。
結果、効果があったそうです。
予想すると、CBDは細胞の腫れほ鎮める効果があるそうです。
腫れを抑えることで鎮痛効果を実感したのでしょうね。
CBDは急激に体調に影響しません実感には多少時間が必要ですが、石油化学合成薬と比べると大きな副作用がなく、CBDを利用することで別の苦しみを体験する事は殆どないと言っても大丈夫だと思います。

 

鎮痛用としてCBDを代替品として場合、口から取り込む場合とオイルを患部に染み込ませるために湿布としてガーゼにCBDオイルを浸した物を当ててテープなどで固定することで皮膚吸収目的で使う場合もあります。

 

鎮痛作用ですが、別の研究ではTHCが直接体に圧力をかけて鎮痛効果を確認したそうですが、CBDにはその方法では鎮痛効果がなかったとか・・・
今回のイギリス男性には鎮痛剤の代わりとして効果を実感しています。
まだまだ、

 

 

 

 


CBDオイル:イギリス人男性がなぜ関節炎を管理するために鎮痛剤をCBDオイルに切り替えたのか説明します

 

 

CBDオイルは、現時点で医学の世界で話題のトピックであり、伝統的な薬にはないさまざまな健康上の利点を持っていることから歓迎されています。
関節炎に苦しんでいるイギリス人男性はCBDオイルのための鎮痛剤の使用をやめました、そしてそれは彼が言う、それは関節症状の症状を治療することにおいてより効果的です。

 

CBDオイルは、大麻植物に含まれる化合物であるカンナビジオールから作られたオイルです。
カンナビジオールは非精神活性であり、そして最近、てんかんの治療のような様々な健康上の利益を有することが歓迎されている – 詳細な研究は未だ明確な利益を証明していないが。
研究はまだ初期段階にありますが、CBDオイルは癌などの他の健康状態のホストの症状の治療のための試験で研究されています。
1人のイギリス人の関節炎の人は、彼の症状を改善したと言っているCBDオイルを支持して、彼の状態の治療のためにパラセタモールとイブプロフェンを捨てました。

 

76歳のマイクは、股関節、手足の関節炎に苦しんでいます。

 

 

 

以前、彼の関節炎に関連する痛みを管理するためにパラセタモールとイブプロフェンに頼っていたマイクは、彼の症状を和らげるための自然な代替法を探すことを決めました。

 

“私は鎮痛剤の錠剤を長期間服用するのが快適ではないと感じました。
彼らはまた、私の心のために服用している薬を服用しているため、吐き気がするようになりました」とマイクは言いました。

 

その結果、マイクは彼の関節炎の症状を改善するための自然な治療法を見つけることを期待して、ケルト風CBDオイルを取り始めました。

 

76歳の彼は、パラセタモールとイブプロフェンの服用を完全に中止することができたので、CBD油が非常に有効であることを発見しました。

 

「ケルト風CBDオイルは鎮痛剤のように吐き気を感じさせないので、パラセタモールとイブプロフェンの服用を中止することができました」と彼は言いました。

 

「私はガーデニングやウォーキングによって活動的でいたいので、できるだけしなやかに保つことが重要です。

 

「CBDオイルの影響は目立つようになるのに時間がかかりますが、それを摂取してから1週間後、私は動き回る能力の違いに本当に気付き始めました。
それが私にとってどれだけうまく機能したかの証です。」

 

 

 

「それは鎮痛剤のような劇的なまたは急速な影響ではありませんが、それを使い果たした場合、私は本当に違いに気付きます。」

 

彼は、次のように説明しています。たとえば、私がCBDオイルを摂取しているときは、スマートブローグを着用することができます。

 

 

 

引用先   express.co.uk

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBD?カンナビジオールについて知る必要があるすべて

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »