fbpx

CBDオイルについて知っておくべき5つのこと

Pocket

CBDオイルについて知っておくべき5つのこと

 

 

 

アメリカサイトから紹介します。

 

紹介文に「毎晩就寝時間の約30分前にオイルを一滴飲んでおり、1時間以内に眠っていなければ、さらにCBDオイルを飲んでいます。」
↑自動翻訳なので正確に翻訳されているか分かりませんが、寝る前CBDオイルを1滴利用されている方がいらっしゃいます。
確かに渡しのお客様でも、1瓶300mgを2滴毎日利用して2日目で効果を感じたと喜んでいる方も居ますが・・プラシーボ効果?(偽薬を調合して効果があると暗示をかける効果)
実感するには多少の時間と利用回数を継続して利用する必要があります。

 

私は2年前から朝晩4滴から始めて、現在はビンの蓋に付属してるスポイト1本分のオイルを摂取しています。
適量は個人で変わります。 
私はこの量が適量かも・・・もう少し多く使っても実感はありそうですが、スポイト1本のオイル量にしています。(気分で時々、スポイト1本分追加で飲むときもあります)

 

CBDを高温加熱することで蒸気にして吸う場合、すぐに実感を感じる方もいらっしゃいます。
蒸気吸入は5秒程度でCBDが血流に乗って脳に届くそうです。
寝る前にリラックスして寝るなら効果の早い方法 CBDを蒸気化して吸引する方法が良いと思います。
口からの摂取以外にも蒸気で吸引する方法やガーゼにCBDを浸してテープなどで貼り付け、湿布として利用する方法などがあります。

 

 

 

今年アメリカで農業法案にトランプ大統領がサインしたことにより、法案の中に工業用大麻の合法化に関して内容が入っていたおかげでCBD成分は急激にアメリカで人気が出ました。
CBDは成熟した工業用大麻に多く存在する成分です。
CBDは精神高揚特性がなく、利用量を極端に多く利用しない条件はありますが(1日2000mg摂取するとか)1日に100mg利用して問題がないことは研究で分かっています。

 

継続利用することで良い効果が体感できるCBDは、石油化学合成薬と違って現段階で問題が無い成分のため気軽に利用できて効果を体感できる成分のため現在、多くの方が気軽にCBDを利用しています。
※CBDに関しての副作用などの報告は軽い下痢程度です 緑内障患者に投与して眼圧が高くなったといった報告があります。
CBD量も利用回数も分かりませんが報告があった事をお知らせします。

 

 

 

 

 

 


 

 

CBDオイルについて知っておくべき5つのこと
マリファナ由来のCBDオイルは、睡眠、疼痛、食欲などの用途の治療薬として人気が高まっています。
これはあなたがそれについて知っておくべきことです。

 

 

現在マリファナを合法化している州の数を考えると、多くの人々は大麻やCBD(カンナビジオール)油のような他の大麻関連製品を試すことを躊躇していません。
多くの場所で、あなたはあなたの地元の健康食品店に歩いていって、そしてCBDオイルドロップとトローチ – シャンプーとハンドローションさえ – を買うことができます。
あなたがCBDオイルを使い始める前に、それについての情報を検討するために少し時間をかけてください。

 

 

1. CBDオイルとは
CBDオイルは、大麻サティバ植物に含まれる104種類の化合物の1つであるカンナビジオールが、大麻油やココナッツ油などの担体と混合されたときに生成されます。
大麻とマリファナの両方が同じ植物に由来します。
CBDオイルは、しかし、中毒性を持っていません。
大麻植物から高くなるには、別の化合物、テトラヒドロカンナビノール、またはTHCの存在が必要です。
メリーランド州アナポリスにある医療用マリファナの薬局であるMana Supply Inc.のゼネラルマネジャーであるEric Poehnerは、CBDオイルが精神活性ではないことを確認しています。

 

 

 

 

 

2. CBD Oilは合法ですか?
ますます多くの州が薬用およびさらには娯楽用マリファナを合法化するにつれて、これらの州におけるCBD油およびCBD油製品の市場は爆発的に拡大している。
多くの州で規則や規制がありますが、大部分の場合CBDオイルは合法と見なされます。
しかし、CBDオイルを合法化する連邦法はありませんので、各州には異なる法律があることに注意してください。
例えばカリフォルニアでは、法律によりCBDオイルは食品に添加されません。
しかし、その法律はほとんど無視されており、CBDを含む製品は州で広く入手可能です。
あなたが近所の健康食品店に入ってCBDオイルを購入することができる州に住んでいるならば、それは合法であるか法律が施行されていません、あなたがCBD制限で14州の1つに住んでいるならば、そうすることができます。

 

 

3.なぜ人々はCBDオイルを飲んでいるのですか?
人体は他のシステムに加えて内在性カンナビノイドシステム(ECS)を持っています。
ECSは過去25年間に発見され、睡眠、食欲、痛み、そして免疫システムの調整に役立つと考えられています。

 

CBDオイルを服用する人は、睡眠障害に対処するためによくそうします。
Madeline Ulivieriは、睡眠薬の代わりにCBDオイルを試すことにしました。
「私は本当にピル人ではありません」と彼女は言います。Ulivieriは、毎晩就寝時間の約30分前にオイルを一滴飲んでおり、1時間以内に眠っていなければ、さらにCBDオイルを飲んでいます。
ハーフドロップ。「私にとって素晴らしいことでした」と彼女は言います。

 

Mary Hallgrenは彼女の線維筋痛症の痛みを管理するために1日に数回CBDオイルを消毒します。
「それはガバペンチン(Neurontin)処方よりもはるかに私を助けました」と彼女は言います。
Hallgrenは、線維筋痛症のサポートサイトでの油の使用法を知り、それが彼女の筋肉痛を和らげると言います。

 

 

4. FDAは CBDオイルについて何を言っていますか?
FDA はCBDオイルをサプリメントと見なしていません。
実際、CBDの石油製品は非常に軽度に規制されています。
企業が医療としてのCBDオイルの有効性について主張をするとき、代理店は介入することができます。しかし、6月には、FDAはEpidiolexを承認し、マリファナ由来の最初のFDA承認薬となりました。

 

CBDを含んでいるEpidiolexは抗てんかん薬で、現在2つのまれな型のてんかんの治療にのみ承認されています。
FDAは、Epidiolexの承認がより多くの薬物試験とCBDおよび他のカンナビノイドを含むより多くの治療法の開発につながると述べています。
しかし、FDAは、彼らが「…」と警告しています。
私たちが真剣で証明されていない医学的主張を持つCBD含有製品の違法販売を見たときに行動を起こす用意ができています。」

 

 

5.注意点はありますか。
エピディレックスの処方箋によると、副作用には不眠症、下痢、眠気、発疹、食欲減退があります。
Ulivieriによれば、CBDオイルは彼女を眠くしますが、これは彼女の場合には有害な効果に対して望ましい効果です。
しかし、彼女はCBDオイルを使用するとき、彼女は敏感な胃を持っているので、彼女はいつも食物と一緒にそれを取るのを確実にすると報告します。
彼女が自分のCBDオイルと一緒に少し何かを食べるのを怠った機会に、Ulivieriは酸っぱい胃で目覚めたと報告します。
Pasqua OssoはCBDオイルベーパーペンを処方されましたが、彼女は喉をやけどし、口の中に苦い後味を残したので、別の形の薬を要求しました。

 

CBDがいくつかの薬と悪影響を及ぼし、副作用を引き起こす可能性があるという懸念があります。
いくつかの研究では、患者の肝臓酵素を増加させることが示されているので、CBDが肝臓に害を及ぼす可能性があるという指摘もあります。

 

JAMAで発行された2017年の調査報告書によると、購入したCBD製品の70%はラベルに記載されているよりも高いまたは低いCBD濃度を持っているため、ラベルが誤っています。
それらが想定されていなかったとしても、製品のいくつかはまたTHCを含んでいました。

 

あなたがより良い睡眠、不安からの解放、または疼痛管理を求めているかどうか、あなたの医者とCBDオイルについて話し合ってください

 

 

 

引用先   medshadow.org

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

マリファナ、麻、CBDオイル 何が合法でどこで?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »