fbpx

バーや喫茶店がCBDをメニューとして置く店が増える?

Pocket

バーや喫茶店がCBDをメニューとして置く店が増える?

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。
今、アメリカではCBDブームが起きています。
実際に効果があるので一時的なブームになるとは思えません 暫くの間は続くと見ています。

 

CBDは大麻成分です。
この前、農業法案が通過して工業用大麻は普通の植物としての扱いになりました。
この法案のおかげで、CBDの人気が加速したようです。
まだ、州法律やFDAの医薬品や食品として認可が降りていない州など色々と法律の整備は必要ですがそれとはお構いなしにCBD製品は街中に出回っているそうです。

 

極端に言うと「赤信号皆で渡れば怖くない」みたいな状況になりつつあるようです。
それだけCBDブームが起きているみたいです。
今年のスパーボウル特別スポンサーにCBD入りインスタントコーヒーが協賛をしているそうで・・かなりCBDが売れていることがわかります。
数年内に趣味嗜好品として大麻が法律から開放されますので今後、多くの商品が生まれて来ることが予想されます。
その中に、コカ・コーラボトリングからCBD入り飲料の発売も予定されています。
他の化合物から比較するとCBDの効果が出やすい成分なので利用者の中には・不安解消・深い睡眠・痛みの緩和 等の体調不和を改善されていることを早く実感できています。
その証拠にアメリカのCBD利用者がネットでCBDを使って問題を解消できた報告をしているからです。

 

日本は何年遅れて大麻を開放するのでしょうか?
現在の日本は政治も医療も信頼できないので大麻開放が遅れることは確実です。
世界の流れから見て間違いなく日本も大麻は解禁されます 解禁は遅れるかも知れませんが間違いありません
今すぐに大麻を解禁すれば世界で見ても日本が牽引出来る可能性は高いのですが・・・私欲?利権? 世界の流れが読めない党に大麻開放は出来ないでしょうね・・だから遅くなります(予想)

 

 

 

 

 

 

体調不良に良好な効果の報告がありますが、肌の不調にも効果があることが報告されています。
シワ、シミ、タルミ等の老化減少にも効果があることが動物実験ですが老化現象が見るほどに改善されたと実験で確認がされています。
日本で化粧品、基礎化粧に混ぜて使うと実感されるのでしょうが・・・

 

アメリカのようにCBDを普及するのに海外有名人の愛用者が居るみたいに日本人でもスポンサー抜きで愛用されている方が居ると普及が早くなるのですが・・・
松田聖子 杉本彩 石田ゆり子 菊池桃子 斉藤由貴 南野陽子 ・・・方々が愛用していただけたら広まるのが早いのでしょうが、まずはアメリカが大麻の完全開放していただくとネットで「CBD」単語に規制が解除されて日本でも需要が増えるのでしょうけど・・・
ちなみに日本語検索で「CBDオイル」←海外より大きく検索規制がされています。
1ページ10検索結果表示で8ページの検索表示です(実際には6ページでした8ページ目に行ってみても表示はされていないです)現状は酷い状況です。
これも裏操作が得意な◯ベノミクス政策をしている方のせいでしょうねきっと

 


 

 

 

バーや喫茶店が雑草関連の飲み物をメニューに追加するため、CBDが主流になります

・カンナビジオールの略語であるCBDは、大麻植物に含まれる化合物で、ほぼすべてに含まれています。
・それはすでにコーヒー、カクテル、ローション、ペットトリートなどに加えられています。
一部のユーザーは、CBDによって不安を和らげ、睡眠を助け、痛みを和らげると誓っています。

 

 

Eric Cahanと彼のビジネスパートナーは、2018年4月10日にマンハッタンのイーストビレッジにアート満載のカフェをオープンしました。
10日後、Mamachaはマリファナの休日420を祝うためにCBD入りの飲み物を作りました。

 

突然ドアの外に列ができました。

 

CahanとMamachaの他のオーナーは機会を感じました。
彼らはCBDについてできる限り多くのことを学び、メニューと精油、チンキ、その他の商品を店で売るために作り直しました。

 

Mamachaの売上の約半分はCBDの飲料と製品によるもので、残りの半分はバージン抹茶とコーヒー飲料によるものです。
同社は現在、3月に睡眠、集中力および抗炎症などの特定の目的を対象とした一連の「機能性エリキシル剤」を導入することを計画している。

 

コーヒー。カクテル ローション。犬が扱います。あなたはそれを名前を付け、CBDはおそらくそれにあります。

 

 

 

カンナビジオールの略であるCBDは、大麻植物に含まれる化合物です。
それはTHCから来る高なしでマリファナの心を落ち着かせる利益を届けると約束します。
企業はほぼすべてのものにCBDを追加しています – 規制が緩和され、消費者の関心が高まるにつれて、加速する傾向にあります。

 

ついに合法
12月に署名されたドナルド・トランプ大統領大統領の農法法案のおかげで、ほとんどのCBDは現在連邦法的に合法です。
企業はいまだにCBDを食品、飲料、栄養補助食品に加えることを想定していませんが、とにかく多くの企業がそれを行っています。
米国食品医薬品局は、この禁止措置を継続して実施することを計画しているが、そのような製品が合法的に市場に参入するための道筋を築くことも検討すると述べている。

 

何人かのユーザーはそれによって彼らの不安を和らげ、彼らが眠り、そして痛みを和らげるのを誓って誓う。
そして、CBDについて考えるときは、より厳しいステレオタイプを忘れてください。
ママもペットも実験しています。
ある調査会社Brightfield Groupは、CBD市場は2022年までに220億ドルに達すると予想しています。

 

しかしながら、我々の現在のCBDに対する理解の大部分は逸話的なものであり、科学的研究を通して証明されたものではありません。
CBD製品はまだ規制されていないため、品質は大きく異なります。

 

ジョン・ホプキンスの大麻の行動薬理学を研究する教授、ライアン・ヴァンドレーは、次のように述べています。

 

 

 

 

臨床的証拠
インディアナ大学の心理学および脳科学の教授であるKen Mackieは、CBDが脳や体の中でどのように相互作用しているのかはわかりませんが、CBDが脳内の異常なシグナル伝達を抑制する傾向があることを知っています。
だからこそ、CBDはてんかん、不安、睡眠を助けます。

 

CBDと他の大麻化合物は体内のシステムを微調整します、彼が音量を下げることと比較するプロセス。オピオイド、ケタミンおよびニコチンのような他の化合物は、単にそれらをオンおよびオフにします。

 

CBDの安全性と有効性に関する臨床研究はあまりありません。
それは連邦法の下で技術的に違法であり、研究者がそれを研究するために多くのハードルを克服しなければならないことを意味するので、大麻の研究は挑戦的でした。
私たちは睡眠、不安や痛みのような兆候については何も知りません、とVandreyは言いました。

 

Lennox-Gastaut症候群またはDravet症候群の小児の発作の治療に安全かつ効果的であることはわかっています。
GW Pharmaは、そのCBD由来薬であるEpidiolexを多数の臨床試験で研究しました。
同社の科学を見直した後、食品医薬品局 は6月にEpidiolexを承認しました。

 

臨床的証拠の欠如は、消費者がそれを試みること、そしてそれについて絶賛することを妨げていません。

 

「プラセボ対照試験で強力な証明が得られることは常にうれしいことですが、誰かが薬を服用して何らかの利点を感じているのであれば、より多くの力が彼らに与えられます」とMackieは述べました。

 

CBD 101
マンハッタンのイーストビレッジにある錬金術師のキッチンでは、12月に大人約12人のためにCBD 101クラスを開催しました。

 

基本をカバーした後、インストラクター、Zach Clancyは質問をしました。

 

「現代の歴史は何ですか?」「ここ数年でなぜそれが人気になったのですか?」「安全な投与量は何ですか?」「それを取り出す最も安全な方法は何ですか?」「それは私の関節炎を治療しますか?」

 

1人の出席者は、彼女が今年初めにカリフォルニアでCBDを最初に試したと述べました。
彼女は自分が落ちて眠りにつくのに苦労していると言ったが、CBDは両方の問題で彼女を助けた。彼女は、その化合物のまだタブー的な評判を引用して、名前を挙げられることを断った。

 

 

 

 

12月に調印された農法は麻を合法化した。
CBDを打つ棚のほとんどは、0.3%未満のTHC(雑草に含まれる精神活性化学物質)を含む大麻植物に由来します。
麻の親しいいとこ、マリファナは、10%以上のTHCを含むことができます。

 

したがって、適切な投与量に従えばCBD製品から高い収入を得ることはできませんが、業界は連邦レベルで規制されていないため、THCの量は変動します。

 

投与量も異なります。
チンキ剤として服用したり、食品に追加した場合、6ミリグラムのCBDをお勧めする店もあります。
他の人たちは少なくとも30を推薦している。
繰り返しますが、CBDに関する臨床研究はあまりないので、ほとんどの推薦は試行錯誤に基づいています。

 

より多くの人々がCBDに手を出すにつれて、より多くの人々がお金を追いかけていて、悪い製品が市場に出てCBDの魅力を汚すことを心配している人もいます。
さらに悪いことに、消費者に害を与えます。

 

医療大麻企業のHelloMDの共同創設者であるPamela Hadfieldは、次のように述べている。
「製品全体の安全性のためにある種の規制の枠組みがあり、虚偽の広告を含む製品を販売することから顧客を保護する必要がある」 「ほとんどの製造業者が順守することは非常に困難です」という厳しい規制に対して。

 

今流行
The Woodstock barの飲料ディレクター、Joe Masseは、9月にCBDカクテルをメニューに追加した。
The White Rabbitと呼ばれるこの飲み物は、ボンベイドライジン、セージシロップ、ハチミツ、フレッシュレモンジュース、1ミリグラムのCBDオイルで作られています。

 

最初に、Masseは彼がそれをメニューに載せることについて緊張していたと言った。
彼はCBDオイルを運ぶ近くの薬局と仕事をしました。
今、飲み物は「はるかに」バーのベストセラージンカクテルです。
彼は将来の飲み物に油を加えるかどうかをまだ決めていない。

 

「今は流行っているので、メニューをやり直すと6ヶ月以内にどうなるかわからない」とMasse氏は述べた。「1年前、活性炭は人気があり、今ではどこにも見つけることができません。」

 

 

 

引用先   cnbc.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

ショップオリジナルCBDオイルを販売しました

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »