fbpx

全てのCBDオイルが同じように作られていません

Pocket

全てのCBDオイルが同じように作られていません

 

 

 

アメリカサイトからの紹介です

 

タイトルの「すべてのCBDオイルが同じように作られているわけではありません」
今、日本で購入出来るメーカーは問題ないと思います。
理由として、CBDの量を分析した書類を提出しなければ輸入が出来ないためです。
関税の自主検査でTHC濃度を調べる事がなく、あったとしても他の薬剤(CBDオイルだと偽装して輸入する違法ドラック)の検査はあります。
今の法律でTHCは麻薬扱いですが、成熟した大麻茎の加工品は輸入対象になっているため日本で最新の機器を所持している科学警察研究所の検査で質量が特定出来ない質量のTHCなら大丈夫だと思います。

 

関税担当が通産省の管轄だったと思いますがそちらの相談官に別の問合せの時に聞いたのですが「大麻成熟茎は合法」と、言われました。
まぁ、省ごとに見解は違ってきていますがTHCがヘロインやコカイン等の依存性が強く幻覚を見る違法薬物と違って依存性もないし毒性も無い事を認めています。
認めてても違法なので利用はしないでください 大麻もそうです。
工業用大麻なら、日本でも開放しても問題ないTHC量のはずですが・・大麻も色々とあるのですがね~CBDの多い品種は開放して欲しいものです。

 

今のアメリカはCBD成分が注目され始めたばかりで、カフェ、ショットバー等にもCBDを使っているショップが多いそうです ただ、カフェなどで利用している量は1~4mgです。
実感と言うより、思い込み効果と言いますか・・・ブームなのでCBDを入れているだけで人気があるそうです。
本当に実感するなら10mg程度は入れてほしいと思います。
1本300mgCBDオイルを1滴入れて心が安らぐかな?? 疑問には思います。
それと 「植物には除草剤がありました – それらは農薬を摂取して病気になっていました」←本文に書かれていますが基本、麻は除草剤は不要です。
多分、最近麻畑に変更した農家の可能性があります。
他の理由として繊維目的のため栽培された麻の茎を繊維収穫後、廃棄される茎を安く買い取り抽出する企業もあるそうです 成分の質が悪く、安定した成分を抽出できないとの理由もあることから安い商品に使われる傾向があります。

 

農薬問題は、以前使っていた除草剤が土に残っている可能性が高いです。
そして、除草剤が検出されたと騒いでいますがアメリカの作物のほとんどが遺伝子組換え食品です。
特徴は除草剤を撒いても枯れない植物にしている、収穫した種は発芽しない、収穫した作物に除草剤の成分が残っていることです。
そういった理由もあって、現在アメリカで遺伝子組換え種子を使わないような流れになってきています。
麻は農薬も肥料も不要です(日本の麻は繊維目的のため太く長く成長させるために密集して植え、高級肥料を使っています)

 

大麻は生産も消費も始まったばかりです 今後の改善に期待したいです。

 

 

 

CBD食品として認可されていないアメリカ、州で認められていない場合もありまだ法整備がされていません しかし、CBD入り食品は関係なく出回り、利用されているというのが実情です。
ここまで来ると食品として認可をしなくてはならない状態になってきています。
薬としてみても副作用がほとんど確認されていないCBDは食品として少量の使用なら問題ないと私は感じています。

 

ついでに日本の話です。
今まで大切にしてきた種子を破棄して種子メーカーから購入して育てる法律が作られました。
これで、アメリカの遺伝子組み換え種子を販売するメーカーが販売できるようにする法律が作られてしまったのです。

 

誰が得をしたかと言うと法律を可決した人たちでしょうね間違いなく法律を作った与党の人たちでしょうね そして、遺伝子組換えを作っているメーカーでしょうね 多分「サカタのタネ」が自民党を動かしたとは考えられませんのでアメリカの種子販売企業でしょう 皆さん、念頭に置いて今後の食品を選ぶことになります。
今後CBDを抽出目的の大麻にも遺伝子組換え麻が出回らないことを祈ります。
ちなみにTHCの多い娯楽用大麻に関しては普通の大麻より成長の早い遺伝子組み換え麻が出回っているそうです。

 

CBDは決まった回数を定期的に利用していくことが効果を感じられる一番の方法です。
是非、遺伝子組換えをしていない大麻、無農薬オーガニック栽培の大麻茎から抽出された成分、体に良い成分を利用してください

 

 


 

 

 

すべてのCBDオイルが同じように作られているわけではありません

南太平洋の衰退 – 連邦政府の麻に対する青信号は、CBDとして知られている麻由来のカンナビジオールを多数の病気に使用することへの好奇心と関心の洪水を引き起こした。

 

12月にドナルド・トランプ大統領が2018年農法法案に調印したとき、麻は規制物質のリストから削除されたため、スケジュールⅠの麻薬に分類されなくなりました。

 

ワシントンDCの研究所でありシンクタンクであるブルッキングズ研究所のシニアフェローであるジョン・フダック氏は、次のように述べています。
閉じられました。しかし、一度それができれば、特定の状況下で麻由来のCBDを製造、販売することは合法的になるでしょう。」

 

いくつかの病気を挙げると、痛み、鬱病、関節炎および心的外傷後ストレス障害を助けると言われて、CBDオイルは40ドルでアマゾンで、10ドルでコンビニエンスストアでそして75ドル以上でハーブショップで入手可能です。
先週末、ユタ州パークシティで開催されたサンダンス映画祭では、CBDを注入したスムージーやコーヒーはもちろんのこと、CBDを注入した食品サンプリングテントもありました。

 

それにもかかわらず、麻に関連した摂取可能物の流行のような人気は、安全性、法的および効力の懸念のホストが付属しています。

 

 

 

サウスグレンズフォールズでプリティーホットメスを経営している看護師、Angel Isaacは、次のように述べています。「ラボの結果を公表しない、または公表しない売り手から離れてください。」

 

Isaacによると、CBDとして販売されている麻油についてのいくつかの研究があり、研究者は人々が買っているものが実際にロープや他の工業目的のために育てられた麻から抽出されたことを発見しました。

 

「植物には除草剤がありました – それらは農薬を摂取して病気になっていました」と彼女は言いました。”あなたはそれがどこから来ているのか、そして何が瓶の中にあるのかを知る必要があります。”

 

アマゾンでの例を引用して、Isaacは成分にリストされた800mgを指摘しました。
“なにかの?800mgの大麻油という記述までスクロールしながら、彼女は尋ねた。

 

麻油は非常に異なっている、と彼女が言った、それはそれがTHCフリーであると言ったらそれはCBD油ではないと付け加えました。

 

両方とも一定量のテトラヒドロカンナビノール、またはTHCを含んでいても、CBDはマリファナと同じではありません。
合法か違法かの違いは、植物に存在するTHCの量にあります。

 

合法的な麻は0.3%以下のTHCでなければなりません。
この閾値を超えると、それはマリファナとして分類され、依然としてヘロインまたはメタンフェタミンのようなスケジュールIの麻薬である。

 

IsaacがCBDオイルと他の麻由来の製品をオンラインでそして彼女の店で売ることを決心したとき、彼女は彼らの習慣を観察するために彼女が訪問できる農場を探しました。
いくつか訪問した後、彼女はバーモント州ベテルにあるLuce Farmsを選びました。

 

「私はこの農場が大好きです。それは有機的であり、彼らはCBDが豊富な大麻以外には何も成長させない」と彼女は言った。
「新しいバッチを収穫するたびに、FDAが承認したサードパーティのラボでテストし、テスト情報を入手できるようにしています。」

 

フダック氏によると、農場法案は施行されていないため、CBDの法的地位は流動的です。

 

 

 

 

ニューヨークや他の州では、麻はまだ2014年農場法案からの州のパイロットプログラムの下で規制されている、と彼は言った。

 

「それから作られた製品は合法です」と彼は言いました、新しい農場法案が制定されれば、より多くの生産者が麻を育てそして売ることができるようになるとさらに付け加えました。

 

「各国はどのようにして大麻を規制するかについて規制計画をUSDAに提出しなければならないでしょう」と彼は言った。

 

さらに、フダック氏は、CBDを違法にする可能性がある状況がいくつかあると述べた。

 

「薬効を主張することはできない」と彼は言った。「また、承認されていない方法で大麻を栽培している場合、それから製造された製品は違法になります。」

 

例えば、ある個人が大麻を栽培し、地下室で製品を製造していたとしても、それは合法ではない、とフダク氏は述べた。

 

農法は州に麻を規制する権限を与えるので、いくつかの州はそれを違法にすることを選択するかもしれません。

 

フダック氏によると、現在サウスダコタ州では違法だという。

 

「サウスダコタ州を車で通り抜けていて、CBDオイルで引き継がれている場合、それは規制物質となるでしょう」と彼は言った。

 

 


 

 

 

 

CBDオイルとの潜在的な薬物反応
インディアナ大学医学部によると、以下の薬はカンナビジオールと同じシステムを使用し、2つは相互作用する可能性があります。医療提供者に確認してください。

•ステロイド

HMG CoAレダクターゼ阻害剤

•カルシウムチャネル遮断薬

•抗ヒスタミン薬

•運動学

•HIV抗ウイルス薬

•免疫モジュレーター

•ベンゾジアゼピン

•抗不整脈薬

•抗生物質

•麻酔薬

•抗精神病薬

•抗うつ薬

•抗てんかん薬

•ベータブロッカー

•PPI

•NSAID

•Angiotension IIブロッカー

•経口血糖降下薬

•スルホニル尿素

引用先   poststar.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDにも応用可能!!必見 大麻の利用方法まとめ

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »