fbpx

必要な唯一のCBDユーザマニュアル

Pocket

必要な唯一のCBDユーザマニュアル

 

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。
経口投与されたCBDに富む大麻油の効果は4時間以上続くことがありますが、効果の発現は吸入よりはるかに遅いです(30-90分)。
↑紹介本文内容です 私の商品のメインが経口投与のCBDオイルを扱っています。
麻の茎そのものを抽出した成分を麻油とブレンドした商品です 本文中にも書かれていましたが純粋なCBDよりも麻の茎そのものを抽出した成分を利用すると低量で効果を感じると書かれています。

 

 

医療薬と併用する方についても書かれていました。
CBDはグレープフルーツの化合物Bergaptenよりも強力なチトクロームP450の阻害剤です。
いりょう
グレープフルーツがあなたの薬と相互作用するかどうか医師に相談してください。
グレープフルーツがするなら、CBDもおそらくします。
CBDが豊富な治療法を受けている患者は、処方薬の血中濃度の変化を監視し、必要に応じて投与量を調整する必要があります。
↑日本でCBDオイルを利用していますと相談しても医者は正しい答えを出してくれる方がほとんど居ません
代わりにグレープフルーツは薬の効果を阻害する効果があるそうです。
医薬品のグレープフルーツを一緒に食べて薬を利用しないでくださいと注意書きがあったり、医者にグレープフルーツを食べていい事を確認してCBDオイルを医薬品と一緒に利用すると良いです。
問題なければ、医薬品効果を十分に発揮できると思います。

 

 

 

今年から私のショップで、オリジナル商品のRAW CBDヘンプオイル460mgを発売しています。
今まで南フランス産無農薬大麻(書類確認しています)品質改良され成長時期に存在する成分CBGを含有している他のメーカーでも取り扱いの少ない商品です。
ENDOCA社を紹介はじめの頃、生の成分(RAW)の商品は珍しい商品でしたが、今回更に上を行くCBGを含んだ成熟大麻を使った商品を見つけましたので販売しています。
どうか、今後共Dreamspll宜しくおねがいします。

 

 

 

↑販売サイトになります気に入られましたら購入、お待ちしています。
成熟大麻茎のそのまま成分が抽出され利用されています。

 


 

必要な唯一のCBDユーザマニュアル
患者のためのこのCBDユーザーズマニュアルは、カンナビジオールと大麻治療についての重要な質問を取り扱います。

 

 

2009年には、認定された患者が医療用マリファナに合法的にアクセスすることができる、米国の大麻パンかご、カリフォルニア北部で偶然に一握りのCBDに富む大麻株が発見されました。
このようにして、CBDに富む大麻治療薬を含む民主主義における優れた実験室実験が始まった。
草の根の治療選択肢としての全植物CBD-豊富な油の出現は、大麻についての国民の会話を変えました。
医療用マリファナが機能するかどうかという問題ではなくなりました。
今日の最大の問題は、最大の治療効果を得るために大麻を使用する方法です。
しかし、ほとんどの医療専門家はこの分野ではほとんど経験がありません。これは、カンナビジオールと大麻治療についての重要な質問に対処する患者のためのCBDユーザーズマニュアルです。

 

 

 

 

CBDとは
カンナビジオールまたはCBDは、大麻植物の中毒性のない成分であり、大きな治療的可能性を秘めています。
CBDはTHCのように気分を良くするわけではありませんが、慢性疼痛、癌、クローン病、広範囲の病状を治療するためにCBDの豊富な製品を使用している科学者、医療従事者、および医療用マリファナ患者の間でかなりの話題を引き起こしています糖尿病、慢性関節リウマチ、PTSD、心血管疾患、不安、抗生物質耐性感染症、多発性硬化症、統合失調症など。
米国などの学術研究センターは現在、これらおよび他の病気に対するCBDの影響を研究しています。科学者たちはCBDを「無差別」化合物と呼んでいますが、それは生理学的および生物学的にどのように機能するかを深く理解しながら、さまざまな方法で治療上の利益をもたらすからです。

 

 

広範な前臨床研究およびいくつかの臨床研究は、およCBDが強力な抗酸化剤、抗炎症剤、抗けいれん剤、抗鬱剤、抗精神病薬、抗腫瘍薬および神経保護的性質を有することを示した。
カンナビジオールは遺伝子発現を変化させ、アルツハイマー病の特徴であるベータアミロイドプラークを脳細胞から除去することができます。

 

 

CBDとTHCのどちらが良いですか?
カンナビジオール(CBD)とTHC(The High Causer)は、大麻治療薬の強力な組み合わせです。
彼らは一緒に最もうまくいきます。
CBDとTHCは相乗的に相互作用して互いの治療効果を高めます。
THCの精神活性を低下させながら、CBDはTHCの鎮痛作用と抗癌作用を高めます。
CBDはまた、不安や急速な心拍など、THCが高すぎることによって引き起こされる悪影響を軽減することもできます。
両方の化合物が同じ大麻株または製品中に十分な量で存在するとき、CBDはその期間を延長しながらTHCの上限を高く下げるでしょう。
(「リラックスしているが中毒ではない」とは、1人の患者がCBDに富んだ大麻を説明した方法です。)CBDとTHCはどちらも神経新生を刺激します。

 

 

CBDを服用するための最良の方法は何ですか?
CBDに富む大麻のための最も適切な送達システムは、望まれない副作用をほとんど伴わずに所望の期間にわたって最適な用量を提供するものである。
喫煙または蒸気を吸うためのCBDが豊富な大麻の花の品種は、多くの医療用マリファナ調剤薬局で入手可能ですが、ほとんどのCBD患者は大麻油濃縮物で作られた非吸入製品を好みます。
連邦法で禁止されていますが、強力なCBDに富む大麻治療薬の測定可能な用量は、多くの非喫煙形態で利用可能であり、さまざまな方法で利用できます。

 

 

 

発症時期および効果の持続期間は投与方法によって異なる。
CBDを多く含む大麻油製品は、舌下、経口(食用、ロゼンジ、飲料、チンキ剤、ジェルキャップなど)に摂取することも、局所的に摂取することもできます。
濃縮大麻油抽出物も加熱して、蒸気を吸うペンで吸い込むことができます。
吸入は即時の注意を要する急性症状の治療に適しています。
効果は1〜2分以内に感じられ、通常数時間持続します。
経口投与されたCBDに富む大麻油の効果は4時間以上続くことがありますが、効果の発現は吸入よりはるかに遅いです(30-90分)。

 

 

CBDはてんかんを治療できますか?
マリファナは発作やけいれんを数千年前に鎮めるための薬としての豊富な歴史を持っています。
19世紀半ばに、米国薬局方は小児てんかんの治療薬として大麻チンキ剤を挙げ、その後の科学的研究はCBD、THC、および全植物性大麻の抗けいれん作用を証明しています。
CBD優勢/低THC大麻株と油抽出物は、難治性発作障害のある子供たちの劇的な改善を促進することができます。
CBD油製品を投与されている重症小児てんかんの10〜15%がほぼ完全な発作の停止を経験している。
ほとんど改善します(発作の減少はありますが完全な排除はありません)。
そして、何人かの子供たちはCBDを服用すると発作が悪化します。
てんかんの子供たちの多くの親は、試行錯誤を通じて、THC、あるいはもっと良いことには、生の大麻の花や葉に存在するTHCAのTHCAを加えることで、CBDが豊富なオイルを増やすことを習得しました。
お持ち帰りのメッセージ:低THC大麻油製品は誰にとってもうまくいきません。
すべての年齢の患者は、高CBD油だけでなく、広範囲の植物全体の大麻治療へのアクセスを必要としています。

 

 

私にとって正しいCBD / THC比は何ですか?
大麻治療は個別化医療です。
誰にとっても正しい単一の比率、歪み、または製品はありません。
あなたに最適なCBDとTHCの適切な組み合わせを見つけることによって、大麻のあなたの治療上の使用を最適化してください。
THCに対する人の感受性は、CBDに富む薬の適切な比率と投与量を決定する際の重要な要素です。
多くの人が大麻を高く楽しんでおり、高すぎたり不快に感じたりすることなく、あらゆる量の大麻製品を適度に摂取することができます。
他の人はTHCが不快だと思います。
CBDはTHCの中毒性の影響を軽減または中和することができます。
そのため、CBDとTHCの比率が高いほど、高いとは言えません。
医療用マリファナの法律が適用される州では、大麻油濃縮物やその他のCBD:THCの比率が異なる製品が用意されているため、ユーザーは自分のニーズや感度に合わせて精神活性効果を調整または最小化できます。
THCが嫌いな人は、少量のTHCでCBDを豊富に含む治療法を使用することで、最高の状態で回復することができます。
しかし、THCの低い治療法は、中毒にはなりませんが、常に最も効果的な治療法の選択肢とは限りません。
本質的には、目標は、人が快適であるのと同じくらい多くのTHCを含む、一貫性のある、測定可能な用量のCBD豊富な治療を施すことです。

 

 

特定のCBD / THC比はさまざまな条件に対してより良いですか?
いくつかのパターンが出現し始めています。
不安、鬱病、けいれん、精神病、および発作性障害の場合、多くの人が、THCが少なく、CBDに富んだ少量の治療から始めてうまくいっていると報告しています。
癌、自閉症、そして他の多くの病気のために、彼らはCBDとTHCのバランスのとれた比率からより多くの恩恵を受けると言う人もいます。
米国外で行われた広範な臨床試験は、1:1のCBD:THC比が神経因性疼痛に有効であり得ることを示している。
日中の時間帯によって、CBD:THCの比率が異なる大麻製品を使用する人もいます(日光時にはCBDが多く、夜間にはTHCが多くなります)。
THCおよび他の大麻成分が免疫機能を調節するCB 2カンナビノイド受容体を活性化するので、ほとんどすべての大麻株または製品は理論的には広範囲の自己免疫および炎症性疾患に利益をもたらし得る。注:CBD:

 

 

 

 

CBDの最適投与量は何ですか?
有効投与量は、わずか数ミリグラムのCBD強化大麻油から1グラム以上までの範囲であり得る。
特に大麻の使用経験がほとんどないかまったくない場合は、少量の高CBD /低THCオイルから始めてください。
1回の大用量ではなく、一日のうちに数回小用量を服用してください。
数日間同じ用量と比率を使用してください。
効果を観察し、必要に応じて比率または量を調整してください。
無理をしないでください。
大麻化合物には二相性があります。
つまり、同じ物質を低用量と高用量で使用すると、反対の効果が生じる可能性があります。
少量の大麻は刺激する傾向があります。
大用量は鎮静する。
THCが多すぎると、致命的ではありませんが、不安や気分障害を悪化させる可能性があります。
CBDには既知の有害な副作用はありませんが、過剰量のCBDは中程度の投与量より治療上有効ではない可能性があります。

 

 

CBDが豊富な製品を選ぶときに何を探すべきですか?
投与量あたりのCBDとTHCの量と比率、製造日、およびバッチ番号(品質管理用)を示す明確なラベルが付いた製品を探します。
良質の成分を含む製品を選択してください:コーンシロップ、トランス脂肪、GMO、人工添加物、希釈剤、防腐剤は含まれていません。
CBDを多く含む製品は、一貫性についてラボテストを行い、カビ、バクテリア、農薬、残留溶剤、その他の汚染物質がないことを確認する必要があります。
BHO、プロパン、ヘキサン、または他の炭化水素のような有毒な溶媒で抽出された製品を避けるために最善です。
超臨界CO2や食品用エタノールなど、より安全な抽出方法を利用する製品を選択してください。

 

 

CBDが非常に優れている場合、純粋なCBDはさらに優れていませんか。
単分子CBDは、必然的に連邦で承認されたBig Pharma薬になります。
工業用ヘンプから誘導されそして高度に精製された結晶性CBD単離物を注入された製品は、規制のないインターネット店頭ですでに市販されている。
しかし、単分子CBDは、植物全体のCBDに富む油抽出物よりも治療効果が低いです
科学的な研究は、合成の単一分子CBDは非常に狭い治療域を持ち、有効性のために正確で高用量を必要とすることを証明しました
マリファナは述べています。Big Pharmaの実験室で合成されたものであろうと、工業用大麻由来のものであろうと、単分子CBDは重要な二次カンナビノイドおよび高樹脂大麻株に見られる他の薬用化合物を欠いています。
これらの化合物はCBDおよびTHCと相互作用してそれらの治療上の利益を高める。
科学者たちはこれを「同伴効果」と呼んでいます。
多くの大麻化合物は薬効がありますが、植物全体の大麻の治療効果はその部分の合計よりも大きいのです。

 

 

 

 

麻由来のCBDとマリファナ由来のCBDに違いはありますか?
医療用マリファナが合法で入手可能な州に住んでいる場合は、医療用マリファナ調剤薬局で販売されている(低樹脂工業用麻よりも)高樹脂大麻から作られたCBD製品を探してください。
さまざまな品質の麻由来のCBD注入製品も、数十のインターネット店頭で入手できます。
全植物CBD豊富な大麻と比較して、産業用麻はカンナビノイド含有量が一般的に低いです。
少量のCBDを抽出するには膨大な量の麻が必要です。
それによって、バイオアキュムレータである麻は土壌から毒素を引き出すため、汚染物質の危険性が高まります。
これは有害な生態系を回復するための優れた機能ですが、薬用油の抽出にはお勧めできません。
高度に精製されたCBDペーストまたはテルペンを含まないCBD粉末は、CBDに富む油製品を配合するための出発材料としては不十分である。
FDAは、何十ものいわゆるCBD「大麻油」製品をテストし、多くの場合、これらの製品にはCBDがほとんどまたはまったく含まれていないことがわかりました。
CBDを注入した栄養補助食品は栄養補助食品としてFDAによって承認されていません。
また、これらの製品は米国50州すべてで合法的ではありません。しかし概して、州間CBD商取引は連邦当局によって容認されている。

 

 

それは蒸気を吸うペンから大麻CBD油煙を吸入するのは安全ですか?
多くの大麻および大麻由来のCBDの蒸気を吸い込むオイル製品には、蒸気を吸い込むユーザーが加熱して吸入するオイルを希釈する希釈剤が含まれています
プロピレングリコールを含む蒸気を吸うペンオイルには注意してください。
過熱すると、この化学添加物は、New England Journal of Medicine誌の2015年の報告によると、副生物として発ガン物質であるホルムアルデヒドを生成します
どうしてこんなに多くの蒸気を吸い取るオイル製品がこの希釈剤を含んでいますか?それは、これらの規制されていない大麻油製品が作られている抽出された材料の疑わしい品質のためです。

 

CBDには何らかの有害な副作用がありますか?薬物相互作用についてはどうですか?
CBDは非常に安全な物質ですが、他の薬を服用している患者さんは薬物相互作用について医師に確認してください。
薬物相互作用については、単分子CBD製品を大量に服用する場合が多いです
十分な投与量で、CBDはチトクロームP450酵素を一時的に失活させ、それによってTHCを含む広範囲の化合物をどのように代謝するかを変えます。
シトクロムP450酵素は、Big Pharmaの60%以上の薬を代謝します。
CBDはグレープフルーツの化合物Bergaptenよりも強力なチトクロームP450の阻害剤です。
グレープフルーツがあなたの薬と相互作用するかどうか医師に相談してください。
グレープフルーツがするなら、CBDもおそらくします。
CBDが豊富な治療法を受けている患者は、処方薬の血中濃度の変化を監視し、必要に応じて投与量を調整する必要があります。

 

 

 

大麻が成人用に合法化されている場合、大手製薬会社はCBD市場を支配するのでしょうか。
許可した場合のみ。大麻は薬草であり、それは薬としても薬としてではなく、薬草として規制されるべきです。

 

 

引用先   thefreshtoast.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »