fbpx

大麻に関するFDAのQ&Aを紹介します

Pocket

大麻に関するFDAのQ&Aを紹介します

アメリカ、FDAのQ&Aを紹介します。

 

 

 

医療大麻、娯楽のマリファナ、CBDの現状等の質問について答えています。
アメリカでも研究が進んでいないことが実情です。
それを理由に大麻植物、成分を一部以外の利用は認めていないことがよく分かる内容です。
2018年12月に工業用大麻の栽培が連邦政府の許可、解禁され普通の植物としての扱いに変わりました しかし、法整備が遅れているのば事実で食品、薬としての認可は遅れています。
ちなみに大麻種子は食品として認定しています それ以外成分は現在、食品として認められていないそうです。

 

しかし、州や企業や個人で認められていない大麻成分CBDが非常に流行っています 多分、大麻成分なのに精神的高揚が無く、気軽に利用でき、更に体に良い効果があることが理由だと思います。
国で州で食品として認められていないCBDを食品に添加して、売っています。
食品として認められていないのにアメリカンフットボールのスーパーボールで、ハーフタイムにCMとして提供している程、売れています。(今回のスーパーボール広告は場内広告でした 大麻成分と言うだけでネット広告、テレビ広告は規制されています。)

スーパーボウルのスタジアムでCBDコーヒー広告します

 

大麻の研究は遅れているのですが利用者のCBDを利用した体験報告(無害な上に、症状に改善がある報告など)がネットで注目を集め、現在アメリカでCBDは食品として使われています(CBDオイル、チョコレートに混ぜたり、コヒーのクリームに混ぜたりなど)連邦は禁止、州によって禁止のマリファナは利用するとTHCの精神的高揚があることで使える州が少ないこともありCBDは効用効果がないことからCBDを利用禁止の州でも販売されているそうです。

 

現時点でCBD成分が無害であると言われています 実体験ではほぼ無いに等しいと思われます しかし暫くの間、答えは出ないと思いますが、石油合成薬の相性などはあるのかも知れません
それより危険視しなければならないのは日常生活に溢れる石油物の数々です。

 

プラスチックの製造時に見えない粒子が付着したままお弁当、ペットボトル等の食品から体に入ったり、歯磨き粉の研磨剤がプラスチックの粒子です 口をゆすいでも残っている粒子は体の中に入ります。
排泄できない粒子は体に溜まっています。
男性だと精子に影響があるとか言われていますがまだ正確な答えは出ていません

 

 

 

他にもフライパンのテフロン加工成分、歯磨き粉のフッ素、アルミの人体に対して有毒であることや液体石鹸、洗剤、シャンプーに使われているプロピルアルコールは体の抵抗力を下げます。
更に医療では副作用が毒なのでは? と、思ってしまう石油化学合成薬、たった1つの作用の治療をするための効果がある薬なのに利用すると治療効果より大きい副作用がある薬

 

大麻成分を認めないなら製造を停止させ無ければならない日用品、薬が多く出回っているのが事実です。
人間には代謝がありますから全て有害物質を体内に溜め込みません
人間の代謝も落としてしまう化学成分を使い続ければ多くの有害成分がたまり続け、病気の症状として体に出ることは間違いありません
有害物質を意識して溜め込まない生活にすることが大切だと思います。

 

 

 


マリファナおよびその成分中の活性化学物質の安全で効果的な医学的用途を証明するための適切な研究を実施することの重要性に関するFDAのScott Gottlieb医師によるFDAの声明

 

 

 

 

 

1。 医療界の何人かのメンバーはどのようにマリファナ療法を使用していますか?

 

A. FDAは、マリファナまたはマリファナ由来の製品が、例えば、エイズの浪費、てんかん、神経因性疼痛、多発性硬化症に伴う痙縮の治療、がんおよび化学療法による悪心などの多くの病状に使用されていることを認識しています。

 

 

2。 FDAが医療用マリファナを承認していないのはなぜですか?

 

A.今日まで、FDAはいかなる適応症についてもマリファナのマーケティング申請を承認していません
FDAは一般的に製造業者や他の科学的研究者によって行われた研究を評価します。連邦食品医薬品化粧品(FD&C)法に規定されている当社の役割は、承認申請のためにFDAに提出されたデータを審査して、医薬品が承認のための法定基準を満たしていることを確認することです。

 

FDAは、2歳以上の患者におけるLennox-Gastaut症候群またはDravet症候群に関連する発作の治療のために、マリファナに含まれる80種類以上の活性化学物質の1つである精製原薬カンナビジオールを含むEpidiolexを承認しました。
それはFDAがこの特定の医薬品がその意図された適応症に対して安全で効果的であると結論付けたことを意味します。

 

当局はまた、エイズ患者の体重減少に伴う食欲不振の治療を含む、米国での治療用途にMarinolとSyndrosを承認しました。
MarinolとSyndrosは、有効成分のドロナビノール、マリファナの精神活性成分と考えられる合成デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)を含んでいます。
他のFDA承認薬、Cesametは、THCと同様の化学構造を持ち、合成由来の有効成分であるナビロンを含んでいます。

 

 

 

 

3。 マリファナは医療用に安全ですか?

 

A.臨床試験環境におけるマリファナの研究は、あらゆる疾患または状態の治療に対するマリファナの安全性と有効性を評価するために必要です。

 

FDAは、マリファナの医薬用途に関する科学的研究を含め、安全で効果的かつ高品質の製品を適切に市場に投入することに関心がある企業の取り組みを引き続き促進します。

 

 

4。 医療用マリファナの調査に関して、FDAの役割は他の連邦機関の役割とどう違うのでしょうか。

 

A.マリファナを使用した臨床研究の実施には、いくつかの連邦機関とのやり取りが含まれます。
これには以下のものが含まれます。
DFA(Drug Enforcement Administration)によって管理される登録。
国立衛生研究所内の国立薬物乱用研究所(NIDA)、またはその他のDEA登録の情報源から研究用のマリファナを入手する。
FDAによる治験用新薬(IND)の申請および研究プロトコルのレビュー。さらに:

 

規制物質法の下でのスケジュールI管理物質として、DEAは研究者に治験責任医師とプロトコルの登録を提供し、マリファナが調査される予定のサイトにスケジュールIレベルのセキュリティ要件があります。
NIDAは科学研究用に研究グレードのマリファナを提供しています。
代理店は医学研究のためのマリファナの栽培を監督する責任があり、安全な施設で研究のためのマリファナを育てるためにミシシッピ大学と契約しました。
さまざまな効能や組成のマリファナが用意されています。
DEAはまた、研究目的のために追加の生産者がDEAに登録してマリファナを生産し流通させることを許可するかもしれない。
研究者はFDAと協力し、治療適応に応じて医薬品評価研究センター(CDER)の新薬局の適切な部門にIND申請書を提出します。
3つの機関の役割は、研究者がINDではなく獣医学研究センターに調査用の新しい動物用医薬品(INAD)ファイルを作成することを除いて、動物用医薬品としての使用のためのマリファナの調査についても同じです。 CDERで。

 

 

5。 FDAは医療用マリファナの臨床調査に反対していますか?

 

A.いいえ。
FDAは、IND申請の下で行われた科学的に有効な研究が、マリファナ由来の薬物の使用からどの患者が恩恵を受けることができるかを判断する最良の方法であると考えています。
FDAはその研究の実施を以下によって支援します。

 

マリファナを使用して臨床研究を実施するために必要なプロセスに関する情報を提供する。
マリファナなどの植物由来の薬を開発するために必要な特定の要件に関する情報を提供する。
2004年6月に、FDAは植物医薬品の IND申請の提出に関するガイダンスをスポンサーに提供する「産業向けガイダンス:植物医薬品のガイダンス」を完成させました。
マリファナとその構成成分をINDプロセスの一環として使用して臨床研究を行うことに興味を持っている研究者に、会議および医薬品開発プロセス全体にわたる定期的な交流を通じて、特別な支援を提供します。
FDA医薬品評価・研究センターおよび中小企業・産業支援グループを通じて臨床研究を実施するための手順を理解し、従うための手助けをするために研究者に一般的な支援を提供する。

 

 

 

 

6。 FDAはマリファナの有効性に関してどのような調査を行っていますか?

 

A. FDAは、それらの医薬品が意図された適応症に対して安全で効果的であるかどうかを判断するために医薬品を販売するためのアプリケーションをレビューします。
FDAは、FDAの医薬品承認プロセスの一環として、適切かつ十分に管理された臨床試験を含む科学的調査をレビューします。

 

FDAは研究を行うために申請者と科学的調査者に頼っています。
連邦食品医薬品化粧品法に概説されているように、私たちの役割は、提案された医薬品が承認のための法定基準を満たしているかどうかを判断するためにマーケティングアプリケーションでFDAに提出されたデータを検討することです。
マリファナの医学的使用に関する研究に関する追加情報は、国立衛生研究所、特に国立癌研究所(NCI)およびNIDAから入手可能である。

 

7。 どのようにして患者は医療用マリファナの拡張アクセスプログラムに入ることができますか?

 

A.製造業者は、FD&C法および実施規定に記載されているように、特定の状況下では拡大アクセスを通じて治験薬を個々の患者に利用可能にすることができます。

 

 

8。 FDAは、大麻製品を子供に投与することについて懸念を持っていますか?

 

A.両親は子供の病状に対する治療法を見つけようとしていることを理解しています。
しかし、テストされていない薬の使用は予測不可能で意図しない結果を招く可能性があります。
介護者と患者は、FDA承認薬が安全性、有効性、および品質について慎重に評価されていることを確信でき、市場に出た後はFDAによって監視されます。
FDAは、マリファナまたはマリファナの成分を含む医薬品の医薬品用途に関する科学的根拠に基づく健全な研究を引き続き支援し、安全で効果的で高品質の製品を市場に投入することに関心を持つ企業と協力し続けます。

 

 

 

 

9. FDAは、妊娠中および授乳中の女性に大麻製品を投与することについて懸念を持っていますか?

 

A. FDAは、妊娠中または授乳中の女性にマリファナの使用による潜在的な健康への悪影響があることを認識しています。
出版された科学文献は、胎児の成長制限、低出生体重、早産、妊娠中の年齢、新生児集中治療室(NICU)入院、および死産を含む、妊婦におけるマリファナ使用の潜在的な悪影響を報告しています。
[ 1、2、 3 ]に公開動物の調査に基づき、また、妊娠中にマリファナの使用は否定胎児の脳の発達に影響を与える可能性があることが懸念されています。
[ 4、5、6 ]アメリカ産科婦人科医科大学院(ACOG)は、妊娠中または妊娠を検討している女性はマリファナの使用を中止するよう奨励されるべきであると勧告している。
さらにACOGは、母乳育児中の乳児に対するマリファナ使用の影響を評価するためのデータが不十分であると述べています。
したがって、母乳育児時のマリファナの使用はお勧めできません。
[ 7 ]妊娠中および授乳中の女性は、マリファナ使用による健康への悪影響の可能性について医療提供者に相談する必要があります。

 

 

10。 FDAの承認なしにマリファナを医療目的で販売することを許可しているという州に対するFDAの反応は何ですか?

 

A. FDAは、いくつかの州が、マリファナとその派生物の医療使用に関する州の制限を撤廃する法律を可決したか、またはそうすることを検討していることを認識しています。
適切かつ十分に管理された臨床試験を通じて、マリファナ製品の安全性と有効性に関する医学的研究を行うことが重要です。
私たちは、連邦および科学規格に関する情報を提供するために、マリファナとその派生物の医学的研究の支援を検討している州と話をする機会を歓迎します。

 

 

11。 医療機関は、病状に関してマリファナに関連する有害事象の報告を受けましたか?

 

A.当局は、病状を治療するためにマリファナを使用している患者の有害事象の報告を受けています
FDAは現在これらの報告を検討しており、マリファナの使用に伴う重大な悪影響に焦点を当てて、マリファナおよびマリファナ製品に起因するあらゆる安全信号について有害事象報告を引き続き監視する予定である。

 

マリファナ使用に関する有害事象報告からの情報は極めて限られている。
FDAは主に承認製品の有害事象報告を受けています。
マリファナとその成分を使用することの潜在的な悪影響に関する一般的な情報は、公表されているマリファナを使用した臨床試験、およびFDAに送られた自発的に報告された有害事象から得られます。
マリファナとその構成成分の安全性と有効性に関する追加情報が必要です。
IND申請の下で行われるマリファナの臨床試験は、医薬品開発プロセスの一部としてこの重要な情報を収集することができます。

 

 

 

 

12. THCまたはカンナビジオール(CBD)を含む製品は栄養補助食品として販売できますか?

 

A.いいえ。
入手可能な証拠に基づいて、FDAは、THCおよびCBD製品はそれぞれFD&C法のセクション201(ff)(3)(B)(i)および(ii)に基づく栄養補助食品の定義から除外されると結論しました。
これらの規定の下では、物質(THCやCBDなど)が21 USC§355(FD&C法の505条)に基づいて承認されているか、または新薬として調査のために承認されている医薬品の有効成分である場合実質的な臨床試験が実施され、そのような試験の存在が公表されているものについては、その物質を含む製品は栄養補助食品の定義外です。
FDAは、その物質が発効した治験中新薬申請(IND)の対象である場合、その物質が「新薬としての調査の許可を受けている」と見なします。

 

医薬品が承認される前または新薬調査の前に、物質が栄養補助食品として、または従来の食品として「販売されている」場合、セクション201(ff)(3)(B)(i)および(ii)に例外があります。
必要に応じて承認された。
しかし、入手可能な証拠に基づいて、FDAは、これはTHCまたはCBDには当てはまらないと結論付けました。「このように販売されている」というフレーズの説明を含む、この規定の詳細については、「ドラフトガイダンス草案:栄養補助食品:新しい栄養成分の通知および関連する問題」を参照してください。

 

FDAは、THCおよびCBD製品がFD&C法のセクション201(ff)(3)(B)(i)および(ii)に基づく栄養補助食品の定義から除外されているという現在の結論に疑問を投げかける証拠を知りません。 。
利害関係者は、この問題に関係していると考える証拠を代理店に提示することがあります。
これまでに提出された情報を継続的に見直しても、結論を疑うことはできません。

 

 

13.州間取引では、THCまたはCBDが追加された食品を販売することは合法ですか。

 

A.いいえ。
FD&C法のセクション301(ll)に基づき、州間商取引に有効成分である物質が添加されている食品(動物用食品または飼料を含む)を導入または納入することは禁止されています。
21 USC§355(法第505条)に基づいて承認された医薬品、または相当な臨床調査が実施され、そのような調査の存在が公表されている医薬品。
薬物が承認される前、またはその薬物を含む実質的な臨床試験が開始される前、または動物飼料の場合には、その薬物がでの使用が承認された新しい動物用薬物であることを含む。
承認されたラベルに従って飼料に使用されます。
しかし、入手可能な証拠に基づいて、FDAは、これらのいずれもTHCまたはCBDの場合に該当しないと結論付けました。
そのため、FDAは、THCまたはCBDが追加された食品(動物用飼料または飼料を含む)を州間取引に導入または導入することは禁じられた行為であると結論付けました。
FDAはこれらの結論に疑問を投げかけるような証拠を知らない。
利害関係者は、この問題に関係していると考える証拠を代理店に提示することがあります。
これまでに提出された情報を継続的に見直しても、結論を疑うことはできません。
FDAはこれらの結論に疑問を投げかけるような証拠を知らない。
利害関係者は、この問題に関係していると考える証拠を代理店に提示することがあります。
これまでに提出された情報を継続的に見直しても、結論を疑うことはできません。
FDAはこれらの結論に疑問を投げかけるような証拠を知らない。
利害関係者は、この問題に関係していると考える証拠を代理店に提示することがあります。
これまでに提出された情報を継続的に見直しても、結論を疑うことはできません。

 

 

 

 

14. THCに関する以前の2つの決定をする際に、FDAはなぜTHCがFD&C法の第505条に基づいて承認された医薬品中の有効成分であると結論付けたのですか?CBDに関する以前の2つの決定を下す際に、FDAは、実質的な臨床調査が承認されたおよび/または制定されたと決定し、そのような調査の存在が公表されたと決定したのはなぜですか?

 

A. THC(ドロナビノール)は、承認された医薬品、マリノールカプセル(およびジェネリック)、およびシンドロス経口液剤の有効成分です。

 

CBDに関する実質的な臨床試験の存在が公表されています。
例えば、2つのそのような実質的な臨床調査はSativexとEpidiolexに関するGW Pharmaceuticalsの調査を含みます。
(Sativexが癌性疼痛に関する米国の第II / III相臨床試験を開始し免責事項アイコン、GW PharmaceuticalsがDravet症候群の治療におけるEpidiolexの第2/3相臨床試験についてFDAから 治験中の新薬(IND)を受ける免責事項アイコン)を参照のこと。

 

 

15. FDAは、栄養補助食品として販売されているTHCおよびCBD製品に関して強制措置を取りますか?THCとCBDが追加された食品はどうですか?

 

A.製品がFD&C法に違反している場合、FDAは、執行措置を開始するかどうかを決定する際に多くの要因を考慮します。
これらの要因には、とりわけ、政府機関のリソースおよび公衆衛生に対する脅威が含まれます。FDAはまた、連邦執行措置を開始するかどうかについての決定を下す際に、連邦および州のパートナーと協議することがあります。

 

 

16。 FDAは、カンナビジオールをてんかんの小児に利用可能にすることについてどう思いますか?

 

A. FDAは、2歳以上の患者におけるLennox-Gastaut症候群またはDravet症候群に関連する発作の治療のために、マリファナに含まれる80種類以上の活性化学物質の1つである精製原薬カンナビジオールを含むEpidiolexを承認しました。
それはFDAがこの特定の医薬品がその意図された適応症に対して安全で効果的であると結論付けたことを意味します。

 

 

 

 

17。 私の子供がマリファナを含むものを食べたらどうすればいいですか?

 

A.マリファナやマリファナを含む製品の誤った摂取から子供を守ることは重要です。FDAは、誤って摂取する危険性を減らすために、これらの製品は子供の手の届かない場所に保管することを推奨します。

 

親または介護者が、子供がマリファナを含む製品を摂取したという合理的な疑いを抱いている場合、特に子供が異常な方法で行動したり気分が悪くなったりする場合は、医師または救急部に連れて行かれるべきです。

 

 

18。 私はマリファナ製品がペット用に販売されているのを見ました。彼らは安全ですか?

 

A. FDAは最近、動物の病気を治療するために販売されているいくつかのマリファナ製品を知っています。
私たちは、FDAが動物での使用のためのマリファナを承認していないことを強調したいと思います、そして、代理店はこれらの製品の安全性または有効性を保証することができません。
これらの理由から、FDAはペット所有者にそのような製品の使用に対して警告します。

 

 

19。 ペットのマリファナ製品を病気や死にかけているペットの痛みを和らげるなどの医療目的で使用できますか。

 

A.マリファナは、動物での医学的使用の安全性と有効性を評価するためにさらに研究する必要があります。
今日まで、FDAは動物での使用のためのマリファナを承認していません(上記の質問と回答#4を参照)。あなたのペットが苦痛を感じているならば、我々はあなたにあなたの獣医師と適切な治療法の選択肢について話すように勧めます。

 

 

20。 私は私のペットのマリファナを与えました、そして私は私のペットが悪影響を受けているのではないかと心配しています。
私は何をすべきか?

 

A.あなたのペットがマリファナを摂取することによる悪影響を被っている可能性があるという兆候には、嗜眠、鬱病、激しい糞、嘔吐、動揺、振戦、および痙攣が含まれる可能性があります。

 

あなたのペットがマリファナまたはマリファナを含む物質を摂取することによる悪影響を被っているという懸念がある場合は、直ちに獣医師、地元の動物救急病院、または動物毒コントロールセンターに相談してください。

 

 

 

 

21。 その機関は、動物のためのマリファナに関連した何らかの有害事象報告を受けましたか?

 

A.当局は、ペットがさまざまな形態のマリファナを消費しているという報告を承知していますが、今日まで、FDAは、当社の安全報告ポータルを通じて動物にマリファナを与えることに関連する有害事象報告を直接受けていません。
しかし、偶然の摂取による有害事象は科学文献に詳しく記録されています。
あなたの動物がマリファナの摂取に苦しんでいると感じたら、有害事象をFDAに報告することをお勧めします。動物向け食品または医薬品に関連する有害事象を報告する方法の詳細については、動物向け医薬品およびデバイスに関する報告情報を参照してください。

 

 

22。 現在ペット用に市販されているマリファナ製品について、FDAは何をしていますか?

 

A. FDAは現在、動物用に販売されているマリファナおよびマリファナ由来製品に関する情報を収集しています。
FDAは消費者にこれらの製品が安全性と有効性に関してFDAによって評価されていないことを思い出させます、そしてあなたのペットのための適切な治療法についてあなたの獣医師と話すことを勧めます。

 

 

23. 2018年の農業改善法がFD&C法に及ぼす影響は何ですか?

 

A. 2018年の農業改善法は、大麻(Cannabis sativa L.)、および極低濃度(乾燥重量ベースで0.3%未満)の濃度で定義される大麻の製造および販売に関連する特定の連邦当局を変更します精神活性化合物デルタ-9-テトラヒドロカンナビノール(THC)の合成。これらの変更には、麻を規制物質法から除外することが含まれています。
これは、連邦法では違法な物質ではなくなることを意味します。
しかし、議会は、FD&C法および公衆衛生法の351条に基づき、大麻または大麻由来の化合物を含む製品を規制する当局の現在の権限を明示的に保持しました。2018年の農業改善法の調印に関するFDAの声明をご覧ください。

 

 

[1] Gray、他。出生前大麻曝露の同定と同時タバコ曝露の新生児成長への影響 臨床化学 2010年 56(9):1442〜1450。
[2] Gunn他。出産前の大麻への曝露と母子保健のアウトカム:系統的レビューとメタアナリシス BMJオープン 2016年; 6:e009986。
[3] Hayatbakhshら。妊娠前および妊娠中の大麻使用に関連する出産転帰 小児科研究 2012年; 71(2):215−219。
[4] Silvaら。出生前テトラヒドロカンナビノール(THC)はラットの離乳から成人期までの認知機能とアンフェタミン反応を変化させる Neurotoxicol and Teratol 2012; 34(1):63−71に記載されている。
[5] Trezzaら。周産期のデルタ9-テトラヒドロカンナビノール曝露が子孫の情動反応性に及ぼす影響:ウィスターラットにおける長期的行動研究 Psychopharmacology(Berl)2008; 198(4):529−537。
[6] Campolongoら。周産期のデルタ-9-テトラヒドロカンナビノールへの曝露は、ラットにおける皮質遺伝子発現の変化および神経伝達に関連した永続的な認知障害を引き起こす。Addict Biol 2007; 12(3−4):485−495。

 

 

 

米国食品医薬品局:FDA
引用先  https://www.fda.gov

 

 


 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

アメリカ全体で大麻農法を合法化 共和党投票

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »