fbpx

CBDオイルとペットについて知っておくべきこと

Pocket

CBDオイルとペットについて知っておくべきこと

 

 

 

 

アメリカサイトの紹介です。
今回は動物に対して、犬や猫にCBDの利用についての紹介記事です。

 

結論から言いますと動物に対して利用できます ペット用CBDが売られていますが人用と違うことは多分CBDの総量が違うだけだと思われます。
以前から伝えていますが医療の治療データ、研究が始まったばかりの大麻成分です。

 

専門家に聞いてもどれに効果があり利用注意事項が伝えられないのが実状です。
しかし、民間療法によって利用者のリポートをネットで見た方がアメリカでは多くなり、今やCBDは食品として認定されていないにもかかわらず多くの企業がCBD添加した商品を販売しています。

 

今回、紹介するペットにCBDを利用していますが、アメリカで動物用のCBD治療薬は作られていません 多くの方は、CBDをドックフードなどの食品に混ぜて与えています。

 

私もショップの商品を利用された方でCBDを動物に利用された方の報告は数件聞いています。
言葉のコミニケーションが取れません お客様が時々餌を与えている野良猫が皮膚炎がひどい状態になっていた猫にCBDを入れたご飯を与え続けたところ、毛並みが健康な時の状態に復活したと報告を頂いたことがありました。

 

ペットに医療大麻を利用された方も居たそうです。
海外サイトのですが、サンフランシスコは医療大麻が利用可能な地区です。
サンフランシスコに住む方が医療大麻をオイル漬けにして成分を抽出したオイルを体調の悪い自宅の犬に与えたところ、体調が良くなったと報告もありました。
医療大麻はTHCが多く含まれているためオイルを摂取した30分間くらいはフラフラとしていたらしいのですがその後は通常の状態に戻ったそうです。

 

 

 

 

まだまだ研究も医療治験もされていない大麻成分は国が理由として使う理由です。
確かに一部の理由ではあります。
しかし、治療薬として認められた副作用が非常に大きい薬?は良く薬として認定しましたよね?
都合の良い認定はこれからの時代、多分使えなくなるでしょう いい加減に石油合成薬を使わなくしてほしいものです。
ちなみに海外の特権階級は石油合成薬は使いません
石油合成薬、今までの流れを書いたブログがあります ↓こちらからどうぞ

ロックフェラーが自然治癒を否定して作った化合物の流れ

 

・CBDを抗癌剤 等の薬と併用することについて銀座東京クリニックさんの記載がありましたので紹介します。

カンナビジオール(ヘンプオイルCBD)を他のがん代替医療や標準治療に併用する際、その作用機序を考察することが大切です。
マウスの実験ではCBDの投与量は最大で5mg/kgで行われています。体重1kg当たり1~5mg程度で効果があるようです。
マウスの代謝速度はヒトの7倍程度ですので、人間の投与量は体重1kg当たり0.2から1mg程度で良いように思われます。
体重50kgで1日10~50mg程度です。がん治療にCBDオイルを使う場合の一つの目安になります。
例-体重50キロ 10mg~50mg
3000mg(総量10g) ダイヤル1回転-1グラム(300mg) 体重50kgの場合-ダイヤル1/10~ダイヤル1/6(低温では成分が固まります)
2000mg(総量10g) ダイヤル1回転-1グラム(200mg) 体重50kgの場合-ダイヤル1/10~ダイヤル1/4(液体)
1500mg(300滴) 1滴-5mg  体重50kgの場合-2滴~10滴
300mg(300滴) 1滴-1mg  体重50kgの場合-10滴~50滴
 

 

引用先 銀座東京クリニック
↑動物に対して目安になると思いましたので紹介しました。

 

 

 

 


 

 

 

CBDオイルとペットについて知っておくべきこと

 

CBDの人気とマーケティングは研究と規制を上回っています、と獣医Jerry Kleinは言います。

 

 

持っているハイパー子犬だけで何に関係なく冷やすないだろうか、猫を?それとは反対に、彼らの関節が痛いので引きずっている年上のペット?
あなたはCBDを頭の中に持っているかもしれません、なぜならそれを誓う誰かが彼らのdoggoが抱いていた空白記入問題を解決したことを知っているからです。

 

麻植物由来のカンニビトールは、それが人間の痛み、不安、炎症、さらには癌を治療することができるという報告のための見出しを作っています、しかしそれはそれを包む人々だけではありません。
CBDがいたるところに出現しています – poochesのために – そしてペットの飼い主は買っています。

 

「それは私の犬の手入れをしている」とDMVのアメリカン・ケンネル・クラブのチーフ獣医官ジェリー・クラインはNBCニュースベターに語った。
「それはレジ係のカウンターの上にあります。」そして、口頭でその物質の多くの主張された力について広がるにつれて、「人々は不安から関節炎、発作まであらゆるものを治療しようとしてそれをつかみます」と彼は言った。

 

その力についての話題を考えると、それは理にかなっています。
「私たちは何のために私たちができる行い、我々が愛するものを、」博士クラインは語りました。
「助けになるかもしれないものに手を差し伸べます。」しかし、この写真にはいくつか問題があります、と彼は言いました。
ペットにCBDを与えた結果はこれまでのところ逸話的です。
「人気とマーケティングは研究と規制を凌駕しています」と彼は言った。
「これらの動物は話すことができず、彼らがどのように感じるかを私たちに話すことができません。
それはこの奇跡的な薬をさらに売りやすくする。」

 

あなたがCBD党に加わりたいと思うならば、どんな関係のある親でも知っておくべきいくつかの事柄、そして尋ねるべきいくつかの質問があります。

 

 

 

 

食品医薬品局(FDA)は何を言っていますか?
FDAは、稀な型のてんかんの治療に使用される、ヒト用のCBDベースの処方薬を1つだけ承認しました。
FDAの広報担当者リンジーハーケは、FDAがのextralabel使用には制限置いていない」ことをNBCニュースBETTERに語ったEpidiolex動物で(カン)を。
獣医師は、動物用医薬品使用明確化法(AMDUCA)で議論されている原則、ならびにその薬物の取り扱いに関する州および連邦の規制に従う必要があります。」

 

「FDAは現在、動物用に販売されているマリファナおよびマリファナ由来の製品に関する情報を収集しています。
FDAは消費者にこれらの製品がFDAによって安全性と有効性について評価されていないことを思い出させます、そしてあなたのペットのための適切な治療法についてあなたの獣医師と話すことを勧めます。

 

それはそれを明らかにしましたか?いいえ?まあ…

 

あなたの獣医にも質問があるかもしれません
クライン氏は、獣医師が依頼すれば、一般的なCBDの使用についてクライアントと話し合うことに寛容であるべきだと述べ、「現時点ではペットのCBDの使用または投与量に関する科学的データはない。
現時点でCBD製品は規制されていないため、不安、関節炎、さら​​にはてんかんに至るまで、さまざまな目的のために有効性を確保する方法はありません。
6ポンドのチワワまたは150ポンドのマスチフを正しく効果的に投与するためのCBDの投与量に関する現在の研究はありません。
科学が真の答えを持っている時が来るかもしれませんが、それは今ではありません。」

 

人のために働くことが猫のために働くことが犬のために働くことが馬のために働くことを仮定することはできない、と彼は言った。

 

これが警告主義的に聞こえるなら、これを考えてください。FDAはCBD製品を販売している会社に重要な警告状を発行した、とDr. Kleinは述べています。

 

投与量の問題に加えて、「説明責任はありません」、それが彼らの中にあることになると、クライン博士は言いました。
あなたはそれが大麻ではなく、大麻に由来していること、そしてペットに有毒なTHCがないことを確信できますか?「緊急獣医師として、私はマリファナブラウニーに入った犬を扱ってきましたが、それが懸念です」と彼は言いました。

 

 

 

 

長期的な影響は何ですか?
要するに、「わからない」とクライン博士は述べた。
「時間枠はまだ十分ではありません。そして研究は行われていません。私たちは、血圧、口渇にいくつかの変化があることを知っていますが、それらは単なる予備的研究です。」

 

「本当に可能性のある利益の可能性がここにあると私は考えているので、私はNaysayerになりたくない」とDr. Kleinは言った。
「規制されていてデータがあれば、将来的に素晴らしい製品になるかもしれません」と彼は言いました。

 

たぶんニュースが進行中です。
Klein博士は、てんかんの治療のためにCBDを検討している、AKC Canine Health Foundationの研究を指摘しています。「1年かそこらでうまくいけば、我々はそれについていくつかの結果があるでしょう。」

 

一番下の行?
クライン博士は、「法律や資料の一部が絶えず変化していることを強調することはできない」と述べた。「人々が懸念に気づいていること、そして現在のデータに気づいていることを自分で判断することさえ重要です。
彼らが与えているものが科学的に証明されていないということを理解している限り、それは何の利益にもならないかもしれません。

 

獣医からの最後の言葉?「それをやっているのなら、現時点ではあなた自身の責任で行っています。」

 

 

 

引用先   nbcnews.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

必要な唯一のCBDユーザマニュアル

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »