fbpx

CBDの美容製品やスキンケア品は実際に機能しますか?

Pocket

CBDの美容製品やスキンケア品は実際に機能しますか?

 

 

 

 

 

 

アメリカサイトからの紹介です。

 

CBDがアメリカ連邦法律、州法律を無視した状況で大きく流行しているアメリカの現状です。
今回は化粧品にも成分として添加されています。

 

連邦政府FDAが認めているのは大麻種を食用として認められています。
しかしアメリカは連邦制なので州の法律も存在するのです←ここが日本人にとってややこしく感じるところです。
連邦法で禁止しても州法律では禁止していなかったり、その逆もあったり・・・そのおかげで医療大麻を利用できたり、娯楽用として利用できたりしています。
以外にも緩い場所はあるのですが、非常に厳しい州もあったり・・・わかりません

 

CBDは口から、肌から吸収して効果があります。
湿布で皮膚吸収以外にも基礎化粧品等に混ぜることで皮膚の炎症(表面的な赤み)を改善目的に利用しているのです。
CBDは他にも老化を遅らせる効果があるこうです(動物実験)
抗酸化物質としても他の成分より高い抗酸化効果もあり化粧品の成分としての利用価値は大きいです。
現時点では大手メーカーは販売していませんが今後、大手メーカーがCBD入化粧品を提供するのも時間の問題です。

 

CBDは多方面で効果があることが実感されている成分です。
それが、科学的根拠がなくても多くの方が実感している事実があります。
そして、安全に利用できることにも大きな理由です。
副作用が大きく、問題がある石油化学合成医薬品との相性は今の所、良いようです。
私生活で薬と併用しない状態でCBDを利用した場合ほぼ、問題が起きない成分です。
売る側にも使う側にも使い勝手の良い成分です。
その事に気づいたアメリカの人達は多くの方が利用しているのです。
飲んで食べて塗って多方面に効果があり、しかも無毒に近い使い勝手の知識がなくても使えば効果が得られる便利な大麻成分CBD
多機能で安全な成分であるなら誰もが試したくなると思います。

 

 

 

 

アメリカ皮膚科学アカデミーの年次総会でCBD。「それはまた、酒さ、湿疹またはにきびを持つ人々のための抗炎症薬としても働きます。」

「皮膚内の油分を減少させ、ニキビが発生しやすい皮膚のある患者の治療に役立つことを示唆するデータがある」

↑まだデーター的には少ないと思うのですが、今後調べれば更に多くの結果が出ることは間違いないでしょう
FDAは認めたくないでしょうがアメリカ国内、世界的に浸透している大麻成分を認可する羽目になるでしょうね大きな国の利益が絡んでいるため医療の圧力程度では止められないかも・・・
日本も早く対応しないと出遅れますし多大な国益が入りませんよ?厚生労働省さん分かってますか?

 


 

 

 

 

 

CBDの美容製品やスキンケア製品は実際に機能しますか?
CBDはマリファナと麻の化学物質の1つですが、それはあなたが投石することはありません。しかし、それはあなたの肌を整形するかもしれません。

ここ数年の間に、CBDは、コーヒーからビール、ペット用品まであらゆるものに見られる「it」成分に至るまで、あまり知られていない頭字語から始まりました。

 

そして今、CBDは美容通路に現れています。

 

強力な原料としてCBDを誇る保湿剤、セラム、オイルは、SephoraやUltaのような大手美容小売店を含め、いたるところにあります。
しかし、彼らは実際に私たちの通常のスキンケア製品よりもうまく機能しますか?

 

 

CBDスキンケア製品は実際に機能しますか?
実際には、そうかもしれません。
皮膚科医Patricia FarrisはTODAY Styleによると、マリファナや麻に含まれる化学成分の CBD(カンナビジオール)には大きな利点があります。

 

「私たちはそれが強力な抗酸化物質であることを知っています – 植物性抗酸化物質のように、ビタミンCやビタミンEよりも強いので、コラーゲンを保護しDNA損傷を防ぎ、日光による損傷を防ぐので常に役に立ちます」と最近話したDr. Farrisは言った。
アメリカ皮膚科学アカデミーの年次総会でCBD。「それはまた、酒さ、湿疹またはにきびを持つ人々のための抗炎症薬としても働きます。」

 

ニューヨーク市の有名人皮膚科医Joshua Zeichner博士は、CBDの抗炎症作用を反映していました。

 

同氏は、「皮膚内の油分を減少させ、ニキビが発生しやすい皮膚のある患者の治療に役立つことを示唆するデータがある」と述べた。

 

そうは言っても、抗炎症薬としてCBDを支持するいくつかの研究がありますが、それを取り巻く研究の全体的な欠如がまだあります、主に成分を取り巻く法的不透明さのためです。
麻は最近合法化されましたが、食品医薬品局はまだ1つの処方薬がてんかんの治療を意味することを除いて、CBD自体を承認していません。
そして、FDAは美容製品を承認していませんが、それは、例えばそれが効果的であるためにはどのくらいの量のメーカーが製品に入れる必要があるかを知るのに十分なCBDに関する研究がないことを意味します。

 

 

 

 

だから今のところ、CBDの恩恵を受けることを熱望している美容愛好家は彼ら自身のリスクで進めなければなりません。
良いニュースは、専門家が言うことができることから、リスクは最小限であるということです。

 

「私はそれらを無害製品と見なすでしょう」とファリス博士は言いました。
「彼らはにきびや酒さであなたを助けるかもしれません、しかし、我々は科学的な研究を持っていません。」

 

彼女の最大のアドバイスは?「私は人々に言うだろう:たくさんのお金を使わないで」と彼女は付け加え、レチノールのような製品には科学的裏付けの成分がすでに市場に出ていると指摘した。

 

ニューヨーク市の理事会認定皮膚科医Debra Jaliman博士は、CBDの使用による「望ましくない副作用」は見られなかったとも述べました。

 

「製品が機能することがわかっていて、顧客がそれらから優れた結果を得ることができれば、それらをお勧めします」と彼女はTODAYにEメールで話しました。

 

THCとは異なり、マリファナの植物に含まれる別の化合物であるCBDは、精神活性を持たないため、ウェルネスキュアオールとして知られるようになりました。
突然、CBD が主張できないものを見つけるのが難しいようです。
ペットの飼い主は、不安になりやすい猫や犬を癒すためにCBDサプリメントを購入することができます。
醸造所はCBDをビールに注入しています、そしてCBDで作られたグミは不眠症や他の病気を治す力を誇ります。

 

 

 

 

有名人も行動を起こしています。
Whoopi Goldbergは、期間の痛みを和らげると主張する大麻製品のシリーズ、Whoopi&Mayaの作成を支援しました。
Martha Stewartはペット用のCBD製品のラインを作成しています。そしてGwyneth Paltrowは、彼女のライフスタイルウェブサイトGoopでCBDスパイクカクテルを宣伝しました。

 

美しさはCBDの最新のフロンティアのようです。
先週、Ultaは、Cannuka(CBDとマヌカハニーから作られた肌を落ち着かせて癒すことから作られる人気のあるスキンケア製品のラインナップを運ぶことを開始すると発表した)。

 

ドラッグストアの大手ブランドが流行し始めるまでには、おそらく時間の問題です。
しかし、その間には、たくさんのCBDスキンケア製品が発売され、毎日発売されています。あなたがCBDに興味を持っていて、発赤と炎症に役立つ何かを探しているなら、それは試してみる価値があるかもしれません。

 

 

 

引用先   today.com

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

科学的に見ると大麻CBDは体内でどのように機能する?

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »