fbpx

科学者はCBDが知的障害の子供たちに役立つ事を願う

Pocket

科学者はCBDが知的障害の子供たちに役立つ事を願う

 

 

 

 

今回、紹介する記事には今までの石油化合医療薬にはない可能性を大麻成分は秘めている話です。

 

一部の知的障害者に完全な治療とまでは言えませんが彼らの苦痛「それは知的障害、不安、そして多くの社会的課題によって分類される遺伝的障害です」和らげることが可能である可能性があります。

 

恐らく、臨床治療や実験のきっかけは脆弱X症候群を持つ、親が家庭治療として医療大麻やCBDを利用したことから始まったのだと思います。

 

個人治療を始めて効果が出た方たちの話をブログや直接聞き、研究を始めたケースがアメリカでは多いかもしれません
事実、医療は家庭療法より実践が遅く未だに進んでいない状況です。
一部の州は医療大麻を許可したりしていますが医療としてなので症状、病気で利用できるものが決まっているため、利用したくても出来ないとか・・・

 

大麻を完全に開放している州もあるのでそちらに関しては自宅で大麻をオイル付けにして「自家製CBDオイル」を作ったりすることも出来ます。

 

そのように利用している方たちのブログなどで語られた経験談を読んで、効果があったことを知り臨床試験までたどり着けた可能性があります。

 

 

 

 

 


 

科学者は、CBD製品が知的障害のある子供たちに役立つことを願っています

 

 

 

 

シアトル – あなたはCBD、大麻由来のエキスを聞いたことがあります。
人気と宣伝されている利点は広がり続けています。

 

現在、地元の科学者は、脆弱X症候群と呼ばれるまれな障害を持つ子供たちを助けることを期待して、CBDを研究する新しい臨床試験に着手しています。

 

ワシントン大学のDr. Raphael Bernierは、これまでで初めてCBDゲルをテストする準備をしています。

 

「私は科学者なので、常に慎重に楽観的です」とベニエは言いました。

 

Benierは、CBDがFragile Xの子供の脳活動を活性化させることを期待しています。

 

「それは知的障害、不安、そして多くの社会的課題によって分類される遺伝的障害です」とベニエは言いました。

 

CBDまたはカンナビジオールは、大麻に含まれる化合物ですが、マリファナのTHCとは異なり、CBDは非精神病薬であり、ユーザーを高くすることはありません。

 

予想されるDEA承認の後、Dr. BernierはZynerba Pharmaceuticalsが提供するCBDゲルの試験を開始します。

 

「これにより、私たちが目にするこれらの課題のいくつかが改善され、過敏性が軽減され、社会的能力が高まると期待しています」とBernier氏は述べた。

 

しかし、臨床試験以外では、CBD製品は、痛みや不安を軽減するために消費者に人気が高まっています。

 

CBDは現在、飲み物、ペット用おやつ、軟膏などのさまざまな製品に含まれています。

 

CVSはまた、8州の800店舗でCBD製品の販売を開始すると発表したばかりです。

 

ワシントン州は8つのうちの1つではありません。

 

 

 

 

これまでのところFDAはてんかんと戦うためにCBDを含む薬を承認しましたが、市場の他のすべての製品についてはどうでしょうか。それらは効果的ですか?

 

「CBD製品がFDAによって規制されていないため、CBD製品にとって難しいことは、品質管理が難しくなる可能性がある」とミード博士は言います。

 

ミード博士は、その製品が効果的であるのか、それが単なるプラセボ効果であるのかを知ることは難しいと言います。

 

彼女はまた、いくつかの研究ではそうではないと言っていてもいくつかの製品にはTHCが含まれていることを発見したと言います。これが、Meade博士が消費者が慎重に使用すべきだと言う理由です。

 

彼女はまた、Bernier博士が準備を始めているような臨床試験もサポートしています。

 

「それを安全に使用する方法、それを何に使用するのか、そして何が最も効果的であるのかを人々に教えることができるようにするためには、良いデータが必要です。

 

 

引用先   q13fox.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

なぜ?鎮痛剤からCBDオイルに切り替えた?

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »