fbpx

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて

Pocket

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて

 

 

 

 

CBDはガンの鎮痛剤、がん細胞を減らすとネットで報告されています。
医療の研究者はどのようにして鎮痛効果、ガン細胞減少のメカニズムを探し始めたばかりで家庭療法の結果だけがネットの情報で広がって居るのが現状です。

 

色々と情報に尾ひれが付いているものもあるようです。
少しのCBDで体調が回復できるような勘違いする内容もあります。

 

確かに臨床試験でCBDを毎回?1日総量250mgで治療に使い良い結果が出た内容がアメリカの臨床試験の報告にあります。
確かに少量ですが私が普段利用する量の1ヶ月分に近い量を使っています。
実際にがん治療にそれだけの量を使うと間違いなく価格は高くなります。
おそらく利用量が少なくてく効果があると言っているのは価格も含めての意味合いを感じる内容に感じます。

 

間違えてほしくないのですが日本の方でCBDを家庭療法として使うのでしたらそれなりに量は使うつもりで利用してください
末期がんの方が利用したいと問い合わせがたまにあるのですが・・・ステージ4はそれなりの量を使うと思いますよ?

 

がん治療に医療代金で何十万使って大変でしょうけど抗がん剤でがん細胞、健康な細胞も共に殺している薬を使って最後ののぞみ的に使われても・・・
それで利用量は?と聞かれましても・・・それなりに使うとしか言えませんよねやっぱり・・・

 

 

 

 

話はそれましたがCBDの利点は副作用が殆どないこと
頻脈(速い心拍)
低血圧(低血圧)
赤い目
筋肉の弛緩
消化力の低下
CBDへの嗜癖のリスクはほとんどありませんが、人々はカンナビノイドへの耐性を開発することができます。
CBDの服用を中止すると、離脱の副作用がある人もいます。
離脱症状には以下のものがあります。
過敏性
ほてり
不眠症
落ち着きのなさや睡眠障害
吐き気
NCIのノート、CBDは、癌治療のために重要であるかもしれない特定の酵素を阻害します。
人がCBDを服用する場合、これらの酵素に頼る癌治療はあまり効果的ではないかもしれません。


紹介文です
副作用も離脱症状も多分研究で確認した作用だと思います。
臨床試験は精製された純度の高いCBDを多量に使って確認します。
1日に200mg~500mgの量をCBDを利用したことのない患者にいきなり投与します。

 

私のショップでも純度の高いCBDを販売していますが直接口に入れるタイプの製品は大麻茎をそのまま抽出した茎のエキスタイプの製品です。
その製品を利用するときでもCBDを体に馴染ませるために数滴から初めて1日おきに滴数を増やしていく方法を勧めています。
他の情報では副作用として下痢が上げられていました。
CBDを単体で使う場合は臨床試験のように多くのCBDを利用することになります CBDの量を使うため副作用も出やすいみたいです。
どちらにしても副作用としては石油化学合成薬と比べたら非常に軽いです。

他の情報ですが、医療薬と併用する方についても書かれていました。
CBDはグレープフルーツの化合物Bergaptenよりも強力なチトクロームP450の阻害剤です。

グレープフルーツがあなたの薬と相互作用するかどうか医師に相談してください。
グレープフルーツがするなら、CBDもおそらくします。
CBDが豊富な治療法を受けている患者は、処方薬の血中濃度の変化を監視し、必要に応じて投与量を調整する必要があります。

 

薬の効果を大きく阻害します。
医者にグレープフルーツを食べないように忠告された方、もしくはグレープフルーツと一緒に薬を利用して良いか聞きましょう。

 

 

 

 

 

 


 

癌のためのCBD:あなたが知る必要があるすべて

 

 

 

カンナビジオール、またはCBDは、それが体に多くの利点を提供するように見えるので、自然医学の世界で人気を得ている大麻植物の多くのカンナビノイドの1つです。
このトピックについては議論がありますが、癌の治療にCBDを使用することをお勧めする人もいます。
癌治療のためにCBDについての主張をするのは時期尚早ですが、この化合物はこの病気またはその治療のために起こる症状を管理するのを助けるかもしれません。

 

CBDはテトラヒドロカンナビノール(THC)と同じではないことに注意することが重要です。
これは、人が喫煙または摂取すると「高」を引き起こす大麻の活性カンナビノイドです。
研究者たちはまた、不安や慢性疼痛の治療にCBDを使用する可能性にも注目しています。

 

癌細胞とCBDに関する小規模な研究からの最初の結果は有望ですが、それらは決定的なものではありません。

 

この記事では、がんに対するCBDの影響と、それががん治療の副作用を軽減するのに役立つ方法について学びます。

 

補完療法としてのCBD
利用可能な証拠の大部分は、CBDおよび大麻治療が癌治療を補完する可能性があることを示唆しています。
CBDは、次のようにしてがん患者を支援します

 

 

 

 

食欲を刺激する
がんに役立つ可能性があるCBDオイル
CBDオイルは痛みを和らげ、食欲を刺激します。
癌治療を受けている多くの人々は、吐き気と食欲不振を経験します。

 

これらの症状は、健康的な体重を維持することを困難にします。

 

THCと他のカンナビノイドを血流に運ぶ摂取された大麻は食欲を刺激するのを助けるかもしれません、しかしCBDだけがこの効果を持つことができるという証拠はありません。

 

 

痛みの軽減
がんとその治療法の両方が痛みを引き起こす可能性があります。
癌はしばしば炎症、内臓への圧力、または神経損傷による痛みを引き起こします。
痛みがひどいとき、それは強力な鎮痛剤であるオピオイドに対してさえ抵抗性になることができます。

 

CBDはCB 2受容体に間接的に作用し、これは炎症を減少させることによって広範囲の疼痛緩和に役立ち得る。

 

THCはCB1受容体に作用します。これは神経損傷による痛みに役立ちます。

 

 

吐き気
大麻やCBDなどのカンナビノイドは、特に化学療法が原因で、定期的な吐き気や嘔吐を経験するがん患者にも役立つかもしれません。

 

しかし、抗悪心症の影響は、大麻ではなくCBCからではなく、THCから来るようです。吐き気を減らすために大麻を試したいと思っている人は、処方された大麻製品におけるTHCの潜在的な精神活性の影響に備えて自分で準備し、医師と話し合うべきです。

 

多くの人が低用量のTHCからの安心を見つけます。副作用が少ない合成THCの処方バージョンが入手可能です。

 

 

 

 

がん予防のためのCBD
癌を予防するために大麻やCBDを使うことを疑問に思う人もいます。
国立癌研究所(NCI)は、大麻と癌との関連については多くの研究をレビューし、研究結果を混入していることがわかりました。

 

米国からの64,855人の男性に関するより古い研究は、大麻使用がタバコ関連癌のリスクを増加させなかったことを発見しました。
しかし、これと同じ研究では、タバコを吸ったことがない男性の大麻使用者も前立腺癌のリスクが高いことがわかりました。

 

一方、2015年の研究の著者らは、大麻と膀胱癌の間に有望な関係を見出しました。
いくつかの要因を調整した後、大麻使用者は膀胱癌を発症するリスクが45パーセント低いことを彼らは発見しました。

 

大麻の煙が依然として発ガン性物質を生成することが研究によって示されているが、吸入されたマリファナと癌との関連性は決定的なものではない。

 

ただし、CBD抽出物を摂取しても、喫煙マリファナと同じ発がん物質に体がさらされることはありません。
もしあれば、CBDが癌の予防に果たすべき役割を決定するために、ヒトにおけるより長期の研究が必要です。

 

 

CBDは癌を治療できますか?
現在、がん治療として大麻やカンナビノイドの使用を調査している大規模な臨床試験はありません。小規模な予備調査は存在しますが、調査はまだ初期段階にあります。

 

2016年に、研究者らはカンナビノイドの使用が癌との闘いにおいて有望であることを指摘しました。
著者らは、カンナビノイドが試験管と動物モデルの両方において多くの異なる種類の腫瘍細胞の増殖を阻害するように思われることを発見した。

 

しかし、彼らはまた、いくつかの投与量や種類のカンナビノイドが免疫系を抑制し、腫瘍の成長を妨げないようにするかもしれないとも述べました。

 

癌治療におけるカンナビノイドの可能な治療的用途を発見するためには、もっと多くの研究が必要です。

 

 

 

 

CBDの副作用
妊娠初期の不眠症のために起きている女性
ある人がCBDの服用を中止すると、不眠症を経験することがあります。
脳内のカンナビノイド受容体は他の多くの薬物受容体と同じようには作用しないため、副作用の危険性が低くなる可能性があります。

 

疼痛管理のための伝統的な薬とは異なり、麻薬はアヘン剤のように中枢神経系に影響を与えないため、明らかな致死量のCBDはありません。

 

しかし、カンナビノイド受容体は体内に広がっているため、CBDは脳だけでなく他の多くの臓器や組織にも影響を及ぼします。
CBDに特に敏感な人々はいくつかの有害な副作用を経験するかもしれません。

 

CBDの副作用は次のとおりです。
頻脈(速い心拍)
低血圧(低血圧)
赤い目
筋肉の弛緩
消化力の低下
CBDへの嗜癖のリスクはほとんどありませんが、人々はカンナビノイドへの耐性を開発することができます。
CBDの服用を中止すると、離脱の副作用がある人もいます。

 

離脱症状には以下のものがあります。
過敏性
ほてり
不眠症
落ち着きのなさや睡眠障害
吐き気
NCIのノート、CBDは、癌治療のために重要であるかもしれない特定の酵素を阻害します。
人がCBDを服用する場合、これらの酵素に頼る癌治療はあまり効果的ではないかもしれません。

 

 

取り除く
CBDは確かに多くの癌症状にとって有益な化合物であるように思われるが、CBDが有効な癌治療になり得ることを示唆する科学的研究はない。

 

カンナビノイドや大麻それ自体が、場合によっては補完的治療としての役割を果たすことがあります。

 

癌治療中にCBDや他の化合物を使用する前には、必ず医師に相談して、服用している薬と反応しないようにする必要があります。

 

 

 

引用先   medicalnewstoday.com

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

必要な唯一のCBDユーザマニュアル

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »