fbpx

CBDはあなたが体重を減らすのに役立ちますか?

Pocket

CBDはあなたが体重を減らすのに役立ちますか?

 

 

 

 

今回の紹介記事はダイエットについてです。

 

 

CBDを利用することでホルモンの分泌量等の体の調整をすることで体重が減らせることになります。
ダイエットの可能性があると研究者は言います。
実際にダイエットサプリとして利用された方の報告もあるそうです。

 

私的にはダイエットメインで使うのではなく、健康維持利用に使って結果、ダイエット出来た感覚の使い方が良いとは思います。

 

CBDはCB1を不活性化して食欲を抑えられたり、脂肪を良質な脂肪に変換でき、痩せやすくなり、脂肪燃焼も活性化したり、新陳代謝を良くしたり、痩せる事ができる方向に導ける成分の可能性があります。

 

もちろん、CBDは補助なので今までの私生活を変えていく必要があります。
飲むだけで1ヶ月で数キロ痩せれる・・・なんて広告がありますが詐欺又は毒のどちらかです。
健康的に痩せていきましょう

 

 


 

CBDはあなたが体重を減らすのに役立ちますか?

 

 

カンナビジオール、またはCBDは、自然の健康の世界で多くの人気を得ている天然の化合物です
CBDは、大麻植物の中でカンナビノイドと呼ばれる化合物の1つです。
何人かの人々はCBDが減量を助けることができると信じるが、それはうまくいくか?
にきびの解消から不安の軽減まで、CBDにはさまざまな用途が考えられます。
研究者はまた、CBDが人々が体重を減らし、糖尿病や代謝障害などの体重に関連する問題を経験するリスクを減らすのに役立つ可能性にも注目しています。

 

この記事では、科学が誇大宣伝を支持するかどうかを含む、減量に関するCBDについて説明します。

 

 

 

CBDと体重減少
減量のためのCBD

 

CBDを服用すると体重が減少する可能性があることを示唆する証拠がいくつかあります。
CBDはそれが体内でどのように機能するかによる体重減少を助けるかもしれません。

 

ボディは作り付けのendocannabinoidシステムを備えています。この系は、CB 1およびCB 2受容体と呼ばれる2つのカンナビノイド(CB)受容体を介して体内の異なる化合物に反応する。

 

通常、CB 1受容体は主に脳および中枢神経系に存在し、そして体の他の部分にはほとんど存在しない。
一方、CB 2受容体は全身に存在する。

 

しかしながら、肥満を有する人々において、CB 1受容体は、特に脂肪組織において、より広く普及するようになる。
このため、研究者らは、CB1受容体の活性化と肥満との間には関連性があるかもしれないと考えています。

 

CBDはCB受容体を直接活性化するのではなく、代わりに受容体を遮断または活性化するために身体の天然カンナビノイドに影響を及ぼす。
これは体重減少または他の重要な代謝機能に役割を果たすかもしれません。

 

CBDが人が体重を減らすのを助けるか、または代謝障害を予防するのを助けることができることを示唆するいくつかの証拠があります。

 

 

 

クレームと調査
何人かの人々は、CBDを主張する

 

食欲を減らす
多くの支持者は、この化合物は食欲を減らすことによって人が体重を減らすのを助けることができると言います。

 

大麻を吸う人は通常より空腹を感じる傾向があるため、大部分の人は大麻と刺激的な食欲を関連付けます。
大麻の精神活性成分であるテトラヒドロカンナビノール(THC)が空腹を引き起こす可能性があるのは事実ですが、CBDはそうではありません。

 

THCは体内のCB 1受容体を活性化し、食欲を刺激することを含む多くの効果を引き起こします。
しかしながら、ある2018年の研究論文の著者のメモによると、CB1受容体拮抗薬は食欲を減らし肥満を制御するのを助けるかもしれません。
これは、CB 1受容体アゴニストが受容体を遮断または「不活性化」するためである。

 

CBDはCB 1受容体を不活性化しないが、それらを遮断するために他の分子に影響を及ぼし得る。これらの受容体を遮断することは、食欲を減退させ、そして一部の人々において過食を防ぐのを助け得る。

 

2012年からのより古い動物研究は CBDへの露出がラットの食欲を減らすことを発見しました。
CBDが食欲抑制に役立つことを示唆する多くの事例証拠がありますが、CBDが人間の食欲を減らすことを示す直接的な研究はありません。

 

 

 

悪い脂肪を良い脂肪に変える
減量のためのCBDの支持者はまた、それが体がカロリーを燃やすのを助けるかもしれない褐色の脂肪に白い、または「悪い」脂肪を変換することができると主張します。

 

白脂肪はまた、心臓病や糖尿病などの多くの慢性疾患のリスクを高める可能性があります。

 

2016年の研究では、この主張をバックアップするのに役立ちます。研究者達は、CBDが体が脂肪とどのように相互作用するかにおいて複数の役割を果たすことを見出しました。

 

CBDは白脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変換するのを助けるだけでなく、脂肪をより効率的に分解するように体を刺激しました。

 

研究者らは、CBDは肥満を予防するための有望な治療法であるかもしれないと述べているが、ヒトにおけるさらなる研究が必要である。

 

 

脂肪燃焼
もう1つの主張は、CBDは脂肪を分解し、それを廃棄物として体から除去するのを助けることによって体内の脂肪を溶かし去ることです。

 

2018年からの調査はこの現象を説明するのを助けます。
白脂肪細胞を褐色脂肪細胞に変えるプロセスは、実際にこれらの細胞が体内でどのように作用するかを変えます。

 

褐色脂肪細胞は、脂肪のより活性な形態であり得る。彼らはエネルギーを熱として消費します。つまり、実際にカロリーを消費します。

 

カロリーの減少は減量に欠かせないので、体内で白脂肪から褐色脂肪に変わると、CBDは脂肪を燃焼させるのを助けるかもしれません。

 

 

代謝障害のリスクを軽減
他の2018年の研究ノートが示すように、肥満と2型糖尿病、高血圧、高コレステロールなどのいくつかの代謝障害との間には密接な関連があります。

 

体内のCB受容体の過剰活性化はこれに部分的に関与しているかもしれない。体全体の脂肪組織におけるCB 1受容体の過剰活性化は、肥満および代謝リスクの一因となり得る。

 

CBDはCB1受容体を遮断するのを助けます、それはそれが肥満のリスクを減らすかもしれないことを意味します。

 

CannabisとCannabinoid Researchのレビューでも、主に動物モデルにおけるCBDと代謝因子を取り巻く過去の研究のいくつかのハイライトに注目しています。

 

例えば、CBDを用いた治療は、肥満ラットにおいて総コレステロールを25パーセント減少させた。CBDの抗炎症作用および抗酸化作用も血糖値を低下させそして肝臓の健康のためのマーカーを増大させるように思われた。

 

 

 

 

リスクと考慮事項
減量のダンスのためのCBD
健康的な食事と運動はあらゆる減量計画の重要な部分です。
CBDと体重減少に関する研究からの最初の結果はいくつかの有望な提案を出しましたが、考慮すべき重要なことがいくつかあります。

 

CBD、または他の化合物、サプリメント、または薬物は、肥満の治療法ではありません。これらのサプリメントや化合物は健康的な食事や定期的な運動に代わるものではありません。

 

運動や食事をせずに減量計画にCBDを追加した人は、何の効果も見られないかもしれません。

 

せいぜい、人々はCBDを補完療法と見なすことができます。すべての体が同じというわけではなく、一人一人がわずかに異なる線量を必要とするかもしれません。

 

より大きな体重を持つ人や大麻を定期的に使用する人はより高い用量を必要とするかもしれませんが、大麻またはCBDに非常に敏感な人は化合物が効果的であるために非常に少量を摂取する必要があります。

 

減量のためにCBDを使用するときは、医師と直接仕事をすることが最善です。CBDは有害​​な相互作用を引き起こす可能性があるため、医師はその人が服用している他の薬について議論したいと思うでしょう。

 

 

取り除く
CBDと体重減少に関する研究の初期結果は有望であり、それらの間の関係についてのさらなる研究を促進するかもしれません。

 

CBDは、体重を減らしたり、カロリーを消費したり、食欲を抑制したい人には役立つかもしれませんが、これらの主張を強調しすぎないようにすることが重要です。

 

健康的な食事とたくさんのエクササイズは今でも最高の減量戦略です。

 

CBDは、人が慢性的な症状のために服用している他の薬を置き換えるべきではありません。それは彼らの既存の薬と相互作用する可能性があるので人々は何らかの理由でCBDを使用する前に医師に相談してください。

 

CBDは一部の健康食品店、薬局、およびオンラインで購入できます。

 

 

 

引用先    medicalnewstoday.com

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

 

驚くべき方法で人々がCBDオイルを使用しています

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »