fbpx

CBDはうつ病の治療に役立ちますか?

Pocket

CBDはうつ病の治療に役立ちますか?

 

 

 

 

今回はうつ病、不安障害・パニック症の方のためのCBDについてアメリカサイトで紹介されています。

 

うつ病について
脳内セロトニンのバランスが常に悪い場合、うつ病の症状が出るようです。
CBDは体の伝達物質ホルモンに影響がある成分です。
CBDでホルモンのバランスを整えることによりうつ病やパニック障害に良い影響が出るようです。

 

紹介文にははっきりと、CBDは抗鬱剤として働きましたと記載しています。
最近の研究では
2018年の研究で、研究者らはCBDが速効型抗うつ薬として有望であることを示しました。
↑CBDはうつ病治療薬としてほぼ、利用確定的な結果が出ています。
あとは、各国の法律次第だと感じています。

 

副作用につていも
CBDを経口的に摂取したり、吸入したり、局所的に使用したりしても、通常、副作用は発生しません。
↑断言しています しかし、まれにですがCBD成分に対して合わない方や、いきなり多くのCBDを利用された場合に副作用が起きることが確認されています。
その副作用も石油化学合成医療薬から比べたらささいな副作用です。
これは、人工的に作られた薬と自然抽出物の違いです。
我々人間の体は石油合成物質を拒絶しています 副作用は言い換えると拒絶反応です。

 

CBDに中毒を発症する危険性はないようであるため、長期使用はほとんどの人にとって安全かもしれません。※単独では問題ありませんが医療薬と併用する場合、医療役が効果が弱くなる場合が報告されています 薬との相性は研究中になります。
↑最近、アメリカのサイトでもやっと中毒に関してはっきりと否定した内容が出始めました。
アメリカではCBDが大流行しています 一般の人達は実際に利用して体験してる方が多いと思います。

 

 

 


 

 

 

CBDはうつ病の治療に役立ちますか?

 

カンナビジオール、またはCBDは、うつ病の治療を含む可能性があるその潜在的な健康上の利点についての研究の増大したボディのおかげで、近年人気を集めている天然の化合物です。
CBDとうつ病に関するいくつかの研究の最初の結果は有望に見えます。
CBDはカンナビノイドと呼ばれる100を超える化合物の1つであり、植物Cannabis sativaに含まれています。

 

CBDはテトラヒドロカンナビノール(THC)に似ていますが、2つの化合物は体内で異なる働きをします。
THCは、人が大麻を使用している間に経験する多幸感、または「高い」の感情に責任があります。

 

CBDは体にこれらの影響を与えません – それは高さや陶酔感を引き起こしません。

 

この記事では、CBDがうつ病の症状を緩和するのに役立つ可能性について学びます。CBDはすべての人にとって正しいというわけではないかもしれません、そしてCBD治療をどんな状態にでも使用する前に考慮すべき他のことがいくつかあります。

 

 

うつ病のCBD
鬱病および不安障害は、人の健康、社会生活、働く能力、および全般的な幸福に持続的な影響を及ぼし得る一般的な精神的健康状態です。

 

医師は、人がうつ病を治療または管理するのを助けるために医薬品を処方することがあります。
これらの薬の多くは、気分のむら、不眠、および性的機能不全などの難しい副作用があります。

 

CBDは初期の研究でうつ病と不安症の両方の治療法として期待されており、一部の人々では副作用が少なくなる可能性があります。

 

2014年の研究結果は、なぜCBDが鬱病の治療に役立つのかを説明するのに役立つかもしれません。
彼らは、ほとんどの研究において、CBDが脳内のセロトニン受容体と正の相互作用をしているように見えることを示しています。

 

セロトニンは、人の感情状態や幸福感や幸福感など、身体のさまざまな機能に影響を与えます。
セロトニンレベルのバランスを保つことは、多くの場合、鬱病の人々にとって重要な治療法です。

 

 

 

 

研究が言うこと
動物モデルでの試験は、鬱病の治療を助けるためにCBDを使用するためのいくつかの証拠を提供しました。

 

2014年のレビューの著者によると、さまざまな研究の結果から、CBD はうつ病の動物モデルにおいて抗うつ薬および抗不安薬として作用するように思われることが示されています。

 

2018年からのレビューの著者はまた、多くの研究が動物モデルにおけるCBDの抗ストレスおよび抗鬱剤活性を示していることに注目しました。

 

この化合物は短期間または長期間の使用後に明らかな抗ストレス効果を示す。
あるテストでは、CBDは抗鬱剤として働きました。

 

著者らはまた、この化合物が脳の内在性カンナビノイド受容体を直接活性化することなく作用することを見出した。
これは、CBDが習慣性になる、または中毒性になる危険性が低いことを示している。

 

多くの人が抗うつ剤や大麻化合物の習慣を形成する可能性について心配しているので、これは重要です。

 

2018年の研究で、研究者らはCBDが速効型抗うつ薬として有望であることを示しました。

 

CBDの動物実験を行っているほとんどの研究者は、より直接的なヒトでの研究を求めていますが、彼らの最初の結果は、CBDが体内でどのように機能するのかを確立するための重要なステップです。

 

 

 

 

パニックと不安に対するCBD
鬱病不安に対するCBD
人間でのいくつかの研究は、CBDが不安やパニック障害のような一般的に鬱病に関連する他の問題に役立つかもしれないことを示します。

 

パニック障害に対するCBDの潜在的な利益に関する2017年のレビューで、いくつかの良い結果が得られました。

 

著者によると、パニック障害は世界の人口のおよそ5パーセントに影響を及ぼし、そして予期せぬ、そして繰り返し起こるパニック発作を引き起こします。

 

レビューのある研究によると、人体モデルでは、模擬演説テストの後、300ミリグラム(mg)のCBDの単回投与で不安レベルが顕著に減少しました。

 

もう1人は、600mgのCBDが社会不安障害を持つ人々の不安対策を著しく減少させることを見出しました。

 

 

副作用
CBDを経口的に摂取したり、吸入したり、局所的に使用したりしても、通常、副作用は発生しません。

 

しかし、誰かがCBDの化合物に敏感であるならば、彼らは経験するかもしれません:
食欲や体重の変化
疲労
下痢
CBDはさまざまな薬と相互作用することもできます。
CBDの使用を検討している人は、相互作用をチェックするために既存の薬について医師に相談してください。

 

 

 

 

どうやって使うのですか
多くの人々は、様々なチンキ剤、カプセル剤、および油剤を使用してCBDを経口摂取することを選択します。

 

CBDは、人が定期的に使用するときに最も効果的です。

 

CBDに中毒を発症する危険性はないようであるため、長期使用はほとんどの人にとって安全かもしれません。

 

食品医薬品局(FDA)はCBDなどの天然サプリメントを規制していないため、信頼できる製品のみを購入することが重要です。

 

また、特定の製品のCBDレベルを示すサードパーティラボの結果を確認することをお勧めします。

 

 

概要
CBDは代替医療として人気を集めている強力な化合物です。

 

抗うつ薬としてのCBDの将来の使用については、いくつかの有望な証拠がありますが、それが安全であるか有効であるかを決定するためには、ヒトにおけるさらなる研究が必要です。

 

鬱病や不安のためにCBDを使用することに興味がある人は、それを使用する方法と他の薬との相互作用の危険性について医師に相談してください。

 

 

 

引用先  medicalnewstoday.com

 

 

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

人間自身が普段からカンナビノイドを作る方法とは?

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »