fbpx

CBDブームは科学の先を行く

Pocket

CBDブームは科学の先を行く

 

 

 

 

 

最近、アメリカのサイトばかりを紹介しています。
すみません・・今回もアメリカサイトからの情報です アメリカがCBDブームでどうしてもアメリカの大麻状況の報告が多くなってしまいます。

 

隣国のカナダは大麻開放はアメリカより早く、THCに関してもゆるい扱いのようです。
そちらの話も探したいのですが・・ネット情報はアメリカCBD情報が目についてしまうため、つい優先して紹介をしています。

 

重複する内容もありますが、アメリカCBD事情についてのまとめているサイト内容でした。

 

THCもCBDも 大麻成分に関して、世界中の研究が遅れています。
始まったばかりの大麻成分研究ですが、理由はアメリカが大麻(日本で言う麻)を禁止したためです。
これは世界大戦前の話ですが、アメリカも一時期、植物を材料とした薬が一時期ありました。
今は、生成効率と利益を優先した石油化学合成薬がメインですが昔は違ったのです。

 

多分、大麻成分が薬として使えていたことを知っていたのでしょうね(多分です)
戦後、アメリカ議会で大麻禁止を一人の議員が提示したことから始まったそうです。
アメリカって、本当に迷惑なこと始めますよねあの国は

 

 

 

 

アルコールを禁止、更に戦勝国になった後に、大麻を麻薬扱いにして禁止したり 大麻禁止は薬用に利用されないように、大麻油を石油の代替えにさせないように禁止したとしか思えてなりません

 

THCが精神高揚効果があるという理由ですが薬として利用するなら・・石油化学合成薬と比較になりますが薬効果もあり、副作用も弱く大麻エキスとして利用する条件がありますが、THCを薬として利用することについて私は賛成です。
副作用、見方を変えたら拒絶反応にしか見えない石油化学合成薬を利用するならTHC濃度が高い大麻エキスを利用したほうが私は良いと思っています。

 

THCは細胞に浸透する長期にわたり滞在する成分らしいです。
依存性もあるとのこと、しかし通常の生活であればそれは体表に出ることがない症状だそうです。
体内で打ち消すそうです 利用したときに一定量を超えると症状が出るようですが、少量は出ないようです。

 

麻とマリファナの違い
簡単に言うとTHCが多いのがマリファナ、CBDが多いのが麻です。
上記に書いてあるようにTHCは利用量が多ければ症状も出ますし長期に渡ってTHCが抜けなく、視覚認知能力が下がり、人によっては覚せい剤みたいな強烈な依存性はないにしても精神的依存性、肉体的依存性の可能性もあります。(研究段階なので可能性だけに留めます)

 

これはTHC単体で利用した話です。
CBDを一緒に利用する場合、THCの症状は抑えられ・・・これについてはここまでは確認されています 今後の研究で発表されると思います。

 

 

私は、大麻の抽出液をそのまま利用することをオススメしたいです。
これは、医療大麻の感覚に似ているのかもしれません医療大麻を刻み、チップ状にしてオイルに漬け込み、抽出液を利用する方法に近いかもしれません
医療大麻を油で漬け込み、利用する以上に私の販売しているCBDオイルは茎全ての抽出物のため多くの成分が入っている品です。

 

 

海外で確認されていますが、CBD単体より大麻抽出物成分の方が少ない量で効果が出たことが確認されています。
CBDと他の成分が相乗効果があるのでは無いか?と推測されています。
単鯛成分より、大麻抽出成分が良い結果が出ているのは一部の症状なのか、多くの症状が影響するか不明ですが私は大麻抽出成分の利用が良いように感じます。
THCも微量ですが含まれています。
THC・CBD 実は大本は同じ成分なのです

 

 

 

 

CBGA→CBDa→CBD
CBGA→THCa→THC        
CBGA→CBG   ↑
                 ↑  ・光(紫外線)、熱、酵素により
        脱炭酸化(CO2が抜ける)により変化します。

・同じ成分から違う酵素で変化しています  
大麻もマリファナも呼び方が違うだけで基本、同じ植物です。
CBGaが変化する酵素が地域で違いがあるそうです。(日本が昔から繊維用途として育てているのはCBDaに変化する酵素の系統みたいです)
同じ植物と言っても品種がありますから一概に言えませんが大きく言うと同じ植物、地域差、品種で変化する酵素が違うみたいです。

 

 

※ドリームスペルオリジナルCBDはCBGa/CBGが含有するCBDオイルになります。
現時点で、成熟大麻抽出製品では、販売さ販売少数の希少な製品です。
南フランス産成熟大麻を使っています CBGa/CBGが存在する品種を利用して、オランダのCBDメーカーからCBDオイルをオーダーメイド扱いで作ってもらいました。

 


 

 

 

CBDブームは科学の先を行く
厳しい規制がカンナビジオールの研究を妨げているが、それは製品の人気を妨げていない

 

数ヶ月前、私の小さなオレゴンの町に新しい店が現れました。
その棚はチンキ剤、軟膏の瓶、コーヒー豆、風呂爆弾 – ひげ油でさえ詰められました。この雑多なコレクションは、単一の星の成分CBDを共有しました。

 

大麻植物によって生産されて、CBDはマリファナのより有名な構成要素の気まぐれないとこ – 心を渦巻かせる最高を提供するTHCです。CBD、またはカンナビジオールは、心にそのような中毒性の影響を与えません。
それでもこの分子は、痛み、不安、不眠症、その他の病気の治療薬として売られている人々の関心を深く捉えています。

 

その近所の店、CBD・サイエンティフィック社は、一人でマリファナや大麻の両方で発見されたCBDのメリット、の2つのバージョンの人々売るための努力でから遠いアサの植物を。
CBDは、ペットショップ、コーヒーショップ、そして主流の食料品店のヘルス&ビューティー部門で商品を売り出しています。
ビールにも醸造されています。
私は5ドルのボトルウォーターに「5,000,000ナノグラム」のCBDを注入して店を出ました。

 

コロンビア大学のマリファナ研究所を指揮する神経生物学者Margaret Haneyは、これまでのところ、CBDが主張する健康上の利益のメッセージは、科学者からではなく、CBD製品を販売しようとしている人々から来ていると言います。
ギャップがあるために、急増しているCBD市場とそれを裏付ける科学的証拠とが区別されます。
CBDについて興奮する理由はありますが、科学はまだ存在しません、とHaneyは言います。

 

 


 

 

 

 

科学者たちはまだCBDが人体に命中するすべての目標を知らず、またもしあればそれがどんな影響を与えるかもしれないかも知らない。
まれな型のてんかんのある人々を対象としたテストを除いて、人々のCBDとプラセボを比較する大規模な研究はまれです。
既存の研究の多くは実験室または実験室の動物の細胞を使って行われたものであり、その結果は必ずしも人々には反映されません。

 

そして、何人かの人々にとって、CBDの魔法は化合物自体によってではなく、強力なプラセボ効果によって作られるというチャンスが常にあります。
良い結果を期待する人は、利益を得る可能性が高いです。

 

研究者たちは、有望な初期のデータに魅了された、この場に足を踏み入れています。
不安、疼痛、オピオイド中毒、鬱病およびその他の健康問題に対するCBDの効果を検討している小規模の試験が進行中です。
CBD研究のための国立衛生研究所の資金は、2014年のゼロから2018年には推定1,600万ドルまで上がった。

 

「私たちはCBDに非常に興味があります」と、メリーランド州ベセスダの国立薬物乱用研究所の学外研究部長のSusan Weissは述べています、それでも、彼女はCBDを試すことに熱心な人々には注意を促します。
ゆるい見落としのために、オンラインでそして店で販売のためにそれらのチンキ、オイル、こすりと食物の多くの中に何があるかについて言うことはありません。
「人々が取っている製品の多くは、彼らが思うものではないかもしれません」と彼女は言います。
リスクと警告にもかかわらず、CBDに対する集団的な興味はすぐには解消されないと言っても差し支えありません。
コロラド大学ボルダー校の認知神経科学者、ケントハッチソン氏は、「人々はすべてのものに優れていると考えています」と述べています。
それは本当ではないかもしれない、と彼は言います。
「しかし、私はそれがいくつかの点で素晴​​らしいものになるだろうと思います。私たちはただそれらのことが何かを理解する必要があります。」

 

 

 

 

 

ミステリー分子
毎朝、オレゴン州ポートランドのSamantha MontanaroがCBDのチンキ剤を舌下に落とします。
「これで自分の体を試してみるようなものです」と彼女は言います。
“私はそれが本当に不安やストレスを解消するのに役立ちます。”

 

モンタナロだけではありません。
CBDの紹介文は見つけるのがますます簡単になっています。
2016年、現在35歳のモンタナロは、女性のためのグローバルな大麻コミュニティであるTokeativityを共同設立しました。
当時、「CBDは問題ではありませんでした」と彼女は言います。
しかし、CBD運動の最初の火花が早く火をつけた。
「物事がどのように進化してきたかを見るのは非常に頭がおかしい」と彼女は言う。
一部の強気アナリストは、米国のCBD市場は2018年には数億ドルから2022年には200億ドル近くまで膨らむと予測しています。

 

Ziva CooperはUCLAの大麻研究イニシアチブを指揮し、CBDについて多くの質問を投げかけています。
彼女の答えは常にがっかりする。
「私たちが人々に証拠をあまり持っていないと言うと、彼らは実際に驚いています」と彼女は言います。それがCBDの利益になると、「実際には私たちの帽子を掛けるためにそこにはほとんど存在しません」。

 

唯一の例外は、まれな形態の小児てんかんの場合です。
ボストンのマサチューセッツ総合病院の神経科医Elizabeth Thieleには、1日に100回以上の発作を起こしていた若い患者がいました。
他の治療法が失敗した後、その少年の両親はCBDオイルの供給源を探し始めました。
家族はイギリスに飛んだので、その少年はGW Pharmaceuticalsによって作られたCBD製剤を試すことができた。
Thieleによると、子供の結果は驚くべきものでした。CBDの1週間後、彼の毎日の発作は一桁にまで落ちた。

 

その結果、最終的に臨床試験に至りました。
そのうちの1つは、レノックス – ガスタウト症候群、まれで重症の発作障害を持つ171人、主に子供たちでした。
彼らの通常の投薬に加えて、参加者の半数は厳密にテストされそして製薬会社によって標準化されたCBDの投与量を得ました。
残りの半分は彼らの通常の治療とプラセボを受けました。14週間後、CBDを服用している人々は、毎月の発作頻度が中央値で約44パーセント低下しました。
プラセボを服用した人の発作はほぼ22%減少しました。Thieleらは、2018年3月にこれらの結果をLancetに発表しました。

 

研究者らによると、副作用は扱いやすいという。
下痢、眠気、食欲不振、および嘔吐は、プラセボを服用した人よりもCBDを服用した人で発生する可能性が高かった。
他のいくつかの試験の結果に加えて、これらのデータは、昨年6月に米国食品医薬品局にEpidiolexと呼ばれるCBD薬の承認を促すのに十分強力であった。

 

 

 

Epidiolexの厳密なテストにもかかわらず、薬物がてんかんでどのように機能するかについての知識に大きなギャップが残っています。
研究者は、CBDがどのように発作を治療するのか知りません。
この分子は大麻由来のものであるため、CBDはTHCが結合するのと同じ化学受容体、主に脳にあるもの、そして主に免疫細胞にあるものにラッチすると仮定していました。
しかし、CBDはこれらの受容体のどちらにも当たっていないようです。

 

代わりに、ラットとマウスでの研究は2つの異なる目標を示しています。
TRPV1と呼ばれるものは、疼痛感覚およびおそらくてんかんにおいても役割を果たすことが知られている。
もう1つはGPR55と呼ばれ、脳内の神経細胞の活動レベルを変化させる可能性があります。
これは、CBDの消毒力の裏にある可能性があります。

 

科学者達はまた、CBDが年々働き続けているかどうかも知りません。
Thieleの患者さんの中には、CBDは5年間服用した後もまだ効果があるようで、他の薬の一部を漸減することさえ可能にすると彼女は言います。
しかし、米国てんかん学会の年次総会で12月に発表された他の92人の患者からのデータは、CBDの利点が約7か月後に薬から消え始めることを示唆しています。
Tel Aviv Sourasky Medical Centerの研究者らによると、研究に参加している人々の約3分の1が、CBDの投与量の効果が低下した後に用量を増やす必要がありました。

 

CBDおよび他の病気に関する研究はてんかん研究より遅れています。
初期の実験は、主に実験動物であるが少数の人々では、CBDが不安と闘い、統合失調症の症状を緩和し、そして疼痛に取り組むかもしれないことを示唆している。

 

一例として、ストレスの多い人前で話す前にCBDを飲んでいた健康な男性はプラセボを飲んでいた男性よりも穏やかでした、とブラジルのJournal of Psychiatry誌が 10月に発表しました。
しかし、300ミリグラムの線量を受けた15人の男性だけがもっとリラックスしました。
CBDの摂取数が少なかったり少なかったりした27人には、メリットはありませんでした。
他の種類の人々との研究、およびマウスとラットの研究も、抗不安効果をもたらしました。
しかし、これらの研究のほとんどは、一貫した使用ではなく、単回投与のCBDに注目していました。

 

 

 

統合失調症に対するCBDの約束の初期の証拠は、この障害を持つ88人の人々の試験から来ています。
6週間後、通常の薬に加えて大量のCBD(1日1,000ミリグラム)を投与された人は、プラセボを投与された人と比較して、特定の症状がより改善されました。
これらの結果は、CBDが統合失調症のための新しいタイプの薬物であるかもしれないことを示唆しています、研究者は2018年3月にAmerican Journal of Psychiatryに書いています。

実験動物での研究は、CBDが慢性的な痛みを和らげるのを助けるかもしれないことを示唆します。2017年にPainで発表された研究では、CBDがラットの変形性関節症の痛みと神経損傷をブロックできることがわかりました。
人間のための硬いデータは見つけにくいですが、逸話はたくさんあります。
ポートランドのオレゴン健康科学大学の疼痛臨床医であるKimberly MauerとOHSU総合疼痛センターの同僚は、CBDを服用していると言う患者の増加を見ています。彼らの経験は混在している、と彼女は言った。

 

簡単なアクセスなし
CBDの効果に関する多くの未解決の質問に答えるために、科学者は化合物にアクセスする必要があります。
しかし、米国の規制の複雑な網はそれを困難にします。
CBDは、FDAと米国薬物取締局の両方の規則に従います。
マリファナ工場で製造されたCBDは、LSD、エクスタシー、および医学的用途が認められず乱用の可能性が高いと考えられるその他の薬物と共に、DEAの最も制限の厳しいクラスの薬物リスト1に含まれています。
工業用大麻、ひいては大麻由来のCBDへの立ち入り制限は、12月に法律に調印された2018年の農法で廃止されました。
しかし、その出所に関係なく、CBDは依然としてFDA規制、および州によって課された規制の対象となっています。

 

 


 

 

二つの植物の物語
大麻とマリファナの両方が、2つのバージョンカンナビスサティバは、種々の量でも、THC及びCBDを生じます。

 

マリファナの植物はより高い量のTHC、鍋の最高の原因となる化学物質を持っています。
麻植物はより高いレベルのCBDを持っています。
THCとCBDは似たような化学構造を持っていますが、それらの効果は非常に異なります。

 

 

 

 


高レベルのCBD
THC濃度:≦0.3%
2018農場法案ごとに、アクセス制限なし

 

 

マリファナ
低レベルのCBD
THC濃度:0.3%からほぼ30%
アクセスが厳しく制限されている

 

 

 


 

コロンビアのヘイニー氏は、「平均的な人がレクリエーション用マリファナを購入し、多くの州で消費することを合法的に行うのが簡単になるようになりました」と述べています。
CBDの数少ない承認された情報源の1つは、オックスフォードのミシシッピ大学の政府認可大麻施設です。
彼女が勉強に必要なCBDを取得した後、ヘイニーは細心の注意を払ってミリグラムを説明する必要があります。
「私は、カンナビジオールとマリファナの両方を保管するために、私の指紋で入る、鍵のかかった部屋に安全な銃を持っています。」

 

これらの制限のために、多くの科学者は彼らが望む研究をすることができないだけです、とHutchisonは言います。
「全体が少し変わっています。人々はどこでもそれを売ることができますが、科学者が人間へのその影響を研究することは非常に困難です。」

 

Hutchisonらは、研究者にCBDの供給を受けることを要求しない法的な回避策を考え出しました。
チームは、人々が実際に使用している大麻製品の効果をテストすることによって、流通している製品とはかなり異なる可能性がある政府製の大麻を回避しています。
これを行うために、研究者たちは彼らがCannaVanと呼ぶ移動式薬理学実験室を作った。トリックアウトされたDodgeには、購入したCBD(またはTHC)を含む製品を飲んだ後に人々を調査するための機器が含まれています。
研究者らは現在、不安や疼痛に対するCBDの効果に関するデータを収集しています。

 

 

 

 

 

 

買い手は用心する
FDAの規則によると、CBDは合法的に食品に追加したり、州を越えて販売したり、栄養補助食品として販売したり、病気を治療するという主張で販売することはできません。
しかし、いくつかの警告レターを送信することを除いて、FDAは、これまでのところ、市場を無制限に運営させてきました。(しかし、いくつかの地方自治体当局は彼らの力を曲げ始めており、例えばニューヨークのレストランではCBDをメニューから外すよう警告している。)

 

全体的に見て、誰もが実際に販売中のボトル、こすり、コーヒーの中身がわからない。
2017年にJAMAで 発表された研究は、問題の意味を示しています。
研究者は、2016年にオンライン販売された84製品をCBD含有製品として注文し、テストしました。
そのうち、正確にラベル付けされたのは26個だけでした(CBDを請求額の10%以内に含む)。
そのうちの36製品は彼らのラベルが言ったよりもCBDが多かった。
そして22製品が少なかった。
研究者らはまた、84サンプル中18サンプルでTHCを発見した。

 

 

 


 

 

 

未公認
オンラインで購入したCBD製品の実験室試験では、ほとんどの製品が誤ったラベルを貼られていることが明らかになりました。
テストされた84製品の3分の1未満が、その中に見つかったCBDの量を正確に説明したラベルを持っていました。

 

 


 

 

Sophie Cloydは、オレゴン州ベンドのCBD会社Ablisの30歳のマネージャです。私は最近彼女が飲み物の好みを提供し、チンキ剤、オイルおよびローションを記述していたスキーロッジで彼女に会った。
彼女は、CBDがこの妊娠の管理に役立ったと言います。
彼女は妊娠初期に吐き気止め薬ゾフランを処方されました、しかし、「ゾフランの研究はCBDの研究の欠如より私を怖がっていました」と彼女は言います。

 

CBDを注入した炭酸飲料やその他の製品を製造しているAblisは、現在コロラド州から精製CBDを入手している、とCloydは語っています。
CBDが到着すると、会社はそれを独立した研究室に送り、CBDが適切な量であり、農薬もTHCもないことを確認します。
しかし、すべてのCBD販売者が自社製品をテストするわけではありません。

 

予想外のTHC線量はユーザーを高くするのに十分ではないかもしれません、しかしニュース報道が指摘し始めているので、それはまだ問題であるかもしれません。
乾癬性関節炎による痛みを和らげるために、オレゴン州ビーバートンのスクールバスの運転手は毎日CBDオイルを服用していました。
2018年初頭、彼はTHCレベルの高い定期的な薬物検査に失敗したため、仕事を失いました、とPortlandのニュースチャンネルKATUは報告しました。
一見少量のTHCでさえ、繰り返し使用すると体内に蓄積する可能性があります。

 

製品はさらに悪い驚きを含むかもしれません。
例えば、2017年12月から2018年1月までの間に、52人がユダ州で発病し、CBDだと考えた後に幻覚、嘔吐、発作などの症状が現れました。
多くの「Yolo CBDオイル」と表示されている製品には合成カンナビノイドが含まれていることが判明しました。

 

製品ラベルが常に正確であったとしても、人々はCBDの正しい投与量を知らない(正しい投与量が効果的であると仮定して)。
「あなたはそれが10ミリグラムのような用量で市販されているのを見ます」とハッチソンは言います。「ええ、10ミリグラムはおそらく何もしません。」比較のために、あるEpidiolexの研究に参加した人々は体重1キログラムあたり20ミリグラムを摂取しました。
その一日の摂取量に達するために、私は私が買ったその500万ナノグラムのCBDの水の254本のボトルを – 1,270ドルの費用で – 集める必要があるでしょう。

 

 

 

「CBDをコーヒーに加えると、効果的な量に近いものは何も得られません。
または、CBDを少し入れたミントを買うのです」と彼女は言います。

 

あなたがあなたの肌をこするというCBD製品についてはあまり知られていません。
科学者たちは、クリーム、オイル、軟膏中のCBDが実際にそれを体内に取り込むことを知らない。「CBDであなたの体をこすっているものすべてがうまくいっているとさえ確信していません」とHaneyは言います。

 

 

その根本的な問題は、ほとんどのCBDの使用が科学によって裏付けられていないということです、とHaneyは言います。
「私はCBDに反対していません」と彼女は言います。実際、彼女は癌患者の化学療法による神経痛を治療するためにCBDを検討する研究を始めようとしています。
「しかし、マーケティング担当者が何が良いのか、何が悪いのかを判断するのは好きではありません。」

 

OHSUの疼痛担当医、マウアー氏は、「暴走暴走」は何も新しいことではないと述べています。
科学が決定的になる前に消費者は多くのことを試みます – 例えばケトダイエット、またはビタミンDサプリメント(SN:2/2/19、p。16)。
化学物質が効かないことが分かったとしても、プラセボ効果は症状を軽減するのに十分であるかもしれません。

 

これまでのところ、CBDに関する科学は、何らかの形で比較するほど十分に成熟していません。
しかし、進行中の研究や臨床試験の数から判断すると、この初期の研究分野は急速に成長しており、科学と人々が知りたいこととの間の空間を迅速に埋めることを目指しています。

 

この研究のブームはモンタナロを心に打っています。
科学界への彼女のメッセージ:「私は好奇心を刺激する」と彼女は言う。
「私は医者ではなく、科学者でもありませんが、私は自分の体を知っています」と彼女はCBDが彼女を助けていると言います。彼女の観点からすると、科学はやる気を持っています。

 

 

引用先   sciencenews.org

 

 


 

 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDにも応用可能!!必見 大麻の利用方法まとめ

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »