fbpx

カナダの大麻合法はアメリカ半数が良い影響だと信じます

Pocket

カナダの大麻合法はアメリカ半数が良い影響だと信じます

 

 

 

 

 

この情報は2018年11月の少し古い情報です。
アメリカ連邦がTHC濃度の低い大麻植物が開放される前に集計された情報です。
大麻成分CBDが大流行してる現在、多くの方が大麻植物について情報を集め始めています。
開放前まで麻薬として扱っていた事で体に非常に悪い成分として意図的に大麻を悪者扱いしてました。
これは日本も同じです。
大麻は現在麻薬扱いの植物です 詳しく調べもしないのにアメリカ議員が禁止を提示したことから始まり、国連に麻薬として麻薬条約に大麻が麻薬扱いされたのです。
しかし、実際はアルコール程度です 禁止する時は簡単でしたが開放されようとすると研究者を使ってアラ探しをしているように見えてなりません・・・多分、現行医療薬との相性問題が主な理由だとは思いますが、問題のある成分は別にあるのではないのでしょうか?

 

今まで日本では使い続けてきた歴史、過去があります。
毒であればその話は伝わっているはずです 利用しすぎて廃人や毒になるという過去の話があったのでしょうか?

 

わかりやすく極論を言います。
塩、砂糖、アルコール、大量に摂取すれば当然問題があります。
極端な比較ですが 大麻を摂取して数値が上がるから注意したほうが良いと言うなら 砂糖の大量摂取は血糖値が異常に上がりますが・・規制したほうがいいのでしょうか?・・・・そのような話に近い成分だとおもいます。
THC利用すると暴れるわけではなく、おとなしくなるそうです 大量に利用すると幻覚を見るそうです アルコールは人によっては凶暴になります利用量が多いと幻覚も見ます。
これだけを見ると大麻を開放してアルコールを規制したほうが・・・

 

 

 

 

 

 


 

 

カナダはマリファナを合法化し、アメリカ人の半数以上がそれがプラスの影響を与えると信じています

 

 

68%が、麻薬が合法化されていれば、国は以前にマリファナの所有で監禁されていた人々を解放すべきだと言う
10月17日に、カナダは2番目の国となり、連邦でレクリエーション用マリファナを合法化する最初の主要な世界経済となりました。
世界中の世界的な勢力がこの決定の影響に密接に従っており、彼らの注意のすぐ南にあります。
この動きがカナダにプラスの影響を与えるであろうというアメリカ人の間でますます楽観的な見方があります。

 

カナダが最初に6月に画期的な法律を可決したとき、YouGov Omnibusはアメリカ人を調査し、その38%、複数がカナダに全体的に良い影響を与えるだろうと考えました。
YouGovは、それがカナダでレクリエーション用マリファナを消費することを正式に合法化した10月に同様の質問で再びアメリカ人を調査しました、そして、アメリカの楽観主義は急上昇しました。
現在、アメリカ人の51%が、マリファナの合法化がカナダにプラスの効果をもたらすと考えています。

 

マリファナの合法化に対する公的支援は、それが何に使用されるかによって異なります。
大多数(78%)は医療用マリファナは合法であるべきだと言い、さらに8%は医療用マリファナは非犯罪化されるべきであると言います。
アメリカ人の5%だけが医療用マリファナを違法とすべきだと言っています。

 

 

 

アメリカ人のほぼ2人に1人(48%)は、レクリエーション用マリファナも合法であるべきだと述べています。
特に、男性(52%)が女性(44%)よりもマリファナを娯楽用にサポートする可能性が高かった。
さらに19%の市民が、レクリエーションの使用は非犯罪化されるべきだと考えていますが、22%は違法なままであるべきだと考えています。

 

多くのカナダの州では、マリファナを購入または消費するための法定年齢は19歳です。
アメリカ人が合法的な消費年齢はどうあるべきかという疑問を投げかけられたとき、4分の1近く(24%)が18歳に設定されるべきだと言っています。
複数(44%)は、法定年齢はアルコールと同じでなければならないと言っています – 21歳。

 

世間の認識はアメリカではマリファナが好調かもしれませんが、アメリカ政府はカナダの新しい法律にどう対処するかをまだ進めています。
特にカナダに入るアメリカ人に関してはそうです。
ある報告によると、カナダ人の数が以前の大麻使用を認めたために入国を拒否されているという増加傾向がありました。

 

確かに難しい状況です。米国 – カナダ国境沿いの多くの州がマリファナを合法化していますが、それがまだスケジュールI薬であると見なされている場合、入国地は連邦管轄権に属します。
アメリカ人はその論理に同意しないようです。
半数以上(64%)が、過去にマリファナを摂取することを認めた外国人が米国に入ることを許可されるべきだと考えています。

 

 

 

 

マリファナの合法化を検討している国が直面するであろう最初の法的ジレンマは、確かにそれではないでしょう。
一例として、カナダは、法執行官の間でマリファナの消費をどのように処理するかについて不確実なままです。
その質問を受けて、アメリカ人の半数以上(53%)が合法化すれば、法執行官はマリファナを消費することができるはずだと同意しました。

 

アメリカ人も68%のアメリカ人が声明に関して合意を表明して、マリファナの所有に関してこれまでに投獄されていた人たちを免罪することに賛成です。
そして、10人に6人(60%)は、合法的になった場合、雇用主はマリファナの薬物検査を許可されるべきではないと考えています。

 

 

 

引用先   today.yougov.com

 

 

 


 

 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

CBDオイルは少女の命を脅かすタイプの癲癇から救う

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »