fbpx

新しい食品 規制:CBDは合法的なままでしょうか?

Pocket

 

新しい食品 規制:CBDは合法的なままでしょうか?

 

 

 

久しぶりにドイツのサイトから紹介します。

 

 

欧州でCBDについて食品の部類の枠で改めて分類するそうです。
今の所、CBDは体に対して害がない事から(大量摂取は別にして)漢方薬?ハーブ的な扱いになるのでしょうか? 純度の高いCBDは医療薬として扱うのかその辺りも話し合うのかも知れません
どちらにしても、食品の新しい枠に入れるようです。
石油合成医薬以上の効果があり、治療効果も広く誰でも利用できる今までにない成分です。

 

CBDは緊張緩和、ストレス軽減などに関与する脳内ホルモンバランスを良くする事が研究で確認されています。
アルツハイマー病、神経衰弱、てんかん、不眠症または睡眠障害、他精神的障害を軽減出来ます。
CBDは心を落ち着かせる効果、抗不安薬(抗不安薬)と抗精神病薬を持ちます。
CBD以外にも大麻抽出物CBNは、より安らかな睡眠のための鎮静効果がありCBDと相乗効果で心を落ち着かせてくれるはずです。
CBDは何故精神的効果が大きいのでしょうか? 実はCBDは油溶性のため脂肪である脳細胞に吸収されやすい事が理由でもあります。

 

今後、CBD単体成分を薬、食品として利用され 大麻抽出物は食品として扱われていきそうです。
医療大麻もありますのでなんとも言えませんが分類できそうにない用途範囲の広すぎる植物成分ですね
科学、行政の対応する前にCBDは食品に使われたり家庭療法として利用されています 国が規制してコントロール出来る範囲は超えそうです。
一部の製薬会社が今までの医療薬みたいに、独占販売状態で医療薬としてCBDを医薬品として販売される事は無さそうですね医療薬指定されてしまうとCBDは一般の人が気軽に使える成分ではなくなります。
石油合成医薬会社からも合成CBDを販売していますが合成CBDは質が悪く、肉体と相性が良くないようです。

 

 

 

合成医療中心の医療の現在で医療大麻は今までと違う薬として世界中に利用されることを願っています。
国家が柔軟なCBDの利用に対応してくれることを期待しています。

 

 

 

 

 

 


 

新しい「新しい食品」規制:CBDは合法的なままでしょうか?

 

 

CBDオイルの人気は止められないです、しかし、EUはすぐにこの麻の召喚者が法案を切り抜くことができるようにするかもしれません。

 

ブリュッセルで開催されたNovel Food Commissionの会議で、欧州食品安全局(EBL)がCBDを新規食品として分類するという決定を見直すことが発表されました。
まもなく最終決定が下されることも想定されています。

 

CBDオイルと中毒性の「大麻」との混同

 

 

 

CBD油は大麻植物から得られる。
そのため、CBDサプリメントは、ラテン語名「大麻」の中毒者と混同されることがよくあります。
多くの人々が中毒、レゲエ、そして1968年の運動の精神をCBDと結びつけています。
その間、CBDオイルの医学的可能性についての公開討論が絶えず行われています。
多くの医師はすでに植物の効果的な、薬用の使用が多くの人々に利益をもたらすことができることを認識しています。
CBDは、悪心、神経障害、リウマチおよびリウマチ性愁訴においてますます使用されている。
さらに、この油は、アルツハイマー病、神経衰弱、脱毛、てんかん、不眠症または睡眠障害、ならびに肥満および肥満において使用されている。
大麻、特にCBDオイルは、まだ疑わしい評判から完全に解放されることはできませんでした。
したがって、CBDオイルの作用機序について自分自身に知らせるだけでなく、CBDの現在の状況について自分自身に知らせることも重要です。

 

 

CBDに関する詳細
織物と食用油が同じ文化的大麻から作られることができるということを知っていることもまた興味深いです。
CBDまたはカンナビジオールは通常合法的に養殖された麻から抽出される有効成分です。
THCまたはテトラヒドロカンナビノールと比較して、それは高くて高い感覚のために消費され、そして刺激的な精神活性効果を持ちます、CBDは心を落ち着かせる効果、抗不安薬(抗不安薬)と抗精神病薬を持ちます。
CBDオイルの驚くべき可能性は、今日、ますます多くの医療専門家、運動選手および多数の健康志向の個人によって発見され使用されています。
消費者は、作用機序、最適な投与量について知り、合法的にCBDオイルを購入できる安価な供給源を知る必要があります。

 

 

CBDは合法ですか?
CBDオイルは医療機器として販売してはいけませんが、栄養補助食品として販売されているだけです。
したがって、CBDオイルは薬局やドラッグストアや小売チェーンで入手できます。

 

しかし麻の植物の薬効があることから利益を得るために良質のCBDオイルを買いたいと思えば多数のオンライン店でそうすることができる。

 

CBDオイルは合法的で自由に入手可能
CBDオイルの合法性についての議論は燃え上がっています。
ドイツ連邦共和国のCBD製品は合法的に入手できないとの噂が広まっていますが、CBDは引き続き公開市場およびオンラインショップで合法的に注文することができると確信できます。

 

世界保健機関(WHO)の薬物中毒専門家は、2018年の最新の批判的レビューで安全であると考え、純粋なCDBは国際的な薬物管理条約に含まれるべきではないので合法であり続けるべきであることを確認しました。
さらに、純粋なCBDの消費に関連した虐待や依存を報告した事件はありません。

 

 

 

それは科学的に大麻植物が信じられないほどの癒しの特性を持っている多数の有効成分を含んでいることを証明されました。
必要とされる明確さは、2015年からのNovel Food CatalogからのEU規則の法的基準によってもたらされます。
これらは動物、植物または鉱物からの新規食品を指します。
これには、例えば、食物生産で使用される昆虫の使用や、CBDなどの栄養補助食品(サプリメント)の使用も含まれます。
以前のNovel Foodカタログには、数多くの有効成分を含む作物植物Cannabis Sativaが記載されていますカンナビジオールや種子や葉などの植物部分の使用に制限はありません。
これは、CBD油中のTHC含有量が非常に少ないために麻酔作用の恐れがないという事実によるものである。

 

その傾向は止められない
ますます頻繁に、人々はライフスタイル全体をより幸福で持続可能なものに変えています。
そのため、投票行動を通じて政治を感じることもあります。
政治家の間でさえ、大麻の合法化について多くの支持者がいます。
したがって、純粋なCBDの禁止は非常にありそうもなく、THCなしでのCBDの取得は合法的なままです。

 

 

引用先   volksfreund.de

 

 

 


 

 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

効果があるCBDオイルを選び方とは?

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »