fbpx

うつ病のためのCBDオイル

Pocket

うつ病のためのCBDオイル

 

 

 

 

ドイツサイトからの紹介です。

 

本文中の「研究者らは、300 mgのCBDの単回投与が不安の有意な減少につながり得ることを説明している。」
↑おそらく純度の高いCBDを利用していると思います。
CBD単体で利用する場合、大麻茎抽出液を利用する場合と違い、利用量を多く摂取しないと効果が出にくいようです。
やはり、単体でCBD成分を利用するより、大麻茎抽出を使ってCBD以外の成分と相乗効果を期待して利用することが良いみたいです。

 

「別の研究では、600mgのCBDが社会恐怖症の不安を軽減することがわかった。」
↑600mg一度に摂取すれば確かに恐怖症の不安も軽減するかも知れませんが、CBDを初めて利用された人が600mgも使うと副作用の下痢を起こしそうですね

 

 

私はブログで初回からいきなり多くの量を摂取せずにCBDを体になじませるために4滴(ENDOCA300mg計算で 4滴4mg)から始めて利用するたびに1,2滴増やして利用することを勧めています。
普通に利用するならCBDオイル1ビンを1回に利用することはないと思います。
ちなみに大量のCBDを利用したとしても、1回で摂取するより、回数を分けて摂取することをオススメします。

 

薬を利用している方がCBDオイルを同時利用する方について注意事項です。
医師にグレープフルーツと薬を同時利用しても大丈夫なのか相談してください CBDはグレープフルーツの化合物Bergaptenよりも強力なチトクロームP450の阻害剤です。(薬の効果を中和します)

 

グレープフルーツがあなたの薬と相互作用するかどうか医師に相談してください。
グレープフルーツがするなら、CBDもおそらくします 薬とCBDの併用の指標になると思います。
最悪、グレープフルーツを食べても大丈夫な薬を処方してもらった場合、薬とCBDの利用が可能になります。
日本のお医者さんは大麻成分CBDに関して詳しくない方が多いと思います。 
成分に対して否定的な答えが帰ってくる可能性も予想されます CBDと同じ効果があるグレープフルーツを引き合いに出して相談してください

 


 

うつ病のためのCBDオイル

 

 

 

 

CBD油は、基油で希釈された麻の花抽出物である。
CBDはカンナビジオールの略です。
これは、鎮痛作用、抗炎症作用、抗不安作用を持つ大麻の有効成分です。
彼はうつ病を手助けできますか?

 

CBDオイル:鬱病の代替法?
カンナビジオール(CBD)は、大麻植物(Cannabis sativa)で検出される可能性がある100以上のいわゆるカンナビノイドの1つです。
THC(テトラヒドロカンナビノール)と混同しないでください。
また、THCは大麻由来の物質ですが、CBDとは作用が異なります。
THCは陶酔感があり、高いです、CBDの場合はそうではありません。
CBDはそれでもうつ病に役立ちますか?

 

 

CBDオイル:リウマチ、MS、線維筋痛症の治療薬
カンナビジオールは数年間科学研究の焦点となってきたので、麻の花の新たな興味深い効果が繰り返し報告されています。
それまでの間、彼の鎮痛作用と抗炎症作用は特によく知られています。

 

CBDオイルは、この疾患に伴う慢性的な痛みを和らげるだけでなく線維筋痛症にも役立つことが証明されていますが、そのリラックス効果と精神安定作用によって線維筋痛症特有の睡眠障害に対抗することもできます。

 

 

CBDオイルは従来の抗鬱剤に取って代わることができますか?
上記の特性は、CBD油がうつ病にも使用できそしておそらく従来の抗うつ剤に取って代わることができることを示している。
抗うつ薬には、気分のむら、不眠症、性欲、または勃起不全などの不快な副作用があります。
これとは対照的に、敏感な人々の軽度の消化器系の問題を除いて、CBDオイルには重大な副作用はありません。

 

 

 

 

研究は示す:CBDは抗鬱剤および抗不安薬である
2014年の総説記事(1)で、リオデジャネイロ大学の研究者らは、CBDが脳内のセロトニン受容体とどのように相互作用し、抗うつ作用および抗不安作用を有するかを示したので、CBDは鬱病での使用に適していると述べた – 2018年の別の研究(3)で確認されているように、少なくとも動物で。

 

セロトニンは、個人の感情状態に影響を与えるメッセンジャー物質であり、幸福と幸福感に貢献します。
それゆえ、セロトニンを可能な限り高くまたはバランスを保つために、うつ病の薬物療法を試みる。

 

 

CBDはあなたを頼りにしません
2018年には、ブラジルの大学(サンパウロ大学)もまた、CBDの動物や人間に関する多数の研究について発表した。これは、ほとんどの場合、CBDの著しいストレス軽減効果と抗うつ効果を示している。
長期的にも。

 

このレビューの著者によると、CBDは脳内の内在性カンナビノイド受容体を活性化しないように思われるので、これはCBDに依存の可能性がないことを示しています。

 

 

CBDは聴衆の前で話すことをより容易にします
抗うつ薬に加えて、CBDオイルは、前述のように、抗不安作用もあります。
これは、うつ病に加えてしばしば起こるパニック発作や不安に役立ちます。

 

2017年から今回は別のブラジルのレビュー(4)の研究者らは、300 mgのCBDの単回投与が不安の有意な減少につながり得ることを説明している。
この研究では、被験者は聴衆の前で話すべきであり、それは彼らがいないよりもCBDを用いた方が容易であった。
別の研究では、600mgのCBDが社会恐怖症の不安を軽減することがわかった。

 

 

 

 

 

うつ病のCBD:使用と相互作用のための勧告に従ってください!
鬱病、不安神経症またはパニック発作の場合には、いずれにせよ副作用のCBD油が考慮され得る。
しかし、それは他の薬と相互作用する可能性があるので、この場合の用量は医師と話し合うべきです。

 

 

ここにあなたはCBDオイルの大規模な選択を見つけるでしょう
CBDオイルの使い方と探し方については、CBDオイルの情報で説明しています。

 

 

総合栄養士としてのあなたの訓練
健康的な食事はあなたの情熱ですか?あなたは余剰ベース、自然食が好きですか?あなたは私たちの食べ物と私たちの健康との関係を全体論的な観点から理解したいですか?あなたは健康と栄養についてのすべてのあなたの知識をあなたの職業にすること以上のものを望みませんか?

 

自然医学アカデミーは、総合健康のためのコンサルタントとしてあなたのような人々を12から18ヶ月で訓練します。あなたが自然医学アカデミーでの遠隔学習についてもっと知りたいと思うならば、ここであなたは現在と以前の参加者からのすべての詳細とフィードバックを見つけるでしょう。

 

 

 

引用先   zentrum-der-gesundheit.de

 

 


 

 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

麻(マリファナ)の毒性とは?

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »