fbpx

麻の大麻油

Pocket

麻の大麻油

 

 

 

 

ドイツサイトからの紹介です。
ドイツは麻を開放している国です。(よく調べていませんが食品や医療認可が法律規制されている場合があります)
そのためCBDオイルもTHCが多い部位、花穂や葉を使って抽出しています。
花穂、葉にはCBDが多いのですが、THCが多いためアメリカではこの箇所を使った抽出物はありません 使う場合は精製した99%CBDの場合に利用されています。

 

私が売っているものは大麻成熟茎のみを使用した抽出物です。
CBD濃度は5%~3%程度ですが100種類ある大麻成分が含まれています。
海外ではCBDと相乗効果がある可能性が指摘されています 実際にCBD単体で利用する場合と大麻抽出成分を比較すると大麻抽出成分の方が利用量が少なくても効果が確認されています。
下記紹介文には大麻はマリファナと違ってTHCが無いと書かれていますが実際は違います。

 

麻、大麻は生息する地域でTHCが多い、CBDが多い品種があります。
特に花穂、葉にTHC、CBD成分が多く存在します。
THCが絶対に存在しない品種は存在しません
THCが多くない茎が成熟するとTHCが0.2%濃度になります。
CBDとTHCは分離技術がありませんそのためTHC濃度の微量な茎の箇所を大麻抽出物は利用しています。
日本の法律では大麻成熟茎が原料の場合のみ利用を認められています。

 

 

 

・大麻成分は同じ成分が酵素により変化します
CBGA→CBDa→CBD

CBGA→THCa→THC        
CBGA→CBG   ↑
                 ↑  ・光(紫外線)、熱、酵素により
        脱炭酸化(CO2が抜ける)により変化します。

・同じ成分から違う酵素で変化しています  
大麻もマリファナも呼び方が違うだけで基本、同じ植物です。
CBGaが変化する酵素が地域で違いがあるそうです。(日本が昔から繊維用途として育てているのはCBDaに変化する酵素の系統みたいです)
同じ植物と言っても品種がありますから一概に言えませんが大きく言うと同じ植物、地域差、品種で変化する酵素が違うみたいです。

 

 

 

 

海外で利用され、効果が確認されている内容をまとめました。
神経質な緊張や安心、不安解消に利用されています。
慢性疼痛、疼痛および精神障害 関節リウマチは自己免疫疾患
関節疾患に関連する神経損傷とそれに続く慢性神経因性疼痛を予防
多発性硬化症 化学療法で副作用を軽減

 

従来の鎮痛剤(多分、石油合成医薬)では、効果を得るために何人かの患者が何度も何度も用量を増やす必要があることはよく知られています。
CBDのオイルと大麻のエキス場合には当てはまりません。
利用者に増量することなく心地よい鎮静および安定化効果を得ることが出来ます。

 

 

 

 

※ドリームスペルオリジナルCBDはCBGa/CBGが含有するCBDオイルになります。
現時点で、成熟大麻抽出製品では、販売さ販売少数の希少な製品です。
南フランス産成熟大麻を使っています CBGa/CBGが存在する品種を利用して、オランダのCBDメーカーからCBDオイルをオーダーメイド依頼しています。
製品を吸収良く飲みやすくするために脱脂加工しています。

 

 

 

 


 

 

 

麻の大麻油

麻エキスは、麻の花のエキスです。
それは高品質の油で希釈されているので、一滴ずつ取られるか、または外的に適用されることができます。
この5〜8パーセントの大麻エキスオイル – CBDオイルとも呼ばれる – は興味深い性質を持っています。
それでそれは例えば神経質な緊張や安心のための不安のために、あるいは慢性疼痛のための副作用の痛みを軽減する治療として、例えば使うことができます。
関節炎です。
もちろん、CBDオイルはTHCフリーでなければなりません。
したがって、それは麻薬法によってカバーされていません。

 

疼痛および精神障害用のCBDオイル
麻エキスは、麻の花から作られています。
大麻について話すとき、どちらかが最初にマリファナの中毒効果を考えるかもしれません。
しかし、マリファナは豊富なTHC(テトラヒドロカンナビノール)を含む麻の品種から作られています。これは向精神作用を持つ物質で、人間の精神に大きな影響を与えます。
大麻抽出油は、もはやTHCを含んでいません。
そうでなければ、その油は店頭ではなく処方箋ではなく、薬局でしか入手できないでしょう。

 

 

 

 

THCはいわゆる(フィト)カンナビノイドのグループからの物質です。
この植物化学物質クラスの一部もカンナビジオールです。
それはCBDと略され、大麻エキスオイルの主要な有効成分です。
したがって、このオイルはしばしばCBDオイルとも呼ばれます。
この油は、マリファナとは異なり、THCを含まず、同時にカンナビジオールが非常に高い大麻株から作られています。
マリファナ生産のための麻の品種は、しかし、大幅に少ないCBDです。

 

カンナビジオールは興味深い性質を持っています。
したがって、それは抗炎症性、鎮痛性および鎮静性または抗精神病薬と見なされます。
後者は極端な精神状態がそのようなことを意味します。
B.CBDに対するB.妄想および根拠のない恐れは、場合によっては防止することができ、または少なくとも軽減することができる。

 

 

大麻油と大麻油 – 違い
しかし、CBDが豊富な大麻抽出油を、食用油として販売されており、大麻の花からではなく大麻の種子から得られる通常の大麻油と混同しないでください。

 

しかしながら、大麻抽出油は、大麻種子油を、すなわち大麻抽出物が混合される基油としても含有し得る。
究極的には、これが原因で、異なる濃縮された大麻抽出油が使用されています。
だからz。B.利用可能な5%または8%CBD油ならびにより高濃度の両方、z。
B.10、18または24%のCBD油。
しかし、他の油はのための基油として使用されています。B.ココナッツオイル。

 

THCとCBD – 違い
カンナビジオールに加えて、大麻抽出物は、フラボノイドまたはテルペンなどの大麻の花からの他の植物性物質、ならびにカンナビノイドのクラスからの60を超える他の物質も天然に含む。
カンナビノイドは多くの植物で見つけることができますが、それらはそれらに彼らの名前を与える麻(大麻)に含まれています。

 

THCなどの他のカンナビノイドとは異なり、CBDは「高」を引き起こさないので、THCと同じようにヒトの脳内の同じ受容体を標的としないという事実のために、それは中毒作用を持ちません。
大麻のカンナビノイドが付着できる受容体が人間の脳にあるのは、カンナビノイドが植物界だけでなく人体にも見られるからです。

 

 

 

 

人体もカンナビノイドを作ることができます
体自身のカンナビノイドは、内在性カンナビノイドまたは内因性カンナビノイドと呼ばれ、体自体によって生成されるカンナビノイドです。
カンナビノイドまたは内在性カンナビノイドによって通常占められている受容体は、その全体が内在性カンナビノイド系(ECS)とも呼ばれます。

 

ここでECSの機能を見ると、なぜ麻抽出物がそのようなプラスの効果を生物に与えるのかを理解するのは簡単です。
ECSは、睡眠、免疫システム、そして疼痛知覚を調節するのを助けます。
CBD油によって活性化されると、疼痛がおさまり、睡眠が改善され、そして炎症の場合と同様に免疫系が反応しなくなる。

 

THCは脳内のカンナビノイド受容体に結合し、それによって脳内の報酬システムを活性化し、その結果幸運な物質(ドーパミンなど)を放出するため、THCは「高」になりますが、CBDの作用はまったく異なります。正確には、あなたはまだ知りません。

 

 

CBDがどのように油性疼痛を軽減するか
CBDの作用機序については、現在いくつかの説明があります。
一方では、それは内在性カンナビノイド受容体の1つ、いわゆるCB 2受容体に結合すると言われており、それは疼痛および炎症反応を引き起こすかまたは阻害することができるので免疫系において決定的な役割を果たす。

 

一方、Neurotherapeuticsに掲載された少なくとも1つの研究によれば、CBDは体内で内因性(すなわち内因性)カンナビノイドの形成を活性化し、それが次にCB2受容体を占有する。

 

さらに、CBDは体がいわゆるアナンダミドを分解するのを防ぎます。
これらは疼痛の調節に関与している物質です。
アナンダミドの血中濃度が高いと痛みを和らげることができますが、これは麻抽出油の鎮痛効果を説明するのかもしれません。

 

 

 

 

どのような作用機序であろうと、CBDが炎症や痛みの軽減につながることは明らかです。
これは2008年からのレビューの結果でもありました。そのため、麻のエキスオイルは関節の不満に役立ちます。
最後に、それは炎症と痛みの両方を引き起こします – そして両方とも大麻抽出油の獲物計画に属します。

 

 

関節痛のためのCBDオイル
慢性関節炎は、西欧諸国における障害の最も一般的な原因の1つです。
彼らは、米国だけで5000万人以上、ドイツでは5000万から1000万人の間で罹患しています。関節炎と変形性関節症には違いがあります。

 

関節リウマチは自己免疫疾患の1つですが、ここでは免疫系が関節を攻撃し、主に手足で発火するため、炎症を引き起こしますが、変形性関節症は主に退行性疾患(「消耗」)です。
股関節、膝と親指の関節で。どちらの形態も、腫れや炎症を起こした関節だけでなく硬直感も引き起こし、ひいては大きな痛みも引き起こします。

 

麻抽出物中のCBDが炎症性関節疾患の治療に役立ち、炎症性疼痛を軽減する可能性があることが長年にわたり様々な研究によって疑われてきました。

 

 

 

 

CBDオイルは炎症と痛みに対抗します
以下に示す調査はまだ臨床試験ではないので、CBDオイルも通常の医療には使用されていません。
しかし、結果は有望に聞こえます、それで影響を受けたそれらがどんな場合でもあえてすることができるように – 特に大麻エキスオイルの少数の副作用のために。

 

2011年から、CBDは疼痛受容体に直接影響を与えていると思われるため、CBDが炎症性疼痛と闘うことができることが判明した研究が見つかりました。
2014年に、カンナビノイド受容体が関連部位に存在し、疼痛および炎症の調節だけでなく直接的にも関与しているので、CBDが変形性関節症の有効な治療法であり得ると述べられたレビューが発表された。関節の機能。
2年後の研究によると、CBD(痛みを伴う皮膚にゲルの形で外用)は、関節炎に伴う痛みや炎症を軽減する可能性があります。
ある実験では、ゲルは関節の腫脹、滑膜の病的肥厚、および免疫細胞の浸潤(血液から滑膜への免疫細胞の浸潤、関節炎に典型的な自己免疫過程を示す)を有意に減少させた。
2017年に、別の研究では、CBDが関節の炎症によって引き起こされた関節痛を治療するための安全で有用な方法であることがわかりました。
鎮痛作用および抗炎症作用に加えて、CBDはこの研究において神経保護作用も示しました。
通常、遅かれ早かれ関節疾患に関連する神経損傷とそれに続く慢性神経因性疼痛を予防することができます。
THC含有経口スプレーは神経痛も軽減します
例えば、2006年に、経口スプレー(商品名Sativex)が関節炎の痛みを十分に緩和することができることが発見されたという研究が発表されました。
しかし、スプレーはTHCを含む麻から作られているので、あなたはそれが実際に痛みを止めたのはCBDだったのか、それともTHCあるいはその両方だったのか疑問に思う必要があります。

 

経口スプレーは現在では合法的に入手可能であるが(それは麻薬の法則に該当するため処方のみで)、主に多発性硬化症の痙性麻痺に使用されているが、神経因性疼痛(神経痛)にも使用されている。

 

 

多発性硬化症におけるCBDオイル
麻抽出物は様々な種類の疼痛の治療に何千年もの間伝統的に使用されてきましたが、関節炎での使用だけでなく多発性硬化症でも通常の医学で研究されていました。
病気は神経や脳を損傷することができます。
それはまた、筋痙攣、MSの一般的な症状を引き起こします。
これらのけいれんは非常にひどくなり、罹患した人々に慢性的な痛みを引き起こします – そしてこれこそまさにCBDオイルが使えるところです。

 

 

CBDオイルは化学療法で副作用を軽減します
米国科学アカデミーの「大麻とカンナビノイドの健康への影響」(2017年1月発行)は、麻抽出物またはCBDオイルが痙縮や慢性の症状に役立つ可能性があることを確認しました。
痛みは非常に良い治療法の選択肢です。
著者らはその経口CBDを要約している

 

化学療法による吐き気や嘔吐を患っている成人に役立ちます。
カンナビノイドはここで制吐薬として作用します。
カンナビノイドで治療された人々は彼らの痛みの臨床的に有意な軽減を経験する可能性がより高いので、慢性的な痛みにおいて。
経験上、カンナビノイドを短期間使用することでこれらの症状が軽減されることが示されています。
CBDオイルに習慣的な影響はありません
CBDオイルは疼痛緩和の点で本当の可能性を秘めているので、慢性疼痛に関連している多くの病気で試すことができます。疼痛は完全には含まれていないかもしれませんが、少なくともCBDオイルは通常の鎮痛剤の投与量を減らすのを助けることができます。

 

研究実験医学誌はまた、CBD油中習慣の影響が生じないように見えることを明らかにしました。
従来の鎮痛剤では、効果を得るために何人かの患者が何度も何度も用量を増やす必要があることはよく知られています。
これはCBDのオイルと大麻のエキスには当てはまりません。

 

 

 

 

CBDは精神を安定させる
上で説明したように、CBDは – それが高くならなかったので – 人間の精神に影響を及ぼさないと長い間考えられてきました。
しかし、大麻の抽出油は一部の人々の精神に非常に良い影響を与える可能性があるため、これは当面の間疑問です。
THCとは対照的に、しかし、それは一種の中毒には至らないが、神経質または不安状態において心地よい鎮静および安定化効果を有する。

 

 

 

 

引用先    zentrum-der-gesundheit.de

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

マリファナ(麻)とアルコールの比較をすると?

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »