fbpx

リウマチ、線維筋痛症における麻抽出物

Pocket

 

 

 

 

リウマチ、線維筋痛症における麻抽出物

 

 

ドイツサイトからの情報です。
線維筋痛症 全身が痛くなる症状で原因は未解明、効果のある薬も無い線維筋痛症
CBD成分が効果があることは以前から確認されていますが研究がされていないためCBDがどのように働き、効果があるのか 医学では説明できないため医薬品としてCBDが扱えないままです。

 

今の所、線維筋痛症にCBDを使い治療するとなると、家庭療法としてCBDを利用する方法しか無さそうです。
線維筋痛症に石油合成医薬が効果がある薬は無いらしいです CBDは鎮痛効果が確認されていますが、理屈がわからない 研究も治験もしていないらしく利用する気もなさそうですね
医療では線維筋痛症に対して効果がない薬を大量に利用して居ると思います。
薬を多く使うなら当然、副作用も強いはずです 副作用を消すために薬を使っている方も多いのではないのでしょうか?
根本的な治療はCBDで望めるか不明ですが効果のある鎮痛剤として活躍できそうです。

 

石油合成鎮痛剤は線維筋痛症に対して、効果がないことは確かです。
利用量を多くして鎮痛効果が出ているものもあるそうですが薬漬けになることは確実です。
それに対してCBDは効果があることが確認されています 毒性が低いので普通の病院で臨床データーを取る条件で広く治療に利用すれば良いのに誰が邪魔をしているのでしょうね?
人の命と守ってお金を貰う医療は機能していないように思えます。
我々個人個人で身を護る事が今の世の中では必要なのかも知れません

 

 

 

 

 

本文中に
線維筋痛症やその他の痛みを伴う慢性疾患では、油性大麻エキスを1日に2回 – エキスの濃度にもよりますが、痛みを伴う部分やマッサージにそのまま塗布することができます。
↑マッサージ皮膚からの吸収は塗るより長期時間皮膚吸収を目的としたCBDオイルをガーゼに染み込ませて湿布する方法が良いかも知れません
以前、海外サイト紹介の時に書かれていましたが湿布は長時間吸収が出来るので良い方法かも知れません

 

 

 

 


 

 

リウマチ
線維筋痛症における麻抽出物

 

 

 

 

麻エキスは、麻の油性エキスですが、中毒作用はありません。
大麻抽出物は特に痛みを和らげそして抗炎症性であることが証明されているので、それは慢性炎症性および関節炎のような痛みを伴う状態において有用である。
線維筋痛症は、大麻エキスの応用分野でもあり得る。慢性疾患は疼痛および睡眠障害によって特に重荷となり、その両方とも大麻抽出物によって軽減することができる。
同時に、患者は大麻抽出物の精神安定化効果から恩恵を受ける。

 

 

線維筋痛症における麻抽出物
カンナビジオール(CBD)は、大麻植物由来の物質です。
それは油性麻エキスの主要な有効成分です。
2013年からのレビューでは、そのカンナビジオールは典型的な線維筋痛症の痛みだけでなく、他の痛みzを読むことでした。
B. 関節炎や多発性硬化症を和らげることができます。

 

線維筋痛症はリウマチ群に属する疾患であるが、この関連は現在物議を醸す以上のものである。
特に、線維筋痛症は筋肉や他の筋骨格系に慢性的な痛みを引き起こします。
疲労、睡眠障害、消化器系の問題、過敏症も起こります。

 

従来の薬は線維筋痛症には全く無力であり、通常は疼痛管理に専ら焦点を当てています。
つまり、鎮痛剤があります。
線維筋痛症の疼痛は通常の内科的治療に抵抗力があるように思われることが多いので、これはさらにいっそう問題である。
油性の大麻エキスのような自然療法がここで助けることができるならばなおさらです。

 

それにもかかわらず、この抽出物は医療目的のために正式に承認されていません。
その薬が従来の薬に使われることが予想されるまで、さらなる研究が必要です。
幸いなことに、油性の麻エキス(CBDオイルとも呼ばれる)は無料で入手可能で、すでに多くの国で入手可能であるため、さまざまな疾患の治療概念に簡単に組み込むことができます。

 

 

 

 

精神活性物質を含まない
マリファナ(乾燥した花や葉の燻製)のようなCBDは、大麻植物から抽出されますが、2つの異なる点があります。

 

麻の種類が異なるので、z。例えば、医薬品製造用に栽培されている(マリファナ)これらの品種は、高いTHC含有量を持っています。
THCはテトラヒドロカンナビノールの略で、精神活性物質です。
彼女はマリファナの中毒効果に責任があります。

 

一方、繊維生産のために育てられた他の品種 – いわゆる繊維麻 – はTHCフリーですが、高いCBD含有量を持っています。
そしてそれはこれらのTHCを含まない麻植物から油性の麻抽出物が抽出されることです。

 

 

大麻エキスの効果
近年、CBDは、発作の数および発作の激しさを減少させることができるはずであるため、てんかんの子供にさえ使用されてきた。

 

線維筋痛症におけるCBDの作用機序に焦点を当てた研究はこれまでほとんどありません。
だから、なぜその物質が線維筋痛症の症状を軽減するのか正確にはわかりません。
また、CBDが一部の患者ではそれほどうまく機能するが他の患者ではそれほどうまく機能しない理由もまだわかりません。

 

私たちのCBD本文ではすでにさまざまな選択肢について説明しています。
しかし、麻抽出物が鎮痛効果と抗炎症効果を持っている理由を正確に知らないとしても、それがこれらの効果を持っていることを異なる研究から知っています。

 

 

 

 

自己免疫過程における免疫系の神経保護と調節
麻抽出物は、多くの慢性炎症性疾患の原因である自己免疫過程にさえも積極的に影響を及ぼし、さらに神経保護作用を有すると言われているので、関節疾患の後期効果としてしばしば起こり得る神経疾患を予防することができる。
特に線維筋痛症では、神経が裸であることが多く、それが前述の抵抗性疼痛につながる可能性があるため、あらゆる神経保護が歓迎されます。

 

 

精神とリラクゼーションを安定させる
同時に、麻抽出物は精神に安定化作用をもたらし、それと共に心地良い弛緩をもたらし、その結果、睡眠障害および特定の筋肉剛性もまた改善され得る。
どちらも線維筋痛症の症状複合体の一部です。

 

 

考えられる作用機序
疼痛緩和効果は、脳内のCBDが、そうでなければ痛みを感じさせる神経インパルスの経路を断ち切る可能性があるという事実によると今や考えられている。
それはまたCBDがセロトニン受容体を活性化することができると述べており、それはセロトニンレベルを増加させるのと同じように体に影響を与える。
セロトニンは、「気持ちいいホルモン」としても知られているメッセンジャー物質です。セロトニンのレベルが高い場合、あなたは気分が良くなり、痛みが少なく感じられます。

 

で2016年に行われた研究、それは内因性カンナビノイドの欠如(内因性カンナビノイドは)おそらく、このような片頭痛および線維筋痛症など、全く慢性疼痛の唯一の原因であることが発見されました。
あなたが今CBD、つまりカンナビノイドを服用しているのであれば、このようにして欠乏症を治療することができ、したがって世界の痛みを解消することができます。

 

しかし、これらの所見はまだ新しいものであり、さらなる検討が必要であり、そして線維筋痛症はそれ以外にも原因があるかもしれないので、個々の症例における大麻抽出物が助けになるかどうかに関係なく、痛みの個人的因果の組み合わせに依存する。
しかし試してみる価値があります。
それがうまくいけば、あなたは少しの副作用で痛みの軽減を経験するでしょうそしてゆっくりとその鎮痛剤を減らすか除去さえすることができます。

 

 

 

 

線維筋痛症および他の慢性疾患における麻抽出物の使用
線維筋痛症やその他の痛みを伴う慢性疾患では、油性大麻エキスを1日に2回 – エキスの濃度にもよりますが、痛みを伴う部分やマッサージにそのまま塗布することができます。

 

多くの鎮痛剤は習慣を持っているかもしれませんが、効果を得るために何度も何度も用量を増やす必要があることを意味します(もちろん、副作用の危険性と強度を高める) 、

 

強力な鎮痛剤の場合のように、疼痛はすぐには完全には除去されないかもしれないが、大麻抽出物は疼痛緩和を支持し、そしておそらく鎮痛剤の投与量、従ってその副作用を減らすかもしれない。

 

油性大麻エキスの投与量と起こりうる副作用については、それぞれの主要記事を読んでください。病気の場合には、必ず油性大麻エキスの使用について主治医と話し合うことを忘れないでください。

 

 

引用先   zentrum-der-gesundheit.de

 

 


 

 


  ↑ENDOCA商品の紹介、購入リンクです。

 


  ↑ブログ一覧になります。

 

いくつかの非常に重要なCBDの質問に答えました

 

 


 

 

 

・私が思うに日本の現代社会は、体調不良を感じる方が多いのではないのでしょうか?
要因として、日常生活で多くの化学合成成分を利用、摂取をし過ぎていないでしょうか?
肉体には化学成分は不要の成分、悪く言えば毒です。
取り込み過ぎることで化学成分の中和、代謝がうまくいかない原因が有るのでは?・・・・ 
私は思っています。

 

健康になるために石油化学合製を取り込まないようにしましょう。 
日用品では化粧品、シャンプー、ボディーソープ、石油化学合成薬(薬)、食事に入っている添加物、液体洗剤、食器液体洗剤、衣類の合成繊維を使った服(環境的に問題あり)、ペットボトル(マイクロ単位のプラスチックビーズが入っています) 石油化学合成品は現時点では人間の体と相性が良くない成分、物質が多くあります。
ブログにも石油化学合成の断捨離として紹介しています。

 

 
原油はプランクトンが長年の変化で原油になったという説があります。
しかし、石油製のプラスチックは腐りません自然界で成分が分解しにくい成分なのです。 
私は、動物で作られた説は怪しく感じられます。
石油化学合成薬に関しては、純度が高く吸収が早すぎるせいか強い薬は副作用も強く出てしまいます。
原油の腐りにくい、成分分解の少ない原料を使った石油化学合成薬は体に合う薬が少ないのが実状のようです。

 

常日頃から体の中に入り続ける化学合成成分を中和、無害化、浄化を体はし続けます除去出来なければ体の中に蓄積することでしょう。
体の不調は症状として出てきます これは当然の結果だと思います。
症状として出ないにしても抵抗力、代謝能力の低下するはずです。
現代社会で、石油化学合成を一切摂取、利用をやめることは無理ですが、出来る限り食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。

 

体の体液は海の成分に近いと聞きます。
塩化ナトリウム以外にも複数のミネラルが必要です 純度の高い工業用食塩を利用することは体に必要なミネラルを摂取しないバランスの悪い塩分の摂取なのではないのでしょうか?
健康にも美容にも良いとは言えないバランスの悪い塩分摂取かもしれません 塩湖で取れた塩、岩塩など天然塩が安く手に入る時代ですそちら利用をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は、不要な化学合成成分の断捨離、CBDの摂取することをお勧めします。
体の浄化能力は限界があります 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 
麻成分CBDは、精神高揚おこしません オリンピックのドーピング検査で成分が除外されました。
CBDは海外研究で炎症を鎮める効果を確認しています。
アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD、興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等は起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になる沈静化成分であることが海外の研究で確認されています。
私生活でも体のケア目的で利用する方も増えていますCBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

CBDオイルショップ「ドリームスペル Dreamspll」では、欧州のENDOCA社と正規契約にて取引しています。
無農薬・無添加の高品質CBDヘンプオイルを、提供する信頼できる企業です。
体に害の無い成分として認められた向精神作用の少ない麻の成熟茎から抽出した成分のみを使用し、栽培から製品化まで検査された、全ての過程に責任を持った信頼ある欧州企業の製品を提供しています。

 #CBDオイル 
 #ガン 
 #精神病 
 #てんかん 
 #統合失調症 
 #自閉症 
 #健康食品 
 #医療大麻 
 #癌 
 #痛み 
 #炎症  
 #眼圧 
 #CBD 割引  
 #肌改善 
 #老化防止 
 #うつ病 
 #鬱病 

 

 

 

欧州産高品質CBDヘンプオイルのドリームスペル
 
 

 


  ↑ Yahooショップ ドリームスペルリンク

Pocket

Translate »